So-net無料ブログ作成

4月27日(木)東京経済大学コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」 [お仕事(講義・講演)]

4月27日(木)  曇り  東京  18.9度  湿度46%(15時)

11時、起床。
朝食は、ブルーベリーデニッシュとコーヒー。
IMG_3929.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。

14時、家を出る。
今日はあまり暖かくないが、季節は確実に春から初夏へ。
IMG_3930.JPG
↑ 庭の牡丹(白)。
IMG_3931.JPG
↑ 門の脇のつつじ。

頑張っていた日本医大グラウンドの八重桜も散り始めた。
IMG_3934.JPG
↑ 高い金網越しの撮影。
IMG_3932.JPG
↑ 歩道と側溝がピンク色に染まる。

昼食は、武蔵小杉駅構内の「さぬきうどん」。
IMG_3936.JPG
ぶっかけ(冷・並)+肉のせ+(600円)。

14時36分発の快速に乗車。
府中本町駅で15時11分発のJR武蔵野線に乗り換え。
西国分寺駅で15時19分発のJR中央線に乗り換える。
中央線のダイヤ乱れている。
15時22分、国分寺駅に到着。
今日もタクシーには乗らず、徒歩で大学へ。
IMG_3940.JPG
↑ 駅近くのマンションの植え込み。

15時35分、東京経済大学に到着。
レジュメは10部(×3枚=30枚)印刷。

16時20分、講義開始。
初回は女子3、男子1の4名、女子のみ4名だったのに、今日は男子学生が5人も全部で9名。
今まで、どうしていたのだ?

プロジェクターの具合が悪く(電源が不安定?)パソコン画像が投影できない。
開始20分頃になって、やっと映った。

まず、第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」の残りを解説。
1 ジェンダーを考える
 (1)ジェンダー(Gender)とは何か?
 (2)ジェンダーの構築性
 (3)“Doing Gender”という考え方
-------------(ここから)------------------------- 
 (4)ジェンダー概念の問題性
2 ジェンダーと労働
 (1)雇用・労働における性差別の撤廃
 (2)女性労働の特質

残り20分で、ようやく第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」に入る。

1 セクシュアリティを考える
 (1) セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
 (2) セクシュアリティの構築性
----------(ここまで)----------
 (3) セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性
 (4) セクシュアリティ観の変遷
2 性的指向・性的嗜好・性幻想、そして性行動
 (1) 性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
 (2) 性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
 (3) 性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
 (4) 性的指向と性的嗜好の関係

例年のことながら、大きく積み残し。
次回、頑張ろう
17時50分、終了
18時10分、辞去。
IMG_3937 - コピー.JPG
帰り道、右足の状態が悪くなり、かなり痛い。

中央線はダイヤが混乱、18時23分発の高尾行になんとか間に合う。
立川駅で18時42分のJR南武線に乗り換え。
なんとか座れた。
19時24分、武蔵小杉駅に帰着。

家猫さんを呼び出して、外で食事。
久しぶりに新丸子駅西口の「ふくや」へ。
IMG_3943.JPG
↑ ロースカツ定食(1900円)。
IMG_3944.JPG
やっぱり馴染んだ味はいいなぁ。
考えてみたら、最初にこの店に入ってから、もうじき40年になるのだなぁ。

21時、帰宅。
(続く)