So-net無料ブログ作成

記事保存「(2016年7月1日)米軍 トランスジェンダーの入隊禁止規則を撤廃へ」 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月27日(木)

オバマ大統領(当時)がトランスジェンダーのアメリカ軍への入隊を認めたこと、「日本では報道されなかった」という話が流れている。
しかし、私は聞いた覚えがあったので、調べてみた。
ブログには転記していなかったが、NHKニュース(Web)で2016年7月1日に報道されていた。
他にも報道はあったと思う。

-----------------------------------------
米軍 トランスジェンダーの入隊禁止規則を撤廃へ

アメリカのカーター国防長官は、心と体の性が一致しない性同一性障害などトランスジェンダーの人たちのアメリカ軍への入隊を禁じた規則を撤廃すると発表し、LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちの入隊を禁じる規則が実質的に取り払われることになります。

アメリカのカーター国防長官は30日、国防総省で記者会見を行い、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人たちのアメリカ軍への入隊を禁じた規則を撤廃すると発表しました。

この中でカーター長官は「われわれの任務は国防であり、任務を達成する能力がある人たちを資質とは関係なしニュースに兵士にさせないような障壁はいらない」と述べ、今後1年以内に規則の撤廃に応じた態勢を整える考えを示しました。

国防総省は、オバマ政権の下、同性愛者の入隊禁止制度や女性の前線部隊への配属を禁じた規則を次々に撤廃するなど、アメリカ軍での同性愛者や女性の地位を巡る改革を進めてきました。今回の措置により、LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちの入隊を禁じる規則は実質的に取り払われることになります。

「NHK」2016年7月1日 10時01分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160701/k10010579411000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_006

トランプ大統領、トランスジェンダーを米軍に受け入れない方針を表明 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月26日(水)

トランプ米大統領がトランスジェンダーを米軍に受け入れない方針をTwitterで表明した。
オバマ政権下で、トランスジェンダーの入隊が認められたことを引っ繰り返す措置。
アメリカ通の北丸雄二さんによると「現役米兵130万人のうち、2500〜7000人(別の推計では1500人)がトランスジェンダーだと推定」されるとのこと
その人たち、強制除隊になるのだろうか?

このニュースで思い出した。
昔(1995年頃)の知り合いに、エアフォース(米空軍)の戦闘機パイロットで、軍の病院で男性から女性へのSRSを受けた人がいた。
F15イーグルやF16ファルコンを操縦していた(そのときは男性)。

日米の二重国籍で、軍を退役して日本に戻り、私が出会った頃は、ヘリコプターの操縦士をしていた。

忙しくて女性ホルモン注射の間隔が開くと、操縦中に目眩がして困る、と怖いことを言っていた。

私と同世代だと思うが、元気にしてるかなぁ。

-------------------------------
米大統領、トランスジェンダーの米軍入隊を禁止へ 訴訟の恐れも

[ワシントン/ニューヨーク 26日 ロイター] - トランプ米大統領は26日、ツイッターで、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人々について、米軍への入隊を禁止する方針を発表した。時期や方法などの詳細は明らかにしていない。

突然の発表に対し、人権団体や民主・共和両党の一部議員は政治的動機に基づく差別だと非難する一方、保守系団体や一部の共和党議員は賛同する考えを示している。

オバマ前政権は、性的指向や性自認に基づく米軍内の障壁撤廃に取り組んできた。

トランプ氏は昨年の大統領選期間中、トランスジェンダーを含む性的少数者(LGBT)のために戦うと公約していた。

しかし、この日のツイートでは「米軍幹部や専門家と協議した結果、米政府は米軍のいかなる職務であれトランスジェンダーの個人を受け入れない方針となった」と発表。「米軍は決定的な勝利に専念する必要があり、トランスジェンダーの受け入れに伴う高額の医療費や混乱を引き受けられない」とした。

この方針がすでに入隊している数千人のトランスジェンダーの軍人にも適用されるのか、入隊希望者に限定されるかどうかは不明。また、トランスジェンダーの軍人の強制除隊を可能にする法的根拠もはっきりしない。

国防総省が積極的にトランスジェンダーの軍人を除隊させようとする場合、人権を巡る大きな訴訟に発展する可能性が高いと専門家は指摘する。

「REUTERS」2017年 07月 27日 08:33 JST
-------------------------------
トランプ氏  トランスジェンダーの人、米軍勤務認めず

【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は26日、ツイッターで、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人を軍のいかなる部門にも受け入れない考えを表明した。「我々の軍は決定的で圧倒的な軍事的勝利に集中する必要がある」と説明。「トランスジェンダー容認がもたらす多大な医療コストや混乱が負担になってはならない」と述べた。

トランプ氏は今回の方針決定を「軍高官や専門家の知見を得た結果」としている。オバマ前政権は、性的少数者(LGBTなど)の権利拡大を主要政策に掲げ、トランスジェンダーの人たちの軍勤務も昨年から認められた。

トランプ政権はLGBTの権利擁護に否定的な姿勢を見せている。今年2月には、オバマ前政権が全国の公立学校に対し、生徒が自分が望む性別のトイレや更衣室を使うことを認めるよう求めた通達を破棄している。

『毎日新聞』2017年7月27日 00時03分(最終更新 7月27日 00時38分)
https://mainichi.jp/articles/20170727/k00/00m/030/165000c

ようやく7割 [お仕事(講義・講演)]

7月26日(水)

明治大学文学部「ジェンダー論」のレポート読み。

20日(木)23本
21日(金)27本( 50)4年生の分を読了。
22日(土)27本( 77)他学部、早出し分を読了。
23日(日)45本(122)
24日(月)80本(202)
25日(火)62本(264)7組まで読了。
26日(水)50本(314)9組まで読了。
---------------------------------------
残り  133本(達成率70.2%)

移動で疲れてしまい、ペースダウン。
ようやく7割。


一日遅れの土用の鰻 [日常(料理・食べ物)]

7月26日(水)
(続き)
夕食は、一日遅れで「土用の丑の日」の鰻の蒲焼。
IMG_5527 (2).JPG
例年のように、近所の魚屋さんに「大串」を予約。
今年は2300円。
IMG_5528.JPG
毎年そうなのだが「これが最後かもしれない・・・」と思いつつ、おいしく、そして、ありがたく、いただく。

肝吸い。
IMG_5526.JPG
インスタントだけど、一応、肝が入っている。
IMG_5524.JPG
まずまずの味。

ラベルには「金目鯛にぎり」とあるが・・・、
IMG_5521.JPG
どう見ても、押し寿司。
IMG_5523.JPG
まあ、おいしければ、どっちでもいいや。

夜中、レポート読み。

就寝、4時。