So-net無料ブログ作成

家猫さん、定年退職 [日常]

3月23日(金)

家猫さん、定年退職で離任式。
高校教員(社会)一筋38年間、ほんとうにお疲れ様でした。

でもね、どう見ても、定年退職って見かけじゃないのだよね。
たしかに尻尾は、40年前と比べて少し細くなったと思うけど。
IMG_0293 - コピー.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

3月23日(金)今日の段取り [日常]

3月23日(金)

12時、起床。

美容院にセットの予約

着ていく着物の手入れ(たたみ皺にアイロン)

和装用のバッグに荷物を移動

講演の予行演習(実際に発声して時間計測→微修正)
自分の普通の口調で48分。
60分枠(実質55分)だから、なんとかなるかな。

パワーポイントをUSB(2本)に保存(眼鏡ケースとお財布に入れる)

名刺、増刷

顔の角質取り

髪の部分染め&洗髪(←今ここ)

(追記)
あっ、髪飾りを用意するの、忘れていた。

nice!(0)  コメント(0) 

反トランスジェンダー派の主張を要約すると・・・ [現代の性(性別越境・性別移行)]

3月23日(金)

結局、反トランスジェンダー派の主張は、
「自分たちは性同一性障害の診断を受け、高いお金を払って性別適合手術をし、お国の法律に従って戸籍を女性に変更した。そんな正統な自分たちを差し置いて、性同一性障害の診断も受けてなく、性別適合手術もしてなく、戸籍も変えていない、ただの変態の三橋や畑野みたいなトランスジェンダーに、権威あるGID学会が発言の場を与えるのは、けしからん!」
って、ことなんだよね。

ごめんね。
実力(勉強してきたレベル&世の中を渡ってきた経験値)が違いすぎるんだよ。
ただそれだけ。

日本社会の場合、トランスジェンダー嫌いな人はまだまだいるけど、それでも、わざわざ作戦を練って卑劣な手段でトランスジェンダーを陥れようとする人はめったにいない。

というか、ネトウヨも、トランスフォビアのゲイやレズビアンもそこまで暇じゃないし、馬鹿でもない。

そこまで暇で馬鹿なのは、世の中で(ごく一部の)反トランスジェンダーの「性同一性障害者」しかいないわけ。

だから、どこの誰がおかしな動きを始めたか、すぐわかる。
そもそも監視対象の要注意人物なのだから。

今回のGID学会、動きを察知されたのに気づいて、会場に来ない(怖くて来られない)みたいだから、たいしたことにはならないでしょう。

こちらは、警戒は怠らないけどね。
着物、着てくわけだけど、帯板、チタン合金製にするとかね(笑)

nice!(0)  コメント(0) 

GID学会の講演のパワポ資料ができた [お仕事(講義・講演)]

3月22日(木)

2時半、GID学会の講演のパワポ資料ができた。
と言っても、今回は(私としては)画像が少ないので、講演原稿を貼り付けただけ。

なんで、それしたかというと、聴覚に支障がある方のため。
手話通訳もつくのだけど、やっぱり文字があったほうがいいだろうと思って。

就寝、4時。



nice!(0)  コメント(0) 

桜、桜、今年の桜

3月22日(木)

今年の桜、ほんとうに早い。

渋谷・桜丘町「桜坂」。
IMG_0264.JPG
IMG_0265.JPG
もう7分咲きといった感じ。
IMG_0266.JPGIMG_0267.JPG
今週末は満開だろう。

こちらは目黒・学芸大学駅東口商店街。
「児童公園の桜」
IMG_0270.JPGIMG_0271.JPG
「お屋敷の老木」
IMG_0273.JPG
どちらもまだ5分咲きくらい。
渋谷よりは少し遅い。

そして、自宅(川崎市中原区)近くのグラウンドの桜。
IMG_0262.JPG
下枝は咲いているけど。
梢はまだ白くなっていない。
nice!(0)  コメント(0) 

いくらでも相手してやるから、かかってこい! [現代の性(性別越境・性別移行)]

3月21日(水・祝)

20日頃から、Twitter上で、GID学会で私が講演することや、畑野とまとさんが登壇することへの、反対運動(破壊工作)が始まったようだ。

20年前まで、ネオンきらめく新宿・歌舞伎町で「誘蛾灯の順子姐さん」の二つ名を背負ていたわけで、たとえ老いてもGIDチンピラなんかには負けないよ。

いくらでも相手してやるから、かかってこい!

でも、そういう卑劣な奴、ビビリだから、会場に来られないのだよね。

私が「GID学会の20年を振り返る」講演をする適格者かどうかは、自分でも疑問に思わないでもない。
ただ、誰を講演者に指定し、テーマを委ねるかは大会長の権限。
文句があるなら、私でなく大会長に言うべき。

私は会員として大会長の要請を受諾し、自分の全力を尽くすだけ。



nice!(0)  コメント(0)