So-net無料ブログ作成
検索選択

【報告記録】「GIDの『神話』を『歴史』に引き戻す」 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

3月27日(月)

3月18・19日に札幌医科大学で開催された「GID(性同一性障害)学会 第19回研究大会」のシンポジウム5「ジェンダーの多様性をめぐる神話」における、私の報告の記録です。

--------------------------------------------------------------------------
GID(性同一性障害)学会 第19回研究大会(札幌医科大学)
シンポジウム5「ジェンダーの多様性をめぐる神話」(2017年3月19日)

GIDの「神話」を「歴史」に引き戻す
    三橋順子(明治大学)

歴史を学ぶことの役割は、過去を振り返ってたどってきた道を知ることで、現在の立ち位置を確認し、未来への適切な道筋を探すことにあります。私は歴史学を学んだものとして、常にそのことを念頭において研究をしてきました。。したがって、誤った歴史認識は不適切な未来を招きかねません。そこで、この報告ではGIDに関わる誤った「神話」を正しい歴史認識に引き戻しておこうと思います。お話するポイントは以下の5点です。

①「日本初」の性別適合手術は埼玉医科大学ではない
第一に「日本初」の性別適合手術は埼玉医科大学ではありません。昨日のレジェンド講演で山内俊雄先生は「公の手術」とおっしゃいましたが、あくまで日本精神神経学会のガイドラインに基づく初めての手術ということです。同じくレジェンド講演をされた原科孝雄先生がなさったのは女性から男性への日本初の手術であり、男性から女性への手術はそれ以前にも行われていました。

性別移行を目的とした造膣手術は、日本医科大学病院で1951年春(4月以降)に永井明(女性名:明子)に対して行われたものが日本最初です。執刀は石川正臣産婦人科教授でした。石川先生はその後日本産婦人科学会の会長を長く務められた重鎮です。これは同年5月15日にイギリスで行われたRobert Cowell(女性名:Roberta)に対する手術より早く、戦後世界最初の転性手術だった可能性が高いと思われます。1950年代、日本の形成外科の技術は、けっして後進的ではなく、世界のトップレベルでした。そのことにもっとプライドを持つべきです。

私は、1990年代後半に原科先生、山内先生が大きい勇気をもって、長らく停滞していた日本の性別移行医療を再開し、新しい時代を開かれたことを、時に直接お話をうかがいながらリアルタイムで見ていました。ですからその功績を否定するつもりはありません。しかし、それ以前に存在した歴史事実は「なかったこと」にせず、しっかり認識すべきだと思います。

永井明子1.jpg 
↑ 永井明子
(『日本週報』1954年11月5日号)
永井明子(『日本観光新聞』19530918)4-2.jpg
↑ 永井明子
(『日本観光新聞』1953年09月18日号)
Roberta Cowell2.jpg
↑ Roberta Cowell

②「GID特例法」以前にも戸籍の性別変更は可能だった
第二は、「GID特例法」以前にも戸籍の性別変更は可能だったということです。転性手術にともなう戸籍の続柄変更は、1951~53年に永井明子が、1980年に布川敏が戸籍法113条(訂正)に基づいて男性から女性へ性別変更をしていることが戸籍の写真などから確認できます。他にも戸籍は未確認だが性別訂正の事例が2例ほどあります。

永井さんの事例は、詳しいことはわかりませんが、おそらく手術からあまり都気を置かずに訂正がなされたと思われます。布川さんの事例については、インターセックスを装った訂正ではないのか?と疑問視する人がいましたが、スタンフォード大学の診断書には、はっきり「diagnosis of transsexualism(性転換症の診断)」の記述があり(Bokeは布川さんの源氏名)、疑いは否定されます。
永井明子2.jpg
↑ 永井明子の戸籍  参男→二女、明→明子に訂正
(『日本週報』1954年11月5日号)
布川敏(1999年)1 - コピー.jpg
↑ 布川敏さん(『FLASH』1999年3月30日・4月6日号)
布川敏(戸籍)2.jpg
↑ 布川敏の戸籍  長男→長女、敏之→敏に訂正
(『週刊文春』)1981年4月23日号)
布川敏(診断書) (1).jpg
↑ 布川敏の診断書(スタンフォード大学)
(『週刊文春』)1981年4月23日号)
布川敏(診断書) (2).jpg
↑ diagnosis of transsexualism(性転換症の診断)の記述がある。

③「ブルーボーイ事件」は特異事例である
第三は、「ブルーボーイ事件」(1965年10月摘発)は特異事例であるということです。「ブルーボーイ事件」前後の1950~60年代には33例ほどの転性手術の事例が知られています。その内の94%は国内での手術です。にもかかわらず摘発・起訴されたのは「ブルーボーイ」事件ただ1例だけなのです。他の事例は週刊誌などに報道されて公になっているにもかかわらず、警察は動いた形跡がありません。

では、なぜ「ブーボーイ事件」だけが摘発されたかといえば、転性手術が「売春」行為に利用された特異事例だからです。当時は、「売春防止法」完全施行から7年しか経ってなく、警察が「売防法」の抜け道摘発に熱心だった時期で素。ということで、「ブルーボーイ事件」はかなり特異な事例であり、一般化すべきではないと思います。

④「ブルーボーイ」=男娼ではない
第四は、「ブルーボーイ」=男娼ではない、ということです。「ブルーボーイ」は身体を女性化した男性の意味の俗語で、1963年に初来日したフランス・パリの「カルーゼル」のショーダンサーたちに付けられたキャッチコピーです。そういう起源ですから「ブルーボーイ」の職業はショービジネス(ダンサー)が中心でした。1960年代後半には「和製ブルーボーイ」として銀座ローズさんやカルーセル麻紀さんが活躍します。

「ブルーボーイ」の中にセックスワーク(男娼)を仕事にしていた人もいたということです。したがって、日本精神神経学会のガイドライン(第4版)が「男娼(ブルーボーイ)」と表記しているのは誤解を招き不適切です。
ブルーボーイ1(1964年11月第2回公演パンフレット。モデルはバンビ).jpg
↑ ブルーボーイの来日(第2回公演:1964年)
(「ゴールデン赤坂」のパンフレット:三橋所蔵)
ブルーボーイ3(1965年第3回公演のメンバー) (2).jpg
↑ ブルーボーイの来日(第3回公演: 1965年)
(掲載紙不明 1965年)
銀座ローズ(『風俗奇譚』6501S)12.jpg
↑ 和製ブルーボーイの活躍(銀座ローズ)
(『風俗奇譚』1965年1月臨時増刊号)
fu5-1(カルーセル麻紀).jpg
↑ 和製ブルーボーイの活躍(カルーセル麻紀)
(『風俗奇譚』1966年4月臨時増刊号)

⑤「暗黒時代」ではない
最後に第五です。1998年の埼玉医科大学の手術以前は、けっして「暗黒時代」ではないということです。今よりずっと困難な環境の中で性別移行を望む人々と、それを助ける医師の真摯な営みがあったことを忘れるべきではありません。それを「闇」呼ばわりするのはあまりに失礼だと思います。

以下、困難な時代に、望みの性別で自分らしく生きようとした先達たちの画像を紹介して、この報告を終えようと思います。
ご清聴、ありがとうございました。

永井明子3(2).jpg 
↑ 永井明子 1951年春、日本医科大学病院でSRS
 (『日本観光新聞』1954年頃)

椎名敏江6(2).jpg
↑ 椎名敏江 1955年SRS
 (『増刊・実話と秘録』1958年1月号)

吉本一二三3.jpg
↑ 吉本一二三 1961年SRS
(『風俗奇譚』1967年1月臨時増刊号)

銀座ローズ(『風俗奇譚』6501S)6.jpg
↑ 武藤真理子(銀座ローズ) 
1962年、大阪曾根崎・荻家整形外科病院でSRS
(『風俗奇譚』1965年1月臨時増刊号)

ひばり&江梨子(平凡パンチ19680520)2(2).jpg
↑ ひばり&江梨子
左・兄(姉)ヒバリ 1967年SRS  右・弟(妹)江梨子 1966年SRS
(『平凡パンチ』1968年5月20日号)

カルーセル麻紀(1967)1 (2).jpg
↑ カルーセル麻紀 1973年、モロッコ・カサブランカでSRS
執刀はDr.ジョルジュ・ブロー
(『平凡パンチ』1967年10月2日号)
モロッコでブロー博士の手術を受けた日本人はカルーセル麻紀が最初ではなく、その前に少なくとも2人いる。

はるな愛(091122)5.jpg
↑ はるな愛 1995年、大阪・わだ形成クリニックでSRS
(2009年11月22日、撮影:三橋順子)

【参考文献】
三橋順子「性転換の社会史(1) -日本における「性転換」概念の形成とその実態、1950~60年代を中心に-」
三橋順子「性転換の社会史(2) -「性転換」のアンダーグラウンド化と報道、1970~90年代前半を中心に-」
(いずれも、矢島正見編『戦後日本女装・同性愛研究』 中央大学出版部、2006年)
三橋順子「ゲイボーイ、シスターボーイ、ブルーボーイ」
 (『性の用語集』 講談社 2004年)

【質疑応答】
コメントしてくださった〇〇さんとは、新宿歌舞伎町の女装スナック「ジュネ」で一緒でした。〇〇さんのような女装世界に身を置いた方が、性同一性障害の世界で肩身の狭い思いをされてきたことは、よく存じています。GID学会の懇親会で、私のところにそっと寄ってきて「私が新宿の女装の店に通っていたこと、黙っていてください」と懇願してきた方もいました。もちろん黙っていますが。
どうしてこんなことになったのか、それは日本のGID治療が、ニューハーフ世界や女装世界など既存のトランスジェンダーコミュニティと断絶した形で始まったからです。
「ガイドライン」第1版では「職業的利得条項」によって商業的なトランスジェンダーであるニューハーフは診断・治療の対象から排除されました。これは明らかな医療差別です。
そうした断絶と排除によって、既存のトランスジェンダー世界で長年積み重ねられてきた男性から女性への性別移行のノウハウやテクニックが継承されず、活かされることがなかった。これは間違いなく損失であり、日本のGID医療の大きな誤りだったと思います。
このことについては、いつか機会をいただけたら、お話したいと思います。

【報告者略歴
1955年、埼玉県生まれ。性社会・文化史研究者。明治大学、都留文科大学、群馬大学医学部など非常勤講師。
専門はジェンダー/セクシュアリティの歴史学、とりわけ性別越境(トランスジェンダー)の社会・文化史。
著書に『女装と日本人』(講談社現代新書、2008年)、共編著に『戦後日本女装・同性愛研究』(中央大学出版部、2006年)、『性欲の研究 東京のエロ地理編』(平凡社 2015年)。主な論文に「性と愛のはざま-近代的ジェンダー・セクシュアリティ観を疑う-」(『講座 日本の思想 第5巻 身と心』岩波書店、2013年)、「性別越境・同性間性愛文化の普遍性」(『精神科治療学』31巻8号 星和書店 2016年)など。

トランプ政権、LGBT締め付け 保守に配慮し寛容から一転 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

3月27日(月)

トランプ米政権の性的マイノリティ政策の諸悪の根源は、トランプ大統領ではなく、ペンス副大統領ということ。
だから、トランプ大統領にはぜひとも任期を全うしてほしい。
そうでないと、ペンスが大統領になり、最悪の事態になりかねない。

--------------------------------------------
トランプ政権、LGBT締め付け 保守に配慮し寛容から一転

トランプ米政権が性的少数者(LGBT)への締め付けを強めている。かつては寛容な姿勢を見せることもあったが、オバマ前政権下で進んだ保護政策撤回など保守層に配慮した動きが目立ってきた。女性や非白人など国内の少数派(マイノリティー)にどう向き合うのか。LGBTへの対応はトランプ大統領が米社会の分断を修復できるかどうかの試金石となる。

米大統領選から約1カ月後の昨年12月。ニューヨーク在住の同性カップル、デービッドさん(51)とカールさん(48)は市の庁舎で結婚式を挙げた。実は予定を1年半早めた「駆け込み婚」。米国は2015年に同性婚を合法化したが、「新政権が同性婚をどう扱うか不安」だった。大統領選の翌日に2人で話し合い、式の前倒しを決めた。

LGBTへの締め付けは早速始まった。今年2月下旬、トランスジェンダー(出生時の性と自身の認識する性が一致しない人)の生徒らに、自身の選んだ性別のトイレを使用させるよう公立学校に促したオバマ前政権の通達を撤回したのだ。

市民団体などは一斉に反発。大統領就任式で国歌を歌った女性歌手は「失望した」とツイートし、トランスジェンダーの姉とともにトランプ氏への面会を求めた。失望が広がったのは、それまでのトランプ氏の姿勢が必ずしも反LGBTではなかったためだ。

「大統領になれば『LGBTQ』の人々を守るために全力を尽くす」。トランプ氏は昨年の共和党全国大会での候補者指名受諾演説でこう明言した。「Q」はLGBTに含まれない性的少数者「クイア」の頭文字を指す。あえて言及するのは保守色の強い共和党の候補者としては異例で、「理解の高さ」を当事者やリベラル層に訴えた。

大統領就任後の今年1月にも「LGBTQの権利を支持する」と改めて声明を発表。オバマ氏が発令した差別禁止の大統領令を維持するとした。

ちぐはぐな言動はなぜか。慶応大の渡辺靖教授は「共和党内の一大勢力である宗教的保守派への歩み寄りが狙い」とみる。キリスト教保守派は共和党の重要な支持母体だ。同性婚や中絶を容認するオバマ前政権下で進んだリベラル化への反発はトランプ大統領を生み出す原動力の一つだった。

トランプ氏は共和党の主流派とは保護貿易などの看板政策で意見を異にするが、政権運営で協力は不可欠。「強いこだわりがないとみられるLGBT政策ではペンス副大統領ら保守派の意向が反映されている可能性が高い」(渡辺教授)

こうしたトランプ氏の姿勢は他の少数派問題に波及する恐れがある。トランプ氏の熱狂的支持層には女性や非白人など少数派への配慮を「逆差別」として反発する白人労働者階級もいる。自らの支持層にすり寄る政策に偏れば米社会の亀裂をさらに深めかねない。(木寺もも子、ワシントン=芦塚智子)
『日本経済新聞』電子版 2017/3/24 0:30
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM17H3D_T20C17A3FF2000/

不妊手術強制されたトランスセクシュアルに賠償の方針、スウェーデン [現代の性(性別越境・性別移行)]

3月27日(月)

スウェーデンでは1972年から2013年まで性別変更を公式に承認する条件として、不妊手術を法律で義務付けていたが、2012年12月、裁判所がこの慣行は違憲であり欧州人権条約にも違反するとの判断を下した(翌月、法律化)。

今回、スウェーデン政府保健相が、性別変更手続きを完了するために法に従い不妊手術を余儀なくさせられた人たちに対し、賠償金として1人あたり22万5000クローナ(約280万円)を支払うとした法案を提出する計画と語った。

スウェーデンのLGBT権利団体「RFSL」によると、賠償の対象となる、法的に不妊手術を受けさせられたトランスセクシュアルは約800人に上る。

法的な性別の移行に際して本人が必ずしも望まない身体に大きな影響があるSRSを必須条件化することは、トランスジェンダーの人権への侵害であるという考え方は、2014年5月のWHOほか国連機関の共同声明以来、人権を重視する諸国の共通認識になりつつある。

しかし、日本は「GID特例法」で公的な性別の変更要件として手術を規定していて、毎年500~600人の人が断種手術を受けている。
中には、必ずしも手術を望んでいないが、法律の要件なので仕方なく手術を受けている人もいる。

2017年3月19日に札幌医科大学で開催されたGID学会・理事会で、出席した理事の満場一致でWHOの共同声明を支持することが決定した。

これは一歩前進だが、WHO共同声明への支持と手術要件の撤廃に強硬に反対する「当事者団体」もあり、手術要件撤廃への道のりはまだ遠い。

----------------------------------------------
不妊手術強制されたトランスセクシュアルに賠償の方針、スウェーデン

「AFP」2017年03月27日 09:39 発信地:ストックホルム/スウェーデン

【3月27日 AFP】スウェーデン政府は25日、性別変更手続きに伴い強制的に不妊手術を受けさせられたトランスセクシュアルたちに賠償金を支払う方針を明らかにした。

ガブリエル・ウィクストロム(Gabriel Wikstrom)保健相はスウェーデン紙ダーゲンス・ニュヘテル(Dagens Nyheter)に、性別変更手続きを完了するために法に従い不妊手術を余儀なくさせられた人たちに対し、賠償金として1人あたり22万5000クローナ(約280万円)を支払うとした法案を提出する計画だと語った。

スウェーデン政府は1972年から2013年まで、トランスセクシュアルに対し性別変更を公式に承認する条件として、不妊手術を受けることが法律で義務付けられていた。

しかし2012年12月、スウェーデンの裁判所がこうした慣習は違憲であり欧州人権条約(European Convention on Human Rights)にも違反するとの判断を下し、翌月には不妊手術の強制を禁止する法律が発効した。

2013年にはトランスセクシュアル約150人が国に正式な謝罪と総額500万ユーロ(約6億円)、1人あたり3万4000ユーロ(約410万円)程度の賠償金を求める運動を起こした。

スウェーデンのLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)権利団体「RFSL」によると、法的に不妊手術を受けさせられたトランスセクシュアルは約800人に上るという。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3122798

松戸小3女児誘拐殺害事件 [事件・事故]

3月26日(日)

ほんとうに惨い事件。
犯人は、絶対に捕まえてほしい。

被害者は、松戸市立六実第二小学校3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9歳・ベトナム国籍)。
24日(金)
8時過ぎ、終業式に登校後、行方不明に。
午後、父親が警察に捜索願を提出。
16~18時、自宅から3kmほど離れた公園によく似た女の子が複数の人物と一緒にいたという目撃情報。
26日(日)6時45分頃、自宅から12km離れた我孫子市北新田の排水路にかかる橋の下の草むらで絞殺遺体で発見(発見者は釣にきた男性)。

状況から登校途中に車で拉致され、その後、殺害、遺棄された可能性が強い。

--------------------------------------------
首に絞められたような痕 千葉・我孫子の小3女児遺体

26日午前6時45分ごろ、千葉県我孫子市北新田(きたしんでん)の草むらで女児が倒れているのを、釣りに来ていた男性会社員(49)が見つけ、県警我孫子署に通報した。現場で死亡が確認された。女児は24日朝、約12キロ離れた同県松戸市六実(むつみ)で行方がわからなくなっていた小学3年でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)=同市六実5丁目=と分かった。

捜査関係者によると、リンさんには首を絞められたような痕があった。県警は、殺人・死体遺棄事件として捜査本部を設置。防犯カメラの映像を解析するなどしてリンさんの足取りや死亡した経緯を調べる

リンさんは、いずれもベトナム国籍で自営業の父親(34)と母親(30)、弟(3)の4人暮らし。捜査本部によると、24日午前8時ごろ、市立六実第二小学校に登校するため、歩いて自宅を出た後、行方不明になっていた。この日は修了式で、父親が午前8時40分ごろ、学校から「登校していない」と連絡を受けて松戸東署に捜索願を出し、署が通学路などを中心に行方を捜していた。

松戸市教育委員会によると、自宅から学校までは子どもが歩いて10分ほど。地域住民が通学路の中間地点付近で見守り活動をしていたが、リンさんの姿は見ていないという。

リンさんは自宅を出た際、灰色のパーカにピンクのズボン姿で、赤いランドセルなどを身につけていた。26日に発見された際、現場周辺では所持品や衣服が見つかっていないという。

リンさんの遺体が発見されたのはJR我孫子駅の北東2・5キロ付近で、自宅から直線距離で約12キロ離れた水田が広がる地域。排水路にかかる小さな橋の近くの草むらで倒れていた。

『朝日新聞』2017年3月26日22時48分
http://www.asahi.com/articles/ASK3V54S5K3VUTIL00X.html?iref=comtop_8_02

大相撲春場所千秋楽、稀勢の里が大逆転優勝 [スポーツ]

3月26日(日)

まさに横綱の意地。
本割、決定戦2番連続の逆転勝ちで、手負い(左肩負傷)の稀勢の里が大逆転優勝。

あの心が弱かった大関時代の稀勢の里とは別人。
地位が人を強くする典型。

優位にあるはずの大関照ノ富士の方が、雰囲気に飲まれていた。

稀勢の里の弟弟子の高安(12勝3敗で殊勲賞)が泣きながらインタビューを受けている。
いいやつなんだなぁ。
来場所、好成績(11勝以上)なら大関昇進確実。
そうしたら、幼馴染の秋元才加嬢にプロポーズできる。
でも「横綱になったら、結婚してあげる」とか言われそうだけど。

まずくはないが・・・ [日常(料理・食べ物)]

3月26日(日)
(続き)
15時半過ぎ、遅い昼食。
少し前に学芸大学西口にできた「元祖博多中州屋台ラーメン・一竜」へ。
170326 (3).JPG
↑ 赤ダレとんこつラーメン+餃子セット(710+200円)
170326 (2).JPG
まずくはないが、わざわざ食べに行くほどでもないな。

17時、帰宅。

夕食は、鶏肉と玉ねぎの卵とじ(親子丼の具)。
170326-2 (2).JPG
タラの芽の天麩羅。
170326-2 (1).JPG
トマトサラダ。
170326-2 (3).JPG
食後、かなり細かい作業。
うん、まだ目はちゃんと見えるな。

お風呂に入って温まる。
就寝、3時。