So-net無料ブログ作成
検索選択

4月1日(土)睡眠不足解消 [日常]

4月1日(土)

11時、起床。
結局、6時間(2時間半、起きて)5時間、眠った。
睡眠不足は解消したけど、マッサージの反動で太腿が痛い。

朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のペッパーシンケンサンドとコーヒー。
IMG_3269.JPG

今日は、疲労残りなので自宅静養。
ブログに「日記」や記事を書いて過ごす。

昼食は、豆腐麺と菜花の炒め物。
IMG_3274.JPG
ちょっと足りないので小籠包。
IMG_3273.JPG

身体が冷えているので、ゆっくりお風呂に入る。

夕食は、秩父「羊屋」で買ってきたホルモンを焼く。
IMG_3277.JPG
↑ (右)タンと(左)ハツ
野菜オイル焼き。
IMG_3276.JPG
生野菜。
IMG_3278.JPG

3月29日(水)秩父へ [日常]

3月29日(水)  晴れ  秩父  12.7度  湿度43%

10時、起床

福岡の妹が戻ってきているので、それに合わせて秩父へ。
相続の後処理をいろいろするため。

西武池袋駅15時30分発の特急に乗車。
16時47分、西武秩父駅に到着、
駅に付属する温泉施設の建物がほど出来上がっている。
「祭りの湯」という看板が出ているが、はたして本当にお湯が出たのだろうか?
IMG_3227.JPG
市役所の新庁舎も完成。
以前より低くなった。
IMG_3228.JPG

一昨日の雨、標高500m以上は雪だったようで、武甲山(1304m)は上3分の2くらい真っ白、
IMG_3229.JPG
17時、家に着く。

いろいろお世話になっているIさんが来ていたので、おしゃべりの後、3人で番場町の「カルネ」で夕食。
IMG_3231.JPG
食後、コーヒーを飲みながら、またおしゃべり。
IMG_3232.JPG
結局、3時間半も滞在。

22時、帰宅。

妹といろいろ話し込む。

就寝、2時。

3月27日(月)今日も寒い一日 [日常]

3月27日(月)  雨のち曇り  東京  7.9度  湿度77%

10時、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のミートパイとコーヒー。
170327 (1).JPG
シャワーを浴びて、髪と身体を洗う。
今日は寒くて身体が温まらなくて困ったが、心の調子は良いので、GID学会(札幌)の報告記録を作る。
2時間ほどで完成。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-27-5
今回は遠隔地だったので、行きたくても行けなかった人が見てくれればうれしい。

昼食は、残りご飯と菜の花の辛子醤油漬け。
170327 (3).JPG

それにしても寒い。
平年より7.0度も低い。

栃木県・那須高原のスキー場で県高校体育連盟主催の「春山安全登山講習会」に参加していた高校生が表層雪崩に巻きこまれる。
高校生7人、教員1人が死亡する惨事に。
雪が激しく降る中、表層雪崩が発生しやすい状況で「安全講習」を続けたのか?
安全講習で、若い命が7つも失われるなんて、明らかに話が逆ではないか。

夕食は、鶏肉と野菜のオリーブオイル炒め。
170327 (4).JPG
ぶりの西京漬。
170327 (5).JPG
舞茸、油揚げ、菜花のお味噌汁。
170327 (6).JPG

夜中、第三章「『赤線』とはなにかー実態と経済ー」の手直し。
半分ほど。

就寝、5時。

3月25日(土)アレルギーの発作 [日常]

3月25日(土)  曇り  東京  12.7度  湿度32%(15時)

9時、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のペッパーシンケンサンドとコーヒー。
170325 (1).JPG
10時頃、シャワーを浴びようとしたら、アレルギーの発作。
目が猛烈にかゆい。
薬を飲んで、目薬を差して、家猫さんの布団へ。

13時、再起床。
発作、なんとか収まる。
こうしたアレルギーの発作は1カ月に1度くらい起こる。
必ずしも花粉のシーズンではなく、むしろ気温差が引き金になる感じ。
今朝の発作はかなり大きい方。

昼食は、残りご飯で、にしん丼。
170325 (2).JPG
足りないので、ワンタンスープ。
170325 (4).JPG
やっぱり体調イマイチで、「日記」を書いたりして、だらだら過ごす。
間食に苺サンドを一切れ。
170325 (3).JPG

夕食は、牛肉を炒める。
170325 (5).JPG
野菜サラダ。
170325 (7).JPG

お風呂に入って温まる。
就寝、3時

写真家さんと用談 [日常]

3月24日(金)
(続き)
表参道駅から東京メトロ半蔵門線(渋谷駅乗換)副都心線で新宿三丁目駅へ。

17時半、「紀伊国屋書店」のエスカレーター下で、20年来いろいろお世話になっている写真家の方と待ち合わせ。
IMG_3176.JPG
新宿通りを渡ってすぐの「ライオン」3階のワインバーで用談。
もうほとんど編集作業が終わった写真集の見本本(自費製作)を見せていただく。
私が長年待ち望んだ写真集が目の前にあり、とても感激。
写真芸術としての価値はもちろんだが、文化人類学的な資料としてもきわめて高い価値がある。世界的に見ても比類のない記録資料だと思う。

ここれをそのまま注文制作出版オンデマンド)で出せばいいのではないかとも思う。
ただ、やはり販路(世界中に買ってもらいたい)と価格(出版とオンデマンドだと3倍くらい違う)の両面で、ニューヨークで出版したいとのこと。
こうした学術的にも価値がある写真集に対して日本の出版社は冷淡だが、ニューヨークなら文化人類学に見識と関心がある出版社は必ずあると思う。

で、用件は私に「序文を書いてほしい」というお話。
「万年非常勤講師の私でいいのですか?」と思うと同時に「私にしか書けないな」とも思う。
ご本人も「どこかの知らない教授に書いてもらうのは嫌だ」とおっしゃる。
私は、「双性原理」を体系化する上で、これらの写真から多大な学問的な示唆をいただいた。
その恩に報いるためにも、よろこんで、お引き受けする。

話がまとまったので、連れだってゴールデン街地区へ。
ゴールデン街、外国人観光客がほんとうに多くなった。
いったい外国人向けガイドブックにどう紹介されているのだろう?

花園一番街の「こどじ」へ。
IMG_3177.JPG
写真家さん(その卵)が集まる店。
やはり、写真集の出版を長年待ち望んでいるママさんがとても喜んでいた。

22時、辞去。
靖国通りを渡ったところで「ニューヨークでの上首尾を願っています」と握手して分かれる。
23時、帰宅。


3月24日(金)相続税を振り込む [日常]

3月24日(金)  曇り  東京  13.9度  湿度26%(15時)

10時半、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のグレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。

13時過ぎ、家を出る。
風が冷たい。
東急東横線で学芸大学駅に移動。

三井住友銀行でを相続税を秩父税務署に、りそな銀行税理士さんの報酬を振りこむ。
通帳の残額が激減したけど、当初の予測よりだいぶ下だったので、まあ良しとしよう。
それより、やっと済んだという安堵感の方が強い。

どちらの銀行でも窓口で振り込み依頼する際に、行員が振り込み人の記載(私の戸籍名)を指して「ご主人様のお名前ですか?」と言われたけど、そういう扱いも、もう慣れた。

それにしても、銀行は引き出しや送金の規制が厳しすぎて、手続きに時間がかかりとても不便。
なんとかしてほしい。
(続く)


3月17日(金)原稿の手直し [日常]

3月17日(金)  晴れ  東京  15.2度  湿度27%(15時)

11時、起床。

朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」の洋梨のデニッシュとコーヒー
IMG_2854.JPG
昼食は、残りご飯と海鞘の酢醤油漬け、昨夜の残りの菜花の炒め物、同じくお汁(舞茸、菜花、湯葉)。
IMG_2855.JPG

午後、原稿の手直し。
自分の本なのだから、自分が書きたいように書くと開き直る。
やっと第2章を終える。

夕食は、ローストビーフ(切り落とし)。
IMG_2856.JPG
生野菜。
IMG_2857.JPG
あとは、海鞘の酢醤油漬けなど。

お風呂に入って髪を洗う。

明朝は早起きなので、早寝。
就寝、23時半。

3月14日(火)家で資料整理 [日常]

3月14日(火)  雨  東京  10.8度  湿度76%(15時)

11時半、起床。
お天気が悪いせいか、体調がいまいちなせいか、起きられなかった。

朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のグレープフルーツ・デニッシュとコーヒー
IMG_2810.JPG
寒くて身体がなかなか温まらない。
シャワーを浴びて、髪と身体を洗う。

午後、ずっと「演劇研究会」関係の資料の整理と画像取り込み(別掲)。

途中、簡単に昼食。
「ブーランジュリー・メチエ」のクリームホーン。
IMG_2811.JPG

夕食は、牛肉を焼く。
IMG_2827.JPG
野菜サラダ
IMG_2826.JPG
酢いわし。
IMG_2828.JPG

食後、週末の札幌出張の準備。

風呂に入って温まる

就寝、3時。

3月13日(月)やや疲労残り [日常]

3月13日(月)  曇りのち雨  東京  11.7度  湿度61%(15時)

10時、起床。

やや、昨日の疲労残り。
朝食は、(甘いクロワッサン)
170313 (1).JPG

昼食は(いつのも残りご飯ではなく)炊き立てご飯に、庄内砂丘あさつきのお浸し。
IMG_2805.JPG
それとトロトロになるまで煮込んだ牛筋肉。
IMG_2806.JPG
皆さんのような素敵なランチではないけど、私はこれで満足。

午後、昨日の「日記」をまとめて、アップ。

夕食は、平目のお刺身。170313 (4).JPG
汲み上げ湯葉(京都・三田久)。
170313 (5).JPG
湯葉とあさつきのお汁。
170313 (6).JPG

お風呂に入って、温まる。

夜中、原稿の手直し。
編集者の注文には、すべて応じないことにする。
自分の本なのだから書きたいことは書く。
それでもストレスが強く、なかなかはかどらない。

就寝、5時。

3月10日(金)「GIDの『神話』を『歴史』に引き戻す」のPP資料完成 [日常]

3月10日(金)  晴れ  東京  14.8度  湿度29%(15時)

10時半、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」の大山地鶏のサンドイッチとコーヒー。
170310 (2).JPG

午後、少し作業。
1枚だけ画像化していなかった資料(1980年に性別変更した布川敏さんの戸籍)をスキャンして、PPに貼りこむ。

これでGID(性同一性障害)学会・第19回研究大会(札幌医科大学)の シンポジウム5「ジェンダーの多様性をめぐる神話」(19日)での報告「GIDの『神話』を『歴史』に引き戻す」のPP資料が完成。

1980年以前の性別移行者の艶姿、時間が許す限り、たくさんご覧にいれる予定。
永井明子3(2).jpg
↑ 永井明子(1951年春、日本医科大学病院でSRS)
椎名敏江6(2).jpg
↑ 椎名敏江 (1955年SRS)
吉本一二三3.jpg
↑ 吉本一二三(1961年SRS)
銀座ローズ(『風俗奇譚』6501S)6.jpg
↑ 武藤真理子(1962年、大阪曾根崎・荻家整形外科病院でSRS)
ひばり&江梨子(平凡パンチ19680520)2(2).jpg
↑ 左・兄(姉)ヒバリ(1967年SRS)
 右・弟(妹)江梨子 (1966年SRS)
カルーセル麻紀(1967)1 (2).jpg
↑ カルーセル麻紀(1973年、モロッコ・カサブランカでSRS、執刀Dr.ジョルジュ・ブロー博士)
はるな愛(091122)5.jpg
↑ はるな愛(1995年、大阪・わだ形成クリニックでSRS)