So-net無料ブログ作成
2018年04月| 2018年05月 |- ブログトップ
前の10件 | -

トランスマンの膣性交をともなうセックスワーク [現代の性(性別越境・性別移行)]

5月27日(日)

今日、とても衝撃だったのは、現代の日本でトランスマン(FtM)のセックスワーカーがかなり存在しているということ。

私の現役時代(1990年代)には、トランスジェンダーのセックスワーカーといえば、トランスウーマン(MtF)のことで、トランスマンのセックスワーカーは存在しないというより、ほぼ想定されていなかった。

トランスマンのセックスワークの主な客は、ゲイ男性、あるいはそれに近い男性。
いろいろな形態があるようだが、中にはトランスマンの膣に男性客がペニスを挿入する「本番」もあるとのこと。

ここで、説明が必要になる。
現在の日本の性別移行法(性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律)では、女性から男性に移行する場合、子宮・卵巣の摘出手術は必須だが、男性ホルモン投与で肥大したクリトリスをミニ・ペニスに見立てて外陰部を形成すれば、膣の閉鎖は要求されない。
膣の閉鎖は、入口を塞ぐだけでなく膣粘膜の剥離が必要で、その際にかなりの出血があり、けっこう厄介な手術になる。
だから、多くの場合、膣は閉鎖されない。
それで戸籍を男性に変更すれば、膣のある男性が存在することになる。

トランスマンの膣は、女性ホルモンが作用していないので、通常は乾いているが、潤滑剤を使えば、男性のペニスを受け入れること(膣性交)が可能だ。
しかも、膣はあっても子宮・卵巣はないので、客が膣内に射精しても妊娠の可能性は皆無である。

ここで、問題が2つ生じる。
1つは法律的な問題。
「売春防止法」は、不特定多数の相手と、対価を得る約束で膣性交をすること(売春行為)を禁じている。
しかし「売防法」は、その法体系からして、売春の行為主体を女性に限定している。
つまり、戸籍を男性に変更したトランスマンが不特定多数の相手と対価を得る約束で膣性交をしても、法の対象外になる。

ちょっと、整理してみよう。
① トランスウーマン(造膣・戸籍女性に変更済) 違法
② トランスウーマン(造膣・戸籍男性のまま)  違法でない
③ トランスマン(膣あり・戸籍男性に変更済)  違法ではない
④ トランスマン(膣あり・戸籍女性のまま)   違法

②は1965年摘発、1970年有罪確定の「ブルーボーイ事件」に相当する。
①については明確な判例は知らないが、おそらく人工膣の場合でも膣性交に見なされるだろう。
③が、現在、増加しているというパターンで、「ブルーボーイ事件」がそうであったように、「売春防止法」の脱法行為と見なされる可能性があると思う。

もう1つは感染症の問題。
トランスマンの膣性交の場合、妊娠の可能性が皆無なので、コンドームなしの「生本番」が行われるケースが多いとのこと。
その結果、性病、とりわけHIV感染のリスクが高まる。

ともかく、トランスマンが「膣性交」を行うセックスワークという形態は、ほとんど想定されていなかったことで、今後、認識を改めなければいけない。


nice!(0)  コメント(0) 

5月27日(日)「Transgender Studies」の会 [現代の性(性別越境・性別移行)]

5月27日(日)

13時半、代官山「アマランスラウンジ」で開催された「Transgender Studies」の会へ。

私の分担は、トランスジェンダーの歴史の日本編。
江戸時代から現在まで、スライド47枚を映して、予定時間の40分ちょうどで終了。

続いて、畑野とまとさん、浅沼智也さんのお話。
17時15分、閉会。

その後、Edoさん主催のパーティー「サヴァト会」に出席。
33691171_10214454566709315_1199483687444414464_n.jpg
おいしい韓国料理をいただきながら、楽しい時間を過ごす。

さらに、誕生月ということで、フルーツいっぱいのタルトケーキをいただく。
33854338_10214454563469234_737371379925516288_n.jpg
こういう形で誕生祝いをしてもらったなんて、何10年ぶりだろう。
ほんとうにうれしかった。
ありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0) 

800万アクセスに到達 [日常]

5月27日(日)

27日早朝、800万アクセス(ページビュー)に到着しました。
いつもご覧いただいている皆さま、ありがとうございます。

700万アクセスが2017年9月26日だったので、700~800万アクセスはちょうど8カ月(243日)かかった計算(1日平均約4115アクセス)。

ちなみに、過去と比較すると、
600~700万アクセス 8カ月と19日(264日)
500~600万アクセス 7カ月と14日(228日)
400~500万アクセス 7カ月と18日(231日)
300~400万アクセス 7カ月と25日(239日)
なので、前期より少しだけ早い到達。

多忙で、ブログの整理・穴埋めも思うに任せませんが、これからも、スローペースでまったりと、行こうと思っていますので、よろしくお願いいたします。
nice!(0)  コメント(0) 

5月26日(土)「パープルハンズ5周年記念イベント」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

5月26日(土)

「中野ゼロ」で開催された「パープルハンズ5周年記念イベント」に呼んでいただきお話。

コメントもトークも、私は適当なことしゃべってきたが、北丸さんのお話(アメリカのゲイ事情)はいろいろ勉強になった。

性的マイノリティの「貧・老・病・死」をテーマにしたNPO活動は、社会的に必要とされるものだし、今後ますます需要は高まっているだろう。
そういう意味では、永易至文さんは、意義のある活動をされていると思う。

しかし、いくらなんでも零細すぎる。
LGBT系のNPOで景気が良いところと比べると、年間収支が2桁違う。
代表のキャラクターが地味地味なのは仕方がないが、もう少し収益を考えないと、できる事業も限られてしまうだろう。

今日の参加者も、やっと20人。
「きらきら嫌い」や「偏屈キャラ」は棚に上げて、もっと積極的に宣伝や人脈作りをすべきだと、お金を引っ張ってくることが何より苦手で、人付き合いが下手な私は思った。

今夜の「パープルハンズ」の会合で印象的だった言葉。
永易代表が言った「春・夏・夏・冬」。

一般の人生は「春・夏・秋・冬」だが、ゲイの人生は「春・夏・夏・冬」なのだそうだ。
長い夏(青年期~中年期)の後にいきなり冬(老年期)が来るから、備えもないし、精神的なショックも大きい。

なるほどな、と思うと同時に、「長い夏」っていいなぁ、とうらやましかった。
私なんて「春、短い夏、長~い秋、冬」だものな。

0時過ぎ、帰宅。


nice!(0)  コメント(0) 

初校ゲラが届き、校正の日々が始まる [お仕事(執筆)]

5月25日(金)

本文、図版、各厚さ2cm近い初校ゲラが届く。
まだ図版は組み込まれていない。
IMG_2034.JPG
何度も書き直して、完成度の高い原稿を入れているので、本文はそう大きな直しはない。
ただ、図版、とりわけ地図との対照がけっこうたいへんで、神経を使う。

これから4カ月弱(9月中旬まで)、更生の日々、もとい校正の日々が続く。

nice!(0)  コメント(0) 

2日遅れの誕生日祝いの食事 [日常(料理・食べ物)]

5月25日(金)

18時20分、武蔵小杉駅で家猫さんと待ち合わせ。
「ららテラス」のイタリア料理「バール・デルソーレ」へ。
2日遅れの誕生日祝いの食事。

お通し(ドライトマトを乗せたパン)。
IMG_2024.JPG
牛スジの赤ワイン煮込みとゼッポリーネ(海苔入り揚げパン)。
IMG_2025.JPG
海老とマッシュルームのアンチョビ、ガーリックオイル炒め。
IMG_2026.JPG
サラミとルッコラのピザ。
IMG_2027.JPG
ダークチェリーのタルト。
IMG_2028.JPG
ああ、おいしかった。
お腹いっぱい、幸せ。

20時半、帰宅。
nice!(0)  コメント(0) 

5月25日(金)リアクションがすごく良い [お仕事(講義・講演)]

5月25日(金)

明治大学文学部(和泉)「身体と社会」で、先週、話をした第5講「衣服とセクシュアリティ(1)―裸体と着衣のエロティズム―」のリアクションがすごく良い。

いつもは通勤途中と講義開始前の休憩時間で約150枚のリアクション・ペーパーを読み切るのだが、今日は、表びっしり裏にも書いてあるペーパーが多く、30枚ほど読み切れなかった。
記述量25%増という計算になる。

「全裸(オールヌード)と、一部を衣服で覆っているのと、どちらが「エロい」(性欲刺激的)だろうか?」という問題提起から初めて、
1 裸体問題 ―裸体は常に「エロい」か?―
2 着衣問題 ―セックス(性行為)するとき、裸になる?―
3 部分着衣問題 ―一部を隠す、区画する―
の順で、分析・考察していく内容。

ある学生さん(男子)からは、「斬新なテーマ設定、鮮やかな分析方法」、「これが学問なのだと思いました」という過分な評価をもらった。
褒めすぎだと思うが、やはり1,2年生にとっては他では聞けない珍しい講義なのだと思う。

今日の第6講「衣服とセクシュアリティ(2)―セクシーなファッションは誰のため?―」も、とても反応が良かった。
話をしていて、ふと気づくと、教室が静まりかえり、学生が食い入るように聞いている。
これだけ学生さんが反応してくれると、講義する側も張り合いがある。



nice!(0)  コメント(0) 

あと3年で消える風景 [日常(花・街・山・猫・蝶)]

5月24日(木)

ちょっと時間があったので、いずれ見られなくなる風景を記録。
IMG_1916 - コピー.JPG
IMG_1913 - コピー.JPG
IMG_1914 - コピー.JPG
渋谷東急百貨店3階にある東京メトロ銀座線・渋谷駅は、再開発のため2021年度までに、東に(表参道駅寄りに)130m、移設する予定で、現在、工事が進行中。

長年、見慣れた景色もあと数年。

IMG_1915 - コピー.JPG
↑ 渋谷の日没(18時36分)
nice!(0)  コメント(0) 

「パープルハンズ」5周年の会 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

5月23日(水)

今週土曜(26日)18時半から「中野ゼロ」で行われる永易至文さんの「パープルハンズ」5周年の会に北丸雄二さんと、コメンテーターとしてご一緒します。

私はLGBTの人権運動の中で「キラキラ」と「地味地味」の社会的役割についてコメントしようと思っています。
ご興味のある方、どうぞご参加ください。

【日時】5月26日(土) 18時30分~20時30分(開場18時)
【会場】「なかのZERO」西館 学習室4(JR中野駅南口徒歩5分)
【参加費】1000円
【内容】
 講演:「パープル・ハンズの活動報告とLGBTコミュニティ運動のゆくえ」(事務局長 永易至文)
 クロストーク:北丸雄二さん(ジャーナリスト)、三橋順子(歴史家)
申込みは不要。

http://nijiirolifeplan.blog.fc2.com/blog-entry-202.html
nice!(0)  コメント(0) 

「ニャー、ニャー(お誕生日おめでとう)」 [日常(花・街・山・猫・蝶)]

5月23日(水)
180523.JPG
駅までの途中の駐車場で
「ニャー、ニャー(お誕生日おめでとう)」と鳴いていた猫。
(↑ 誤訳にゃ、「お腹減った、にゃにかくれ」が正しい訳にゃ)
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
2018年04月|2018年05月 |- ブログトップ