So-net無料ブログ作成

11月14日(火)都留文科大学「ジェンダー研究1」第7講「トランスジェンダーと社会(前半)」 [お仕事(講義・講演)]

11月14日(火) 曇りのち小雨  大月  9.2度 

5時15分、起床。
土~月の関西出張、体調を考えてできるだけ睡眠時間をとるように心掛けたが、それでもやっぱり疲れている。
首・肩の凝りがひどく、身体がとても辛い。
でも、休むわけにはいかないので、頑張るしかない。

朝食は、洋梨のデニッシュとコーヒー。
IMG_7413.JPG
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、髪はブローしてあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
6時、化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのバッグ。
黄色のニットのポンチョ。

7時過ぎ、家を出る。
東急目黒線で目黒駅に出てJR山手線で新宿駅へ。
8時05分、新宿駅に到着。
南口の駅弁屋で昼食用のお弁当を買い、8時30分発の「あずさ7号」に乗車。
車中、コメント票を読む。
9時40分、大月駅着。
10時02分発の富士急行「ふじさん特急3号」に乗り換え。
富士山は厚い雲の中。
10時20分、都留文科大前駅に到着。
今日は寒い。

10時27分、都留文科大学に到着。
レジュメは、3枚×420部を印刷。

モニターの電源が切られていて、開始に少し手間取る。
10時55分、講義開始。
まず、たくさん積み残している第6講「L/G/B/Tとは何か ―性的マイノリティをめぐる諸問題―」の残りを解説。

1 L/G/B/Tとは?
 (1)言葉の意味
 (2)言葉の歴史
 (3)言葉の問題性
 (4)「SOGI」(ソジ)もしくは「SOGIE」(ソジィ)
 (5)「13人に1人」は眉唾? ―数的把握の困難―
----------------(ここから)-----------------
2 同性愛者(L/G)にとっての諸問題
 (1)同性パートナーシップとは?
 (2)同性婚とは?
 (3)同性愛者が「子どもを育てる」こと
 (4)貧富の差の拡大(階層分化)と老後問題 
3 バイセクシュアル(B)にとっての諸問題
 (1)Bの不在
 (2)B研究の遅れ
4 トランスジェンダー(T)にとっての諸問題
 (1)Tの意味
 (2)性別移行と生殖権
 (3)就労差別
 (4)Trans-manのダークビジネス問題
5 「Xジェンダー」について

残り25分で、第7講「トランスジェンダーと社会(前半)」に入る。
1 トランスジェンダーの基本定義
2 「第三の性」(Third Gender)の存在
----------------(ここまで)-----------------
3 性別越境者の職能
4 日本におけるトランスジェンダーの歴史 ―その職能を中心に―
 (1)トランスジェンダーの職能
 ※女装を伴う祭礼
 (2)トランスジェンダーの職能の展開
5 「双性原理」について
 (1)「双性原理」とは何か
 (2)「双性原理」と「聖」・「賤」

つい、話し過ぎてしまい、遅れが回復できない。

昼食は「新潟三新軒」の刻みわさびで食べる「焼肉弁当」(1150円)。
IMG_7417.JPGIMG_7418.JPG

IMG_7419.JPG
↑ 小雨が降り始め中庭は寒々。
IMG_7420.JPG
↑ 定点観測の銀杏の木。
ほぼ散ってしまった。
IMG_7422.JPG
↑ 正門を入ったところの銀杏は、まだ完全に黄色くなっていない。
IMG_7423.JPG
↑ 紅葉は真っ赤。

15時35分、辞去。
今日もいつもより1本遅い15時58分発の普通電車に乗る。
大月駅に16時26分着。
16時45発の特急「かいじ118号」に乗り換え。
立川駅に17時22分着。
16時32分発のJR南武線に乗り換え。
18時20分、武蔵小杉駅に帰着。
(続く)
nice!(0)  コメント(0)