So-net無料ブログ作成

性的少数者、生きづらさ鮮明 72%「差別発言聞いた」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

3月3日(金)
-----------------------------------
「職場や学校で性的少数者について差別的発言を聞いたことがある」という人は72%に達した。10代が77%▽20代が75%▽30代が70%▽40代が69%▽50代以上が64%で、若い世代ほど差別的発言にさらされていた。
-----------------------------------

なんか変だな。
これでは、中高年世代よりも若い世代の方が差別がきついと受け取られてしまうではないか。

61年の人生で少なくとも40年以上は「自分が性的にマジョリティではない」と思いながら生きてきた私の実感と真逆の結果になっている。

講義でよく話すことだけど、私が2000年に中央大学の非常勤講師になったとき、最初の講義の日に週刊誌が3誌取材に来た。写真週刊誌の『FLASH』なんて見開き頁扱いだった。それだけ社会的に「あり得ない!」衝撃的なことだった。

それが今は学内新聞も取材に来ない。トランスジェンダーの大学教員なんて「当たり前」に近いことになっている。

16年の間に、日本社会のトランスジェンダーに対する意識が受容的な方向に大きく変わったということ。

もしかすると、日本社会が受容的な方向になってきたのはトランスジェンダーだけの話で、ゲイやレズビアンはそうではないのかもしれない。
そうだとすると、それはそれで興味深い問題になる。

【追記】
Twitterで差別に対する感受性が世代間で違うのではないか?という意見をいくつかいただいた。
たしかにそうかもしれない。
私たちの世代はちょっとぐらい差別的な発言までいちいち気にしていたら、生きていけなかったから。
その点、若い世代は感性がナイーブ(敏感)だと思う。
--------------------------------------------
性的少数者、生きづらさ鮮明 72%「差別発言聞いた」

若い世代ほど差別的な発言にさらされていて、親へのカミングアウト率には地域差がある――。日高庸晴・宝塚大教授(社会疫学)の調査で、性的少数者の生きづらさの実態が浮かんだ。回答者は約1万5千人。日高氏によると、性的少数者全般を対象にした調査としては国内最大規模だという。

調査は昨年7~10月、ライフネット生命保険の委託で実施された。性的少数者向けのインターネットサイトにバナー広告を掲載するなどして、47都道府県の10~94歳から回答を得た。

「職場や学校で性的少数者について差別的発言を聞いたことがある」という人は72%に達した。10代が77%▽20代が75%▽30代が70%▽40代が69%▽50代以上が64%で、若い世代ほど差別的発言にさらされていた。

親にカミングアウトしている人は22%にとどまる。カミングアウトは、しなければならないものではない。ただ、日高氏の過去の調査と比較可能な同性愛と両性愛の男性に絞って、親にカミングアウトしている10代の割合の推移をみると、1999年が9%→2005年が11%→14年が19%。この20年近くで2倍以上になった。

地域差もある。カミングアウト率が最も高いのは関東(山梨県含む)で24%、最も低いのは九州・沖縄と北信越で17%。都市部は高い傾向だが、東京都25%、愛知県24%、大阪府23%に対し、福岡県は16%だった。

小中高校でいじめられた人は58%。出生時の性別と異なる生き方をする「トランスジェンダー」でも、女性として生きる人の経験率が高いなど、「男らしくない」とみなされた人がいじめられやすい傾向があるという。

日高氏は「若い世代ほど差別的発言に触れているのは、情報量の増加に伴い偏見やからかいも増えているからではないか。都市部や大企業では取り組みが始まったが、地方や中小企業などにも理解の裾野を広げていく必要がある」と話す。(二階堂友紀)

『朝日新聞』2017年3月3日04時09分
http://digital.asahi.com/articles/ASK2W2JZDK2WUTFK001.html?rm=331

3月3日(金)午前中だけ充実 [日常]

3月3日(金)  曇り  東京  16.0度  湿度31%(15時)

10時、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のクリームホーンとコーヒー。

熟睡できたせいか、珍しく、起きてすぐに気力が充実。
午前中に、GID学会(札幌)のシンポジウム報告「GIDの『神話』を『歴史』に引き戻す」(19日)のパワーポイント資料を作ってしまった。
これで間際になって焦らなくて済む。

昼食は、残りご飯を適当に。

夕方、家猫さんが買ってきた苺桜餅を食べる。
170303 (2).JPG

夕食は、大分中津の鶏天・鶏唐揚げ。
170303 (4).JPG
酢いわし。
170303 (5).JPG
なばな、しめじ、油揚げのお味噌汁。
170303 (3).JPG

明日の旅行の準備。
お風呂に入って温まる。
明日は超早起き(3時半)なので早寝。
就寝、23時。

3月2日(木)ともかく痛かった [日常(通院)]

3月2日(木)  雨  東京  8.7度  湿度97%(15時)

10時半、起床。
朝食は、「神戸屋」のアップルデニッシュとコーヒー。
IMG_2401.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結び、シュシュを巻く。
13時半、化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのバッグ。
ボア襟の黒のカシミアのポンチョ。

14時50分、家を出る。
この数日、右の坐骨神経痛が出ている。

東急東横線で渋谷へ。
昼食は「しぶそば」で赤むつと春菊のおすすめ天そば(530円)。
IMG_2402.JPG

16時、桜丘町の「東洋気功整体院」へ。
いつものようにY先生に施術してもらう。
肩と腰はまずまず。
ところが、足の付け根から太腿に欠けての外側、さらに前面にかけて強い張りがある。
左側だけかと思ったら右側も。
マッサージされると激痛で悲鳴。
「痛い!痛い!先生、痛いです!」と叫んでも、例によってY先生は聞こえないふり。
どうしても腰が逃げるのをY先生がホールドしてマッサージ。
もう、泣いてしまう。
そのうち、やっと少し解れてきた。
まったく、どうして、こうなるのだろう。
Y先生曰く「固かったです。すごく張ってました。痛かったですか?」
お蔭で、足は軽くなったけど、ともかく痛かった

17時40分、辞去。

自宅最寄り駅前の「ドトール」で休憩。
IMG_2403.JPG
家猫さんと合流。
「東急ストア」で買い物をしていっしょに帰る。IMG_2404.JPG
↑ 駅前の河津桜、ほぼ満開。

19時半、帰宅。

夕食は、餃子。
170302-2 (1).JPG
生野菜。
170302-2 (4).JPG
お刺身(しまあじ)。
170302-2 (2).JPG
なばなの油炒め。
170302-2 (3).JPG

お風呂に入って温まる。
就寝、3時。