So-net無料ブログ作成
検索選択

3月10日(金)「GIDの『神話』を『歴史』に引き戻す」のPP資料完成 [日常]

3月10日(金)  晴れ  東京  14.8度  湿度29%(15時)

10時半、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」の大山地鶏のサンドイッチとコーヒー。
170310 (2).JPG

午後、少し作業。
1枚だけ画像化していなかった資料(1980年に性別変更した布川敏さんの戸籍)をスキャンして、PPに貼りこむ。

これでGID(性同一性障害)学会・第19回研究大会(札幌医科大学)の シンポジウム5「ジェンダーの多様性をめぐる神話」(19日)での報告「GIDの『神話』を『歴史』に引き戻す」のPP資料が完成。

1980年以前の性別移行者の艶姿、時間が許す限り、たくさんご覧にいれる予定。
永井明子3(2).jpg
↑ 永井明子(1951年春、日本医科大学病院でSRS)
椎名敏江6(2).jpg
↑ 椎名敏江 (1955年SRS)
吉本一二三3.jpg
↑ 吉本一二三(1961年SRS)
銀座ローズ(『風俗奇譚』6501S)6.jpg
↑ 武藤真理子(1962年、大阪曾根崎・荻家整形外科病院でSRS)
ひばり&江梨子(平凡パンチ19680520)2(2).jpg
↑ 左・兄(姉)ヒバリ(1967年SRS)
 右・弟(妹)江梨子 (1966年SRS)
カルーセル麻紀(1967)1 (2).jpg
↑ カルーセル麻紀(1973年、モロッコ・カサブランカでSRS、執刀Dr.ジョルジュ・ブロー博士)
はるな愛(091122)5.jpg
↑ はるな愛(1995年、大阪・わだ形成クリニックでSRS)

はるな愛ちゃんとテレビに出るかもしれない [お仕事(出演・取材協力)]

3月10日(金)

もしかすると、4月末に、はるな愛ちゃんと、いっしょにテレビに出ることになるかもしれない。

実現すれば、2003年11月(愛ちゃんがブレイクする5年前)のテレビ朝日スーパーチャンネル」以来、14年ぶりの「共演?」ということになる。

愛ちゃんが、大阪アイドル・ニューハーフだった1990年代からのファンだし、彼女がまったく売れない時代からの知り合いだから、とてもうれしい。

ただ、老化が進んだ私の肌の状態、現代の高精度のデジタル放送に耐えられる状態じゃないのだよね。
それを考えると、出演するべきか迷う。
でも、テレビ出演の機会は、これが人生最後かもしれない。
「記念」のつもりで、出ておこうかな。

年間被曝線量20mm/Svでの帰村なんて・・・ [世相]

3月9日(木)

テレ朝「報道ステーション」で福島県飯館村の「避難解除」のことをやっているけど、放射線学の常識として、年間被曝線量20mm/Svでの帰還なんてあり得ない。

百歩譲って、先が短い高齢者がどうしても帰りたいと希望するならともかく、まだ先が何10年ある人や、まして妊娠の可能性のある女性、そして子供は絶対に駄目だ。

その前のNHKニュースでは、飯館村の避難解除→帰還を前提に、村で酪農を再興する話をやっていた。
「牛が地元の草が食えない状態で飼うのは無理でしょ」と、独り突っ込みを入れる。
いくら「福島の食べ物はおいしいから皆さん食べてください」と言っても、その背後で、ガイガーカウンターの高線量の警告音がピーピー鳴っている状況では、消費者の不安はぬぐえない。
酪農家の方は、まったくの被害者。
でも、飯館村での酪農再開は、現時点では無理だと思う。

「放射脳」のひとがうるさいから、放射線のことは書かないことにしてるのに、あまりひどい話なので、つい書いちゃった。

LGBT国会集会 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

3月9日(木)

今日、昼間、国会内でLBGT支援の法整備訴える集会があった。
私は、LGBTに特定した法制化には懐疑的だし、そもそもそういう「運動」的な場(活動家が集まるような場所)に出掛けるのが好きではないので行かなかった。

20時45分のNHKニュース首都圏ネットワーク)がLGBTの国会集会を取り上げていて、松中権さん、土肥いつきさん、畑野とまとさんが映っていた。

みんな、すごいな~ぁ。
なんかT(MtF)が目立ってたな。
いつきさんととまとさんで5人分くらいの存在感があるからな。

-----------------------------------------------------
東京五輪・パラに向け LBGT支援の法整備訴え

同性愛者や性同一性障害の人など、LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちが、9日に東京都内で集会を開き、3年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、差別を解消するための法整備の必要性を訴えました。

集会は、東京の議員会館で開かれ、当事者や家族などおよそ300人が参加しました。

LGBTをめぐっては、3年前に初めて、オリンピック憲章に差別を禁止する規定が盛り込まれ、集会を主催した団体などは、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、差別を解消するための法整備を求めています。

集会では、それぞれの当事者が、家族にも理解されず苦しんでいたことや、同性愛者の友人が自殺したことなど、実体験に基づいて理解が広がらない現状を訴えました。

集会を主催した団体の代表の松中権さんは「当事者が、いまだに差別や偏見に苦しんでいる中、3年後のオリンピックに向けた大きな動きの一つとしてLBGTを支援する法整備を進めてほしい」と話していました。

「NHKニュース」2017年3月9日 18時14分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170309/k10010904781000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

SOGI(Sexual Orientation and Gender Identity)の発音について [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

3月9日(木)

東優子さんによれば 「これまで国際会議で『ソジ』しか聞いたことがなかった」が、「ILGAの国連セッションではすべて『ソギ』と発音されていた」という報告もあり、「知り合いの研究者と活動家に聞きまくっ」たところ、「WPATH、UNDP、UNAIDS、UNESCOの会議では『ソジ』以外に聞いたことがないという人が多数」。一方「NYCの市民活動家の間では『ソギ』が定着しているという情報もある」とのこと(1月19日のFB投稿)。

つまり、国際的にも一定していないが、研究者は『ソジ』の発音が多いが、活動家は『ソギ』と発音する人もいるという状況らしい。

私はSOGIのGIの部分は「ジェンダー・アイデンティティ」の略だから、「ジ」(soft g)とするのが自然だと思う。

さらに言えば、Sexual Orientation, Gender Identity and Gender Expression(SOGIE)の方が妥当だと思うので、「ソジー」の発音が良いと思っている。