So-net無料ブログ作成

『AERA』初取材の思い出(1997年12月) [日常(思い出)]

6月5日(月)

『AERA』(朝日新聞社)の取材を最初に受けたのは、1997年12月22日号の「ズボンを捨て街へ出よう -女装で広がる『もう一人の私』の世界-」だった。

まず、昼間、冬枯れの代々木公園で和装で撮影。
971206 (2).jpg
その後、洋装(シースルーのワンピース)に着替えて夜の新宿で寒さに耐えながら撮影。
971206-3.jpg
(1997年12月7日撮影)

なのに、どちらの写真も「没」だった。
「もう一人の私」という題名も、私のコピーのそのままパクリ。

ほんと、ひどい扱いだった。
朝日新聞社のエリート記者からしたら、新宿の女装者なんて「下賤の者」で、まともな気遣いをする必要もなかったのだと思う。

今だったら「これだけ協力してその扱いはないだろう!」と激怒すると思うが、当時はこちらも「まあ、無料で写真撮ってもらったからいいか」という感じで、あまり腹も立てなかった。

それからもう20年の歳月が流れたのか・・・。
つくづく、世の中、変わるものだと思う。

よく生き残ったものだなぁ、私。



6月5日(月)留学生をマーガレットさんに引き合わす [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

6月5日(月)  晴れ 夕方から雷雨 東京  25.6度  湿度47%(15時)

9時半、起床。
朝食は、グレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
IMG_4558.JPG

11時半、家を出る。
IMG_4562 - コピー.JPG

ホタルノブクロが咲き始めた。
IMG_4559.JPG
IMG_4560.JPG

13時、都営地下鉄・新宿三丁目駅改札前で、明治大学情報コミュニケーション学部の田中洋美先生、ゼミ生さん2人(女子学生)、南カルフォルニア大学から明治大学に短期留学している男子学生と待ち合わせ。

マーガレット小倉さんの店「オカマルト」(新宿二丁目「新千鳥街」)に案内してDrag Queenである男子学生を引き合わす(通訳は、田中先生)。

日本のDQの草分け的存在である大ベテランがアメリカの新人DQの質問に応えて語るのを、コーヒーを飲みながら1時間半ほど陪聴。

とても有意義な時間。
IMG_4563 - コピー.JPG
↑ 特別展示は「東郷健」

15時過ぎ、辞去。

「東急ストア」で夕食の材料を買う。
16時半、帰宅。

夕食は、具だくさんの麻婆茄子を作る。
IMG_4576.JPG
ちゃんと料理したので、おいしくできた。

少しマシな牛肉を焼く。
IMG_4578.JPG

明日の講義の準備。
お風呂に入って温まる。

就寝、3時。