So-net無料ブログ作成

生涯未婚率、男性23%・女性14% [現代の性(一般)]

4月6日(木)

生涯未婚率(50歳まで一度も結婚したことがない人の率)は、この10年ほど、ほんのわずかだが、男女の差が詰まってきている。
以前は、講義で「男性の生涯未婚率は女性の約2倍」と解説していたのだが、もうそうは言えなくなった。
2000年 男 12.6% 女 5.8%
2005年 男 16.0% 女 7.3%
2010年 男 20.1% 女 10.6%
2015年 男 23.4% 女 14.0%

ちなみに、ほぼ同じだけいるはずの男女の生涯未婚率が乖離している原因としては、次の2つが考えられる。
① 男性の方が初婚の人と再婚することが多い。
具体的言えば、バツ4なのに相手はいつも初婚女性みたいなオヤジ。
ただ、そういう人がどれだけいると、生涯未婚率の差にどれだけ影響するか、ちゃんと計算していない(できない)。
② このデータは国勢調査がベース(戸籍ではない)なので、法律婚をしていないが「配偶者」がある(あった)女性(二号さん、愛人など)が「結婚している(してた)」と答える可能性がある。
つまり、実質的な一夫多妻が現れているという推測。

それと、国立社会保障・人口問題研究所の予測によると、これまで一本調子で急上昇してきた生涯未婚率の伸びは、2020年以降、急激に鈍化することになっている。
『東洋経済』20160514 (1) - コピー.jpg
本当なのだろうか?

------------------------------------------------------
生涯未婚率、男性23%・女性14% 過去最高

50歳まで一度も結婚したことがない人が2015年に男性で4人に1人、女性で7人に1人いたことが、国立社会保障・人口問題研究所の調査で分かった。こうした人の割合を示す「生涯未婚率」は、10年の前回調査から男女とも3ポイント以上増えて過去最高を更新した。

研究所は5年に1回、国勢調査を分析して生涯未婚率を割り出している。今回は男性が前回調査比3・23ポイント増の23・37%、女性は同3・45ポイント増の14・06%だった。男性は1970年まで、女性は60年まで1%台が長い間続いたが、その後、増加傾向に拍車がかかっている。

都道府県別でみると、男性では沖縄の26・20%がトップで、岩手26・16%、東京26・06%が続いた。女性は東京の19・20%が最も高く、次いで北海道17・22%、大阪16・50%だった。低いのは男性では奈良18・24%、滋賀18・25%、福井の19・19%で、女性は福井の8・66%、滋賀の9・21%、岐阜の10・00%だった。

同研究所が昨年9月に公表した出生動向基本調査によると、「いずれは結婚したい」と考える18~34歳の未婚者の割合は男性85・7%、女性89・3%だった。高水準だが、「結婚資金」や「結婚のための住居」の確保が障害と考えている人が多く、研究所の担当者は「非正規労働者の増加も生涯未婚率の上昇に影響している」とみている。(井上充昌)

『朝日新聞』2017年4月5日20時25分
http://www.asahi.com/articles/ASK453S6KK45UTFK00G.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr01

同性カップルに里親認定、大阪市 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月5日(水)

また、一歩前進。

欧米では『トーチソング・トリロジー(Torch Song Trilogy)』(1988年:アメリカ)など、ゲイ・カップルが養い親になる物語は早くからあった。
近作でも『チョコレートドーナツ』(原題: Any Day Now)」(2012年:アメリカ) などがある。
ゲイ/レズビアンが(血のつながりがある、ないに関わらず)子供を育てることは、別に珍しいことではなくなっている。

にもかかわらず、なぜか日本のゲイ/レズビアン運動は、「養子」問題に関心が薄かったように思う。
これを機会に関心が高まることを願う。

--------------------------------------------
<養育里親>男性カップルを大阪市が全国初認定

虐待などにより親元で育てられない子供の養育里親について、大阪市が男性カップルを認定したことが5日、市への取材で分かった。厚生労働省は同性カップルの里親認定について「聞いたことがない」としており、全国初とみられる。

大阪市によると、昨年12月、市内在住の30代と40代の男性を養育里親と認定した。市は、養育する子供については詳細を明らかにしていない。

厚労省は里親委託に関するガイドラインを2011年に策定した。ガイドラインに基づき、各自治体で里親の認定について運用が進められている。

自治体によっては、同性カップルを異性間の結婚に相当する関係と認める動きもあるが、里親については夫婦らを前提とし、性的マイノリティー(LGBT)の認定には消極的な意見もある。

しかし、厚労省ガイドラインでは里親希望者の要件について、同性カップルかどうかは定めておらず、同省家庭福祉課は「ガイドライン上、同性カップルでも里親を希望することは可能」とする。実際に認定されたケースは把握していないという。

同省によると、国内では現在、約4万5000人の子供が社会的養護のもとで生活している。大半は児童養護施設などで暮らし、里親に預けられているのは1割強にあたる約5000人にとどまっている。同性カップルの里親を望む声は以前から一部であった。

大阪市では、里親希望者はこども相談センター(児童相談所)に申し込み、面接や制度の仕組み、心構えなどを理解する1週間程度の研修などを受ける。その後、有識者らの社会福祉審議会に諮問し、最終的には市長が認定する。里親には養育里親に加え、養子里親や親族里親、専門知識を生かして養育する専門里親がある。認定を受けた里親は、子供とのマッチングを行うことになる。今年1月現在、大阪市で登録されている里親は119世帯。【岡崎大輔、井川加菜美、畠山哲郎】

『毎日新聞』2017年4月5日(水) 23:11配信

天麩羅を揚げる [日常(料理・食べ物)]

4月5日(水)
(続き)
18時過ぎ、自宅最寄り駅へ。
駅前の「ドトール」で家猫さんと待ち合わせ。
「東急ストア」で買い物をして、いっしょに帰る。

帰り道、自宅近くで、朧月と桜。

19時20分、帰宅。
夕食は天婦羅を揚げる。
IMG_3571.JPG
↑ 南伊豆で買ってきたタラの芽、人参、ピーマン

IMG_3572.JPG
↑ あしたばと茄子
やはり南伊豆で買ってきたあした葉、少し大きすぎた。
茄子は衣が乗らず、素揚げに近くなってしまった。

IMG_3573.JPG
↑ しめじ

IMG_3574.JPG
↑ あした葉、小さくして、再チャレンジ。
今度は、おいしくできた。
葉っぱが密なあした葉はこのくらいでの薄い衣で、ちょうどよかった。

でも、天婦羅を揚げるの、なかなか上手にならない。
おいしく揚がったのもあるが、イマイチのものもあり、出来栄えが安定しない
家猫さんはスリスリしてくれたが、自分ではまだ満足できない。
でも、天麩羅屋さんになろうというわけではないからな。

お風呂に入って温まる。
今日は、いろいろで、疲れた。

夜中、ブログ「日記」書き。

就寝、5時。

4月5日(水)新吉原へ [性社会史研究(遊廓・赤線・街娼)]

4月5日(水)  曇り  東京  20.7度  51%(15時)

10時、起床。
朝食は、クリームホーンとコーヒー。
IMG_3502.JPG

「春休み」を終えて、今日から新年度の「お仕事」開始。
大学の講義は来週からなので、新吉原に「営業」に行く。
12時20分、家を出る。
IMG_3512.JPG
近所の桜を撮影しながら(別掲)駅に向かう。
昼食は、駅前の回転寿司で「平日ランチサービス」の、ちらし丼。
IMG_3510.JPG
始めて食べたが、う~ん、具が薄い。
まあ、550円だから仕方がない。

東急東横線(渋谷駅乗換)東京メトロ半蔵門線(表参道駅乗換)同・銀座線で浅草駅へ。
少し時間に余裕があったので、隅田公園でお花見&撮影(別掲)。

言問橋西詰でタクシーを拾い「吉原の大門のところまで」と行き先を告げると、運転手が「いつも、どのルートで行ってますか?」と尋ねてきた。
なんに見えたのだろう?
IMG_3537.JPG
で、新吉原大門(跡)すぐ近くの「カストリ書房」へ。
IMG_3539.JPG
3月1日に10冊納入した編著『性欲の研究 東京のエロ地理編』が、わずか1カ月で全部売れたとのことで、新たに仕入れた(今度は平凡社から)20冊に「サインしてほしい」という依頼。
「私がサインなんかしたら売れなくなる」という意識が抜けないのだが、今後のお付き合いもあるので・・・。
店主の渡辺豪さん(カストリ出版代表取締役)に手伝っていただき、サインと「順」の落款を捺す。
15分ほどで、作業終了。

30分ほど、本を見ながら店主とお話。
『性欲の研究 東京のエロ地理編』、文字が多い本としては、よく売れるとのこと。
やっぱり表紙のせいかなぁ。

その間に、3人(熟年男性2、女性1)来店。
『朝日新聞』で大きく報じられてから、来店客は増えたが、売り上げはさほど伸びないとのこと。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-15-1
冷やかしの客が多いらしい。
熟年男性はどちらも「懐かしい、懐かしい」と言うばかりで何も買っていかなかった。
15時45分、辞去。

「角町通り」と「京二通り」の間の路地に、かろうじて残っている「赤線」時代の建物を撮影。
IMG_3544.JPG
位置も正確に把握。
このハート型の壁面装飾がある建物、「赤線」時代は「ゆうらく」という店であったことを確認。
IMG_3542.JPG
↑ ハートにひびが入ってきた。
築70年だから、無理もないのだが・・・。

「赤線」時代との比較のため「京二通り」の現況を撮影。
IMG_3551.JPG
「京二通り」北東側(大門寄り)にある「旅館 日光荘」と「旅館 常盤(ときわ)」は、建物は建て変わっているが、「赤線」時代の屋号をそのまま使っている。
IMG_3549.JPG
↑ 「旅館 日光荘」
IMG_3550.JPG
↑ 「旅館 常盤(ときわ)」
「赤線」新吉原・京二通.jpg
↑ 「赤線」新吉原・京二通

「京二通り」まで来たので、浅草まで歩くことにする。
IMG_3552.JPG
「ひさご通り」を抜けて、西に折れ「国際通り」に出て「浅草ビューホテル」の前を通過して、西浅草の天嶽院へ。
先に逝った友人の墓参(別掲)。
ちょっと寄り道(別掲)。

生ビール一杯で酔っぱらってしまい、帰路の銀座線、浅草駅を出るか出ないかで意識を失う。
気づいたら外苑前駅(乗り換え予定の表参道駅の1つ前)、危ない、危ない。

(続く)

久しぶりの浅草は外国人観光客ばかり [日常(花・街・山・猫・蝶)]

4月5日(水)

西浅草の天嶽院で先に逝った友人の墓参りをした後、さすがに歩き疲れた。
昔、彼とも来たことがある浅草「ホッピー通り」の「鐵屋(くろがねや)」に寄る。
IMG_3558 - コピー.JPG
驚いた! 外国人客ばかり。
メニューも英語版や中国語併記が用意されている。
IMG_3555.JPGIMG_3556.JPG
私も英語版を渡された(笑)
で、定番の生ビールともつ煮込み。
IMG_3557.JPG

IMG_3560 - コピー.JPG
↑ 伝法院通りで見かけたポスター。
胡蝶さん(創作日本舞踊宗山流家元)、頑張っている。

仲見世に出たら、大袈裟ではなく外国人率8割。
IMG_3561.JPG

銘仙風のプリントの着物で人力車に乗っているのは中国人(台湾人?)の女性。
IMG_3536 - コピー.JPG
他にも、中国語を話している和装のカップルや、家族連れを見かけた。
中国系の人が和装コスプレするなんて、学生時代『人民中国』を購読していた私には信じられない。

浅草は、以前から外国人観光客が多かったけど、ますます加速して、すごいことになっている。

お墓参り [訃報・追悼]

4月5日(水)

浅草を通過したので、思い立って、友人の墓に詣でる。
IMG_3553.JPG
↑ 西浅草・天嶽院の桜
IMG_3554.JPG
私「サスケ、久しぶり、なかなか来られなくて、ごめんよ」
サ「順子姐さん、わざわざ寄ってくださって、かたじけないす」
私「桜を見てるうちに思い出してね。サスケと最後に花見をしたのはいつだっけね」
サ「俺が逝って15年ですから・・・」
私「もうそんなになるんだ。ああ、思い出した。サスケが逝った年の春、『姐さん、今年の花見は行けなくて申し訳りあやせん』とわざわざ電話をかけてきたんだっけ」
サ「そうでした、ってことは、最後に花見をご一緒したのは16年前・・・」
私「そうだね。16年か・・・、歳をとるはずだ。サスケ、あんたはいいね、いつまでも48歳で。いつのまにか、あんたより1周り以上も年上になっちゃったよ」
サ「いえいえ、姐さん、まだまだおきれいです」
私「ありがと。お世辞でもそんなこと言ってくれるの、もうサスケだけだよ。じゃあ、また来るからね」
サ「ありがとうございやした。姐さんもお達者で」

サスケ (2).jpg
↑ CFL(Cross-dressing Freedom Line 服装の自由戦線)番頭・サスケ氏遺影(2002年11月20日逝去、享年48歳)

隅田公園の桜 [日常(花・街・山・猫・蝶)]

4月5日(水)

所用で吉原に行くために浅草駅で下車。
少し時間に余裕があったので、「隅田公園」に行ってみる。

東京は、2日にソメイヨシノの満開宣言が出たはずなのに・・・。
IMG_3514 - コピー.JPG
↑ まだ、全体にかなり赤っぽい。
開花していない蕾が多いということ。
木によって、若干違うが、5~7分咲きで、とても満開とは言えない。
IMG_3519 - コピー.JPG

浅草側より日当たりが良いはずの向こう岸(向島側)はどうだろうと眺めると・・・。
IMG_3521.JPG
少し開いているかな?
IMG_3522.JPG

北(言問橋方面)に歩いて行っても、あまり状況は変わらず、「花の雲」という感じにはなっていない。
IMG_3525.JPG
咲いている枝はきれいなのだけど。
IMG_3528.JPGIMG_3530 (2).JPG
IMG_3534.JPG

まあ、文句を言えば切がない。
お花見ができたから、満足としよう。
IMG_3533.JPG

家の近所の桜 [日常(花・街・山・猫・蝶)]

4月5日(水)

東京は2日に満開宣言が出たが、家(川崎市中原区)の近所の桜(ソメイヨシノ)は・・・。

まだ、2~7分咲き。
多摩川の川風が冷たいせいか、例年、都心より3日ほど遅いので、まあこんなものか。
テレビでも言っていたとおり、今年の桜は木によるばらつきが大きい感じ。

IMG_3504.JPG
↑ 西丸子小学校の桜(5分咲き)

IMG_3505.JPG
↑ 大西学園運動場の桜(2分咲き)

IMG_3507.JPG
↑ バナナ倉庫裏の若木(2分咲き)

IMG_3509.JPG
↑ 三角公園の老木(7分咲き)