So-net無料ブログ作成
検索選択

8月4日(金)胃が痛い [日常]

8月4日(金) 曇り  東京  29.2度  湿度76%(15時)

10時半、起床。
朝起きたらなんとなく胃が痛い。
朝食は、アップルパイとコーヒー。
170804 (1).JPG
食べたらますます痛くなってきた。
都立中央図書館に行くつもりで身支度を始めたが断念。

理由はたぶん、昨日、自分がいちばん嫌なことをしたから。
それは、書き上げた原稿を編集の指示で削ること。
昨日は7300字の完成原稿から1000字ほど削った。
原因は私の勘違いなのだが、すごくストレスが強かった。

昼食は、冷たいアスパラカスのスープ。
170804 (2).JPG
やはり物足りず、少しだけ納豆ご飯。
170804 (3).JPG

横になったら、3時間も眠ってしまった。
身体が疲れているのは間違いない。

夕食はお刺身。
かんぱちと蝦蛄。
170804 (5).JPG
好物の蝦蛄は子もち。
170804 (6).JPG
ローストビーフ。
170804 (4).JPG

結局、一日、寝たり起きたり。
胃痛、だいぶ和らいだけど、まだ少し痛む。
食欲はまずまずあるから、まあ大丈夫だろう。
やっぱり精神的ストレス&身体疲労の蓄積だと思う。

髪の部分染。
お風呂に入って髪と身体を洗う。

就寝、4時半。

nice!(0)  コメント(0) 

キリスト教の勉強 [お仕事(執筆)]

8月3日(木)

夜中、必要があって、キリスト教の勉強
韓国のキリスト教徒は(カトリック教会、プロテスタント合わせて)約30%。
東アジアでは、東チモール(99%)、フィリピン(93%)に次ぐ高い比率。
世界最大のイスラム教徒がいるインドネシアだが、キリスト教徒は約10%いる。
ベトナムが7%ほど、台湾は5%未満、タイは0.6%。

で、日本は約100万人で0.8%ほど、多く見ても1%。
それでも明治中期(1890年)頃の8万人(0.2%)からずいぶん増えた。

これをどう見るか?
1873年(明治6)の切支丹禁制の解除以来、膨大な資金と多くの優秀な人材を投入したにもかかわらず、145年で、やっと1%。
韓国と比べても、布教の失敗は明らかだ。

私としては、日本とタイの数値が似ていることに注目。
日本とタイは、東アジアの中でトランスジェンダー文化が色濃く残る国。
やはり、キリスト教の浸透度とトランスジェンダー文化の残存は関連していると思う。

と、いろいろ調べながら、キリスト教絡みの論考(7000字)を書き始める。
1000字ほど書いて、疲れたので寝る。

就寝、4時。
nice!(1)  コメント(6)