So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ
前の10件 | -

森山至貴『LGBTを読みとくークィア・スタディーズ入門ー』をいただく [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月28日(金)

昨月、早稲田大学文学学院専任講師の森山至貴さんから、新著『LGBTを読みとくークィア・スタディーズ入門ー』(ちくま新書、2017年3月刊、800円+税)をいただいた。
実際にお会いしたのは、すれ違うような形が1~2回あるだけで、ほとんどお話したことがないのに、まことに恐縮である。
森山 - コピー.jpg
↑ 帯に大きく「『偏見がない』では差別はなくならない」とある。
まさに、その通りだと思う。

私は、大学でも大学院でもジェンダー論やセクシュアリティ論を学んだことがない。
そもそも、そんな講義は存在しなかった。
自分が講義する「ジェンダー論」や「セクシュアリティ論」は「なんちゃってジェンダー論」「なんちゃってセクシュアリティ論」であることは重々自覚している。

だから「ちゃんとした研究者の真っ当なジェンダー論を学びたかったら、これらの本を読みなさい」と学生に紹介している。

ただ、今まで「真っ当なセクシュアリティ論」として紹介できる書籍がなかった。
それがやっと現れた。
うれしい限りである。

クィア・スタディーズの基礎的な理論からLGBTの最新事情・問題点までバランス良く盛り込んでいて、かつ凝縮度が高い。
帯に「学校や職場でマイノリティとどう向き合うか」とあるように、教科書として最適だ。

今まで3分の1コマだった、LGBTについての講義を今年度から1コマに増やした。
さっそく、紹介しよう。


お金にならない「仕事」 [日常]

4月27日(木)

夜中、パソコンに向かう。
まず、某出版社が編集中の書籍に、私の著書&ブログに載せている画像を使いたいとのことで出典の問い合わせに対応。
著書の方を見てくれればちゃんと書いてあるのに。
精度の良い画像が必要とのことなので、スキャンし直して提供。
まあ、その書籍の著者が、いつもお世話になっている先生なのでサービス。
(本はもらえるらしい)

続いて、某テレビ局が、銘仙の歴史を紹介する番組を制作中に、私のブログに行き当たり、銘仙を着ている画像を欲しいとの依頼に対応。
銘仙の歴史を紹介する番組を作ってもらうのは、銘仙愛好者&研究者としてはうれしいことなので協力。
でも、これもお金は取れないなぁ。

さらに、某書店のLGBT書籍フェアの紹介文(5冊)を書く。
これもお金はもらえない。
5冊の内1冊は自分の本だから、広報だと思うしかないな。

こうやって、貴重な夜中の4時間を消費。
友達には「お人よし過ぎる」と言われるが、つくづくお金儲けに縁がない人なのだ。

就寝、5時。

4月27日(木)東京経済大学コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」 [お仕事(講義・講演)]

4月27日(木)  曇り  東京  18.9度  湿度46%(15時)

11時、起床。
朝食は、ブルーベリーデニッシュとコーヒー。
IMG_3929.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。

14時、家を出る。
今日はあまり暖かくないが、季節は確実に春から初夏へ。
IMG_3930.JPG
↑ 庭の牡丹(白)。
IMG_3931.JPG
↑ 門の脇のつつじ。

頑張っていた日本医大グラウンドの八重桜も散り始めた。
IMG_3934.JPG
↑ 高い金網越しの撮影。
IMG_3932.JPG
↑ 歩道と側溝がピンク色に染まる。

昼食は、武蔵小杉駅構内の「さぬきうどん」。
IMG_3936.JPG
ぶっかけ(冷・並)+肉のせ+(600円)。

14時36分発の快速に乗車。
府中本町駅で15時11分発のJR武蔵野線に乗り換え。
西国分寺駅で15時19分発のJR中央線に乗り換える。
中央線のダイヤ乱れている。
15時22分、国分寺駅に到着。
今日もタクシーには乗らず、徒歩で大学へ。
IMG_3940.JPG
↑ 駅近くのマンションの植え込み。

15時35分、東京経済大学に到着。
レジュメは10部(×3枚=30枚)印刷。

16時20分、講義開始。
初回は女子3、男子1の4名、女子のみ4名だったのに、今日は男子学生が5人も全部で9名。
今まで、どうしていたのだ?

プロジェクターの具合が悪く(電源が不安定?)パソコン画像が投影できない。
開始20分頃になって、やっと映った。

まず、第2講第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」の残りを解説。。
1 ジェンダーを考える
 (1)ジェンダー(Gender)とは何か?
 (2)ジェンダーの構築性
 (3)“Doing Gender”という考え方
-------------(ここから)------------------------- 
 (4)ジェンダー概念の問題性
2 ジェンダーと労働
 (1)雇用・労働における性差別の撤廃
 (2)女性労働の特質

残り20分で、ようやく第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」に入る。

1 セクシュアリティを考える
 (1) セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
 (2) セクシュアリティの構築性
----------(ここまで)----------
 (3) セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性
 (4) セクシュアリティ観の変遷
2 性的指向・性的嗜好・性幻想、そして性行動
 (1) 性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
 (2) 性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
 (3) 性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
 (4) 性的指向と性的嗜好の関係

例年のことながら、大きく積み残し。
次回、頑張ろう
17時50分、終了
18時10分、辞去。
IMG_3937 - コピー.JPG帰り道、右足の状態が悪くなり、かなり痛い。

中央線はダイヤが混乱、18時23分発の高尾行になんとか間に合う。
立川駅で18時42分のJR南武線に乗り換え。
なんとか座れた。
19時24分、武蔵小杉駅に帰着。

家猫さんを呼び出して、外で食事。
久しぶりに新丸子駅西口の「ふくや」へ。
IMG_3943.JPG
↑ ロースカツ定食(1900円)。
IMG_3944.JPG
やっぱり馴染んだ味はいいなぁ。
考えてみたら、最初にこの店に入ってから、もうじき40年になるのだなぁ。

21時、帰宅。
(続く)

4月26日(水)ぜんぜん「お休み」じゃないじゃないか [日常]

4月26日(水)

11時、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のアマンドショコラとコーヒー。
170426 (1).JPG
髪の部分染め。
お風呂に入って髪と身体を洗う。
湯船の中でストレッチ。
右手上、左手下で背中で指が届く。何年ぶりだろう?
左手上、右手下は右肩の筋肉が硬く昔からぜんぜん駄目。

今日は久しぶりに自宅にいられる日。
なにもしないで「お休み」したいのだが、貧乏な性分なので、今年度から増枠(3分の1枠から1枠)した「L/G/B/Tについて」のレジュメを作り始める。

途中、冷蔵庫にあった古い食材でチキンカレーを作り、遅い昼食。
即席の割には、まずまず。
170426 (2).JPG

講義予定はまだ先(5月23日)なので、フォーマットを作ったところまでにして、休憩しようと思い、メールをチェックしたら・・・。

「ハフィントンポスト」のインタビュー原稿(5000字弱)の手直しが届いていた。
こちらは「レンボー・ブライド週間」に合わせてアップされるそうなので、大至急。

さらに1時間半ほど頑張って、返送。

もう夕方(18時)じゃないか。
ぜんぜん「お休み」じゃないじゃないか。

夕食は、少しマシな牛肉。
170426 (3).JPG
温豆腐。
170426 (4).JPG
海鞘の酢醤油漬け。
170425-4 (3).JPG

22時過ぎ、眠くなりベッドへ。
5時間ほど熟睡。
夜中、3時、起きだして、メールのお返事3通を書く。
5時半、就寝。

4月25日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」 [お仕事(講義・講演)]

4月25日(火)  晴れ  東京  21.0度  湿度46%(15時)

8時半、起床。
朝食は「ブーランジュリー・メチエ」のグレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
170425-1.JPG

昨日のハードなストレッチ整体の反動か、体調イマイチ。

11時15分、家を出る。
東急東横線から東京メトロ南北線に入る。
永田町駅で半蔵門線乗り換えるつもりだったが、コメント票を読むのに集中していて乗り過ごす。
仕方ないので四ツ谷駅で降りてJR中央線で御茶ノ水駅へ。
12時30分、明治大学(駿河台)に到着。
レジュメを460部印刷。
前回のレジュメも20部増し刷り。

例によって講義開始30分前に教室に行き、レジュメを設置。

簡単に昼食(お握りと鶏唐揚げ)。
170425-2.JPG

13時30分、講義開始。
まず、いろいお告知。
簡単にコメント票の感想を述べる。
第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」の残りを解説。
1 ジェンダーを考える
 (1)ジェンダー(Gender)とは何か?
 (2)ジェンダーの構築性
 (3)“Doing Gender”という考え方
 (4)ジェンダー概念の問題性
-------------(ここから)-------------------------
2 ジェンダーと労働
 (1)雇用・労働における性差別の撤廃
 (2)女性労働の特質

残り30分でようやく第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」に入る。

1 セクシュアリティを考える
 (1) セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
 (2) セクシュアリティの構築性
----------(ここまで)----------
 (3) セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性
 (4) セクシュアリティ観の変遷
2 性的指向・性的嗜好・性幻想、そして性行動
 (1) 性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
 (2) 性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
 (3) 性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
 (4) 性的指向と性的嗜好の関係

例年のことながら、大きく積み残し。
来週、頑張らなければ。

15時10分、終了。
レジュメを460部刷って、残りは10数部。
やっぱり、440人はいる。

受講生からの密告によると、今年の3年生は入学試験の時の「歩留まり」の見積もりに失敗して、そもそも学年全体の人数がやたらと多いのだろうだ。

でも「増殖」がやっと止まり、少し落ち着いてきた。

レジュメとコメント票の整理で1時間ほど残業。
16時15分、辞去。
IMG_3913.JPG
神保町の裏通りを通って、某出版社へ再校ゲラを持参する。
手紙に「27日(木)必着!」とあったので、遅れると迷惑をかけると思ったので・・・。
担当編集者に実際に対面するのは初めてなので、「入稿が(〆切から4カ月も)遅れて最後になり、ご迷惑をかけました」と挨拶。
すると、編集者「実は、先生が最後というわけではなく、最後の原稿が入ったのは一昨日でして・・・」と言う。

もう、びっくり!。
だって「5月27日(土)の歴史学研究会の大会(学習院大学)に間に合わせる」って言ってたじゃないか。
表紙の装幀もこれかららしい。
間に合うのか?
まあ、私は編者ではなく、ただの執筆者だから、気を揉んでも仕方がない。

専大前交差点に出て、東京メトロ半蔵門線神保町駅から乗車。
九段下駅から乗ってきた旧知の先生に出会う。
2駅分、おしゃべり。
永田町駅でメトロの南北線に乗り換え。
自宅最寄り駅の前「ドトール」で休憩。
170425-3.JPG
家猫さんと待ち合わせて、いっしょに帰る。

19時過ぎ、帰宅。
疲労困憊。
夕食は、息子が旅に出ているので、家猫さんと2人だけの夕食。

お刺身盛り合わせ。
170425-4 (1).JPG
豆乳&おぼろ豆腐。
170425-4 (4).JPG
あさりのお汁(美味)。
170425-4 (2).JPG
海鞘の酢醤油漬け。
170425-4 (3).JPG
2人だけだと、やっぱり魚食系になる。

食後、急激に眠くなり、ベッドに倒れる。
22~2時まで4時間熟睡。
ようやく体調回復。
ブログ「日記」の手入れ作業。
明け方、お風呂に入って温まる。
就寝、6時半。

軍事情勢 [世相]

4月25日(火)

今日25日は、朝鮮人民軍の創設記念日
今のところ、北朝鮮に核実験やミサイル発射の動きはない。

一方、アメリカ海軍第7艦隊の原子力潜水艦「ミシガン」(SSGN727)が、韓国・釜山港に入った。
アメリカ軍の配置が徐々に進んでいるが、まだ空母カール・ヴィンソンが日本海に入っていないので、開戦はまだ先だろう。

朝のテレビニュースで、市ヶ谷(防衛省)に配備されたPAC3(迎撃ミサイル)が放送されていた。
ちゃんと北西の空(ミサイルが飛来すると予想される方向)を向いている。
でも、どれだけ当たるのかなぁ。
まったく当たらないということはないだろうが、全部、撃ち落とすのも無理だと思う。

【再掲】トークショー「性をめぐるアーカイブの世界 ー過去を未来へ伝えるー」(5月4日) [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月25日(火)

東京レインボー・プライド・ウィーク2017」のイベントのご案内です。
お出かけいただけたら、うれしいです。

アーカイブ・トークショー (1) - コピー.jpgアーカイブ・トークショー (2) - コピー.jpg

トークショー「性をめぐるアーカイブの世界 ー過去を未来へ伝えるー」
 
【日時】2017年5月4日(木・祝)14:00~17:00(開場13:30)
【会場】新宿2丁目 AiSOTOPE LOUNGE
    (東京都新宿区新宿2-12-16 セントフォービル1F)
【入場料】1500円(1ドリンク付き)
【出演】マーガレット、田亀源五郎、三橋順子、石田仁、小澤かおる
【進行】山縣真矢(TRP共同代表理事)
 
【概要】過去の資料によって過去を知り、それを後世に残していくことで、過去を未来へとつなげていく。その一方で、現在から未来へ向けて続々と生まれてくる「今の資料」をどのように保存し、後世へと伝えていくのか。コレクターとして著名な方々に、その貴重なコレクションを紹介してもらいつつ、これまであまり触れられてこなかった、LGBTコミュニティでのアーカイブの意義や課題、具体的な提案などについて語り合う。

「性同一性障害?トランスジェンダー? 〜みんなで語ろう 過去・現在・未来〜」(5月5日)) [現代の性(性別越境・性別移行)]

4月25日(火)

東京レインボー・プライド・ウィーク2017」のイベントのご案内です。
ちょっとだけ、しゃべります。
お出かけいただけると、うれしいです。
---------------------------------------------------
性同一性障害?トランスジェンダー?~みんなで語ろう、過去・現在・未来~.jpg
「性同一性障害?トランスジェンダー? 〜みんなで語ろう 過去・現在・未来〜」

【企画主旨】「おなべ」や「おねぇ」、「ニューハーフ」という言葉から性同一性障害特例法や脱病理化といったキーワードと共に、現在、国内外でトランスジェンダーに注目が集まっています。
今回は世代の異なる多様な活動家の方々をゲストにお招きし、それぞれの立場からトランスジェンダーと性同一性障害の過去から現在、そして未来に向け、トークを繰り広げます。
決して何かを結論づけるものではなく、一人ひとりが考えるきっかけとなれば幸いです。
今回は豪華ゲストが勢揃いの必見です!是非気軽にご参加ください!

【日時】5月5日(金) 17時~20時 (16時半~受付開始)
【参加費】事前予約2000円 当日2500円
【場所】ハロー会議室西新宿駅前RoomA
  〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-11-1 日東星野ビル3階
  http://www.hello-mr.net/detail/?obj=131

● 出演者:土肥いつき/虎井まさ衛/西原さつき/野宮亜紀/畑野とまと/細田智也/松永千秋/三橋順子/薬師実芳/山本蘭/(あいうえお順)
浅沼智也/平尾春華/杉山文野(司会)

お申し込みはこちらから!
http://tokyorainbowpride.com/rw2017events/17hostedbytrp/3186

30日(日)19時~、NHK教育テレビ(Eテレ)「バリバラ」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月24日(月)
バリバラ170430_1.jpg
今週末、30日(日)19時~、NHK教育テレビ(Eテレ)「バリバラ」にご注目ください。
私、企画協力しました。
バリバラ170430_2.jpg
http://www6.nhk.or.jp/baribara/

「TSとTSを支える人々の会」(現:TNJ)初期資料を発掘 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

4月23日(日)

必要があって「TSとTSを支える人々の会」(現:TNJ)初期資料を発掘。

「TSとTSを支える人々の会」(現:TNJ)の発足集会の配布資料。
TNJ第1回(19960803).JPG
1996年8月3日。今から21年前。
会場は東京池袋の豊島区民センター。
日本のGID(性同一性障害)自助支援運動の出発点。
講演は山内俊雄氏(埼玉医科大学倫理委員会委員長)による「埼玉医科大学の倫理委員会が出した性転換に対する答申について」。

第2回集会(1996年8月18日)
水民潤子氏「私のライフヒストリーと中国性転換事情」
TNJ第2回(19960818).JPG

第4回集会(1996年9月28日)
優形愛氏「TSと医療カウンセリングの試み」
TNJ第4回(19960929).JPG

第6回集会(1996年10月20日)
三橋順子「TGとしての私」
TNJ第6回(19961020).JPG


これらの「TSとTSを支える人々の会」の初期資料の発掘で興味深い事実が判明。
発足集会(1996年8月3日)と第2回集会(同8月18日)の配布資料には【協力】として「T-GAP」が名を連ねている。
TNJ第1回(19960803)2.JPG
↑ 発足集会配布資料(1996年8月3日)
TNJ第2回(19960818)2.JPG
↑ 第2回集会配布資料(1996年8月18日)
「T-GAP」は1990年代半ばに活動していたトランスジェンダー系のHIV予防啓発団体(代表・高梨なおみさん)。
新宿の女装バーにコンドームを配布するなどの活動をしていた。

ところが、第4回(同9月29日)では「T-GAP」の名が消えている。
残念ながら第3回の資料が欠けているが。
TNJ第4回(19960929)2.JPG
↑ 第4回配布資料(1996年9月29日)

HIV予防啓発団体が、GIDの自助支援グループの発足時には協力していたこと、それがわずか2カ月足らずでもう「手切れ」になったことがが資料によって証明された。
(今までは、畑野とまとさんや私の記憶が根拠だった)


前の10件 | -
2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ