So-net無料ブログ作成

8月26日(金)義母の葬儀 [日常]

8月26日(金)  晴れ  東京  32.8度  湿度55%(15時)

津田山の「かわさき北部斎苑」で21日(日)に逝去した義母の葬儀。
「友引」が挟まったとはいえ、火葬場が混んでいて、中4日、待たされた。

母を送ったときも、父を送ったときも、私は待合室から外に出て、火葬場の煙突から上る煙を眺めていた。
今日も、そうするつもりだったが、津田山の火葬場には煙突も排気塔もない・・・。
IMG_9511.JPG
↑ 左側の建物が火葬場。

日本で火葬が広まって以来(平安時代以降)、亡くなった人の魂は、煙とともに天にあがると考えられてきた。

見し人の けぶりを雲と 眺むれば 夕の空も むつましきかな(源氏物語・夕顔)

現代は、もうそういう感傷を持つことさえもできないのだなぁ。