So-net無料ブログ作成

「A Day In The Life」(新宿2丁目)へ [現代の性(性別越境・性別移行)]

19日(月)
(続き)
18時半、家を出る。
東急東横線・東京メトロ副都心線で新宿三丁目駅へ
夕食は新宿二丁目の台湾料理「荘園」。
180319 (4).JPG
↑ 麻婆豆腐定食(980円)。
180319 (5).JPG

20時過ぎ、伏見憲明さん「A Day In The Life」(新宿2丁目)へ。
二丁目「ゲイタウン」の形成について、南定四郎さんの語りを中心に意見交換。

その後、佐々木掌子さん(臨床心理学)のトークライブを聴く。
DYdhrp7U8AAB1rf.jpg
生徒役(司会)の伏見さんは、1990年代から2000年代初頭の「性同一性障害」の全盛期にトランス(性別移行)問題に関心を持ち、その後、関心を失ってしまったとのこと。
だから、その後の15年間くらいの議論の蓄積がすっぽり抜けている。

先生役(講師)の佐々木掌子さんは、その15年間くらいに研究実績を積み重ねていった方。
そして、バリバリの研究者だから用語・概念をとても大事にする。

その結果、質問と答えが噛み合わないというか、すれ違うというか、佐々木さんにしてみると、論理的に回答不能な質問があったりする。

最初はずっと黙っていようと思ったが、主催者がこっちに振るので、結局、「解説的通訳」みたいなことをすることになった。
また、出しゃばってしまい、ちょっと自己嫌悪。

「A Day In The Life」で、元参議院議員(現在浪人中)の松浦大悟さんに出会う。
DYqqMqHV4AA5VU6.jpg
Twitterでは、ずいぶん以前からやり取りしていたが、実際にお会いするのは初めて。
思いがけず、うれしい出会いだった。

23時半、辞去。
二丁目の裏通りで、すごくスタイルの良いドラァグ・クイーンとすれ違う。

「二丁目」から0時45分に帰宅。

一息入れた後、2~5時まで講演原稿の執筆。
昼間書いた分を手直ししながら加筆。
まだ7000字だけど、もう体力の限界。

就寝、5時。


nice!(0)  コメント(0)