So-net無料ブログ作成

絶滅種  ニホンカワウソ 2009年に目撃情報 [天文・気象・生物]

3月30日(木)

ニホンカワウソについては、以前にも書いたことがある。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-01-10-3
状況ははかなり厳しいけど、生きていて欲しいなぁ。

---------------------------------
絶滅種  ニホンカワウソ 2009年に目撃情報

ニホンカワウソの生息調査に取り組んできた高知大の町田吉彦名誉教授(69)がこのほど、愛媛県の動物園で開かれたシンポジウムで講演し、2009年に高知県内で有力な目撃情報があったことを明らかにした。そのうえで、再度の生息調査の必要性を訴えた。

町田名誉教授は、2009年3~5月、県内で画家の男性がスケッチした動物が、耳が小さく、円すい形のしっぽなど、ニホンカワウソの特徴をよく捉えており、信ぴょう性が高いと判断。「少なくとも、男性が目撃した2009年までは、県内にはカワウソがいた」と述べた。

また、高知県で実施された92~99年の生息調査は、県内全域でなく、海岸部に限られたものだったことなどから、2012年の環境省による絶滅宣言はIUCN(国際自然保護連合)による絶滅の定義を満たしていないと指摘。「絶滅宣言により、調査が難しくなったり、目撃証言が集まらなかったりする可能性が高まった」とした。

町田名誉教授は、他にも生息を示すような証言があるとし「犯罪捜査ではないので、これらも考慮すべきだ」として、「いるかいないかは、きちんと調査をしないと分からない」と訴えた。【柴山雄太】
.
『毎日新聞』2017年3月29日 09時22分(最終更新 3月29日 10時00分)

秩父・宮側町「ホルモン亭 ばりんち」 [日常(料理・食べ物)]

3月30日(木)
(続き)
妹と姪っ子夫婦の4人で夕食に出る。
秩父の飲食店は木曜日休業のところが多く、新規開拓したい行きたい店が閉まっている。
以前行った創作イタリア料理のお店に行くことにして出掛けた。
ところが、店の入口に「満席です。またの来店をお待ちします」の札。

呆然として、周囲を見回すが、東京と違って、飲食店が多いわけではない。
うろうろすると、闇の中に明かりが・・・。
IMG_3256.JPG

覗いてみると、客は誰もいない。
どうしようかと考えるが、また何キロ(車でだが)も移動するのは嫌なので、思い切って入る。
IMG_3255.JPG
秩父・宮側町の「ホルモン亭 ばりんち」。
おばさんが1人だけでやっているごく小さい店。
テーブルが3つしかなく、私たちが座った4人掛けの他は2人掛けが2つ。
つまり、8人しか座れない、

「ウーロン茶、4つ」と注文すると、「なら、ボトルの方が安いから」と言って、2リットルボトルと氷&グラスを持ってきてくれた。
「なんか、商売っ気ないなぁ」と思いながら待つと、炭火がおきた七輪がテーブルの置かれる。
今、流行りの無煙ロースターではない。
コート類を車に避難(姪っ子の夫を酷使)。

で、最初に出てきたシロ。
IMG_3244.JPG
厚いけど、やわらかい。
「あっ、これは当たりだ」と思う。

次に出てきたハツの厚さに驚く。
IMG_3245.JPG
「おばさん、不器用で薄く切れないのではないか?」と思ったが、どうも冷凍していない、ほんとうの生肉なので、こうなるらしい。
やわらかくて、おいしい。
「これは大当たりだ」と思う。

見るからにおいしそうな上質なカシラ肉。
IMG_3246.JPG
冷凍していない、タレに漬けてない、塩もふっていない、ほんとうの生肉。
しかも、分厚い。
で、問題はお値段なのだが・・・。
なんと、これだけで390円!

もう、どんどん行く。
タン(手前)とはらみ(奥)。
IMG_3247.JPG
のどぶえ(上なんこつ)。
IMG_3251.JPG
レバー(手前)とロース(奥)。
IMG_3252.JPG

ご飯は白胡麻が入っていておいしい。
IMG_3254.JPG

結局、シロ、ハツ、カシラ、タン、のどぶえ(上なんこつ)、トントロ、はらみ、レバー、ロース(各390円)
キャベツ(150円)、焼き野菜(400円)、ご飯3(200円×3)、ウーロン茶(ボトル・600円)で、トータル(4人で)5260円(1人1315円)。
東京だったら、軽く1万札が飛ぶ。

安くて、おいしい!
絶対、また来たい。
ただ、ちょっと不安なのは、これで店が続くのか?
おばさん、頑張って続けてください。

21時、帰宅。

また、いろいろおしゃべり。

就寝、1時半。






3月30日(木)秩父滞在2日目・「珍達」(熊木町) [日常(料理・食べ物)]

3月30日(木)  晴れ  秩父  17.9度  湿度37%

9時前、起床(秩父)。

昼食は、姪っ子夫婦が来るのを待って、徒歩5分ほどの「珍達」(秩父市熊木町)へ。
IMG_3239.JPG

IMG_3235.JPG
↑ 「珍達そば」(710円)。
IMG_3234.JPG
↑ チャーシューをトッピング(+250円)
IMG_3236.JPG
↑ 細い麺とスープは昔の中華そば。
でも、大量に乗っている「土男(つちおとこ)」というブランド深谷ねぎがとてもおいしい。
私と妹が小学生の頃に店ができ、通学路なのでいつも前を通っていた。
でも、あまり食べに来たことはなかったが、まだ父が元気だったころ(10数年前?)に来たことを思い出す。

14時、銀行の人に来てもらって、妹と3人で、相続した亡父の預金の処理。
「あのお金はどこにいったのだろうね」と言っていたお金が通帳記入をしたら出てきた(顕在化)。

回らないお寿司が食べられそう。

16時半、姪っ子夫婦の車で市営墓地へ。
父母の墓に詣で、簡単に掃除。
いつもはタクシーを待たせているので大急ぎだが、今日はゆっくり作業。
今日は温かいが、市営墓地の桜はまだ咲きそうにない。
IMG_3242.JPG

(続く)


3月29日(水)秩父へ [日常]

3月29日(水)  晴れ  秩父  12.7度  湿度43%

10時、起床

福岡の妹が戻ってきているので、それに合わせて秩父へ。
相続の後処理をいろいろするため。

西武池袋駅15時30分発の特急に乗車。
16時47分、西武秩父駅に到着、
駅に付属する温泉施設の建物がほど出来上がっている。
「祭りの湯」という看板が出ているが、はたして本当にお湯が出たのだろうか?
IMG_3227.JPG
市役所の新庁舎も完成。
以前より低くなった。
IMG_3228.JPG

一昨日の雨、標高500m以上は雪だったようで、武甲山(1304m)は上3分の2くらい真っ白、
IMG_3229.JPG
17時、家に着く。

いろいろお世話になっているIさんが来ていたので、おしゃべりの後、3人で番場町の「カルネ」で夕食。
IMG_3231.JPG
食後、コーヒーを飲みながら、またおしゃべり。
IMG_3232.JPG
結局、3時間半も滞在。

22時、帰宅。

妹といろいろ話し込む。

就寝、2時。