So-net無料ブログ作成

ヘリ搭載護衛艦「かが」の就役 [軍事]

3月11日(土)

海上自衛隊の護衛艦「かが」が3月22日に就役する。
かが.jpg
「いずも」型護衛艦の2番艦で、基準排水量19,500トンは護衛艦としては同型艦「いずも」と並んで最大。
一見(というか、どう見ても)、空母にみえるけど、あくまでも「ヘリ搭載護衛艦」(DDH)。

「加賀」といえば、太平洋戦争開戦時に帝国海軍が世界に誇った6隻の正規空母の1隻で、ハワイ真珠湾攻撃に参加し、ミッドウェー海戦で戦没した。
加賀.jpg
その名をつけるのは、なかなか意味深。

残る5隻の艦名のうち「赤城(あかぎ)」は、海上保安庁が使っているので、護衛艦の艦名にはえないとのこと。

「蒼龍」は、2009年に就役した潜水艦「そうりゅう(SS-501)」の艦名になった。

残る「飛龍」「瑞鶴」「翔鶴」は、将来、建造される?本格的な空母の艦名にとっておくのではないかと思う。


3月11日(土)珍しく「ぼっち飯 [日常(料理・食べ物)]

3月11日(土)

夕食は、家猫さんも息子も出かけていて、珍しく「ぼっち飯」。

秩父「武藏屋」の生そばを茹でる。
付け汁はちゃんと出汁をとった自家製。
IMG_2693.JPG
ああ、おいしかった。
好ききなものを、それなりに(自分が満足できる程度に)おいしく作れる技術があって、よかった。

とりあえず、一歩ずつ [現代の性(性別越境・性別移行)]

3月11日(土)

昨夜、思ったこと。
社会の中でのトランスジェンダーの在り様について「理想」を唱えることは大事なことだし、かっこいいと思う。

たとえば、性別変更にほとんど何の要件も課さない「アルゼンチン方式」を「理想」と主張する人がいる。
それは、まあ、結構だ。

ただ「理想」というものは、ある意味、非現実的なもので、それをそのまま実現するのはほとんど困難だ。
「アルゼンチン方式」が、近未来的に日本社会で可能かといえば、それはかなり難しいと思う。
そもそも、「アルゼンチン方式」が日本の社会・文化に適合的かということは、よく考えないといけない。

「旗を立てる」ことは大事だが、現実感のない「理想」をいくら主張しても、現実にはほとんど何の影響も与えない。

現実的には、「理想」にどれだけ、どうやって少しでも近づいていくかが大事になる。
その道は妥協の連続かもしれないが、そうしなければ近づくことはできない。

とりあえず、一歩ずつだ。
現実には、その一歩さえ容易ではないのだから。


6年目の「3・11」 [地震・火山・地質]

3月11日(土)

6年目の「3・11」。
もう6年も経ったのか・・・。
巨大津波にのまれた方たちに黙祷。

このブログで何度も指摘しているが、大規模なアウターライズ地震(海溝外延部で起こる正断層型の地震)にともなう巨大津波の再来襲の危険性は、いまだに去っていない。

もうしばらく大津波は来ないという思い込みは間違いだ。
1896明治三陸大津波と1933昭和三陸大津波の間隔は37年だったが、 今回はもっと短いかもしれない。
今後、20~30年の期間で考えて、東北地方の沿岸を大津波が襲う可能性はかなり高い。
20~30年以降に予想される南海トラフ系の大地震・大津波の襲来より早いかもしれない。
どちらにしろ、もうあの大惨状は見たくない。

神田神保町・四川料理「川府」で密談 [現代の性(性別越境・性別移行)]

3月10日(金)
(続き)
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、髪はよくブローして、あんこを入れて頭頂部で結びシュシュを巻く。
遅い昼食。
残りご飯と牛肉のソース炒め&レタス。
170310 (3).JPG

17時、化粧と身支度。
夕方になって化粧するのは久しぶりだ。
昔は、暗くなりかける頃に化粧するのが日常の「夜の女」だったのに。

19時、家を出る。
東急東横線から東京メトロ南北線に入り、永田町駅で同半蔵門線に乗り換えて神田神保町駅へ。
すずらん通りの「東京堂書店」で本を見る。
斜め前の「サンマルクカフェ」でコーヒーを飲みながら読書。

21時前、2階にある四川料理「川府」へ。
23時過ぎまで、約2時間、個室で密談(謀議参加者6名)。
IMG_2689 - コピー.JPG
↑ 入手した極秘資料(なぜかボロけている)

四川料理いろいろ
IMG_2682.JPG
↑ とても辛い麻婆豆腐
IMG_2683.JPG
↑ 卵とトマトの炒め物
IMG_2684.JPG
↑ 水餃子
IMG_2685.JPG
↑ 海鮮あんかけそば

0時17分、神保町駅発の東京メトロ半蔵門線に乗り、渋谷駅で東急東横線に乗り換え、1時過ぎ、武蔵小杉駅に帰着(終電の1本前)。
タクシー乗り場は長蛇の列。
あきらめて、痛む右足をなだめながら20分ほど歩く。
1時半、帰宅。