So-net無料ブログ作成
検索選択

2月7日(火)世界遺産・富岡製糸場を見学 [旅]

2月7日(火)

6時半、起床(「東横イン前橋駅前」)。
早起きできたし、お天気も良いので(風は強いが)、世界遺産・富岡製糸場へ行くことにする。
8時20分、ホテルのロビーで朝食。
IMG_2094.JPG
IMG_2093.JPG
炊き込みご飯はおいしいが、パンはよろしくない。
8時45分、チェックアウト。

前橋駅8時50分発の電車で高崎へ。
9時08分高崎駅着。
コインロッカーに荷物を入れて、階下の上信電鉄の乗り場へ。
IMG_2098.JPG
9時25発下仁田行きに乗車。
IMG_2097.JPG
上州富岡駅までは13駅、約40分。
IMG_2099.JPG

佐野のわたし駅を出てすぐに利根川を渡る。
IMG_2100.JPG
ここが謡曲「鉢木」(旅の僧姿の前執権北条時頼を没落した御家人が愛蔵の盆栽を薪にしてもてなす話)に出てくる「佐野」だという解説があった。
一般的には、下野国佐野荘(栃木県佐野市)ということになっているのだが・・・。

電車は鏑川(かぶらがわ)の広い谷を西へ西へと進む。
車内はロングシートに乗客が4割ほど。
吉井駅(高崎市吉井町)でかなり降りる。
吉井と言えば、古代上野三碑の多胡碑があるところ。
見学に行ったのはもう30年以上前。

進行方向の遠くに雪をかぶった真っ白な山が見える。
浅間山だろう(撮影できず)。

上州福島駅(甘楽町)を通過。
小幡藩織田氏2万石の城下町。
織田信長の次男信雄の末裔。
「天下布武」の英雄の血筋はこんな所に細々と受け継がれていた。

10時05分、上州富岡駅に到着。
観光客らしいのは、女子大生らしいの3人組と私だけ。
観光シーズンではない、そもそも電車でくる人は少ないのだろう。
駅前、きれいに整備されているが閑散。
「一等女工お富ちゃん」(↓)も暇そうだ。
IMG_2102.JPG
バスとかタクシーとかもいないので、徒歩で富岡製糸場に向かう。

町は人気(ひとけ)が少ない。
富岡市は人口5万3000人、この地方の中核都市のはずなのだが・・・。
路地に「銀座通り」とあったので、入ってみる。
自動車がぎりぎり通れるほどの狭い道の商店街。
IMG_2104.JPG
かなり古い建物もある。
IMG_2105.JPG
↑ 軽食堂「富士屋」(昭和30年=1955創業)。
面取りしたコーナーに入口があり、2階にはバルコニー。
かっては女工さんたちで賑わったらしい。

徒歩15分ほどで、世界遺産・富岡製糸場の正門に到着。
IMG_2106.JPG
入場料は1000円。
団体観光客がけっこういる。

正門は東側なので、入ってすぐの長大な南北棟が「東繭倉庫」(長さ104.4m、幅12.3m)。
IMG_2107.JPG

明治5年(1872)の建設で、木材の枠組みの間にレンガを積みあげた木骨レンガ造。
IMG_2114.JPG
明治初期のレンガ造の洋風建築としては最大規模であり、数少ない残存例。
レンガは、長辺と短辺を交互に並べる「フランス積」という様式。
IMG_2111.JPG
美しいが、構造的に地震に弱い。
群馬県のこの地域は地震災害がほとんどないのも、建物にとっては幸いした。
(南関東にあったら、地震で倒壊していたと思う)
IMG_2108.JPG
↑ アーチ形通路。
IMG_2109.JPG
↑ キーストーンの銘板
IMG_2115.JPG
↑ 基礎構造。これだけ長大な建物で、150年経っても、不等沈下がまったくない。
明治の職人の技術の高さがわかる。

「東繭倉庫」の1階は資料館になっているので見学。
富岡製糸場を建設した、お雇い外国人ポール・ブリュナ(Paul Brunat、1840~1908年)は、フランス人。
フランスにおける絹織物取引の中心地であるリヨンの生糸問屋に務め、慶応2年(1866)に来日し、横浜で生糸検査人をしていた。
明治3年(1870)、生糸の輸出振興のために近代的な器械製糸技術の導入を急ぐ明治新政府から官営模範製糸場の建設を委託される。
ブリュナは明治3年10月7日、年俸9000円という破格の高給で明治政府と5年契約(1871~75)を結び、富岡を建設地とすることを最終決定、製糸場の設計を横須賀製鉄所のお雇い外国人だったエドモン・オーギュスト・バスチャンに依頼すると、明治4年1月22日、いったんフランスに帰国。
フランスで製糸工2名・工女4名と契約を交わし、さらにエミリー・アレクサンドリーヌ(18歳)と結婚。
明治4年11月8日、妻と雇員を伴い横浜港に到着すると、富岡の建設を本格化し、明治5年(1872)10月4日、操業開始に漕ぎつける。
0494e1a530596cb3ad050f4e48482391.jpg
↑ ブリュナと雇員たち。
後列右から2人目の白い服の男性がブリュナ。
20140505084442.jpg
↑ 門を入った先の建物が東繭倉庫。左手の長い建物が操糸場。

ブリュナは、契約切れにともない、明治9年2月15日、妻と日本で生まれた2人の娘と離日するが、日本の近代的製糸産業の基礎を作った人であり、もっと評価されてよい人物だと思う。

IMG_2116.JPG
↑ 東繭倉庫の西側(中庭側)、2階に通路がある。
IMG_2117.JPG
↑ 木造部分はかなり痛んでいる。
IMG_2118.JPG
↑ 東繭倉庫2階内部。
この巨大な空間に周囲の養蚕地帯から膨大な量の繭が運びこまれ貯蓄されていた。
IMG_2120.JPG
中央に柱があるが、屋根はトラス構造で支えている。
通風で繭を乾燥させるために、通常の倉庫と異なり窓が多くかつ大きい。

中庭を過って「西繭倉庫」へ。
IMG_2133.JPG
ここは現在、大規模修理工事中。
別料金200円を払って見学。
屋根瓦を下ろしての解体修理なので、壁はレンガで洋風なのに、屋根は瓦葺でまったくの日本伝統工法であることがよくわかった(写真はNG)。

続いて、製糸場の動力の根元である蒸気機関(復元)。
IMG_2124.JPG
横形単気筒式の比較的単純な蒸気機関だが、それでも当時の日本の技術ではまだ無理で、ブリュナがフランスから輸入し「ブリュナエンジン」と呼ばれた。
燃料は、高崎・吉井で採掘した石炭だった。

次に「鉄水槽」。
IMG_2132.JPG
明治8年(1875)建造の直径15m、深さ2.4m、貯水量約400トンの巨大水槽。
製糸場で大量に使用する水をまかなった。
IMG_2126.JPG
当時の最新技術であるリベット接合が用いられている。
IMG_2130.JPG
でも、土台は、地元の石材を積んだ在来工法。
IMG_2127.JPG

で、やっと「繰糸場」へ。
IMG_2136.JPG
↑ 入口。
ここも壁はレンガ積の洋風だが、屋根は瓦葺の和風という和洋折衷の建築。
IMG_2134.JPG
↑ 側面。
長さ140.4m、幅12.3m、高さ12.1m、写っていないが屋根の上には蒸気抜きの腰屋根がある。
壁面には大きな窓を2段に設けている。

屋内に入ると、自然光の取り入れを考慮した窓の設計であるとこがよくわかる。
IMG_2141.JPG
創業当時は、まだ電灯がなかったから、製糸という細かな作業には十分な太陽光が必要だった。
IMG_2142.JPG
↑ お天気さえ良ければ、かなり明るいことがわかる。
大きな建物であるにもかかわらず、内部には柱はなく、屋根はトラス構造で支えられている。
IMG_2139.JPG

製糸場の内部には、現在、1966年製日産HR型自動整糸機がずらりと並んでいる。
片倉工業株式会社が1987年の操業停止まで使っていた機械だ。
IMG_2140.JPG
現在でも同型の機械を操業している「碓氷製糸農業協同組合」(群馬県安中市)のビデオがあり、実に巧妙な自動整糸機の技術がわかって興味深い。

とはいえ、そんなことに興味をもつ観光客がたくさんいるとは思えず・・・。
将来的には、この現代の機械類を少なくとも部分的に撤去して、創業時の製糸機械を復元・設置べきなのではないだろうか?

創業時の「繰糸場」の様子は、幸い錦絵に描かれている。
フランス式繰糸機が300釜据えられていた。
一曜斎国輝「上州富岡製糸場之図」2.jpg
↑ 一曜斎国輝「上州富岡製糸場之図」(1872年)
拡大すると整糸作業の状況がわかる。
一曜斎国輝「上州富岡製糸場之図」 (2).jpg一曜斎国輝「上州富岡製糸場之図」 (3).jpg

さて、蚕の繭から生糸を作る製糸作業を理解するためには、繭の構造を知る必要がある。
私のように養蚕地帯で子供時代を過ごした者には当たり前でも、そうでない多くの人には説明が必要だろう。

蚕蛾の幼虫が十分に成長して終齢幼虫になると、口から細い糸を吐きだし繭を作り始める。
全身を包む繭ができると、その中で蛹(さなぎ)になる。
つまり、繭は細くてとても長い1本の糸からできている。
逆に考えれば、繭を上手に解していけば1本の細くて長い糸(1300~1500mほど)になるということだ。
そうした繭の出来方からして、繭の外側のどこかに糸の先端があるはずで、それを緒口という。
製糸作業は、まず繭を煮て、繭の糸を接着しているセシリンを落とし、繭を軟らかく解しやすくし、緒口を探して、そこから糸を繰り出していくことになる。
緒口を探すのは、長らく人の手技に頼らざるを得なかった。

「東繭倉庫」で、復元したフランス式繰糸機を使った実演が行われていた。
IMG_2113.JPG
↑ 繭から繰り出された糸はリングを通って背後の小枠に巻きとられているのだが、糸が細すぎて写っていない。
https://www.youtube.com/watch?v=q2wzheAyN1Q
説明によると、繭5個を1組にして、そこから繰り出される5本の糸を撚(よ)って1本の生糸にして、小枠に巻きとる。
1人の女工は2組(繭10個・糸2本)を管理した。
糸を繰り出された繭は次第に薄くなり蛹が透けて見えるようになる。
そうなると、もう糸の終わりが近いので、女工は透けた繭を排除して新しい繭を加え、緒口を見つけて糸を引き出し、他の糸と合わせる。
この作業は素早く行わないと、糸に細い部分ができてしまう。
そうならないようにするのが女工の腕らしい。
繭を煮ている湯は60~70度ほどなので、火傷をしないためにも素早く行う必要がある。
ちなみに、繭を煮るための加熱は蒸気(スチーム)で行う仕組みになっていた。

話は前後するが、繰糸場で上質の生糸を生産するためには、繭の選別が重要だった。
2匹の蚕が接近して糸を吐いて作った双子の繭(玉繭)は、糸が絡んだ部分が節になってしまう。
あるいは、蛹が羽化して繭を破ってしまった繭(出殻繭)はそこで糸が切れてしまう。
玉繭.jpg
いずれも、生糸の生産には不適格で、こうした繭は製糸場ではなく、養蚕農家で手紡ぎして自家使用になる(その節糸を使った織物が銘仙)。
その他、汚れがある繭も排除された。

「ブリュナ館」へ。
創業時の首長ポール・ブリュナと家族のために明治6年(1873)に建てられた住宅。
IMG_2143.JPG
木骨レンガ造。
IMG_2147.JPGIMG_2148.JPG
周囲にベランダをめぐらす高床式のコロニアル様式。
IMG_2152.JPG
内部は後に、学校に転用されたため原型をとどめていない。

敷地の南側は鏑川。
IMG_2151.JPG
製糸場で必要な水はこの川から取水した。

女工さんたちの寄宿舎(片倉工業時代:昭和15=1940年)。
IMG_2149.JPG
左が「浅間寮」、右が「妙義寮」。
IMG_2150.JPG
後悔はしていない。かなり老朽化しているように見える。

診察所(片倉工業時代:昭和14=1939年以降)。
IMG_2153.JPG
病室(片倉工業時代:昭和14=1939年以降)。
IMG_2146.JPG

「女工館」(明治6=1873年)。
images.jpg
4人のフランス人女性教師のための住居。
木骨レンガ造、2階建てのコロニアル様式。

1時間半以上、歩きまわりさすがに疲労。
売店で資料を購入して退去。

行きと違う道を通って駅に向かう。
IMG_2160.JPG
↑ 「江原時計店」。
2階建ての建物の上に六角形の望楼を乗せている。

お腹が空いたので、「上州路うどん さくら」という店に入る。
お切りこみうどん(1080円)を注文。
IMG_2161.JPG
超幅広なうどん、
IMG_2162.JPG
もちもちしていておいしいのだが、お箸では食べにくい。
IMG_2163.JPG

IMG_2164.JPG
↑ 諏訪神社

13時15分、上州富岡駅へ。
IMG_2169.JPG
↑ 硬券の切符
IMG_2171.JPG
↑ 13時30分発の高崎行き電車に乗る。
強風と寒さの中を歩き回り体力消耗、車中、居眠り。
14時07分、高崎駅に到着。
IMG_2173.JPG
↑ JR高崎駅のシンボル「シロクイチ(C61)達磨」と。
14時38分発「とき322号」で東京へ。
15時28分、東京駅着。



晩秋の奈良(2日目の3:長谷寺) [旅]

11月27日(日)

雨の中、観音信仰の古刹(西国観音霊場第8番)長谷寺へ。

坐骨神経痛が悪化した右足を引きずりながら長い回廊を上る。
IMG_1164(2).jpg

やっと観音堂が見えてきた。
IMG_1171 (2).JPG

お参りした後、崖造りの「舞台」に出てみたが、雲の中状態。
IMG_1178.JPG

せっかくここまで来たのに・・・と、残念に思っていたら、雲が動いて、視界が良くなった。
IMG_1190.JPG

名残の紅葉。
IMG_1188 (2).JPG

観音様のご利益かな。
IMG_1185 (2).JPG

宝物館を見た後、門前の「酢屋長」で休憩。
IMG_1198.JPG
コーヒーも、おぜんざい(家猫さん注文)も、おいしかった。
IMG_1196.JPG


晩秋の奈良(2日目の2:長岳寺) [旅]

11月27日(日)

止まない雨の中、山の辺の道の真言宗の古刹、長岳寺へ。
IMG_1155 (2).JPG
大学1年の夏、奈良から山の辺の道を歩いて、このお寺にたどり着いて以来、40数年ぶりの再訪。

本堂から。
IMG_1147 (2).JPG

狩野山楽(1559年~1635年)筆とされる「大地獄絵」をご住職の「絵解き」(解説)で拝観。
IMG_1150 (2).JPG
安土桃山~江戸時代初期の作品で、地獄絵図としては古いものではないが、さすがに構図が巧み。
IMG_1150 (3).JPG
↑ 閻魔大王の前には、生前の行いを映す「浄玻璃の大鏡」。
IMG_1150(4).JPG
↑ 罪業の重さを計る「業の秤」。
IMG_1149 (2).JPG
↑ 無限地獄に堕ちる亡者を乗せる火車(かしゃ)。
IMG_1148 (2).JPG
↑ 聖衆来迎。

お庭の紅葉は、もう盛りを過ぎていた。
住職のお話だと、昨年より1週間から10日も早いとのこと。
IMG_1154 (2).JPG

この頃から、冷えで座骨神経痛が悪化。
IMG_1152 (2).JPG

IMG_1143.JPG
↑ 塀越しに見えたきれいな花(皇帝ダリア)。

昼食は、「三輪そうめん 山本」で、にゅうめんと柿の葉寿司。
IMG_1161.JPG

11月27日(日)晩秋の奈良(2日目の1:談山神社) [旅]

11月27日(日)  雨  奈良  11.7度  湿度100%(15時)

本降りの雨の中、多武峰(とうのみね)・談山(たんざん)神社へ。

標高488mの山中なので、ほとんど雲の中。
ところが、到着した直後、雲が動き始め、雨が小降りに。
IMG_1101(2).jpg

わずか10分ほどの間、雲が切れて視界が良くなった。
IMG_1104 (2).JPGIMG_1131 (2).JPG

2枚の写真撮影時刻の差は22分。
神慮、あらたかなり。

多武峰・談山神社は、藤原氏の祖、藤原(中臣)鎌足(614~669)を祀る。
十三重塔(国指定重要文化財)は 享禄5年(1532)の再建。
IMG_1105(2).jpg
IMG_1114 (2).JPG
IMG_1115(2).jpg

拝殿から。
IMG_1118(2).jpg

IMG_1134(2).jpg

境内から離れた丘の上にある「淡海公(藤原不比等659~720)」を供養したと伝える十三重石塔。
永仁6年(1298)の造営。
IMG_1138(2).jpg

(続く)

晩秋の奈良へ(1日目の2:東大寺) [旅]

11月26日(土)

東大寺へ。
「東大寺ミュージアム」を見学した後、大仏殿から二月堂へ境内を散策。
IMG_1066 (2).JPG
IMG_1067(2).jpg
IMG_1072(2).jpg
IMG_1075 (2).JPG
IMG_1081 (2).JPG


もう薄暗くなっていて、写真を撮るのに苦労する。


11月26日(土)晩秋の奈良へ(1日目の1:室生寺) [旅]

11月26日(土)  晴れのち曇り  奈良  16.5度  湿度56%(15時)

今週末は、家猫さんのお供で、晩秋の奈良へ。
父の逝去(6月)、義母の逝去(8月)といろいろあったので、久しぶりの旅行

1日目は、まず室生寺へ。
IMG_1057 (2).JPG
今年の関西は紅葉が例年より1週間ほど早く、残念ながら盛りは過ぎていた。
川沿いはまだ見頃だったが、金堂、五重塔と上るにつれて、晩秋から冬の景色へ。
IMG_1056 (2).JPG
IMG_1052 (2).JPG
IMG_1051 (2).JPG
五重塔は1998年9月の台風7号で、すぐそばの杉の木が倒れて、その直撃で屋根が大破する被害を受けたが、2000年に復旧工事が終わり、元の姿を取り戻した。
修理の際の調査で、使用されている材木が年輪年代測定法で794年頃に伐採されたものであることが判り、800年頃とする塔の建立年代推定に科学的根拠が与えられた。

IMG_1054 (2).JPG
室生寺は30数年ほど前に亡母と訪れて以来。
それが母との最期の旅行だった。

(続く)

7月15日(金)行くぜ東北♪ レールに乗って♪ [旅]

7月15日(金)  曇り  青森  24.0度  湿度70%(15時)

行くぜ東北♪ レールに乗って♪
IMG_8765.JPG
心身ともに疲労が溜まっているので、リフレッシュしようと思い、北国に向かう電車に乗る。
IMG_8764.JPG

ちょっと早いけど、昼食。
IMG_8766.JPGIMG_8767.JPG
↑ 「牛すき弁当」(1100円)

仙台まではC席だったので写真はない、
その後、隣(B席)のおじさんの寝相が悪い(やたらこっちに倒れてくる)こともあって、空いたE席に移動。
IMG_8770.JPG
↑ お天気は良くないが、胆沢平野は田圃の緑が美しい。
IMG_8775.JPG
↑ ちょっと晴れてきたが・・・。
IMG_8778.JPG
↑ 盛岡はまた雲が厚くなり、岩手山(2038m)の山頂は雲の中。

14時13分、八戸駅に到着。
このまま新幹線に乗っていけば新青森駅に着くのだが、降りて第3セクターの「青い森鉄道」に乗り換える。
IMG_8779.JPG
↑ 3セクになっても、改札はJR在来線(八戸線)といっしょ。
IMG_8782.JPG
お天気が悪いこともあって、かなり肌寒い。
誰もいないので、ホームのベンチで半袖から七分袖に着替えてしまう。
(下はブラトップ)
IMG_8783.JPG
↑ 八戸駅14時50発、青森行き電車(2両編成)
大荷物をもった男子高校生が大勢乗ってきて、車内はたちまち満員状態に。
ボックス席で同席の女子高校生が眉をひそめて「三沢よ」と言っている。
その通りで、4つ目の三沢駅でドッと降りていって、車内じはガラガラになる。
なんだったのだ?
(高校野球の青森大会で、三沢高校が八戸工大一高に敗戦)

上北町駅のあたりで小川原湖がちらっと見えたが、写真は失敗。

IMG_8785.JPG
↑ 野辺地駅の見事な防雪林。
「日本最古の鉄道防雪林」とのこと。
IMG_8787.JPG
↑ 南部藩と津軽藩の境界の狩場沢駅。
2面ホームで立派な跨線橋があるが、今は無人駅。
それにしても、沿線に人家が少ない。

IMG_8790.JPG
↑ 海(陸奥湾)が見えてきた。
遠くの陸地は、下北半島。
いつか恐山に行ってみたいな。

野内駅と次の矢田前駅で、また高校生が大勢乗ってきて満席に。
この電車、時間帯的に「通学の足」としては機能しているのだろうが、逆に言えば、それ以外の乗客はとても少ない。

16時22分、青森駅に到着。
東京からほぼ5時間。
IMG_8794.JPG

東口から徒歩5分ほどの「サンルートホテル青森」にチェックイン。
(続く)

3月29日(火)南伊豆で湯治(2日目) [旅]

3月29日(火)

5時半に目が覚めて外を見ると、黒と白の世界。
夜明けの暗さの中に乳白色の川霧。

もう一度、眠って、6時半に起きると、だいぶ霧が薄くなっていた。
IMG_6698(2).jpg
↑ 山にはまだ霧がかかっている。画面の左は湯煙。

ベランダにある壺湯に入る。
熱めのお湯に浸かりながら、鶯の声を聞く。
P1080341.JPG

8時、朝食。
IMG_6700.JPG

食後、お宿のすぐ裏の青野川の土手を散策。
IMG_6716(2).jpg

河津桜はもうすっかり葉桜で、ソメイヨシノはまだ咲いていない。
IMG_6704(2).jpg

でも、菜の花が咲く春の景色が心を癒してくれる。
IMG_6710(2).jpg

これで、もう少し頑張れるかな。


3月28日(月)湯治に行ってきます [旅]

3月28日(月)

心身ともに疲労気味なので、南伊豆に湯治に行ってきます。
1泊だけですが・・・。

IMG_6652.JPG
↑ 「スーパービュー踊り子7号」

IMG_6654.JPG
↑ お馴染「崎陽軒」のしゅうまい弁当。

IMG_6741.JPG
↑ 伊豆急下田駅に到着。

上田城 [旅]

3月10日(木)
(続き)
上田駅のコインロッカーに荷物を預けて、お城を見に行く。
IMG_6426.JPG
↑ おっ、こんなところに長野大学の広告が・・・。

「お城口」から北へ緩い坂道を上り、西に折れて大手筋を進む。
城下町によくあるパターンで、お城に近い所に市役所など行政施設が多い。
徒歩10数分で、上田城址公園の入口に到着。
IMG_6428.JPG

上田城は、信濃国小県郡の有力国衆で、甲斐武田氏に属していた真田昌幸(1547~1611年)が1583年(天正11)に築城した平城。
真田昌幸が、1585年、1600年と二度にわたる徳川軍の攻撃を撃退した上田合戦の舞台として名高い。
しかし、第二次上田合戦の直後の関ヶ原の戦で、真田昌幸、信繁父子が属した西軍が敗北したため、上田城は破却され、いったんは廃城になった。
1622年(元和8)、小諸藩から仙石忠政(1578~1628年)が移封され、上田城の再建に着手。
その際、真田氏の縄張りを利用したと推測されるが、建物や塀などは新たに築かれた。
上田城.jpg
南を千曲川の分流「尼ヶ淵」の断崖に接し、西と北には矢出沢川を引き込んだ広い水面があり、東側は蛭沢川を防衛線とした。
唯一の責め口である東側も懐が深く、平城ではあるが、きわめて実戦的な攻めにくい縄張り。

IMG_6427.JPG
↑ 二の丸の堀跡。かなり深い。
コンクリーの部分を、1969年まで上田電鉄真田傍陽(そえひ)線の電車が走っていた。
IMG_6434.JPGIMG_6433.JPG
↑ 本丸東側の堀。
深さだけでなく、幅が広く、これを越えるのはかなり困難。
IMG_6431.JPG
↑ 南側は「尼ヶ淵」の断崖。
現在は市街地になっているが、当時は千曲川の流れがもっと近かった。
IMG_6432.JPG
↑ 本丸東虎口の櫓門と隅櫓。 
建物は、仙石氏時代のものを復元。
IMG_6438.JPG
IMG_6439.JPGIMG_6442.JPG
↑ 櫓門北側にある「真田石」と呼ばれる大石。
IMG_6444.JPG
↑ 西櫓。
これだけは寛永年間の再建されたものが今に伝わる。

ほんとうは、三の丸から尼ヶ淵に廻って、外から眺めたかったが、時間がないので断念。
二の丸跡の「上田市立博物館」を見学。
IMG_6446.JPG
本館の通常展示(仙石氏→藤井松平氏時代中心)を見た後、別館の「真田三代の活躍した時代」展へ。
kikakuten01-1.jpg
昨夜、別所温泉「桂荘」で、丸島和洋『真田四代と信繁』(平凡社新書 2015年11月)を借りて予習していたのだが、そこに出てきた文書(複製)がいくつも並んでいて、興味深かった。

ここでタイムアップ。
少し道筋を変えて、上田駅に戻る。
風が冷たい。
駅ビルの「TULLY'S COFFEE」で休憩。
コーヒーで温まる。
16時53分発の北陸新幹線「はくたか570号」に乗車して、帰路につく。
IMG_6449.JPG
18時12分、東京駅に帰着。
JR山手線(目黒駅乗換)東急目黒線で自宅最寄り駅へ。