So-net無料ブログ作成

トランプ政権、LGBT締め付け 保守に配慮し寛容から一転 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

3月27日(月)

トランプ米政権の性的マイノリティ政策の諸悪の根源は、トランプ大統領ではなく、ペンス副大統領ということ。
だから、トランプ大統領にはぜひとも任期を全うしてほしい。
そうでないと、ペンスが大統領になり、最悪の事態になりかねない。

--------------------------------------------
トランプ政権、LGBT締め付け 保守に配慮し寛容から一転

トランプ米政権が性的少数者(LGBT)への締め付けを強めている。かつては寛容な姿勢を見せることもあったが、オバマ前政権下で進んだ保護政策撤回など保守層に配慮した動きが目立ってきた。女性や非白人など国内の少数派(マイノリティー)にどう向き合うのか。LGBTへの対応はトランプ大統領が米社会の分断を修復できるかどうかの試金石となる。

米大統領選から約1カ月後の昨年12月。ニューヨーク在住の同性カップル、デービッドさん(51)とカールさん(48)は市の庁舎で結婚式を挙げた。実は予定を1年半早めた「駆け込み婚」。米国は2015年に同性婚を合法化したが、「新政権が同性婚をどう扱うか不安」だった。大統領選の翌日に2人で話し合い、式の前倒しを決めた。

LGBTへの締め付けは早速始まった。今年2月下旬、トランスジェンダー(出生時の性と自身の認識する性が一致しない人)の生徒らに、自身の選んだ性別のトイレを使用させるよう公立学校に促したオバマ前政権の通達を撤回したのだ。

市民団体などは一斉に反発。大統領就任式で国歌を歌った女性歌手は「失望した」とツイートし、トランスジェンダーの姉とともにトランプ氏への面会を求めた。失望が広がったのは、それまでのトランプ氏の姿勢が必ずしも反LGBTではなかったためだ。

「大統領になれば『LGBTQ』の人々を守るために全力を尽くす」。トランプ氏は昨年の共和党全国大会での候補者指名受諾演説でこう明言した。「Q」はLGBTに含まれない性的少数者「クイア」の頭文字を指す。あえて言及するのは保守色の強い共和党の候補者としては異例で、「理解の高さ」を当事者やリベラル層に訴えた。

大統領就任後の今年1月にも「LGBTQの権利を支持する」と改めて声明を発表。オバマ氏が発令した差別禁止の大統領令を維持するとした。

ちぐはぐな言動はなぜか。慶応大の渡辺靖教授は「共和党内の一大勢力である宗教的保守派への歩み寄りが狙い」とみる。キリスト教保守派は共和党の重要な支持母体だ。同性婚や中絶を容認するオバマ前政権下で進んだリベラル化への反発はトランプ大統領を生み出す原動力の一つだった。

トランプ氏は共和党の主流派とは保護貿易などの看板政策で意見を異にするが、政権運営で協力は不可欠。「強いこだわりがないとみられるLGBT政策ではペンス副大統領ら保守派の意向が反映されている可能性が高い」(渡辺教授)

こうしたトランプ氏の姿勢は他の少数派問題に波及する恐れがある。トランプ氏の熱狂的支持層には女性や非白人など少数派への配慮を「逆差別」として反発する白人労働者階級もいる。自らの支持層にすり寄る政策に偏れば米社会の亀裂をさらに深めかねない。(木寺もも子、ワシントン=芦塚智子)
『日本経済新聞』電子版 2017/3/24 0:30
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM17H3D_T20C17A3FF2000/

不妊手術強制されたトランスセクシュアルに賠償の方針、スウェーデン [現代の性(性別越境・性別移行)]

3月27日(月)

スウェーデンでは1972年から2013年まで性別変更を公式に承認する条件として、不妊手術を法律で義務付けていたが、2012年12月、裁判所がこの慣行は違憲であり欧州人権条約にも違反するとの判断を下した(翌月、法律化)。

今回、スウェーデン政府保健相が、性別変更手続きを完了するために法に従い不妊手術を余儀なくさせられた人たちに対し、賠償金として1人あたり22万5000クローナ(約280万円)を支払うとした法案を提出する計画と語った。

スウェーデンのLGBT権利団体「RFSL」によると、賠償の対象となる、法的に不妊手術を受けさせられたトランスセクシュアルは約800人に上る。

法的な性別の移行に際して本人が必ずしも望まない身体に大きな影響があるSRSを必須条件化することは、トランスジェンダーの人権への侵害であるという考え方は、2014年5月のWHOほか国連機関の共同声明以来、人権を重視する諸国の共通認識になりつつある。

しかし、日本は「GID特例法」で公的な性別の変更要件として手術を規定していて、毎年500~600人の人が断種手術を受けている。
中には、必ずしも手術を望んでいないが、法律の要件なので仕方なく手術を受けている人もいる。

2017年3月19日に札幌医科大学で開催されたGID学会・理事会で、出席した理事の満場一致でWHOの共同声明を支持することが決定した。

これは一歩前進だが、WHO共同声明への支持と手術要件の撤廃に強硬に反対する「当事者団体」もあり、手術要件撤廃への道のりはまだ遠い。

----------------------------------------------
不妊手術強制されたトランスセクシュアルに賠償の方針、スウェーデン

「AFP」2017年03月27日 09:39 発信地:ストックホルム/スウェーデン

【3月27日 AFP】スウェーデン政府は25日、性別変更手続きに伴い強制的に不妊手術を受けさせられたトランスセクシュアルたちに賠償金を支払う方針を明らかにした。

ガブリエル・ウィクストロム(Gabriel Wikstrom)保健相はスウェーデン紙ダーゲンス・ニュヘテル(Dagens Nyheter)に、性別変更手続きを完了するために法に従い不妊手術を余儀なくさせられた人たちに対し、賠償金として1人あたり22万5000クローナ(約280万円)を支払うとした法案を提出する計画だと語った。

スウェーデン政府は1972年から2013年まで、トランスセクシュアルに対し性別変更を公式に承認する条件として、不妊手術を受けることが法律で義務付けられていた。

しかし2012年12月、スウェーデンの裁判所がこうした慣習は違憲であり欧州人権条約(European Convention on Human Rights)にも違反するとの判断を下し、翌月には不妊手術の強制を禁止する法律が発効した。

2013年にはトランスセクシュアル約150人が国に正式な謝罪と総額500万ユーロ(約6億円)、1人あたり3万4000ユーロ(約410万円)程度の賠償金を求める運動を起こした。

スウェーデンのLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)権利団体「RFSL」によると、法的に不妊手術を受けさせられたトランスセクシュアルは約800人に上るという。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3122798

松戸小3女児誘拐殺害事件 [事件・事故]

3月26日(日)

ほんとうに惨い事件。
犯人は、絶対に捕まえてほしい。

被害者は、松戸市立六実第二小学校3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9歳・ベトナム国籍)。
24日(金)
8時過ぎ、終業式に登校後、行方不明に。
午後、父親が警察に捜索願を提出。
16~18時、自宅から3kmほど離れた公園によく似た女の子が複数の人物と一緒にいたという目撃情報。
26日(日)6時45分頃、自宅から12km離れた我孫子市北新田の排水路にかかる橋の下の草むらで絞殺遺体で発見(発見者は釣にきた男性)。

状況から登校途中に車で拉致され、その後、殺害、遺棄された可能性が強い。

--------------------------------------------
首に絞められたような痕 千葉・我孫子の小3女児遺体

26日午前6時45分ごろ、千葉県我孫子市北新田(きたしんでん)の草むらで女児が倒れているのを、釣りに来ていた男性会社員(49)が見つけ、県警我孫子署に通報した。現場で死亡が確認された。女児は24日朝、約12キロ離れた同県松戸市六実(むつみ)で行方がわからなくなっていた小学3年でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)=同市六実5丁目=と分かった。

捜査関係者によると、リンさんには首を絞められたような痕があった。県警は、殺人・死体遺棄事件として捜査本部を設置。防犯カメラの映像を解析するなどしてリンさんの足取りや死亡した経緯を調べる。

リンさんは、いずれもベトナム国籍で自営業の父親(34)と母親(30)、弟(3)の4人暮らし。捜査本部によると、24日午前8時ごろ、市立六実第二小学校に登校するため、歩いて自宅を出た後、行方不明になっていた。この日は修了式で、父親が午前8時40分ごろ、学校から「登校していない」と連絡を受けて松戸東署に捜索願を出し、署が通学路などを中心に行方を捜していた。

松戸市教育委員会によると、自宅から学校までは子どもが歩いて10分ほど。地域住民が通学路の中間地点付近で見守り活動をしていたが、リンさんの姿は見ていないという。

リンさんは自宅を出た際、灰色のパーカにピンクのズボン姿で、赤いランドセルなどを身につけていた。26日に発見された際、現場周辺では所持品や衣服が見つかっていないという。

リンさんの遺体が発見されたのはJR我孫子駅の北東2・5キロ付近で、自宅から直線距離で約12キロ離れた水田が広がる地域。排水路にかかる小さな橋の近くの草むらで倒れていた。

『朝日新聞』2017年3月26日22時48分
http://www.asahi.com/articles/ASK3V54S5K3VUTIL00X.html?iref=comtop_8_02

大相撲春場所千秋楽、稀勢の里が大逆転優勝 [スポーツ]

3月26日(日)

まさに横綱の意地。
本割、決定戦2番連続の逆転勝ちで、手負い(左肩負傷)の稀勢の里が大逆転優勝。

あの心が弱かった大関時代の稀勢の里とは別人。
地位が人を強くする典型。

優位にあるはずの大関照ノ富士の方が、雰囲気に飲まれていた。

稀勢の里の弟弟子の高安(12勝3敗で殊勲賞)が泣きながらインタビューを受けている。
いいやつなんだなぁ。
来場所、好成績(11勝以上)なら大関昇進確実。
そうしたら、幼馴染の秋元才加嬢にプロポーズできる。
でも「横綱になったら、結婚してあげる」とか言われそうだけど。

まずくはないが・・・ [日常(料理・食べ物)]

3月26日(日)
(続き)
15時半過ぎ、遅い昼食。
少し前に学芸大学西口にできた「元祖博多中州屋台ラーメン・一竜」へ。
170326 (3).JPG
↑ 赤ダレとんこつラーメン+餃子セット(710+200円)
170326 (2).JPG
まずくはないが、わざわざ食べに行くほどでもないな。

17時、帰宅。

夕食は、鶏肉と玉ねぎの卵とじ(親子丼の具)。
170326-2 (2).JPG
タラの芽の天麩羅。
170326-2 (1).JPG
トマトサラダ。
170326-2 (3).JPG
食後、かなり細かい作業。
うん、まだ目はちゃんと見えるな。

お風呂に入って温まる。
就寝、3時。




3月26日(日)4月の爪はピンクの斜めフレンチ [日常(髪・爪・肌・ファッション)]

3月26日(日)  雨  東京  8.1度  湿度96%(15時)

10時、起床。
朝食は、ダークチェリー・デニッシュとコーヒー。
シャワーを浴びて、髪を頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
青基調に楕円形模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのバッグ。
ボア襟の黒のカシミアのポンチョを羽織る。
IMG_3194.JPG
12時過ぎ、家を出る。
真冬のような冷たい雨、平年より6.7度も低い。
また坐骨神経痛が出たら嫌だなと思いながら駅に向かう。
(結局。往復4kmくらい歩いたけど、足はまったく痛くならず、歩みはいたって快調。
自分の身体ながら、相変わらず、よくわからない。)

東急東横線で学芸大学駅に移動。
13時、西口のネイルサロン「プティマーナ」へ。
3週と6日、右薬指に部分剥がれ、ほか2本浮き。
担当は店長のIさん。
ピンク色の斜めフレンチで、境界ラインにゴールドのラメ、薬指に桜の花のシール。
170326 (1).JPG
170326 (2).JPG170326 (3).JPG

DVDは「しあわせの隠れ場所」(2009年、アメリカ)。
サンドラ・ブロックがアカデミー主演女優賞をとった作品。
半分だけ。

15時半、辞去。
(続く)



3月25日(土)アレルギーの発作 [日常]

3月25日(土)  曇り  東京  12.7度  湿度32%(15時)

9時、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のペッパーシンケンサンドとコーヒー。
170325 (1).JPG
10時頃、シャワーを浴びようとしたら、アレルギーの発作。
目が猛烈にかゆい。
薬を飲んで、目薬を差して、家猫さんの布団へ。

13時、再起床。
発作、なんとか収まる。
こうしたアレルギーの発作は1カ月に1度くらい起こる。
必ずしも花粉のシーズンではなく、むしろ気温差が引き金になる感じ。
今朝の発作はかなり大きい方。

昼食は、残りご飯で、にしん丼。
170325 (2).JPG
足りないので、ワンタンスープ。
170325 (4).JPG
やっぱり体調イマイチで、「日記」を書いたりして、だらだら過ごす。
間食に苺サンドを一切れ。
170325 (3).JPG

夕食は、牛肉を炒める。
170325 (5).JPG
野菜サラダ。
170325 (7).JPG

お風呂に入って温まる。
就寝、3時

最大38mの津波襲来か 山形庄内で痕跡発見 [地震・火山・地質]

3月25日(土)

東北地方の日本海側でも、20~38mの超巨大津波が襲来する可能性があるということ。

この地域では、十和田火山の火山灰が年代を決める鍵層になるので、年代推定かなり正確だと思う。

『日本三代実録』嘉祥3年(850)10月16日条「出羽国地大いに震い、国府井口(山形県飽海郡本楯村樋口)の地山谷所を易ふ。又、海波を颶(あ)げ圧死するもの多し」と記録されている「出羽地震」の記述が裏付けられた。

---------------------------
最大38mの津波襲来か 山形庄内で痕跡発見
20170323_182016jc.jpg
鶴岡市の砂丘の斜面で見つかった津波堆積物(灰色の部分)

山形県鶴岡市沿岸部に約38メートルの巨大津波が押し寄せていた可能性があることが、山形大の山野井徹名誉教授(72)=古生物学=らの研究チームの調査で分かった。津波堆積物としては世界で海抜が最も高いという。山形県遊佐町でも20メートルを超える津波の痕跡があり、今後の津波対策を考える上で貴重なデータとなりそうだ。

山野井名誉教授は1990年代に、庄内地方の沿岸部の砂丘で化石の発掘調査をした際、津波の堆積物と思われる地層を見つけた。2011年の東日本大震災発生後、本格的に堆積物の調査を始めた。

鶴岡市4カ所、遊佐町7カ所の海岸から700メートル〜1600メートルの地点で掘削作業に当たり、津波堆積物とみられる層を発見。海抜が最も高いところは鶴岡市が37.9メートル、遊佐町は20.5メートルだった。

十和田火山の噴火(915年)で積もった火山灰の層を基準に、年代も測定した。堆積物から採取した炭素の成分を分析し、鶴岡市が1000年代〜1100年代前半、遊佐町が700年代後半〜800年代と結論付けた。

鶴岡市では、津波の影響でゆがんだとみられる井戸枠が同じ年代の地層から見つかっている。古文書「日本三代実録」には、850(嘉祥3)年の出羽地震で隣接する酒田市内で津波が川をさかのぼったと記され、遊佐町の堆積物の年代とほぼ一致していた。

山野井名誉教授は「過去に発生した大津波が、再び起こる可能性が十分にある。この研究が防災の観点から警鐘を鳴らすことにつながってほしい」と述べた。

『河北新報』2017年03月24日10:31
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170324_53014.html

2018(ロシア) W杯、各地域最終予選の状況 [スポーツ]

3月25日(土)
2018 FIFAワールドカップ、各地域の最終予選の状況をまとめてみた。

【ヨーロッパ(13)】各組10試合で4~5試合を消化。各組首位が出場、各組2位の内、勝点上位の8チームがプレーオフ。
A組 フランスが勝点13で首位、とスウェーデン(勝点10)とブルガリア(勝点9)が追う。オランダ(勝点7)はブルガリアに破れ苦戦。
B組 スイスが勝点15で首位、ポルトガル(勝点12)が追う。
C組 ドイツが勝点12で独走、北アイルランド(勝点7)とアゼルバイジャン(勝点7)が追う。チェコ(勝点5)が苦戦。
D組 アイルランドとセルビアが勝点11で並ぶ、ウエールズとオーストリアが勝点7で追う。
E組 ポーランドが勝点10で首位、モンテネグロ(勝点7)とデンマーク(勝点6)が追う。
F組 イングランドが勝点10で首位、スロベニア(勝点8)とスロバキア(勝点6)が追う。スコットランドは勝点4で苦戦。
G組 スペインとイタリアが勝点13で並ぶ、イスラエルが勝点9で追う。
H組 ベルギーが勝点13で首位、ギリシャが勝点11で続く。ボスニア・ヘルツェゴビナ(勝点10)が追う。
I組 クロアチアが勝点13で首位、アイルランドが勝点10で続く。ウクライナ(勝点8)が追う。

【アジア(4.5)】各組10試合で6試合が終了。
A組はイランが勝点14で独走。
もう1枠は韓国(勝点10)、ウズベキスタン(勝点9)、シリア(勝点8)が争う混戦。
B組はサウジアラビアと日本が勝点13で圏内。
オーストラリア(勝点10)とUAE(勝点9)が続く。

【アフリカ(5)】各組6試合で2試合を消化。
A組 コンゴ民主共和国とチュニジアが勝点6で並ぶ。
B組 ナイジェリアが勝点6で首位。カメルーン(勝点2)は苦戦。
C組 コートジボアールが勝点4で首位、ガボン(勝点2)とモロッコ(勝点2)が追う。
D組 ブルギナファソ南アフリカが勝点4で並び、セネガル(勝点3)が追う混戦。
E組 エジプトが勝点6で首位、ウガンダ(勝点4)が追う。

【北中米カリブ海(3.5)】 全10試合で3試合消化、まだ序盤戦。
メキシコ(勝点7)、コスタリカ(勝点6)、パナマ(勝点4)の順。
アメリカ、トリニダード・トバゴ、ホンジュラスが勝点3で続く。

【南米(4.5)】全18試合で13試合を消化、終盤戦へ。。
ブラジルが勝点30で首位を独走、ウルグアイ(勝点23)、アルゼンチン(勝点22)、コロンビア(勝点21)が出場圏内。
エクアドル(勝点20)、チリ(勝点20)、パラグアイ(勝点18)まではまだ十分に可能性がある。
ペルー(勝点15)は苦戦、ボリビア(勝点7)、ベネズエラは(勝点6)は圏外。

【オセアニア(0.5)】各組6試合で3試合を終えた。
A組はニュージーランド(勝点4)、B組はタヒチ(勝点6)が首位。
各組の首位が表決定戦に進み、勝者が南米予選5位との大陸間プレーオフに進出。

写真家さんと用談 [日常]

3月24日(金)
(続き)
表参道駅から東京メトロ半蔵門線(渋谷駅乗換)副都心線で新宿三丁目駅へ。

17時半、「紀伊国屋書店」のエスカレーター下で、20年来いろいろお世話になっている写真家の方と待ち合わせ。
IMG_3176.JPG
新宿通りを渡ってすぐの「ライオン」3階のワインバーで用談。
もうほとんど編集作業が終わった写真集の見本本(自費製作)を見せていただく。
私が長年待ち望んだ写真集が目の前にあり、とても感激。
写真芸術としての価値はもちろんだが、文化人類学的な資料としてもきわめて高い価値がある。世界的に見ても比類のない記録資料だと思う。

ここれをそのまま注文制作出版(オンデマンド)で出せばいいのではないかとも思う。
ただ、やはり販路(世界中に買ってもらいたい)と価格(出版とオンデマンドだと3倍くらい違う)の両面で、ニューヨークで出版したいとのこと。
こうした学術的にも価値がある写真集に対して日本の出版社は冷淡だが、ニューヨークなら文化人類学に見識と関心がある出版社は必ずあると思う。

で、用件は私に「序文を書いてほしい」というお話。
「万年非常勤講師の私でいいのですか?」と思うと同時に「私にしか書けないな」とも思う。
ご本人も「どこかの知らない教授に書いてもらうのは嫌だ」とおっしゃる。
私は、「双性原理」を体系化する上で、これらの写真から多大な学問的な示唆をいただいた。
その恩に報いるためにも、よろこんで、お引き受けする。

話がまとまったので、連れだってゴールデン街地区へ。
ゴールデン街、外国人観光客がほんとうに多くなった。
いったい外国人向けガイドブックにどう紹介されているのだろう?

花園一番街の「こどじ」へ。
IMG_3177.JPG
写真家さん(その卵)が集まる店。
やはり、写真集の出版を長年待ち望んでいるママさんがとても喜んでいた。

22時、辞去。
靖国通りを渡ったところで「ニューヨークでの上首尾を願っています」と握手して分かれる。
23時、帰宅。