So-net無料ブログ作成

7月11日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第13講「『恋愛』と『結婚』のジェンダー(1)―その歴史―」 [お仕事(講義・講演)]

7月11日(火)  晴れ  東京  31.6度  湿度65%(15時)

8時半、起床。
朝食は、アマンドショコラとコーヒー。

シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
濃紺の地に白と青緑で大輪の芙蓉の花を染めた綿絽(紫織庵)。
薄いクリーム色の吸い上げ暈しの麻の半襟を付けた半襦袢。
帯は赤黒の半幅帯を独鈷結びにして、草色の夏の帯締を掛ける。
アクセントに、その昔、台湾で何(ホー)先生にいただいた黄~黄緑のスカーフを帯揚風に挟む。
桐の台に錆朱・白・薄鼠の縞の鼻緒をすげた高右近の下駄(浅草花川戸・長谷川)。
赤に手毬柄のトートバッグ。
IMG_5090 - コピー.JPG
11時、家を出る。
蒸し暑い。
東急目黒線(急行)から都営地下鉄三田線で神保町駅へ。
いちばん早い電車。
うまい具合に多摩川駅で乗り継げた。
車中、コメント票を読む。
早く着きすぎたので、靖国通りの「ドトール」で休憩。

歩いて駿河台下の明治大学へ。
IMG_5081.JPG
12時25分、講師控室に到着。
レジュメは2枚×440部=880枚を印刷。
コンビニで買ったお握りで腹ごしらえ。
IMG_5082.JPG
授業アンケートの用紙が重いので、2回に分けて教室に運ぶ。
レジュメのセッテイング、パワーポイントのセッティング、DVDの頭出し。
講師控室に戻り、少しだけ休憩。

13時30分、文学部「ジェンダー論」の講義開始。
まず、第12講「テレビ・メディアとジェンダー(2)―テレビドラマによる「ミス・リード」―」の残りを解説。

1 ドラマ「ラスト・フレンズ」を見る
【参考映像】「ラスト・フレンズ」(フジテレビ系列 2008年4~6月)
 (抽出シーン1) 瑠可が眠っている美知留にキスするシーン
 (抽出シーン2) 瑠可が病院のサイトを見るシーン 
 (抽出シーン3) メンタルクリニックのシーン
----------------(ここから)-----------------
 (抽出シーン4) 瑠可が父親へカミングアウトするシーン、父親の述懐シーン
2 「ラスト・フレンズ」の問題点
 (1) 女性同性愛(レズビアン)の隠蔽
 (2) 女性同性愛(レズビアンと性同一性障害(FtM)の混乱 
 (3) 性的マイノリティ当事者の意見をほとんど無視
3 現実世界への影響
(参照)脚本家・浅野妙子さんへのインタビュー

時間の関係でかなり説明を端折る。

残り60分で、第13講「『恋愛』と『結婚』のジェンダー(1)―その歴史―」に入る。

1 セクシュアリティ観の変遷―「色」から「恋愛」へ―
 (1)前近代セクシュアリティ観
 (2)近代のセクシュアリティ観
 (3)「恋愛」概念の誕生
 ※ 「愛」はどこから来た?
2  「結婚」の歴史
 (1)形態的に
---------------(ここまで)--------------------- 
 (2)階層的に
 (3)制度的に
3 近代における結婚システム
 (1)見合い婚
 (2)「囲い込み婚」(職場結婚)
 (3)恋愛結婚

15時10分、終了。
来週が最終回ということを考えると、もうちょっと進みたかった。
仕方がない、来週頑張ろう。

今日は、いつものコメント票に加えて、授業アンケートの回収があるので手間取る。

1時間40分ほど残業。
残りレジュメとコメント票、それに早期提出のレポートの整理。
17時、辞去。

すずらん通りの「サンマルクカフェ」でクールダウンとエネルギー補充。
IMG_5085.JPG
自宅最寄り駅前の「ドトール」で家猫さんと待ち合わせ。
「東急ストア」で買い物。

19時過ぎ、帰宅。
(続く)

もう止まる話ではない [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月10日(月)

仮に、東京オリンピック&パラリンピック開催の2020年までに「LGBT対応トイレ」を東京都内に500カ所設置(新設・改修)するとする。

1カ所1000万円とすると50億円で、それなりの事業規模。
企業としてはぜひとも受注したいだろう。

昨日のフォーラムでの印象では、「リクシル」の設計の方がコンパクトで一歩リードか、「TOTO」はやや出遅れの感。

LGBTの人、とりわけトランスジェンダー当事者が「そんなわざわざお金をかけた『LGBT対応トイレ』なんて、別にいりません」と言っても、もう止まる話ではない。

当事者の要望がベースではなく、これからは企業の思惑が先行してくるように思った。

それと、あくまで私見だけど、「トランスジェンダー対応(男女共用)トイレ」では予算がつかないだろう。
やはり、流行り言葉を入れた「LGBT対応トイレ」じゃないと、政治もマスメディアも動かないと思う。

その結果、Tだけでなく「LGBの方も『LGBT対応トイレ』でお願いします」ということになる(笑)

【追記】
上記は、私の妄想的な予測(シュミレーション)です。
真に受けないようにお願いします。

7月10日(月)スパムみたいな原稿はスパムフィールターに引っかかる? [お仕事(執筆)]

7月10日(月)  晴れ  東京  32.1度  湿度63%(15時)

10時半、起床。

午前中のメールチェックで、某医学系雑誌の編集者から、原稿督促のメールが来ていて、とても驚く。

原稿、5カ月前の2月4日にメール添付で送信したのに。

あわてて、再送する。

どうも、私のメールが届いていない可能性大。
スパムみたいな原稿だから、スパムフィールターに引っかかったのかも。
今時のコンピューターは賢いからな。

昼食は、酢いわし丼。
170710 (1).JPG
超ミニかき揚げ丼。
170710 (2).JPG

夕食は、牛肉を炒める。
170710 (3).JPG
玉ねぎ炒め。
170710 (4).JPG
生野菜。
170710 (5).JPG
辛子蓮根。
170710 (6).JPG
減塩していておいしくない。

明日の講義の準備。
お風呂に入って温まる。
就寝、2時。