So-net無料ブログ作成
検索選択

福島県沖でM5.6、最大深度震度5弱 [地震・火山・地質]

2月28日(火)

長く小さな縦揺れ(初期微動)、これは大きい(でも遠い)と直感。
あの日の記憶がよみがえり身構える。
幸い横揺れはそれほど大きくならなかった。
ウチ(川崎市中原区)は気象庁発表で震度1、体感で震度2。
20170228165255395-281649.jpg
28日16時49分頃、震源地は福島県沖(北緯37.5度、東経141.4度)、震源の深さは約50km、地震の規模はM5.6。
福島県相馬市、楢葉町、双葉町、南相馬市、宮城県岩沼市などで震度5弱を観測

2月28日(火) [日常]

2月28日(火)  晴れ  東京  10.1度  湿度50%(15時)

10時、起床。

昼食は、残りご飯(あきたこまち胚芽米)に、(左)蕗味噌(越後栃尾)、(奥)小女子(こうなご)の佃煮(近江長浜)、(右)蟹入り海苔の佃煮(但馬城崎)。
IMG_2360.JPG

「トランスジェンダー専用のトイレ」なんて誰が求めているのか? [現代の性(性別越境・性別移行)]

2月28日(火)
---------------------------------------------
橋下徹 @t_ishin

トランスジェンダー専用のトイレや更衣室を設けていくことには賛成。しかし心の性を基に男女どちらのトイレや更衣室も選べる権利まで認めるオバマ氏達の考えには反対。そんな権利を認めたら見かけは男性の人と一緒に着替えたくない女性の権利はどうなるのか。権利の主張は他者の権利とぶつかるのが常。

2017年2月27日 14:44
https://twitter.com/t_ishin/status/836089493136396288
---------------------------------------------

実際問題として「トランスジェンダー専用のトイレ」を作ったとしても、そこを使いたがるトランスジェンダーは(皆無ではないが)ほとんどいないだろう。
社会資源の使い方として無駄。
「誰でも(多目的)トイレ」を増設すれば、それで十分対応可能。

もういい加減、多くの当事者の意向を無視して議論するのは止めてほしい。
女性に見えない外観で、無理無理、女性トイレを使おうとする、あるいは「使うべきだ」と主張するトランスジェンダーなんて、ごくごく一部。

多くのトランスジェンダーは、日々の生活の中で、できるだけ他者に迷惑をかけないよう、そしてリスクの少ない方法を選んでいる。
それで、いいではないか。

(解決方法として全トイレの「個室化」を提唱する方への反論)
全トイレの「個室化」をいったい誰が望んでいるのか?
多くの女性は望んでいないだろうし、トランスジェンダー当事者も必ずしも望んでいない。

私が言いたいのは、当事者が必ずしも望んでいない方向性を、なぜ非当事者が推奨するのかという疑問。

「個室化」は、理想論としては私も望ましと思う。
ただ、多めに見ても人口の0.1%以下のトランスジェンダーのために、全国の公共トイレを個室化するのは、費用対効果という点で社会的コンセンサスがとれないと思う。

社会資本の配分をマイノリティに手厚くするのは、施策としてあってしかるべきだと思うが、それにも限度というものがある。

だから、現実的には、より多くの人の利益になる「多目的トイレ」の増設という要望になる。

私は現実主義者なので、理想論は主張しない。
トランスジェンダーにとって大事なのは、現実性のない理想のトイレではなく、日々の安全なトイレ利用なのだから。

そこらへんLGBの方たち(とりわけ「活動家」の皆さん)とは感覚が違うと思う。

確定申告の書類、作成終了 [日常]

2月27日(月)
(続き)
夕食は、鶏もも肉を焼く。
バジル風味。
170227-2 (2).JPG
ガラムマサラ風味。
170227-2 (1).JPG
野菜
170227-2 (3).JPG
なばなの油炒め。
170227-2 (5).JPG
平茸と卵のお汁(芹のせ)。
170227-2 (4).JPG

食後、確定申告の書類を作成。
準備してあったので、2時間ほどで作成終了。
今年はいつになく早い。
でも、提出は早くて2日(木)かな。

風呂に入って温まる

就寝、2時半。

2月27日(月)3月の爪は桜色 [日常(髪・爪・肌・ファッション)]

2月27日(月)  晴れ  東京  9.7度  湿度51%(15時)

10時半、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」の洋梨のデニッシュとコーヒー。
IMG_2346.JPG
シャワーを浴びて、髪に、あんこを入れて頭頂部で結び、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
白と黒のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツワインレッドのバッグ
ボア襟の黒のカシミアのポンチョを羽織る。

12時半、家を出る。
風が冷たく、春はまだ遠い感じ。
東急東横線で学芸大学駅に移動。
昼食は、東口の路地の「たけいち」へ。
IMG_2349.JPG
↑ 味玉入り 濃厚鶏骨醤油そば (880円)。
相変わらず、濃厚で美味。

14時、学芸大学駅西口のネイルサロン「プティマーナ」へ。
IMG_2350.JPG
ほぼ1カ月ぶり(4週と1日)、やや浮きはあるが剥がれはなし。
店長のIさんと相談して、ちょっと早めだけど「桜」にする。
IMG_2368.JPG
IMG_2369.JPGIMG_2370.JPG

DVDは「麗しのサブリナ」(1954年)。
こういうストーリーだったのか。
オードリー・ヘップバーンにとって「ローマの休日」(1953年)の次作だが、やっぱり可愛くきれいだ。

I店長、4月までで休職とのこと。
ずっと担当してもらっていたので、ちょっと困るけど、「おめでた」だから仕方がない。

16時半、辞去。

「仕事部屋」に寄って、郵便物などいろいろ整理。

18時半、自宅最寄り駅前の「ドトール」で家猫さんと待ち合わせ。
今日は、右足の坐骨神経痛が出て、歩くのが少し辛い。

19時半、帰宅。
(続く)