So-net無料ブログ作成
検索選択

4月11日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第1講「ガイダンス-「性」を考えることの意味-」 [お仕事(講義・講演)]

4月11日(火)  雨  東京  10.7度  湿度100%(15時)

9時、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のアマンドショコラとコーヒー。
IMG_3680.JPG
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、髪はよくブローして、あんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒と白のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ワインレッドのバッグ。
黄色のニットのポンチョを羽織る。

今日から大学の講義開始。
11時、真冬のような冷たい雨の中、家を出る。
IMG_3682 - コピー.JPG
東急目黒線から都営地下鉄三田線に入る。
ダイヤが乱れていて、いつもより時間がかかる(10分弱)。

12時20分、駿河台の明治大学に到着。
IMG_3683.JPG
↑ 雨に煙るリバティタワー。

新年度の最初の講義日に桜が咲き残っているのは、いつ以来だろう?
IMG_3684.JPG
↑ お隣の錦華小学校の桜。
IMG_3685.JPG
↑「空中庭園」の桜。

レジュメは念のため360部(×3枚=1080枚)印刷。

13時、レジュメを2回に分けて教室に運ぶ(もう無理はできない)。
パワーポイントセッティング

13時半、文学部「ジェンダー論」の第1講(ガイダンス)開始。
リバティホール(大講堂)を埋める受講生。
いったい何人いるのだろう?
間違いなく300人は超えている。

第1講は「ガイダンス-「性」を考えることの意味-」。
まず、シラバス(授業計画)のプリントを渡して説明。

次に、講師の自己紹介を兼ねて、私が研究してきたこと、そして、今までの軌跡について話す。
時間の関係で、パワーポイントで写真を見せながら簡潔に。
1 講師の自己紹介
2 私の軌跡 -新宿歌舞伎町の女装ホステスからトランスジェンダー研究者へ-
(1)性別違和感の自覚と女装技術の習得
(2)ネオンの似合う「女」になる
(3)トランスジェンダーの当事者として語る
(4)「女」性研究者としてのスタート
(5)大学の教壇に立つ
(6)海外に視野を広げる
(7)トランスジェンダー研究者として 

最後に、ジェンダー研究の講義を受講する「動機づけ」として、「性」を考えることの意味について話す。
3 「性」を考えることの意味
(1)「生」と「性」の不可分性
(2)「性」を内省することの必要性
(3)性別二元社会の仕組みを知る
(4)女性と性的マイノリティが果たしてきた役割
(5)「性」を考えることの普遍性と今日性

今年度から100分授業になったこともあり、ほぼ予定通りの内容を話し終える。
15時10分、終了。
あっ、大事なことを言い忘れた。
「けっして友達を誘わないように」

講師控室に戻って、レジュメとコメント票の整理。
360部作って残ったレジュメは10部、ということは、だいたい350人か。
IMG_3687.JPG
↑ 回収したコメント票。なんと厚さ3cm。

16時、辞去。
駿河台下の丸亀製麺で遅い昼食。
IMG_3686.JPG
かけ(並)+鶏天+レンコン天(290+140+110=540円)。

久しぶりの講義で疲れてしまい、寝過ごして武蔵小杉駅へ。
「タリーズ・コーヒー」で論文のゲラ校正をしていたら、家猫さんから電話。
合流して一緒に帰る。
雨は止まないどころか、風まで強くなり、吹き降り状態に。
帰路、かなり難儀。

18時40分、帰宅。
疲労・・・。

(続く)




初「オカマルト」 [お仕事(講義・講演)]

4月10日(月)
(続き)
学芸大学駅から東急東横線東京メトロ都心線で新宿三丁目駅へ。

18時過ぎ、新宿二丁目「新千鳥街」にある、マーガレット小倉さんの店「オカマルト」へ。
IMG_3665.JPGIMG_3666.JPGIMG_3670.JPGIMG_3669.JPG
IMG_3671.JPG
昨秋に開店して以来、行きたいと思いながら、なかなか行けなかった。
「やっとこられました。遅ればせながら開店おめでとうございます」と挨拶。
IMG_3672.JPG
山縣真矢さんと石田仁さんと待ち合わせ
マーガレットさんも交えて5月4日のアーカイブ・トークライブの打ち合わせ。
書棚をじっくり拝見したかったが、それはまた後日。
20時前、辞去。

山縣さん、石田さんと2丁目のタイ料理「バーン キラオ パラダイス」へ。
IMG_3678.JPG
夕食を食べながら、いろいろお話。
こも店、私は初めてだったが、なかなかおいしい。
IMG_3673.JPG
IMG_3674.JPGIMG_3675.JPGIMG_3676.JPGIMG_3677.JPG
22時前、お開き。
IMG_3679 - コピー.JPG
↑ 夜の新宿二丁目

23時、帰宅。
就寝、2時。

4月10日(月)美容院へ [日常(髪・爪・肌・ファッション)]

4月10日(月) 曇り  東京  15.7度  湿度45%(15時)

11時、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のりんごデニッシュとコーヒー。
IMG_3646.JPG

明日の講義の準備。
化粧と身支度。
13時半、家を出る。
今日は肌寒い。

小学校の桜。
IMG_3648.JPG
今日で、今年の桜も見納めか。

運動場の桜。
IMG_3649.JPG
バナナ倉庫裏の若桜。
IMG_3651.JPG

東急東横線で学芸大学駅へ。
昼食は、東口商店街の「かしわや」で菜の花天そば(430円)。
IMG_3653.JPG

「お屋敷」の桜。だいぶ葉が出てきている。
IMG_3655.JPG
児童公園の老桜。少し樹勢回復。
IMG_3656.JPG

14時30分、行きつけの美容院「ヘアー アン ローズ」(目黒区鷹番)へ。
明日から始まる新年度の大学講義に備えて、カラーリング(白髪染め)。
前回は12月14日だったので、なんと4カ月ぶり。
道理で髪が斑になるはずだ。

他にお客さんがなく、昨日まで娘さん夫婦とお孫さんがいるオーストラリアのブリスベンに行っていた女将さんの話を聞く。
私よりかなり年上のはずだけど、すごいエネルギー。
秋田・青森県境の山村に生まれ、美容院の見習いから叩き上げて、目黒区でトップ、東京都でも有数の技量をもつ「先生」になった人だけのことはある。

今日はこれから新宿なので。ダウンにセットしてもらう。
IMG_3659.JPGIMG_3661.JPGIMG_3663.JPG
17時前、辞去。

「仕事部屋」に寄って、郵便物の整理。
(続く)