So-net無料ブログ作成

11月26日(日)「カシオペア紀行」(2日目:秋田に到着) [旅]

11月26日(日)

目が覚める。暗い寂しい駅。
IMG_7609.JPG
ホームに雪が積もっている。
外はまだ真っ暗。
時計を見ると6時。
ということは、青森駅?
夜中の間に遅れを取り戻したらしい。

青森駅のあたりはかなり雪がある。
IMG_7612.JPG
ところが津軽平野に入ると雪は少なくなり、弘前駅は雪はなかった。
IMG_7613.JPG
IMG_7614.JPG
しかし、青森県と秋田県の県境に近づくとまた積雪。
IMG_7622 - コピー.JPG
雪の積もり方は、地域や地形でけっこう変わるのだなぁ、と実感。
それにしても、まだ11月、今年は雪が早い。

夜が明けるまで熟睡していた家猫さんが起き出したので、私も身支度。

7時、コーヒーと朝ご飯が配給される。
IMG_7617.JPG
お握りと稲荷寿司、それに鶏の唐揚げなのだが、ご飯が固くなっている。
これは落第。
作ったのが横浜の「大船軒」だから、少なくとも15時間以上は経っている。
せめて、仙台あたりで積み込めないものなのか?

ラウンジカー(12号車)に行ってみる。
青森駅で進行方向が変わり、機関車の位置が変わったので、やっと展望車らしくなった。
IMG_7623.JPG
でも、周囲の景色は寒々していて、あまり楽しくない。

部屋に戻って下車の準備。
9時31分、秋田駅に到着。
IMG_7625.JPG
IMG_7626 - コピー.JPG
乗車時間17時間11分。
閉所恐怖の傾向がちょっとある私には、少しだけ辛い長旅だった。

なまはげさんの歓迎。
IMG_7628 - コピー.JPG
私、まだ目が覚めていない顔をしている。

nice!(0)  コメント(0) 

11月25日(土)[カシオペア紀行」(1日目:秋田へ) [旅]

11月25日(土)  晴れ  東京  14.4度  湿度37%(15時)

今日は、上野駅から寝台特急「カシオペア」に乗って秋田へ。
いろいろ出たいイベント・学会もあるのだけど、長年連れ添った大切な家猫さんの還暦記念なので、こちらが優先。

私自身の体調もだいぶ回復してきた。
上気道炎はほぼ収まり(まだ咳が出るけど)、胃がやや重いけど

-------------------------------------------

JR東日本の寝台特急列車「カシオペア」は、1999年から上野駅~札幌駅間を走っていたが、2016年3月の北海道新幹線開業で津軽海峡トンネルが使えなくなるため、定期運行は廃止された。

その後、団体専用の臨時列車「カシオペアクルーズ」「カシオペア紀行」として運用されている。

今回、秋田行きの「カシオペア紀行」が、家猫さん(←なぜか寝台列車が好き)の60回目の誕生日に運行されるので「家猫さん還暦記念」として乗車してきた。
IMG_7569.JPG
15時52分、上野駅13番ホームに入線。
IMG_7555 - コピー.JPG
牽引はEF81-81号電気機関車。
IMG_7559 - コピー.JPG
「カシオペア」のヘッドマーク。
IMG_7560 (2).JPG
車両の表示
IMG_7566 - コピー.JPG
もうすぐ乗車。
IMG_7563 (2).JPG
16時20分、発車。
通路はとても狭い。
IMG_7599 - コピー.JPG
お部屋は、標準タイプの「カシオペア・ツイン」。
上・下があるが残念ながら下(10号車13号室)。
IMG_7598.JPG
コンパートメント内は広いとは言えないが、座席1つとソファーベットが向き合う形で配置され、トイレ兼洗面所もある。

とてもうれしそうな家猫さん。
IMG_7576 - コピー.JPG
それにしても、なんで寝台列車がすきなのだろう?
廃止直前の「富士」(東京~大分)にも乗ったし、「北斗星」(東京~洞爺)にも乗りたがった。

「カシオペア」乗車記念証。
IMG_7579.JPG

17時半過ぎ、ウェルカム・ドリンク(オレンジジュース)が配られる。
18時半、宇都宮を過ぎたあたりで、予約したお弁当が届く。
IMG_7586.JPG
3段重ねのお重箱タイプ。
IMG_7587.JPG
開けてみると、なかなかゴージャス。
IMG_7588.JPG
IMG_7590.JPGIMG_7591.JPG
IMG_7589.JPG
おかずの量がたっぷり。
味も予想以上にGoodで満足。

20時14分、郡山駅を通過。
IMG_7595.JPG
寝る前に、ラウンジカー(12号車)に行って、コーヒーを飲む。
IMG_7593 - コピー.JPG

機関車のお尻。
IMG_7597.JPG

部屋に戻って、ベッドの準備。
座席をずらして、背もたれを平らにすると、L字型(右奥に曲がる)のベッドになる。
家猫さんが進行方向に並行に、私は直角に寝る。
IMG_7602.JPG

松川という駅で30分近く(20時29分~20時58分)停車。
IMG_7601.JPG
「夢」がテーマの小説(浅田次郎「ブラック オア ホワイト」)を読んでいたのだが、引き込まれるように意識を失う。

駅の明るさで目が覚める。
IMG_7603.JPG
時計を見ると、23時57分。
どこだろう?と見ていたら、「松島」という行き先表示の電車が入ってきた。
とすると仙台駅だ。
あれ? でも仙台駅は23時44分発のはずなのだが。
0時13分、29分遅れで仙台駅を発車。
深夜にもかかわらずホームの端に「撮り鉄」君が3人いて、手を振っていた。
IMG_7605.JPG
この列車、そんなに珍しいのか?

その後、熟睡。

nice!(0)  コメント(0) 

河口湖(1日目の3:温泉) [旅]

10月24日(火)

さて、温泉。
大浴場以外に貸切風呂が4つあり、予約なし・無料で空いていれば入れる。
夕食前と寝る前と2回は入った。
IMG_7159.JPG
↑ 「竹の湯」
「どこが竹?」と思ったら、壁の上部が竹装飾だった(湯の面に映っている)。
IMG_7179.JPG
↑ 「岩の湯」

お湯は自家源泉(漲山の湯)、泉温30.8度、泉質はカルシウムーナトリウム硫酸塩泉(低張性アルカリ性低温泉)で、Ph9.3。

陽イオンはカルシウムイオンが57%、ナトリウムイオンが42%、陰イオンは硫酸イオンが87%、塩素イオンが12%。
蒸発残留物は2370mg/kg

ほぼ無色透明、ほとんど無臭、嘗めるとわずかに苦味。
やや重みをを感じるまったりとした気持ちの良いお湯。

泉温が低いのが難だが、蒸発残留物は2370mg/kgはなかなか優秀。
今まで入った温泉の中では、中の上クラス。

南伊豆下加茂温泉「南楽」       8091mg/kg
岩手・花巻南温泉郷・大沢温泉     6026mg/kg
山形・湯野浜温泉源泉         5005mg/kg
福島・中の沢温泉           3002mg/kg
山梨・河口湖温泉(漲山の湯)     2370mg/kg
山梨・河口湖温泉(富士河口湖町第2号)2046mg/kg
島根・玉造温泉            1750mg/kg
福島・東山温泉            1716mg/kg
新潟・赤倉温泉            1222mg/kg
箱根・強羅温泉            1013mg/kg
福島・湯野上温泉            418mg/kg



nice!(0)  コメント(0) 

河口湖へ(1日目の2:夕食) [旅]

10月24日(火)

「La Vista 富士河口湖」の夕食(その1)。
「南仏プロバンス風」なので、当然、フランス料理のコース。

食前酒は洋梨のベーストに発泡酒を注ぐ。
IMG_7164.JPG

オードブル・バリエ
IMG_7165.JPG

ワインは、シャトー・メルシャン、アンサンブル萌黄
IMG_7166.JPG

パテド・カンパーニュ
IMG_7168.JPG

ペペロンチーノ(やりいかとドライとまと)
IMG_7169.JPG

ボルシチ
IMG_7171.JPG

甲斐サーモンとポワロのソテー、ブールブランソース
IMG_7172.JPG

メイン・ディッシュ、私は、ふじのくに豚の赤ワイン煮。
IMG_7173.JPG
よく煮込んであって美味。

家猫さんは、黒毛和牛サーロインのローストビーフ。
IMG_7174.JPG
これも、ロースト具合が絶妙で美味。

ボーイさんが「メニューにはありませんが、もしよろしければ・・・」と言って出してきた松茸ごはん。
IMG_7175.JPG
ちゃんと松茸の香りがした。
ん? でもこのパターン、どこかで・・・。
そうだ、3月の小樽のホテルと同じだ。
もしかして、こういうサービス流行っているのだろうか?
それともホテルが同系列?

デザート。
IMG_7177.JPG
アイスクリーム、もちもちしたものにくるまれていた。
雪見大福っぽい。

ああ、おいしかった、ご馳走さま。

高い食材は使っていないが、上手に料理していて、好感度高い。
でも、なぜ「南仏プロバンス風」でスープがボルシチ(ロシア料理)なの?

nice!(0)  コメント(0) 

河口湖へ(1日目の1:眺望) [旅]

10月24日(火)

講義と後片付けを終えて都留文科大学駅へ。
いつもなら上り(大月駅行き)に乗るのだが、今日は16時39分発の下り(河口湖駅行き)の電車に乗車。

乗っているはずの家猫さんを探す。
あっ、いた(にゃ~~ぁ)。

三つ峠駅を過ぎたあたりで、富士山が姿をあらわす。
IMG_7142 - コピー.JPG
山頂部、わずかに冠雪。
IMG_7142 (2).JPG

16時17分、河口湖駅に到着。
IMG_7150 - コピー.JPG
家猫さんが学園祭の代休なので、いっしょに温泉へ。
このパターンの旅行は4年ぶり。
IMG_7149 - コピー.JPG
↑ 後ろの車両は、河口湖駅に保存されている富士山麓電気鉄道モ1形電車(昭和4年=1929製)。
昭和36年(1961)まで走っていた。

お宿は、河口湖北岸の高台に立つ「La Vista 富士河口湖」。
なんで河口湖で「南仏プロヴァンス風」なのか、よくわからないが、ともかく新しい瀟洒なホテル。
最大のセールスポイントは、全室、河口湖ごしに富士山を真正面に望めること。

雲が多く、日暮れが迫り、撮影条件良くなかったが、それでも部屋のベランダから、この絶景。
もうこれだけで、かなり満足。
IMG_7154 - コピー.JPG
IMG_7156 - コピー.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

8月30日(水)夏のひとり旅(その1) [旅]

8月30日(水) 晴れのち曇り  館山  32.7度  湿度69%

6時、起床。
8時、家を出る
IMG_6358 - コピー.JPG
東急東横線で横浜に出て京浜急行の特快に乗る。
金沢八景までは通勤と同じだが、今日は京浜久里浜駅まで。
バスで港まで移動し、東京湾フェリーに乗る。
IMG_6360.JPG
たぶん2度目だと思う。

10時20分、出港。
お客、多いとは言えない。
乗船率は2割ほどか。
IMG_6362.JPG
↑ 2階客席。1階客席はもっとガラガラ

デッキに出る。

IMG_6370.JPG
↑ 三浦半島。
IMG_6373.JPG
↑ 東京湾の出口。狭い・・・。

やっぱり海はいいなぁ。
IMG_6375 - コピー.JPG

房総半島がだいぶ近づいてきた。
IMG_6380.JPG
11時、濱金谷港に到着(渡海所要40分)。
IMG_6385.JPG

JR浜金谷駅を目指して歩く。
電車の接続がとても悪い(約50分待ち)なのは事前に調べてわかっていたので、どこかの店で休憩しようと思っていた。
国道127号線(木更津~館山)沿いにドライブインがあった記憶が・・・。
あるにはあった、でも残骸ばかり・・・。
ものの見事に壊滅している。
そもそも国道127号線の交通量が少ない。8月なのに・・・。
(理由は後で判明)

11時15分、浜金谷駅に到着。
仕方なく古風な(当然、冷房はない)待合室で、12時05分発の下り電車を待つ。
気温はたぶん32~33度だと思うが、湿度が高く汗が出る。
水分補給をしながら読書。

12時になったので館山まで切符を買い(410分)、改札を入る。
跨線橋を上ったところで、構内放送「下り電車は21分の遅れです」。
え~~っ! 待合室の逆戻り。
IMG_6390.JPG
↑ 跨線橋の上から鋸山

12時28分、23分遅れでやっと電車がきた。
IMG_6393.JPG
12時49分、18分遅れで、ようやく、館山駅に到着。
IMG_6394.JPG

(続く)
nice!(1)  コメント(4) 

夏休み旅行から帰宅 [旅]

8月19日(土)

20時過ぎ、2泊3日の夏休み旅行(長野県・白馬)から帰宅。
持っていったパソコンが不調で使えなかったため、3日間、メールチェックができず、急ぎのメールにお返事できず。
申し訳ありませんでした。

天気予報とおり、3日間とも雲が多く、白馬岳(2932m)を盟主とする後立山連峰は一度もすっきり見えなかった。

初日(17日)は、岩茸山(1289m)に上り、名残の百合園を散策。
IMG_5869 - コピー.JPG
中日(18日)は、雲が厚いので、山に上るのはあきらめて、大町に移動。
「市立大町山岳博物館」と「塩の道・ちょうじや」を見学。
IMG_5947 - コピー.JPG
今日の午前中は、3日間でいちばん雲が薄かったので、無理を承知で八方尾根に上ったものの、1840m地点でガスが濃くなり断念。
IMG_6076 - コピー.JPG
それでも、1680mの鎌池湿原で高山植物と高山蝶を撮影。
下山後、昼食は手打ちそばとイワナの塩焼き。

好天には恵まれなかったけど、雨にはほとんど降られず、まずまずの旅行だった。

nice!(0)  コメント(0) 

8月17日(木) [旅]

8月17日(木)

世の中の「お盆休み」が終わったので、我が家は「夏休み旅行」。
家猫さんのお供で、長野県の白馬に出掛ける。

実は、昨年も同じ計画をしていたが、義母の容態悪化(8月21日逝去)で、キャンセル。
2年ごしの計画なのだが、お天気が悪そうなのが残念。
リフトで上って高山植物を見たかったのだが、たぶん山は雲の中だろう。



nice!(0)  コメント(0) 

7月16日(日)京都「祇園祭」(宵山) [旅]

7月16日(日) 曇りのち雷雨  京都  35.2度  湿度57%(15時)

家猫さんのお供で、京都「祇園祭」(宵山)へ。

滝のような雷雨の後、知恩院にお詣り・・・.
IMG_5173 - コピー.JPG
ではなく、駐車場をお借りしただけ。

雨は小降りなったが、すごく蒸し暑い。
IMG_5179 (2) - コピー.JPG
↑ 新町通りの「放下鉾」の前で。

夕食後、やっと暗くなり、宵山らしく。
でも、すごい人出で、なかなか写真が撮れない。
IMG_5226 (2) - コピー.JPG
↑ 比較的人が少ない仏光寺通りの「木賊(とくさ)山」の前で。

南伊豆へ(1日目の3:下賀茂温泉「南楽」夕食) [旅]

4月2日(月)
(続き)
19時、夕食。
IMG_3350.JPG

食前酒は梅酒。けっこう濃い。
IMG_3355.JPG

先付け。
IMG_3353.JPG
トコブシ、おいしい。

お造り。
IMG_3351.JPG

お汁。海老しんじょ。おいしい。
IMG_3358.JPG

蒸し物(アマダイ、竹の子、湯葉、コゴミ)
IMG_3363.JPG

今回は1人3品の特別注文コースなので6品が選べる。
スペシャルお造り。
IMG_3356.JPG
伊勢海老のお刺身(1品目)。
IMG_3361.JPG
鮑(アワビ)のお刺身(2品目)。
IMG_3360.JPG
久しぶりの食べた。おいしいな。

金目鯛のしゃぶしゃぶ(3品目)。
IMG_3352.JPG

伊勢海老の鬼殻焼き(4品目)。
IMG_3362.JPG

鮑のステーキ(5品目)
IMG_3354.JPGIMG_3367.JPG
これがもう絶品!

牛肉のステーキ(6品目)
IMG_3364.JPG
ここらへんでもうお腹いっぱい。

ご飯、お味噌汁(なめこ)、香の物。
IMG_3366.JPG

デザート(ほうじ茶のプリンとフルーツ)
IMG_3368.JPG

ああ、おいしかった。

軽い酔いと満腹で気持ち良くなり、お布団の上に横になり眠ってしまう。
2時間ほどで、「風邪引くにゃ」と家猫さんに起こされる。

内湯で身体と髪を洗う。
ベランダの半露店風呂(壺湯)に入る。
暗い夜空の星は、すでに春の星座。
ああ、気持ちいい、幸せだなぁ。

就寝、0時半(下賀茂温泉「南楽」)。