So-net無料ブログ作成

「化粧文化研究者ネットワーク」研究集会「伊勢半本店・紅ミュージアム」見学 [お勉強(研究会)]

7月1日(土)

「化粧文化研究者ネットワーク」の研究集会で、現在、日本でただ1つ(ということは世界で唯一)まったく伝統的な方法で紅花から紅を作っている「伊勢半本店・紅ミュージアム」(港区南青山6丁目)を見学。
IMG_4932.JPG


「伊勢半本店」は、11代将軍家斉の治世、文政8年(1825)に日本橋小舟町に創業して以来、180余年、伝統製法を守り通している。

有田焼の紅猪口(べにちょこ)の内側に刷(は)かれた金属光沢のある笹色の紅に、わずかに水を含ませた紅筆が触れた瞬間、鮮やかな紅色が甦る。
もう、これだけで興奮。
IMG_4945.JPG
原料は最上(もがみ)紅花。
IMG_4935.JPGIMG_4937.JPG
↑ 生け花用の紅花より、ずっと棘が鋭い。
これでは花摘みもたいへん。

その花弁から10数工程もの丁寧な手作業で、赤の色素だけを抽出していく。
花に含まれるほとんど色素の99%が黄色色素で、赤色色素はわずか1%。
紅猪口(約50回分)1つ分の紅は、紅花1500輪に相当するとのこと。
完全な天然素材で、一切、化学物質を含まないので、アレルギー反応がめったに起こらない。

「紅差し」を体験。
現代の口紅と違い、油分や樹脂がゼロで水分だけなので塗っている感覚がほとんどなく、とても軽い。
にもかかわらず、発色はとても良く、3度ほど重ねると特有の光沢が現れる。
IMG_4952.JPG
↑ 鱈子唇の向かって左側(下)に笹色の光沢が現れている。

おもしろいのは、同じ紅を同じように塗っているのに、人によって発色が違うこと。
鮮やかな紅色が目立つ人と、光沢が目立つ人がいる。
唇の色(血色)などによって異なるらしい。

一応、染料・染色の基礎や、化粧文化史の勉強はしているので、紅花や紅についてはそれなりの知識があったが、本物を自分の唇に塗ったのは初めて。
すっかり魅せられてしまった。
IMG_4939.JPG
↑ お小遣いが豊かな時に、手に入れるぞ!




7月1日(土)「南青山七丁目」? 「高樹町」でしょ [日常]

7月1日(土)

9時半、起床。
朝食は、グレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
IMG_4927.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのバッグ。

12時、家を出る。
IMG_4928 - コピー.JPG
雨は止んでいるが、どんより雲が低い。
東急東横線で渋谷へ。
昼食は駅構内の「しぶそば」。
IMG_4929.JPG
↑ 季節の天ぷらそば(冷やし)(530円)

ちょっと雨が降りだす。
東口バスターミナルから都01系統(六本木ヒルズ行き)に乗車。
六本木通りを直進して、2つ目の停留所「南青山七丁目」で下車。
IMG_4930.JPG
「南青山七丁目」なんてつまらない町名。
このあたりの六本木通りの両側は、1873年(明治6)以来「青山高樹町」という町名だった。
河内国丹南郡1万石の譜代大名だった高木子爵の邸宅があったことにちなむ。
昭和戦前期には、岡本一平・かな子夫妻の住居・アトリエがあり、岡本太郎もそこで育った(現:岡本太郎記念館)。

私は亡父の昔話に出てくる地名なので知っている。
それが、1965年の(昭和40)、文化破壊的な愚かな町名変更で南青山六・七丁目になってしまった。
IMG_4931.JPG
今は、かろうじて交差点に名をとどめている。

「骨董通り(高樹町通り)」に入ってすぐ右側に、今日の目的地「伊勢半本店・紅ミュージアム」があった。
13時30分、到着。


「活動家」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月1日(土)

「活動家」という人にはいろいろなタイプがあるが、自分が不遇であるという「恨み」とか「怒り」を「活動」のエネルギーにしている「活動家」ってときどきいる。

まあ、「ルサンチマン(強者に対し仕返しを欲して鬱結した弱者の心」が「活動」の原点(出発点)になることは理解できる。

だけど、それなりに「活動」を続けていれば、しょっちゅう他人や社会を呪っているようでは、人はついてこないし、「恨み」や「怒り」では、世の中は動かないということに気づくはず。

「ルサンチマン」を捨てろとは言わないが、それを表に出すのは、「活動」の方法として賢明ではないと思う。

言葉を換えるならば、本当に世の中を変えていきたかったら、立てるべき旗は「恨」や「怒」ではなく「理」であり「義」でなければならない。
どんな「理」を唱え、どんな「義」を掲げるかが「活動家」の本領だと思う。

なんてことを書くから、私は「活動家」から嫌われるのだな。
まあ、いいけどね。

東京都議会議員2017予想 [政治・選挙]

7月1日(土)

明日(2日)は東京都議会議員の投票日。
東京版の新聞を取るのをずいぶん前に止めてしまい、各選挙区の情勢分析が手に入らず、予想の精度にはまったく自信がない。
私の選挙予想を楽しみにしている方もいらっしゃるようなので、一応、アップする

【投票率】
都民ファーストの登場・大量立候補で、それなりに盛り上がっている。
前々回2009年の54.49%まではいかないが、前回2013年の43.50%をかなり上回り、50~51%と予想。

【概況】
自民党は、「アベノミクス」効果が薄れ、閣僚の「失言」が続き、安倍総理の傲慢な政権運営が有権者の反発を買い、前回、大勝した議席をかなり失いう。それでも区部の保守地盤は強固で第1党は守れそう。44議席(前回比-12議席)と予想。

都民ファーストは、積極的な擁立策が功を奏し、推薦の無所属を含めてほとんどの選挙区で議席を確保しそう。しかし、乱立気味の選挙区もあり40議席と予想。

公明党は、毎度のことながら創価学会を中心とした手堅い組織選挙。高い投票率は不利だが都民ファーストとの提携がそれを穴埋めして公認候補23人全員当選と予想(前回比+1)。

都民ファースト+公明党+無所属で67議席となり、小池知事の与党は過半数(63議席)を超える。

共産党は、前回(17議席)が取りすぎ。党員の高齢化で(ビラを配っているのは高齢者ばかり)党勢自体はあきらかに陰っている。高い投票率も不利で10議席(前回比-7)と予想。

民進党は、候補者が都民ファーストに流れて、ほぼ壊滅の惨状。かろうじて4議席(前回比-14議席)と予想。
日本維新の会は、議席確保が難しそう(-1議席)。
前回2議席の東京生活者ネットワークは今回は1議席か(-1議席)。
その他、無所属3と予想、いずれも都民ファーストの推薦。

【議席予想】(定数127)
自民45  公明23  共産10  民進4  ネット1  都民41  無所属3

【議席予想・各選挙区】
千代田区(1) 都
中央区 (1) 都
港 区 (2) 自 都  
新宿区 (4) 自 公 共 都
文京区 (2) 自 都      
台東区 (2) 自 無
墨田区 (3) 自 公 都  
江東区 (4) 自 公 都 無
品川区 (4) 自 公 都 都
目黒区 (3) 自 公  都
大田区 (8) 自 自 公 公 民 共 都 都
世田谷区(8) 自 自 自 公 共 民 都 都
渋谷区 (2) 自 都          
中野区 (3) 自 公 都      
杉並区 (6) 自 自 公 共 都 都  
豊島区 (3) 自 公 都
北 区 (3) 自 公 都     
荒川区 (2) 自 公
板橋区 (5) 自 公 共 都 都   
練馬区 (6) 自 自 公 共 都 都 
足立区 (6) 自 公 公 共 都 都
葛飾区 (4) 自 公 共 都
江戸川区(5) 自 自 公 共 都    
八王子市(5) 自 公 共 都 都
立川市 (2) 自 都
武蔵野市(1) 自            
三鷹市 (2) 自 民
青梅市 (1) 自
府中市 (2) 自 都
昭島市 (1) 自
町田市 (4) 自 公 民 都
小金井市(1) 都
小平市 (2) 自 都
日野市 (2) 自 都
西東京市(2) 自 都
西多摩 (2) 自 都
南多摩 (2) 自 都
北多摩1(3) 自 公 都
北多摩2(2) 自 ネ
北多摩3(3) 自 公 無
北多摩4(2) 自 都
島 部 (1) 自