So-net無料ブログ作成

2月23日(木)鶴田幸恵さんのインタビューを受ける [お仕事(出演・取材協力)]

2月23日(木)  雨のち曇り  東京  15.8度  湿度60%(15時)

9時半、起床。
朝食は、苺クリームデニッシュとコーヒー。
IMG_2315.JPG
シャワーを浴びて、髪に、あんこを入れて頭頂部で結び、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
白と黒のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ワインレッドのバッグ。
ボア襟の黒のカシミアのポンチョを羽織る。

12時過ぎ、家を出る。
午前中の雨と強風が止み、温かい。
東急目黒線(目黒駅乗換)JR山手線で田町駅へ。
東口(芝浦側)には店がなさそうなので、西口駅前のビルの地下飲食店街へ。
「蒲田羽根付き餃子」の店に入る。
IMG_2319.JPG
最初、店の名がどこにもないな?と思ったら「歓迎」が店名だった。
日替わり定食(麻婆茄子丼+餃子4個)を注文(980円)。
IMG_2316.JPG
麻婆茄子丼はあまり感心しない。味がややダレている(砂糖入れすぎ?)。
IMG_2317.JPG
売り物の餃子はジューシーでおいしい。
IMG_2318.JPG
餃子定食(ご飯+餃子8個)にすればよかった。

JR田町駅東口を出てすぐの東京工業大学のビルへ。
受付に来訪目的を告げて6階に上がる。
千葉大学のサテライト・オフィスと聞いていたのだが、イメージが違った。
6階のフロアーにロの字形にたくさんの国立大学のサテライト・オフィスが並んでいる。
IMG_2320.JPG
秋田大学と上越教育大学の間に千葉大学があり、山形大学と山梨大学がお隣という配置は、なんだかシュールだ。
琉球大学はやっぱり端っこだ。

13時30分、千葉大学サテライト・オフィスへ。
鶴田幸恵准教授(社会学)のインタビューを受ける。

鶴田さんのインタビューを受けるのは、2006年以来11年ぶり。
次の10年後はたぶんもうこの世にいないので、「遺言」のつもりで、17時近くまで3時間半近くお話。

その後、喫茶店で2時間ほど雑談。
花粉症が喉に来ていて本調子ではなかったが、楽しかった。

19時半、辞去。
20時半、帰宅。

夕食は、生牡蠣(美味)。
IMG_2324.JPG
「マイセン」のかに・帆立クリームコロッケ。
IMG_2323.JPG
お豆腐。
IMG_2322.JPG

お風呂に入って温まる。
「日記」を書く。
体調が良くないので、今夜も早寝。

就寝、2時。

2月22日(水)NKK大阪のチーフ・ディレクター氏と面談 [お仕事(出演・取材協力)]

2月22日(水)  曇り  東京  10.6度  湿度60%(15時)

10時、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のペッパーシンケンサンドとコーヒー。
170222 (1).JPG
シャワーを浴びて、髪に、あんこを入れて頭頂部で結び、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
白と黒のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ワインレッドのバッグ。
ボア襟の黒のカシミアのポンチョを羽織る。

13時半、家を出る。
駅前の郵便局で、相続税の手続きに必要な書類を郵送。
戸籍謄本4通、住民票2通、印鑑証明書4通。
なんで、こんなに必要なのだろう?

東急東横線で渋谷に出る。
昼食は「かつや」へ。
170222 (2).JPG
↑ カツ丼(梅)と豚汁(大)580円+180円。

15時から「渋谷エクセルホテル東急」の喫茶室で、NHK大阪のチーフ・ディレクター氏と2時間半ほどお話。
30分枠生放送という条件はシビアだけど、企画が実現すればいいな。

17時半、辞去。

18時過ぎ、自宅最寄り駅前の「ドトール」で家猫さんと待ち合わせ。
IMG_2312.JPG
↑ 駅前の河津桜。だいぶ開花が進んだ。

夕食は、西口の「ふくや」へ。 
家猫さんは天麩羅せいろそば、私はせいろそば(大)。
170222 (6).JPG
天婦羅は半分こ。
170222 (5).JPG

20時、帰宅。

少し論文の訂正・加筆作業。

お風呂に入って温まる。
疲れたので早寝。
就寝、2時。

シンポジウム「メディアとLGBTー”ホモネタ”って笑っていいの?ー」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

2月21日(火)
(続き)
論文を脱稿した後、1時間近くお風呂に入り(30分ほどは眠っていた)、30分ほど横になったら、少し体調が回復。

夕方から霞ヶ関の弁護士会館で開かれるシンポジウムを聴きに行くことにする。

16時過ぎ、家を出る。
北風が冷たい。
足の状態は良好で、痛みも違和感もなく、昔のように早く歩ける。
この状態が続けば、うれしいのだが。

遅い昼食は、武蔵小杉駅構内の「しぶそば」。
IMG_2299.JPG
↑ で赤むつと春菊のおすすめ天そば(480円)。
同じメニューなのに渋谷の「しぶそば」より50円安い。

東急東横線(中目黒駅乗換)東京メトロ日比谷線で霞ヶ丘駅へ。
IMG_2301.JPG
↑ 晩冬の夕暮れ
IMG_2302.JPG
↑ 弁護士会館へ
IMG_2303.JPG
18時「東京弁護士会 性の平等に関する委員会」主催のシンポジウム「メディアとLGBTー”ホモネタ”って笑っていいの?ー」に参加。
大きな会議室が満席の大盛況。
パネラーは、牧村朝子さん(タレント・文筆家)、渡辺一樹さん(BuzzFeed記者)、荻上チキさん(「シノドス」編集長)。

で、感想だが・・・ぬるかった。
そもそも本の出版記念だし、パネラーの顔ぶれからして、突き詰めたシビアな話にはらないだろうと思っていたけど、やっぱりぬるかった。

3人のパネラーはそれぞれに熱の入ったしゃべりだったが、企画・構成そのものがぬるい。

「メディアとLGBTー”ホモネタ”って笑っていいの?ー」というテーマなのに、笑われる側の人がいないのだから、どうやっても切実な話にはならない。
牧村さんは牧村さんなりに苦労はしただろうけど、牧村さんを指さして笑う人はまずいないだろ。

その牧村さんにしたって、2015年秋の段階で「LGBTさん、さようなら」と言っているわけで、シンポジウムの司会者(主催者の弁護士さん)が期待するような話がなかなか出てこない。

まあ、弁護士さんはジェンダー&セクシュアリティの専門家でないわけで、理解が浅いのは仕方がない。
関心を持ってくださったことに感謝しないといけない。

あと、主宰者側の人(弁護士さん)が「メディアにLGBTが出るようになった2013年以後・・・」みたいなこと言っていたような気がする。
聞き間違いだろうか?
それとも、それ以前にメディアに出ていた人はLGBTではないのか?

歴史的な話は、牧村さんのプレゼンに入っていたし、荻上さんも1990年代に放送された「ニューハーフ50人」に言及していたけど、どうも主宰者側は歴史認識が希薄だった気がする。

まあ、弁護士さんは現在のことを法的に考えるのが仕事だから、仕方がないのだろう。

それと、些末なことだが、今日のシンポで面白かったのは、牧村さんが言った「おわコン」(もう終わった流行遅れのコンテンツ)が、司会者の弁護士さんにまったく通じなかったこと。
まあ、法廷用語じゃないし、司法試験にも出ないだろうし。

20時過ぎ、閉会。

21時、武蔵小杉駅に戻る。
お腹が空いたので「東急スクエア」の「南国酒家」へ。
IMG_2304.JPG
↑ 五目あんかけ焼きそば(1150円)
IMG_2305.JPG
ちょっと追加。
IMG_2306.JPG
↑ 熟成シュウマイ(200円)

22時前、帰宅。

就寝、3時。

2月21日(火)論文「女装秘密結社『富貴クラブ』について」脱稿 [お仕事(執筆)]

2月21日(火)  晴れ  東京  9.9度  湿度27%(15時)

9時半、起床。

13時、論文「女装秘密結社『富貴クラブ』について」を脱稿。
12600字、画像5点。

1960~1970年代のアマチュア女装世界をリードしながら、その秘密性のゆえに、実像が霧の中だった「富貴クラブ」。

私の20年に近い調査の一応のまとめ。

服藤早苗・新實五穂編『歴史の中の異性装(仮題)』(勉誠出版)に掲載予定。

これで「あなたなら、私の思いを解ってくれると思うから」と語ってくださった小池美喜さんをはじめとする女装世界の先輩たちに、やっと顔向けできる。

2月20日(月)ほぼ書き上げた [お仕事(執筆)]

2月20日(月)  曇りのち雨  東京  19.7度  湿度64%(15時)

10時半、起床。

昼から夜中まで、論文「女装秘密結社『富貴クラブ』について」の執筆。
11800字まで進み、ほぼ書きたいことは書けた。

あとは文章を整えて、画像(5点)を選んで入れれば脱稿なのだけど、今夜は、もう限界。
疲れた・・・肩が凝った・・・目が変だ・・・、力尽きた。

就寝、3時半。

千葉県銚子沖でM5.4、最大震度4 [地震・火山・地質]

2月19日(日)

台所で夕食の支度を始めようと、台所で洗い物をしていたら、家猫さんの「揺れてる、地震、地震」の声。
リビングに戻って椅子に座ると、まだかすかに揺れていた。

20170219182303395-191819.jpg
19日18時19分頃、震源地は千葉県東方沖(北緯35.7度、東経140.8度)、
震源の深さは約60km、地震の規模はM5.4。最大震度4。
---------------------------
しばらく静かだったので、今年初めての震度4。

2月18日(土)「学期末休み」終了 [日常]

2月18日(土)  曇り  東京  10.7度  湿度35%(15時)

10日(金)に採点業務を終えて、11日(土)から16日(木)まで1週間ほど「学期末休み」のつもりで、小説などを読みながら、のんびり過ごした。
(浅田次郎『天子蒙塵』1,2読了)

で、今日から論文を書き始めたが、まだ調子が出ない。

来週は忙しから、今日、頑張らないと・・・。

夜中、執筆。
論文「女装秘密結社『富貴クラブ』について」、やっと半分(6500字)。

2月17日(金)春一番 [日常]

2月17日(金)  晴れ  東京  20.6度  湿度62%(15時)

春一番。
17021712.jpg
午前中から夕方まで、すさまじい強風。
東京は11時30分に最大瞬間風速19.2m/s(南西の風)を記録。
最高気温は平年より10.1度も高い20.6度。

夕食は、お魚を焼く(博多まるきた水産)。
IMG_2276.JPG
↑ 手前、サーモントラウト(チリ産)の西京漬け。
後ろ、クサカリツボダイ(クック諸島産)のみりん漬け。
輸入品の魚でどうだろう?と思ったが、なかなかおいしかった。

牡蠣フライ。
IMG_2277.JPG

夜中、論文執筆の資料となる「富貴クラブ」会員・小池美喜さんの「手記」をアップ。

就寝、4時半。

小池美喜さん(筆名:成子素人)の手記をアップ [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

2月17日(金)

1960~70年代の日本のアマチュア女装世界をリードした女装秘密結社「富貴クラブ」の会員だった小池美喜さん(筆名:成子素人)の手記をアップしました。

成子素人「もう一人の私 のこと」(前編)
http://zoku-tasogare-sei.blog.so-net.ne.jp/2017-02-18
成子素人「もう一人の私 のこと」(後編)
http://zoku-tasogare-sei.blog.so-net.ne.jp/2017-02-18-1

28000字を越える長文の手記で、2000年秋頃に執筆され、2001年春に私に託されたものです。
2005年頃にはテキスト化を終えていましたが、様々な事情で公開が遅れました。

謎の多い「富貴クラブ」の実像を物語る一級資料として、また20世紀後半を生きた一人の女装者の半生記として、さらには同時代の風俗研究資料として、とても貴重なものです。

読み物として興味をもっていただくとともに、研究資料として活用していただけたら幸いに思います。
詳しい解説は下記をご覧ください。

三橋順子「(解説)「もう一人の私のこと -「富貴クラブ」の女装者、小池美喜の手記-」
http://zoku-tasogare-sei.blog.so-net.ne.jp/2017-02-18-2

「GID特例法」の改正に向けて [現代の性(性別越境・性別移行)]

2月17日(金)

「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(GID特例法)」の改正を目指す動きがやっと出てきたようだ。
実現までにはまだまだ先は長いが・・・。

私の基本主張は「GID特例法」廃止&「性別移行新法」の制定だが、現実的には「GID特例法」の大幅な改正で仕方がないだろう(妥協)。

具体的には、法律名はもちろん、対象となる人の規定、そして、国際的な人権規約を踏まえた上で、現行の5要件のほとんどの撤廃などを目指すべきだ。
要件は「成人要件」だけでいいと思うが、同性婚の法制化がいっこうに進まない現状では、法律間の整合性という観点から「非婚要件」が残るのは仕方ないだろう。

従来から批判が多い日本独自の「子なし要件」はもちろん、「生殖機能喪失要件」、「外性器形態類似要件」は、少なくとも法文からは外すべきだ。

細かな点は議論があるだろうが、性同一性障害という疾患概念の国際的な余命があと1年ほどであることを考えれば、もう動き出さないといけない(遅いくらいだ)。