So-net無料ブログ作成

「演劇研究会」関係資料の保全 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

3月14日(火)

拙宅には、1950年代後半に活動した日本最初のアマチュア女装秘密結社「演劇研究会」の資料(会誌・名簿・通信)が保存されている。

会員だった女装者の方(故人)から寄贈されたものだが、そもそも会員数最大72名の会で、一般配布はしていないので、印刷(ガリ版)された部数がとても少ない(おそらく40~70部)。
しかも内容が内容なので、現物はおそらくこの世に1,2点しか残っていないと思われる。

ちなみに会誌『演劇評論』は全25号(合併号があるので24冊)の内、9、11、12、14、15、16、19、20、21、23・24合併号の10冊を山崎淳子さん(会員番号48番)寄贈の現物で、5、6、13、17、18、22、25号の7冊を美島弥生さん(会員番号56番)所蔵のものをコピーして持っている。
全24冊の内、17冊を所持しているが、1~4号、7、8、10号は未見で、この世に存在するかどうか、かなり疑わしい。

演劇評論(山崎淳子さん寄贈)(2).JPG
↑ 『演劇評論』(山崎淳子さん寄贈分)
演劇評論21号・23.24合併号 (2).JPG
↑ 『演劇評論』21号と23・24合併号

それに加えて、1956年5月発行の会員名簿と、『演劇評論』が刊行できなくなった末期に発行された「演研通信」1~6号(1、2、5、6が現物、3、4はコピー)がある。
演劇研究会会員名簿(1956年5月) (2).jpg
↑ 会員名簿(1956年5月発行)

「戦後日本〈トランスジェンダー〉社会史研究会」の資料収集の際にすべてコピーを取り、某大学の研究室に保管されているので、ウチが地震で潰れても火事で焼けても隠滅はしないが、やはり現物は貴重だ。

だが、なにしろ60年近く前のもので、紙の劣化が進んでいる。
とくに、1枚刷りの「演研通信」が、扱うのがけっこう怖い状態になっている。

以前から、画像資料にして保全しておく必要を感じていたがなかなか時間が取れなかった。
今日、「演研通信」だけだが画像に取りこんだ。

演研通信1-1(2).jpg
↑ 「演研通信」1号(1958年1月発行)
演劇通信5-1 (2).jpg
↑ 「演劇通信」5号(1958年5月発行)
演劇通信6-1(2).jpg
↑ 「演劇通信」6号(1958年10月発行)

性的マイノリティの戦後初期資料(多くは同人誌)は、トランスジェンダーだけでなく、ゲイもレズビアンも、残存数が少ない。
こうした希少資料を後世にどう伝えていくか、真剣に考えなければならない時期に来ている。

埼玉県入間市議選挙でトランス男性が当選 [現代の性(性別越境・性別移行)]

3月14日(火)

埼玉県入間市議会選挙で、トランス男性で民進党公認新人の細田智也さん(25歳)が当選。

トランスジェンダーの地方議員としては、2003年に世田谷区議会議員に当選した上川あやさん(現在4期中)以来、14年ぶり。
トランス男性としては初。

定数22で21位とは辛勝だが勝ちは勝ち。
地域のために頑張ってほしい。

それにしても、パイオニアである上川さんから2人目まで17年もかかってしまった。
上川さんの先進性をあらためて思う。
同時に地方政治ではなく、国政で活躍するトランスジェンダーが出ることを強く望む。

----------------------------------------------
性転換公表の男性、入間市議選で初当選「多様性認めフラットな市に」

初当選を決め、支援者らと万歳をする細田さん(中央)=13日未明、入間市内の選挙事務所

12日投開票の入間市議選で、LGBT(性的少数者)であることを明らかにして選挙に臨んだ新人候補が初当選した。県選管によると、県内でLGBTを公表した立候補者の当選は記憶にないという。候補者は「多様性を認め合い、フラットな関係を築ける入間市にしたい」と意欲をみせている。

民進公認で立候補した新人の細田智也さん(25)は、定数22の同市議選で、21位で初当選した。13日未明、選挙事務所に支援者らが祝福に駆け付ける中「ぎりぎりの当選。まだ実感が湧かない」と控えめに喜びを表現した。

細田さんは20歳の時、性同一性障害と診断を受けた。23歳となった2015年4月に性適合手術を行い、帝京大学在学中の同年6月に戸籍を女性から男性に変更した。物心ついた頃から女性という自身の性に対し違和感があったという。中学、高校当時、女友達と一緒にいても素直に笑えず、どう楽しめばいいのか分からない自分がいた。

細田さんは選挙を通じて、性的少数者だけでなく、障害者や高齢者らを含めた多様な声を市政に届けると呼び掛けた。ほかにも性的少数者が悩みを一人で抱え込まず、相談できるような制度の構築を訴えた。性的マイノリティーが理解されにくい社会で、自身も心の不自由さを人に打ち明けることができたのは20歳になって、母智晴(ちはる)さん(52)が初めてだった。

選挙中、LGBTだという市民から「自分は(LGBTと)人に言えずにいる」「細田さんに励まされた」というメールが届いたという。「性的少数者は、身近に存在しないものとして扱われてきた。これから困難なことも多いと思うが、自分への期待に応えられるよう壁を乗り越えていきたい」と誓っていた。

『埼玉新聞』2017年3月14日(火)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/03/14/07.html



Twitterに『女装と日本人』の感想 [女装と日本人]

3月13日(月)

うれしいなぁ、うれしいなぁ。
本、書いて良かったなぁ。

次の世代が日本の女装の文化を受け継いでいく「橋」にしてもらえたら、何よりうれしい。
女装と日本人  (3).jpg
-----------------------------------------------
女装子専用メイク教室の先生@大阪‏
2015mekeschool

東京出張の移動中、新しく手にした三橋順子様の《女装と日本人》を読んでいます。1990年に生まれた私。1990年から女装を始められた三橋様。経験を通した事実を後世へ残すこと。その思いが素晴らしく、ネットだけでは知り得ない女装情報が満載でした。これからの後世へも伝えます。感謝‥。