So-net無料ブログ作成

ターナー症候群(性染色体がXO)の事例としては特異 [現代の性(一般)]

6月9日(土)

他人の「性別」についてあれこれ言うのは、本来、失礼なことで、書くべきかどうか迷ったが、ご本人が「性別」をお仕事のネタにしていて、それが映画化されたことで、社会的な影響もあるだろうと思い、あえて書かせていただく。

先日、試写を見せていただいたドキュメンタリー映画「性別が、ない!インターセックス漫画家のクィアな日々」(渡辺正悟監督、2018年)で、インターセックスはきわめて多様な疾患群という説明があるのに、肝心の主人公・新井祥さんの疾患がはっきりしないのが、いささか不審だった。

「染色体検査の結果、異常が見つかった」というコメントがあったので、帰宅後、調べたらターナー症候群(性染色体がXO)らしい。

この場合、Y染色体(の上にあるSRY遺伝子)は存在しないので、性分化のプロセスで男性化は起こり得ず、女性型になる。
したがって、出生時には女性として判別されるが、思春期以降、卵巣の機能が十分でなく、治療としては女性ホルモンを投与して、身体の女性化を進めるのが一般的。

新井さんの場合は、その真逆な道(男性ホルモン投与、乳房除去手術による男性化)を選択されたわけで、かなり特異な例。
「治療」の流れ的には、むしろ性同一性障害(FtM)にかなり近いと思う。

私は、性別は自己選択・自己決定だと考えるので、新井さんが身体的には男性化を、ジェンダー・アイデンティティは「中性」を選択されたことについて、何も言うことはない。

ただ、「性別が、ない!」というのは、新井さんの主観であって、医学的には「性別がないわけではない」。
ターナー症候群の場合、「ターナー女性」という言い方をするように、性別は女性の範囲。
また、ターナー症候群の女性の経過・帰着としては、新井さんの事例はかなり特異で、到底、一般的とは言えない。
それが疾患名を伏せた理由なのかなと思う。

逆に言うと、ターナー症候群という疾患名を出して、「性別が、ない」(中性)、男性ホルモン投与、乳房除去手術による男性化が映像化されたら、ミスリードになりかねないので、映画としてはこれで良かったと思う。


nice!(1)  コメント(0) 

トランスジェンダーの説明で「心と体の性が一致しない」というのは違う! [現代の性(性別越境・性別移行)]

6月9日(土)

私、トランスジェンダーの説明で「心と体の性が一致しない」というのは違う!と言っているのに、どうしてこういう記事になるのか。

自分の説明と違う定義を一方的にされる苦痛を『毎日新聞』は考えたことがあるのか?
講演の内容の要約紹介も、ピントがずれているし、困ったものだ。

トランスジェンダーの説明問題では『毎日新聞』の別の記者とも話し合ったが 社の見解とかで埒があかなかった。
こういうことが続くなら、『毎日新聞』については、取材協力を考え直さないといけない。

私が、トランスジェンダーを「心と体の性が一致しない」と説明するのは「違う!」と言っているのは、個人の見解ではなく学術的・国際的な定義を踏まえてのこと。

トランスジェンダーの説明は、国際的な定義に則せば、「出生時に割り当てられた性別(assigned sex)と異なる性別表現(gender expression)で生きている人」が妥当だと思う。
ジェンダーを越境(Transgender)する理由は問わない。

あるいは、「ジェンダーをトランス(越境)している実態があり、かつトランスジェンダーだと自認している人」という説明もできる。

ジェンダーを越境する理由を問いたがる人は、ゲイやレズビアンがなぜ同性を好きになるのかを問うのだろうか?
なぜ、トランスジェンダだけが理由を問われるのか。おかしいと思わないのだろう

----------------------------------------------------

筑波大  LGBT対応学ぶ研修会 学生など80人参加 「望む性、尊重すべきだ」 /茨城 .

筑波大は6日、性的少数者(LGBTなど)への対応を学ぶ研修会を開いた。同大の教職員や学生ら約80人が参加し、当事者が差別を受けずに安心して学べる環境について話し合った。

明治大文学部非常勤講師で、自らも心と体の性が一致しないトランスジェンダーの三橋順子さん(63)が講演。三橋さんは「ジェンダーは個人の自由。性的少数者の人数に関係なく差別してはいけない。望む性別で扱われるよう尊重すべきだ」と呼びかけた。

また、当事者に同意のない暴露を「ハラスメント(嫌がらせ)」と明記した同大の対応指針について、三橋さんは「筑波大の指針が全国で標準化され、性的少数者が修学を継続できる形を作っていってほしい」と高く評価した。そのうえで「LGBTという四つのカテゴリーから漏れる当事者もいる。大学は学生などから丁寧に聞き取り、柔軟に対応してほしい」と要望した。

東京都から来た団体職員の男性(56)は「多様性を理解しようとせず、決めつけてしまうのがいけないことだと改めて感じた」と話した。【加藤栄】
.
『毎日新聞』2018年6月8日 地方版
https://mainichi.jp/articles/20180608/ddl/k08/100/236000c



nice!(0)  コメント(1)