So-net無料ブログ作成

性同一性障害の人の名の変更 [現代の性(性別越境・性別移行)]

6月2日(金)

名の変更は、戸籍法第107条の2に規定されているが、「正当な事由によって名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。」としているだけで、「正当な事由」については定められてなく、いちいち家庭裁判所の家事審判官(裁判官)が判定することになっている。

従来の判定では、以下のような場合に認められる。
① 営業上の理由による襲名。
② 代々の当主が世襲名を名乗っている場合の世襲による改名。
③ 神官、僧侶になる場合、逆に還俗する場合。
④ 難解や難読な名前。
⑤ 親族や近隣に同姓同名がいて混乱をきたす場合(婚姻や養子縁組によって姓を改めた結果、配偶者や姻族、養家族と同姓同名になってしまう場合も)。
⑥ 同姓同名の犯罪者または被疑者がおり、差別や中傷などの風評被害を被っている場合。
⑦ 帰化した際に日本風の名に改める場合。
⑧ 異性とまぎらわしい場合、もしくは性別を変更したことにより、本人の外見と名前の性別が食い違って不便である場合[。
⑨ 永年使用していた「通称」を(戸籍上での)本名にしたい場合。
⑩ 出生届時の誤り。
⑪ 人名用漢字の追加により、「本来使用したかった文字」へ変更。

戸籍の性別を変更した場合は、⑧が適用され、容易に改名ができる。
戸籍の変更がされていなくても、望みの性別でそれなりの期間、生活していて、改名したい名前の使用実績があれば、⑨を適用して認められることが多い。
⑨の「永年使用」は、一般的には5~10年の使用実績が求められるが、性同一性障害の診断書がある場合はそれよりずっと短い期間(1~3年)で認められることが多い。
今回のケースの使用実績は2年足らずだが、他の事例と比較した場合、かなり厳しい判定だと思う。

ただ、松山家裁→高松高裁→最高裁と争うのではなく、東京家裁に申請し直したら、通ったと思う。

----------------------------------
手術せずに戸籍名を変えたい 性同一性障害の26歳

松山市出身で関東在住のAさん(26)は性同一性障害(GID)で、女性の体に男性の心を宿す。戸籍上は「A子」と女性的な名前だが、自分の名前に違和感を感じ、性別を変えなくても「A」と名乗れるように戸籍上の名前の変更を求め、昨秋から裁判所に訴えている。松山家裁と高松高裁で棄却され、3月に最高裁に特別抗告した。

Aさんが自分の性に違和感を覚えたのは小学5年生の時。ドラマ「3年B組金八先生」でGIDの役を演じる俳優・上戸彩さんの姿を見て、自分と近いものを感じた。高校時代は友人から「一緒に化粧をしよう」と誘われるのが怖く、スカートもはきたくなかった。高校2年の時には、友人だった女子生徒を好きになった。自分が何者か分からず、毎日が苦痛だった。

高校卒業後、インターネットでGIDを知った。自分と同じ悩みを持つ人がいると分かった。最初に就いた仕事は事務員。ピンク色の制服に毎日ストレスを感じて体調不良になり、1年7カ月後に退職。制服のない職場を求めてコールセンターで働くようになった。

松山市で、GIDの診断を受けた同世代の人と出会った。その人はホルモン療法を受け、戸籍上の性別や名前を変更していた。2004年に性同一性障害特例法が施行され、「生殖腺がないか、生殖機能を欠いている」「性別変更後の性別に近似する性器の外観を備える」などの要件を満たせば、戸籍上の性別を変更できるようになっていた。

「いつか自分も名前を変えたい」と思うようになったAさんは13年9月、東京でGIDの診断を受けた。15年夏からは、「A子」から「子」を取り除いた「A」と名乗り始めた。松山市の会社に勤めた後、関東の会社に転職。履歴書の欄にGIDの診断を受けたと記載して事情を説明し、通称名で働いた。昨年からは郵便物なども通称名で受け取るようになった。

関東の職場では、名札も「A」と記載され、上司は「A君」と呼んでくれた。ありのままの自分を認められた気がした。家庭の話題になっても、上司は「A君は長男でしっかりしているから大丈夫」と話し、言葉の端々で気遣いを感じた。同僚も自分がGIDだと知っても構えず、「A」として接してくれた。

ただ、病院などでは戸籍名を使う。病院で自分の名前が呼ばれる度に、気持ちが暗くなった。

今の法律で戸籍を男性に変えるには、ホルモン療法や性別適合手術を受ける必要がある。ただ、かすれた声になったら、もし手術が失敗したら、と思うと怖かった。経済的な負担も軽くない。何より、両親が生んでくれた体を傷つけたくなかった。性別は変えられないとしても、せめて名前だけは変えたかった。

昨年10月、戸籍上の名前の変更を求めて松山家裁へ申請しに行った。だが、「使用実績も少ないので難しい」と、その場で申請の取り下げを求められた。弁護士に相談し、家裁に申し立てた。家裁の裁判官は弁護士に対し、「簡単に(名前を)変えられると思ってほしくない」と難色を示したという。申請は家裁で棄却されたため、Aさんは高松高裁に即時抗告した。

今年2月、高裁でも棄却された。直接会ってもいないのに「男性の外見をしているとはいい難い」と指摘され、納得できなかった。「名前はどうしてもついて回る。名前が変えられたら、同じように悩む人も楽しい生活が送れるようになる」。Aさんは最高裁に望みを託している。

■これまでの経緯
Aさん側は最高裁への特別抗告で、憲法13条の「幸福追求に対する国民の権利」を例に挙げ、「自己の認識する性と一致する名を名乗る権利」を侵害していると主張している。

Aさんの即時抗告を棄却した高松高裁では2010年、未成年の子どもがいる申立人の名前の変更は認めた。申立人がホルモン療法を受け、最終的には戸籍上の性別も変える予定で、通称名を9カ月余り使用している、名前を変更しなければ社会生活上著しい支障がある、などから「変更に正当な事由がある」とした。

しかし、今年2月の決定では「性別適合手術やホルモン療法を受けることなく、一見して男性の外見をしているとはいい難い」と指摘。通称名の使用期間の短さから「社会的に定着しているとはいい難い」と判断した。

Aさんの代理人弁護士は「自分の性と名前が一致することは当たり前に保障されてきた。申立人にも名前を変更する権利がある」と話している。(堀江麻友)

『朝日新聞』2017年6月1日17時00分
http://digital.asahi.com/articles/ASK614T4SK61UBQU00L.html?_requesturl=articles%2FASK614T4SK61UBQU00L.html&rm=949


札幌市がパートナー証明開始 4組が宣誓 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

6月1日(木)

6月1日、札幌市が「パートナー宣誓制度」を開始。
同性カップルだけではなく、戸籍上異性のカップルも利用できる。

人口規模日本第4の政令指定都市(東京23区を入れると第5位の大都市)が実施に踏み切った意義は大きい。
それでも、先行の5自治体と合わせて、日本の人口の約3%しか対象にならない。
後に続く自治体、とりわけ政令指定都市が出ることを切に願う。

【追記】
LGBTのことは滅多に記事にしない『読売新聞』がそれなりに大きく報じていて意外。

----------------------------------
LGBT  札幌市がパートナー証明開始 4組が宣誓

札幌市が1日、LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして公的に証明する「パートナーシップ宣誓制度」を開始した。国内の自治体で6例目で、人口規模は最も大きい。また全国で初めて、戸籍上の性別を問わずに申請できる仕組みになっている。

市の要綱に基づく制度で、この日午後3時半までに17件の予約があり、4組が宣誓した。

その一人で札幌市北区、奥田真理さん(25)は「ドキドキ、わくわくしながら家を出た。受け取ったときは素直にうれしかった」と頬を緩ませた。宣誓書について「機会があったら使いたい。現状はパートナーを家族や友人に紹介しにくいが、当たり前のように紹介できる社会になるのが理想」と語った。

制度の導入を要望してきた市民団体「ドメスティック・パートナー札幌」の鈴木賢代表も「札幌が多様な生き方に寛容で、多くの若者をひきつける街になってもらいたい」と歓迎した。

全国で同様の制度をこれまでに導入しているのは東京都渋谷区、世田谷区と三重県伊賀市、兵庫県宝塚市、那覇市の5自治体。鈴木代表は「希望の扉がようやく開き始めた。更に次のステップへ進んでいきたい。全国のLGBTの仲間やその支援者が、各地で地元の行政に働きかけてほしい」と抱負を語った。

秋元克広市長は「性的マイノリティーの方も含め、誰もが自分らしく生きることのできる街にしていくことが必要。制度が広く市民に受け入れられていくよう、今後も取り組みを進めていきたい」とコメントした。【日下部元美】

『毎日新聞』2017年6月1日 20時20分(最終更新 6月1日 23時04分)
https://mainichi.jp/articles/20170602/k00/00m/040/069000c
----------------------------------
LGBTのカップル承認…札幌市、政令市で初

性的少数者(LGBT)のパートナー関係を行政が認める制度が、1日から札幌市で始まった。

同様の制度は東京都の渋谷区や世田谷区などで導入されているが、政令指定都市では初めてのケースとなる。

制度の名称は「札幌市パートナーシップ宣誓制度」。パートナーとしての承認を希望するカップルが、市職員立ち会いの下で宣誓書に署名すると、「受領証」が交付される。

交付で、結婚と同等の法的権利や義務は生じないが、認証を受けることでパートナーが相手の生命保険の保険金を受け取れる場合があるという。

市によると、この日は午後1時現在、3組が市役所を訪れ、宣誓した。女性のカップルは、市職員からパートナー関係を示す書類を受け取ると「やっとこの日を迎えられた。これから先、一緒にいられると思うと安心できる」と喜びを語った。

『読売新聞』2017年06月01日 13時30分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170601-OYT1T50045.html
----------------------------------
札幌市、LGBTカップル認証開始 政令市初、初日は4組申請へ

札幌市は1日、同性愛や性同一性障害など性的少数者(LGBT)のカップルの関係を公的に認証する「パートナーシップ宣誓制度」の要綱の運用を始めた。同様の制度は既に東京都渋谷区など道外の5自治体が実施しているが、政令市では初めてとなる。同性愛だけでなく、性同一性障害の異性同士も対象とした。

札幌市によると、認証初日の1日には、事前予約した4組が申請する予定。午後1時までに、このうち3組が申請した。市職員から「受領証」を受け取った、20代と30代の戸籍上の性別が女性同士のカップルは、報道陣に「制度が早くできるようにと願っていた。うれしい」と語った。

『北海道新聞』2017年6月01日 12時43分(06/01 14:46 更新)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0405930-s.html
----------------------------------
LGBT カップル認証4組宣誓 札幌市 1年間で90組想定

札幌市は1日、政令市で初めて性的少数者(LGBT)のカップルの関係を公的に認証する「パートナーシップ宣誓制度」の運用を始め、初日は事前予約した4組が宣誓した。同様の制度を既に実施している東京都渋谷区など道外の5自治体と異なり、札幌市は同性愛だけでなく性同一性障害の異性同士も対象とした。2日以降も13組が予約しており、市は今後1年で80~90組の宣誓を想定している。

札幌市の秋元克広市長は制度の開始に当たり、「宣誓した人が、自分らしく活躍する節目になれば大変うれしい。札幌を誰もが自分らしく生きることができる街にしていきたい」とコメントした。

市役所を訪れた4組のカップルは、職員の前で「互いを人生のパートナーとする」とした宣誓書に署名し、市は2人が宣誓したことを証明する秋元市長名の「受領証」を交付した。

『北海道新聞』2017年6月02日 7時00分
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0406184.html

東京経済大学コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」第7講「トランスジェンダーと社会(前半)」 [お仕事(講義・講演)]

6月1日(木)
(続く)
15時22分、国分寺駅に到着。
国分寺は曇り空。
タクシーには乗らず、徒歩で大学へ。
IMG_4527.JPG
↑ 国分寺崖線のお屋敷のつつじ。
IMG_4528.JPG
まだきれい。

15時40分、東京経済大学に到着。
大学にするまでに、すでにかなり体力消耗。
レジュメは17部(×3枚=51枚)印刷。

16時20分、講義開始。
開始時間に学生1人だけ。
う~ん、いよいよ「誰も来ない」事態を想定しないといけないなぁ。
(遅れて2人来て、計3人)。
気を取り直して、まず第6講「L/G/B/Tとは何か ―性的マイノリティをめぐる諸問題―」の残りを解説。

1 L/G/B/Tとは?
 (1)言葉の意味
 (2)言葉の歴史
 (3)言葉の問題性
 (4)「SOGI」(ソジ)もしくは「SOGIE」(ソジィ)
 (5)「13人に1人」は眉唾? ―数的把握の困難―
2 同性愛者(L/G)にとっての諸問題
 (1)同性パートナーシップとは?
 (2)同性婚とは?
 (3)同性愛者が「子どもを育てる」こと
 (4)貧富の差の拡大(階層分化)と老後問題 
----------------(ここから)-----------------
3 バイセクシュアル(B)にとっての諸問題
 (1)Bの不在
 (2)B研究の遅れ
4 トランスジェンダー(T)にとっての諸問題
 (1)Tの意味
 (2)性別移行と生殖権
 (3)就労差別
 (4)Trans-manのダークビジネス問題
5 「Xジェンダー」について

残り50分で、第7講「トランスジェンダーと社会(前半)」に入る。
ここから応用編。

1 トランスジェンダーの基本定義
2 「第三の性」(Third Gender)の存在
----------------(ここまで)-----------------
3 性別越境者の職能
4 日本におけるトランスジェンダーの歴史 ―その職能を中心に―
 (1)トランスジェンダーの職能
 ※女装を伴う祭礼
 (2)トランスジェンダーの職能の展開
5 「双性原理」について
 (1)「双性原理」とは何か
 (2)「双性原理」と「聖」・「賤」

17時50分、終了。
明治大学と違って、残務整理は10分もかからない。
18時10分、辞去。
IMG_4532.JPG
徒歩で国分寺駅へ。
18時23分発の高尾行がホームにいたが、ものずごい混雑なので乗車をあきらめる。
25分発の高尾行に乗車。
立川駅でJR南武線に乗り換えるが、18時42分発は座れないので見送り、18時51分発で座っていく。

19時34分、武蔵小杉駅に帰着。
家族と待ち合わせて、夕食は、武蔵小杉駅「東急スクエア」の「おぼんdeごはん」へ。
170601 (1).JPG
↑ 国産牛肉とズッキーニのトマト炒め(1350円)
170601 (2).JPG

21時過ぎ、帰宅。
今日は疲れた・・・。

お風呂に入って温まる。
就寝、2時半。


6月1日(木)豪雨の中、出勤 [日常]

6月1日(木)  曇りのち雨  東京  26.4度  湿度91%(15時)

10時、起床。
朝食は「神戸屋」のアップルパイとコーヒー。
IMG_4526.JPG
12時、化粧と身支度。

14時、家を出ようとしたら雲行きが怪しい。
戻って、折りたたみ傘を持って出る。
そのうち、大粒の雨がポツポツ降りだす。
なんとか駅まで本降りにならないように祈りながら急ぐが、こういう日に限って右足が痛く、歩行速度が上がらない。

駅までの行程の半分ちょっと手前にある「ローソン」に寄り、飲み物を買っている間に、土砂降りになる。
あまりにすごい降り方なので、5分ほど雨宿り。

止みそうもないので豪雨の中に突撃。
道路は排水が間に合わず、たちまち水たまりが大きくなる。
傘を持った右袖、膝から下のストッキングがびしょ濡れ。
10分ほど歩き、なんとか駅に到着したが、雨宿りと難渋した分、いつもの昼食(うどん)を食べている時間がない。
仕方なく、駅構内のコンビニでお握りを買う。

武蔵小杉駅13時30分発のJR南武線の各停に乗って少し行くと、雨は小止みに。
登戸駅付近で雲が切れてきた。
ところが、快速に乗り換えるために稲城長沼駅で降りたら、まだすごい豪雨。
多摩川を渡り、府中本町駅で葉はまた青空が見える。
実にあわただしい天気。

国分寺は曇り空。
(続く)