So-net無料ブログ作成

遊んでいるようで、ちゃんと仕事 [お仕事(講義・講演)]

7月22日(土)

明治大学文学部「ジェンダー論」のレポート読み。

20日(木)23本
21日(金)27本(50)4年生の分を読了。
22日(土)27本(77)他学部、早出し分を読了。

遊んでいるようで、ちゃんと仕事してた。


7月22日(土)「カラフルカフェ on the beach」の「浴衣星見会」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月22日(土)  晴れ  東京 32.5度  湿度66%(15時)

14時過ぎ、家を出る。
東急東横線で横浜に出て、JR横須賀線に乗り換え。
鎌倉駅より先に行くのは初めてかも。
16時過ぎ、逗子駅に到着。
IMG_5411.JPG

海周りのバスに乗り、葉山・一色海岸を目指す。
わ~ぃ、海だ~ぁ。
IMG_5414.JPG

16時40分、目的地の葉山町一色海岸に着く。
IMG_5420 (2).JPG
夏の湘南の海なんて何年ぶりだろう。
IMG_5446 - コピー.JPG

おっ、ここだ。
IMG_5421 - コピー.JPG
IMG_5421 (2).JPG

今日は「カラフルカフェ on the beach」の「浴衣星見会」に参加。

波打ち際がかなり近い。
IMG_5428.JPG
遠くに江ノ島を望む抜群のロケーション。
IMG_5433.JPG

会場では「丸井」が新作浴衣を持ち込んで着付けサービスをしてくれる。
「資生堂」はスタッフを派遣してくれて、メイク&ヘアセットのサービス。
IMG_5434 - コピー.JPG
だから浴衣姿のクォリティはなかなか高い。
プロのカメラマンがいて、スナップショットを撮ってくれる。
ただし、そのコンテンツは「丸井」に行くらしい。

星見のための望遠鏡や双眼鏡は光学メーカーの「ビクセン」が提供。
IMG_5424.JPG
かっての「天文少年」としてはとても懐かしい。
IMG_5425.JPG
↑ 13cm反射望遠鏡。
担当者にお話をうかがう。
40年前と比べて、いろいろハイテク化はなされているが、基本仕様には大きな変化はなさそう。

これで、会費は1000円!。
「丸井」も「資生堂」も「LGBTフレンドリー」を打ち出している企業で、LGBTムーブメントの主流には、こういう形で企業からの「提供」がなされるということ。

日没までまだ時間があるので、少しリサーチ。
キラキラ派はカップル率が高い。
しかも、レズビアン・カップルもゲイカップルも比較的若い(30代中心)。

日頃、中高年(40~50代)・単身のゲイやレズビアンばかり見ている目にはとてもまぶしい。
「ああ、そうか、だからキラキラなのか!」と今さらながら実感。

18時、開会。
IMG_5448.JPG
↑ 主催の松中権さん(NPO法人グッド・エイジング・エールズ代表)の挨拶。
IMG_5449.JPG
↑ 「ビクセン」のスタッフさんの浴衣は、自作の「星座浴衣」。
しかも星座がけっこうリアル。すばらしい!

明るいうちに大記念撮影。
20158014_1278107478979225_5261571666518760880_o.jpg

撮影会をしながら、暗くなるまで待機。
20229007_1278107358979237_799522501302617915_n.jpg

IMG_5461 - コピー.JPG
↑ 夕暮れの海を見ている。
久しぶりに海を見て、気が晴れた。
20273554_10155059061564620_78781216_o.jpg
↑ 色味が対照的で、いい感じ。しかも、柄は薔薇と百合。

20273200_10213786361158808_1854288845_o.jpg
↑ 日本LGBT界の未来を思う2人。

望遠鏡を砂浜に設置。
IMG_5457.JPG
でも雲が多いのが心配。

19時過ぎ、やっと暗くなった。
IMG_5464.JPG
IMG_5467.JPG
↑ 江ノ島の灯台が光るのが見える。

19時半、大阪からいらした「星のソムリエ(星空案内人)」のKEISUKEさんのトーク。
IMG_5466.JPG
ギリシャ神話の神様(性的指向いろいろ)に関係する星座の解説がおもしろい。

実際の星見は、残念ながら雲が多く、木星と土星が雲間からときどき覗くぐらいで、難しかった。
それでも、望遠鏡で土星を見せてもらった。
土星の輪を見るのは、40年ぶりくらいかな。

松中権さん、ありがとうございました。
お蔭さまで楽しい時間した。
IMG_5463 (2) - コピー.JPG
↑ この2人は、カップルではありません。

20時、辞去。

バス道に出たら、逗子駅行きのバスが止まっているのが見えた。
下駄で20mほどダッシュ。
なんとかシルバーシートに座れた(ゼイゼイ)。

20時30分、逗子駅に帰着。
22時過ぎ、帰宅。