So-net無料ブログ作成

尾が短い原因遺伝子解明=日本猫が祖先の品種で [日常(花・街・山・猫・蝶)]

8月31日(水)

猫のタイプ分化の解明において重要な発見。
特に、和猫好きには・・・。

------------------------------------------------------------
尾が短い原因遺伝子解明=日本猫が祖先の品種で-中国・北京大チーム

【8月26日 時事通信社】日本猫が祖先で、1960年代から米国で繁殖が始まった品種「ジャパニーズボブテール」の尾が短い原因遺伝子を解明したと、中国の北京大チームが26日までに英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。この遺伝子「HES7」は、人間の場合は変異があると誕生時から脊椎や肋骨(ろっこつ)に異常が生じる。

一方、英マン島に古来生息する猫「マンクス」の尾がなかったり極端に短かったりするのは、「Tボックス」と呼ばれる遺伝子群が原因であることが知られている。中国南部に生息する尾が短めの猫は、さらに別の遺伝子が原因であることも分かった。

ペットの猫(イエネコ)は約1万年前に中東でヤマネコが飼いならされ、世界に広まったと考えられている。それ以来、尾が短くなる遺伝子変異は少なくとも3回、別々に起きたと考えられるという。(c)時事通信社

「AFP」2016年08月26日 14:59 発信地:日本
http://www.afpbb.com/articles/-/3098791

8月31日(水)台風一過 [日常(通院)]

8月31日(水)  晴れ  東京  31.1度  湿度52%(15時)

11時、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のグレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
160831-1.JPG

シャワーを浴びて髪と身体を洗う。
髪はよくブローしてあんこを入れて頭頂部で結びシュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、焦茶のトートバッグ。
IMG_9558.JPG

15時、家を出る。
IMG_9556.JPG
台風一過、雲一つない真っ青な夏空。
気温が高いが、台風の名残の風があり、湿度が低く、汗はあまりかかない。
IMG_9554.JPG
空の高さに、秋の気配を感じる。

午後、渋谷へ。
IMG_9561.JPG
遅い昼食は「しぶそば」へ。
「あしたば天せいろ」(480円)を食べようと思ったら、「今日はあしたばが入ってないんです」(←たぶん台風のせい)ということで、高くてあまりおいしくない「海老天せいろ」(620円)に。
IMG_9559.JPG

16時、「東洋気功整体院」へ。
相変わらず、右肩、右太腿、脹脛の状態が良くない。
Y先生に、太腿の裏側中央のツボ(殷門)を強く押されて悶絶。
今年の夏は、いろいろな事情で旅行にも行かず、ずっと家で執筆続きなので、もう心身が限界に近づきつつある。
17時半、辞去。

19時、帰宅。

夕食は、豚肉の卵とじ。
160831-2.JPG
豚肉が半端に残っていたので作ってみたのだけど不評。

焼き茄子。
160831-3.JPG
つるむらさきのお浸し。
160831-4.JPG

夜中、執筆。

就寝、3時。



休む間もなく、レジュメ作り [性社会史研究(遊廓・赤線・街娼)]

8月30日(火)

第2章を書き上げた後、休む間もなく、再来週土曜日(10日)の「性慾研究会」の報告レジュメ作りに取り掛かる。
「(資料紹介) 新吉原遊廓を描いた風俗画絵葉書」
(1)はりみせ(1).jpg

ほんとうは、そんなことより、自著の執筆に専念していたいのだが、報告希望者が少ない(今のところ1人)ので、私がでっち上げの報告で穴埋めするしかない。

どこか、遊びに生きたいよ~ぉ。

二重の虹 [天文・気象・生物]

8月30日(火)

二重の虹。
IMG_0019(2).jpg
IMG_0020(2).jpg
16時34分頃、川崎市多摩区で家猫さん撮影。

8月30日(火)第2章「「赤線」とはなにか ―その成立と経済―」を脱稿 [お仕事(執筆)]

8月30日(火)

16時、ようやく、第2章「「赤線」とはなにか ―その成立と経済―」を脱稿(21600字)
----------------------------------------
はじめに 
1 「赤線」の成り立ち
 (1)公娼廃止と占領軍「慰安所」の設置
 (2)「Off Limits指令と性病対策
 (3)集娼制の継続方針
 (4)「赤線」の語源
2 東京の遊廓・「赤線」の歴史
 (1)東京の遊廓
 (2)東京の「赤線」
3 「赤線」の実態
 (1)経営規模
 (2)実態と基本的性格
4 「赤線」の経済
 (1)料金設定
 (2)女給の収支
おわりに ー「赤線」の終焉、そして現代
----------------------------------------

目次を見てわかるように、「赤線」概論なのだが、概論は内容や文章に「遊び」が作れないから、書いていて疲れる・・・。

これで、ともかく第4章まで書けた(4章は、既発表論文に手を入れる)。
------------------------------------------------------
『「性なる場」の記憶を求めて(仮題)』(執筆進行状況) 

第1章 新宿遊廓はどこにあった? ―消される土地の記憶―       ◎
(コラム1)「廓」という空間                      ◎
第2章 「赤線」とはなにか ―その成立と経済―             ◎
(コラム2)2つの出会い                       ◎
第3章 欲望は電車に乗って ―都電と「赤線」―            ◎
(コラム3)映画に見る「赤線」の客                  〇
第4章 新宿の「赤」と「青」 ―戦後における「盛り場」の再編―    〇
(コラム4)「『原色の街』の原色の女」                〇
第5章 新宿「千鳥街」を探して ―焼け跡・闇市系飲み屋街の記憶―(レジュメ有)
(コラム5)「未定」
第6章 「城南の箱根」ってどこ? ―東京の「連れ込み旅館」の立地と設備―(レジュメ有)
(コラム6)都電と「連れ込み旅館」                 (原稿有) 
第7章 「鳩の森騒動」の顛末 ―千駄ヶ谷「連れ込み旅館」街の盛衰―(レジュメ有)
(コラム7)「未定」
------------------------------------------------------

【朝食】
「神戸屋」のダークチェリーパイ。
160830-1.JPG
【昼食】
素麺を茹でる。
160830-2.JPG
【夕食】
お刺身(まぐろ中トロ、帆立貝)。
160830-3.JPG
熊本の鶏天。
160830-4.JPG
茄子とおくらと卵のお汁。
160830-5.JPG

迷走台風10号、岩手県大船渡市付近に上陸 [天文・気象・生物]

8月30日(火)

迷走台風10号は、18時頃、岩手県大船渡市付近に上陸。
1610-00(5).jpg
上陸時の中心気圧は965hPa、中心付近の最大風速は35m/s
東北地方の太平洋岸に台風が上陸したのは、上陸地点の統計を取り始めてから初めて。

上陸地点は石巻湾かと思ったら、さらに北にずれた。
台風が接近してくる方向(南東)に開いている湾は、高潮に重大警戒。

201608301430-00.jpg
↑ 14時45分の衛星画像。
日本海西部に強い寒冷渦。
201608301800-00.jpg
↑ 18時00分(上陸時)の衛星画像
16083015.jpg
↑ 15時の天気図
16083018.jpg
↑ 18時00分(上陸時)の天気図

21時、台風10号は、青森市付近を通過して津軽海峡へ。
7月に訪れたばかりなので、被害の少ないことを願う。
でも、りんご、たくさん落ちちゃうのだろうな。

岩手県宮古市街地が浸水。
高潮か、川の氾濫か?
現在なお水位、上昇中。

21時半、北東北の大雨は峠を越したようだが、北海道がまたすごいことになっている。
201608302135-00.jpg
北斗市の知人が心配。
今夏、北海道に大雨をもたらした台風は4つ目。
どう考えても異常だ。

22時、台風10号は、日本海に抜け、奥尻島付近を北西に進んでいる。



【論文】「日本におけるレズビアンの隠蔽とその影響」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

8月30日(火)

【論文】「日本におけるレズビアンの隠蔽とその影響」をアーカイブの方にアップしました。
http://zoku-tasogare-2.blog.so-net.ne.jp/2016-08-11

日本における女性同士の性愛の歴史をトピック的にたどり、その隠蔽の在り様を明らかにした上で、その現代における影響、具体的には「なぜ日本では女性から男性への性別移行者(Female to Male=FtM)が(国際比較で)突出的に多いのか?」を考えてみました。
よろしかったら、ご覧ください。

8月29日(月)ちょっと疲れた [日常]

月29日(月) 晴れのち曇り 東京  29.4度  湿度79%(15時)

11時、起床。
昨日の疲労が残っているのか、身体がだるい。

朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」の洋梨のデニッシュとコーヒー。
160829 (1).JPG
「日記」を書く。

昼食は、ローストビーフサラダの食べ残しとご飯。
160829 (2).JPG
夕食は、豚の冷しゃぶ。
160829 (4).JPG
夏野菜のオリーブ焼き。
160829 (3).JPG

夜中、少し執筆。

就寝、4時。

労咳病みの塾講師から集団感染 [世相]

8月29日(月)

労咳病みの塾講師から集団感染なんて、いったいいつの時代なんだよ。

2015年末~2016年には、渋谷警察署内で詐欺容疑で留置していた男を感染源にした結核に集団感染があったし、もっと結核に対する意識を高めないといけない。

結核は、人類の歴史で長らく死病だった本質的にとても怖い伝染病なのだ。

私が子供の頃は、結核が抗生物質(ストレプトマイシン)の投与で死病でなくなってから、まだ10年ほどしかたってなかったから、まだまだ怖い病気という認識は強かった。
学校でのツベルクリン反応検査も必須だったし厳格だった。

今はどうなのだろう?
(調べたら。児童生徒のツベルクリン検査は2005年に廃止になっていた)

【追記】
ツベルクリン反応で陰性だと、感染予防としてBCGをする。
私の世代がBCG注射からスタンプに変わるあたりで、私は両方経験がある。
スタンプは二の腕に特徴的な跡が残る。
どんなに若作りして年齢サバ読んでも、BCGの跡で実年齢がバレる。
--------------------------------------
学習塾で56人が結核に集団感染 千葉 船橋

千葉県船橋市の学習塾の講師や生徒など56人が結核に集団感染し、このうち15人が発病していたことがわかりました。船橋市ではこれとは別に8人が感染、6人が発病する結核の集団感染が起きていて、保健所は結核と疑われる症状が出た場合には、必ず医療機関を受診するよう呼びかけています。

船橋市保健所によりますと、先月5日、市内の30代の男性がせきなどの症状を訴えて病院で診察を受けたところ、結核と診断されました。
保健所が調査したところ、家族と男性が講師を務める学習塾の同僚や生徒も感染していることがわかり、合わせて56人が感染し、このうち15人が発病していたということです。
またこれとは別に、去年11月に船橋市の60代の男性が結核と診断され、保健所が男性が客として訪れた市内の遊技場の従業員や利用客を調べたところ、男性も含め合わせて8人が結核に感染し、このうち6人が発病していたということです。
発病した人の中には入院中の人もいますが、いずれも快方に向かっているということです。
船橋市保健所は、新たな感染が広がる可能性はほとんどないとしていますが、集団感染が相次いだことから、2週間以上せきが続くなど結核と疑われる症状が出た場合には、必ず医療機関を受診するよう呼びかけています。

「NHKニュース」8月29日 18時42分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160829/k10010658251000.html

(ストーリー) 最後の労働者「玉三郎」逝く(『毎日新聞』) [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月29日(月)

とても読み応えのある記事だと思う。
昭和という時代、今で言う性的マイノリティの要素をもった人たちが、一般世間では生きずらく、結果的に山谷や釜ヶ崎などの「寄せ場」(日雇い労働の求人業者と求職者が多数集まる場所)に吹き寄せられていた。

この玉三郎さんも、その1人だったのかもしれない。
この世代の方は、自分の「性」の在り様をなかなか肯定できず、拗らせてしまう方が多いように思う。
玉三郎さんも、もう少し開き直れたら、違った人生になっていたのかも・・・、と思う。
私とさほど違わない世代の方なので、とても身につまされた(合掌)。

(ストーリー) 最後の労働者「玉三郎」逝く(『毎日新聞』)http://mainichi.jp/articles/20160828/ddm/001/040/145000c
最後の労働者「玉三郎」逝く(毎日新聞).docx