So-net無料ブログ作成

2002年「ニューハーフを教壇に立たせるな」事件の経緯 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月10日(月)

もう15年も前のことで、「バックラッシュ」に関心がある研究者さえ忘れられている(知らない)ことだが、遠藤まめたさんが覚えていてくださったので、経緯を記しておく。

------------------------------------------
2002年「ニューハーフを教壇に立たせるな」事件の経緯

【発端】
中学総合教育のプログラム「よのなか科」の提唱者である教育研究家の藤原和博氏が、2003年4月から初の「民間人校長」として杉並区立和田中学校の校長に就任することが内定した。

その前段階として、「よのなか科」の看板授業のひとつである「差異と差別を考える」(ゲスト講師:三橋順子)を、和田中学で実施することになった。

なお、当時の私は、新宿歌舞伎町区役所通りニューハーフ・パブ「MISTY」のゲストスタッフであり、中央大学社会科学研究所の客員研究員だった。

【反対運動の流れ】
まず『世界日報』2002年3月29日号に「中3授業に『女装家』講師―「ニューハーフは個性」と講義―」と題した記事を掲載。

それを受けて、6月18日の東京都議会(一般質問)で自由民主党の古賀俊昭議員が教育長の見解を問うた(教育長は「別段、問題はなし」と答弁)。

夏になると「杉並の教育を考える女性の会」という団体がビラ配りなどの反対運動をが始めた。

さらに、八木秀次氏が『正論』2002年8月号に「拝啓 石原慎太郎知事」という文章を載せ、石原知事に直訴した。

結局、諸般の事情を考慮して、杉並区立和田中学校では授業を実施せず、代替として私立の品川女子学院(中学)が引き受けてくださり、2002年10月に授業を実施した。 

なお、授業の内容については、藤原和博著『世界でいちばん受けたい授業2』(2002年5月 小学館)の「『差異』と『差別』を考えるーニューハーフの存在と自分の中の弱者(マイノリティ)の発見ー」を参照されたい。

品川学院での授業の様子がフジテレビのニュース番組「FNNスピーク 『こんな教育発見』 生の社会を教室に」(2002年11月18日)で紹介されると、12月13日の『サンケイ新聞』に「疑問に感じた『差異』と『差別』の授業」という投書が掲載された。

そして、仕上げは年が明けた『週刊新潮』2003年1月30日号掲載の「高校生にも男女同室で着替えさせる『ジェンダーフリー』教育の元凶」という記事で、光栄なことに上野千鶴子先生などと並んで、名指しで批判された。

【批判の論点】
批判側の論点は主に2つ。
1つは、ニューハーフをゲスト講師として教育の場に呼ぶことの問題性。
なお、私は「中学校(社会)一級教員免許」をもっている。
もう1つは、中学生に自分の「異性性」を気づかせることの問題性だった。

【結末】
和田中学校での授業は、藤原和博さんが校長に就任した2003年10月に1年遅れで実現した。
その際には、杉並区議会文教委員の議員の先生方々が「視察」と称してわざわざ授業の「監視」に来てくださった。

和田中での「差異と差別を考える」の講義は、藤原校長の在職中(2003~2007年度)、毎年秋に計5回、実施した。



友人たちとの楽しい夜 [日常(料理・食べ物)]

7月9日(日)

17時過ぎ「トイレフォーラム」の後、東優子さんと畑野とまとさんと、JR山手線で新宿に移動。
デモに参加する東さんといったん分かれて、とまとさんと新宿二丁目へ。
マーガレットさんの「オカマルト」で休憩。
ここで、佐々木掌子さんが追いつく。

19時過ぎ、「ビッグスビル」前で東さんと待ち合わせ。
19904947_245767335918664_5922910849592653116_n.jpg
途中、旧・新宿遊廓&「赤線」の説明をしながら、二丁目仲通りのタイ料理「バーン キラオ パラダイス」へ。
19756763_245767285918669_4025064784816277652_n.jpg
↑ 旧「赤線」地区の名残のソープランド」「楊貴妃」と「New姫」を指さしている。

IMG_5065.JPG
19961428_245767265918671_8477117784470701565_n.jpg

IMG_5066.JPG
↑ 青パパイヤのサラダ、右は付き出しの揚げ雲吞
IMG_5067.JPG
↑ 春雨のサラダ
IMG_5068.JPG
↑ なんだっけ?
IMG_5069.JPG
↑ レッドカレー
IMG_5070.JPG
↑ 空心菜の炒め物
IMG_5071.JPG
↑ カモマンガイ
IMG_5072.JPG
↑ パッタイ
ラスト・オーダーまで約3時間、飲み食いしながら、いろいろおしゃべり。
とても楽しい夜だった。

0時、帰宅。

7月9日(日)「性的マイノリティとトイレフォーラム」 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月9日(日)  晴れ  東京  33.5度  湿度50%(15時)

9時半、起床。
11時半、家を出る。
今日はさらに暑くなりそう。
IMG_5060 - コピー.JPG
東急目黒線から都営地下鉄三田線に入り、三田駅で下車。
長い長い地下道を歩いて、JR田町駅へ。
駅前のビルの「箱根そば」で昼食。
IMG_5061.JPG
↑ 芝海老天の冷やしそば(500円)
ここは、旧・芝区なので、芝海老は「ご当地」のはずなのだが、現代の東京湾では芝海老はもうとれないので(熊本県)天草産。
値段の割にはまずまずおいしかった。

田町駅を芝浦側に抜けて、線路沿いの道を歩く。
IMG_5062.JPG
13時前、港区男女共同参画センター「リーブラホール」に到着。
ここでで開催される「性的マイノリティとトイレフォーラム」(主催:特定非営利活動法人 虹色ダイバーシティ)に参加。
IMG_5064.JPG
13時30分~17時という3時間半の長丁場。
にもかかわらず、性的マイノリティ当事者(2人)の発言時間が少なすぎ。
しかも、ちゃんとした報告者扱いではなく、3つの質問に答える形。
「多様性(ダイバーシティ)」を掲げるのならもっと、多様な当事者の意見を聞くべきだと思う。

あと、トイレをめぐる法律とその運用については、「基本のき」のわけで、ちゃんと押さえておくべきだ(手違いがあったようだが)。

具体的に言えば、戸籍上の男性が女性トイレを使用すること、戸籍上の女性が男性トイレをしようすることを明確に禁じた法律はないはず。
一般的には刑法130条(住居侵入等)が適用されるが、排泄目的の場合、「正当な理由なし」とされるのかかなり微妙。
-------------------------------------
刑法 第百三十条 (住居侵入等)
正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。
-------------------------------------
また、その前提として、公衆トイレを男女別に分けなければならない法律もない。
「労働安全衛生法」に基づく労働安全衛生規則、および事務所衛生基準規則で、トイレは男女別にすることが定められている(註)が、それは事業所・事務所が対象であって、公衆トイレは対象ではない。

そうした基本をおさえないで、戸籍上の男性が女性トイレを使用したら即犯罪のようなイメージが語られるのは、かなり問題があると思う。

「トイレ・フォーラム」で切実に思ったのは、女装者を虞犯者(犯罪をなす虞れのある者)扱いするのは、もういい加減、止めてほしいということ。
女装者≒痴漢≒犯罪者みたいな連想。
女装は(男装も)法律違反ではないのだから。
虹色系が主催したフォーラムだけに、余計に腹が立った。
大声で抗議したかったが、かろうじて耐えた。

と、批判ばかり書き連ねたが、会場はほぼ満員の盛況で社会の認識を底上げするという点では、とても意義があったと思う。

個人的には、川内美彦東洋大学教授(日本トイレ協会運営委員)の「ユニバーサルトイレの歴史と現状の課題」、とても感銘を受けた。
多機能トイレを使う際には、お互いが譲り合う謙虚な気持ちが大切だと思う。

また、紹介された、車椅子トイレとは別に男女共用トイレが設置されたプラン、まさに理想的で、実現したらどんなに良いか・・・と思った。

(註)労働安全衛生法と同施行令の実施細則である「労働安全衛生規則」の第628条1に、便所は「男性用と女性用に区別すること」とある。
さらに、男性用の大便所は男性労働者60人以内ごとに1個以上、男性用小便所は同30人以内ごとに1個以上、女性用便所は女性労働者20人以内ごとに1個以上と規定されている。