So-net無料ブログ作成

森山至貴『LGBTを読みとくークィア・スタディーズ入門ー』をいただく [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月28日(金)

昨月、早稲田大学文学学院専任講師の森山至貴さんから、新著『LGBTを読みとくークィア・スタディーズ入門ー』(ちくま新書、2017年3月刊、800円+税)をいただいた。
実際にお会いしたのは、すれ違うような形が1~2回あるだけで、ほとんどお話したことがないのに、まことに恐縮である。
森山 - コピー.jpg
↑ これは帯無し画像だが、帯に大きく「『偏見がない』では差別はなくならない」とある。
まさに、その通りだと思う。

私は、大学でも大学院でもジェンダー論やセクシュアリティ論を学んだことがない。
そもそも、そんな講義は存在しなかった。
自分が講義する「ジェンダー論」や「セクシュアリティ論」は「なんちゃってジェンダー論」「なんちゃってセクシュアリティ論」であることは重々自覚している。

だから「ちゃんとした研究者の真っ当なジェンダー論を学びたかったら、これらの本を読みなさい」と学生に紹介している。

ただ、今まで「真っ当なセクシュアリティ論」として紹介できる書籍がなかった。
それがやっと現れた。
うれしい限りである。

クィア・スタディーズの基礎的な理論からLGBTの最新事情・問題点までバランス良く盛り込んでいて、かつ凝縮度が高い。
帯に「学校や職場でマイノリティとどう向き合うか」とあるように、教科書として最適だ。

今まで3分の1コマだった、LGBTについての講義を今年度から1コマに増やした。
さっそく、紹介しよう。


お金にならない「仕事」 [日常]

4月27日(木)

夜中、パソコンに向かう。
まず、某出版社が編集中の書籍に、私の著書&ブログに載せている画像を使いたいとのことで出典の問い合わせに対応。
著書の方を見てくれればちゃんと書いてあるのに。
精度の良い画像が必要とのことなので、スキャンし直して提供。
まあ、その書籍の著者が、いつもお世話になっている先生なのでサービス。
(本はもらえるらしい)

続いて、某テレビ局が、銘仙の歴史を紹介する番組を制作中に、私のブログに行き当たり、銘仙を着ている画像を欲しいとの依頼に対応。
銘仙の歴史を紹介する番組を作ってもらうのは、銘仙愛好者&研究者としてはうれしいことなので協力。
でも、これもお金は取れないなぁ。

さらに、某書店のLGBT書籍フェアの紹介文(5冊)を書く。
これもお金はもらえない。
5冊の内1冊は自分の本だから、広報だと思うしかないな。

こうやって、貴重な夜中の4時間を消費。
友達には「お人よし過ぎる」と言われるが、つくづくお金儲けに縁がない人なのだ。

就寝、5時。