So-net無料ブログ作成
検索選択
お出掛け・お遊び ブログトップ
前の10件 | -

3月12日(日)「麹町邦楽ライブ」へ。 [お出掛け・お遊び]

3月12日(日)   晴れ  東京  12.2度  湿度42%(15時)

13時過ぎ、「麹町邦楽ライブ」へ
開演前、夜桜のおゆう姐さん、鼓のお稽古。
イケメンの先生が懇切に指導してくれるけど、なかなか鳴らない。
IMG_2698.JPG
三味線は、恰好は様になっているのだが・・・。
IMG_2702.JPG
羽織を脱いで、気合を入れ直して。
IMG_2749.JPG
だいぶ鳴るようになってきた。
「いよ~~~ぉ(ポン!)」。
IMG_2751.JPG

14時、第1部、開演。
会場は満席。
まず、お琴とバイオリンの和洋コラボで「春の海」。
IMG_2753.JPG
(バイオリン)井上さとみさん
(琴)衣笠詠子さん
(小鼓)福原鶴十郎さん
筝曲だから同じ弦楽器のバイオリンとは合わせやすいのかなと思ったら、「音のピッチ」(幅)が違い、なかなか大変とのこと。
名曲「春の海」を作曲したのは盲目の箏曲家・宮城道雄(1894~1956年)だが、宮城が62歳で鉄道事故死したことは、もう忘れられているようだ(私の世代には、けっこう知られた話だと思うが)。
1956年(昭和31年)6月25日未明、大阪の公演へ向かうために乗車していた夜行寝台急行列車「銀河」のデッキから堕ちた。
現場は愛知県刈谷駅付近で発見された時はまだ意識があり、病院で亡くなった。

私のお目当ては、スペシャルゲストのまつ乃家栄太朗さん。
大井海岸「まつ乃家」の女将で、現在、日本で唯一の女形芸者。
相変わらずの艶姿。
おきれいで、かっこよかった。

「京の四季」
IMG_2764.JPGIMG_2766.JPGIMG_2768.JPG
「奴さん」
IMG_2771.JPG
(端唄・三味線)常磐津齋櫻さん
(小鼓)福原鶴十紫さん
(鉦)福原鶴十郎さん

バイオリンと琴の演奏に合わせて、栄太朗さんがオリジナル振付で踊る「宵待草」。
情感がよく表現されていて、とても良かった。
栄太朗さんの新境地だと思う。
IMG_2775.JPG
IMG_2778.JPGIMG_2781.JPGIMG_2789.JPGIMG_2791.JPG
(バイオリン)井上さとみさん
(琴)衣笠詠子さん

お座敷遊びは、第1部が「と~ら、とら(和藤内)」。
IMG_2724.JPG
第2部が新吉原の「最初は・・・」。
IMG_2792.JPG
そして邦楽の会ではないはずのアンコール。
IMG_2794.JPG
なぜか、パイナップルとアップルとペン(筆)が用意されていて、それを持って栄太朗さんが踊る。
IMG_2797.JPG
17240628_785595551591904_5847840789323580659_o.jpg

19時前、お開き。
第1部、第2部通しで4時間弱、とても楽しかった。
これで5000円なら安い!

17239927_785595331591926_4533753470695544017_o.jpg
↑ 左は篠崎あけみさん
IMG_2740.JPG
↑ おゆうちゃんがとりわけ華奢なのだが、やはり大きさが違う。
IMG_2738.JPG
↑ 栄太朗さんと撮ると、私は露出不足になる。

第1部の記念撮影
17308803_1123524751093174_5692979799383202857_n.jpg
第2部の記念撮影
17203230_1123524747759841_942770155514307352_n.jpg

「女子新年会」 [お出掛け・お遊び]

1月23日(月)
(続き)
18時過ぎ、御茶ノ水駅からJR総武線に乗り千駄ヶ谷駅に移動。
某所開催される「女子新年会」に出席のため、寒風の中、南方向に歩く。

途中、鳩の森八幡神社に参拝。
今年は、まだ神社に初詣してなかったので。
IMG_0141.JPG
神社の周辺は、1950~70年代に都内最大の「連れ込み旅館」の密集エリアだったので、数年前にフィールドワークして、土地勘がある。

長い坂を下り終えて神宮前2丁目交差点に出て、通りを渡って少し行くと、目的の店を発見。
IMG_0142.JPG
19時、「敵情視察」のため、キラキラ派LGBTの本拠、神宮前2丁目「irodori(いろどり)」に潜入。
「女子新年会」と称して、深夜まで、情報収集と宣撫工作を行う。
16229608_1080168392095613_912027532_o.jpg
お料理は、創作系タイ料理という感じ。
吟味された良い食材を使っているし、なによりタイ料理の「肝」であるハーブの使い方がちゃんとしている(新鮮&豊富)。

IMG_0144.JPG
(手前)オレンジのサラダ、(奥)パクチーサラダ
IMG_0145.JPG
↑ サーモンのマリネ、タイ風
IMG_0147.JPG
↑ 生牡蠣、3カ所の産地の盛り合わせ。
IMG_0148.JPG
↑ コムヤーン(豚トロの炙り焼き)
IMG_0149.JPG
↑ 合鴨のローストダック
IMG_0157.JPG
↑ グリーンカレー・ラーメン

ワインの品揃えもなかなかのもの。
予想したよりずっとクオリティが高く、おいしかった。

16229686_1080168488762270_1372982612_o.jpg
↑ 横浜シンジさんのお誕生祝い。
IMG_0153.JPG

23時45分、辞去
タクシーで渋谷駅へ。
0時13分発の東急東横線に乗車。
1時前、帰宅。

浄瑠璃の会 [お出掛け・お遊び]

1月22日(日)

おゆうちゃんに誘われて「新春 野澤松也 創作浄瑠璃弾き語りチャリティライブ」( 築地歌舞演場)に行ってきた。

16142892_1218112024963128_2175483186364528822_n.jpg
「花競四季寿〜萬歳(はなくらべ しきのことぶき〜まんざい )」
浄瑠璃:野澤松也、小鼓:福原鶴十郎、大鼓:福原鶴十紫、箏:長田悠貴能

浄瑠璃を聞くのは初めてだったので、いろいろ勉強になった。
16298384_399203720413905_6163541377798506234_n.jpg
↑ 集合写真(私、ほとんど写ってません)

16266077_1218111401629857_173430971252864309_n.jpg
↑ 後姿は写ってる。

10月30日(日)「ジェンダーSF研究会・創立15周年パーティ」 [お出掛け・お遊び]

10月30日(日) 曇り  東京  13.5度  湿度66%(15時)

日が暮れて西銀座へ。
会場があまり知らないないエリア(だと思った)ので地図を頼りに探す。
IMG_0687.JPG
なんだ「泰明小学校」の近くじゃないか。
ということで、「RESTARANT FOR ETARNITY」で開催された「ジェンダーSF研究会・創立15周年パーティ」に出席。
IMG_0686.JPG

作家の森奈津子さんの発声で「乾杯! 15周年おめでとうございます」。
IMG_0666.JPG

日本におけるコスプレの元祖・小谷真理さんが代表の会だけあって、皆さんのコスチュームがすごい。
IMG_0668.JPG

今夜のベストコスプレーヤーは、柴田英里さん(美術家・文筆家)。
IMG_0680.JPG
かわいらしいコスチュームと思ったら・・・
IMG_0683.JPG
ブーツを見て「ギャッ!」。

小谷真理さんの閉会の辞。
IMG_0684.JPG
「まだまだ過激に頑張るぞ! 次は20周年だぁ!」

私は、ごく平凡に藤紫基調の「百柄」の訪問着に黒地菊花の帯。
IMG_0662(2).jpgIMG_0692.JPG

ずっと引き籠り状態だったので、大勢の人がいる場は久しぶり。
ずいぶん長らくご無沙汰していた方とお話できて楽しかったけど、やっぱり少し疲れた。


4月2日(土)満開の桜、「お花見屋形船」 [お出掛け・お遊び]

4月2日(土)  曇り  東京  13.1度  湿度57%(15時)

10時半、起床。

化粧と身支度。
藤色基調の五種類の江戸小紋が太い縞柄をなす訪問着。
丸に方波見模様の草色の半襟をつけた白地に錆朱の卍崩し(小桜)模様の長襦袢(紫織庵)。
銀色基調の綴れ織の帯を角出しに結ぶ。
帯揚は辛子色(ゑり正)、帯絞は鬱金色。
素地の台に錆朱を基調にしたストライプの鼻緒をすげた右近下駄(浅草花川戸・長谷川)。
赤地に手毬柄の手提げ袋。
黒のカシミアのショール

14時、家を出る。
昼食は駅前の回転寿司(4皿)。
14時50分、目黒区鷹番の美容院「ヘアー アン ローズ」へ。
女将さんに髪を結ってもらう。
IMG_6922 (3).JPG
↑ 今日の後ろ頭。

東急東横線で渋谷に出て、JR山手線に乗換る。
IMG_6912(2).jpg
↑ 満開の桜とハチ公。

17時、品川駅改札口でおゆうちゃんと待ち合わせ。
港南口に出て、品川の船宿「船清」を目指す。
IMG_6920.JPG
↑ 桜は見事に満開。
IMG_6917(2).jpgIMG_6919(2).jpg

おっ、ここだ。
IMG_6927.JPG
私の「船宿」のイメージと違い、近代的なビルだった。
IMG_6929.JPG

IMG_6931.JPG
↑ 品川の船溜まりには屋形船が並んでいる。
IMG_6932.JPG
↑ 受付の芸者さん。
私たちは着物なので1割引き(2000円返金)。

今夜は、大井海岸の芸者置屋「まつ乃家」さんの「お花見屋形船」に参加。
「まつ乃家」の栄太朗女将がお出迎え。
IMG_6935.JPG

IMG_6934.JPG
↑ 乗船。
128人乗りの大型屋形船(日本最大)「かぐや姫」。
掘りごたつのように足を下ろせる。

18時過ぎ、出航。
東京湾に出て、レインボーブリッジをくぐり、大川(隅田川)に入り、浅草の桜橋まで遡る3時間コース。

芸者さんたちのあいさつ。
栄太朗女将以下、芸者さん5人、半玉さん2人の豪華バージョン。
IMG_6942.JPG

お料理。
IMG_6941.JPG
IMG_6938.JPG
↑ 船盛、築地直送のお刺身。美味。
IMG_6944.JPG
↑ 桜の雰囲気のアスパラカス。

天麩羅は揚げたてが配られる。
IMG_6945.JPG
↑ 海老
IMG_6949.JPG
↑ 穴子
IMG_6947.JPG
↑ 桜海老ご飯
私たち魚食系女子は、大満足。

栄太朗女将が、挨拶に来てくれた。
IMG_6950(2).jpgIMG_6951.JPG

そうこうしている内に、お船は勝鬨、佃、永代、隅田川、清州、新大橋、両国、蔵前、厩、駒形、吾妻と、いくつもの橋をくぐって大川を遡り、最後に浅草の言問橋を潜って、桜橋の手前に停泊。
IMG_6987(2).jpg
IMG_6958(2).jpg
川面に屋形船の灯が揺れて金波銀波の隅田川、向島土手の桜はまさに満開、そして空にそびえるスカイツリー、まさに絶景。
日本に生まれて良かった。

IMG_7008(2).jpg
↑ 浅草側の景色はちょっと寂しい。

屋形船の屋上に出て、撮影会。
まず、おゆうちゃんをを撮る。
IMG_6968(2).jpg
本物の芸者さんに「お姐さんはどちらのお座敷に出てらっしゃるのですか?」と尋ねられるのも、仕方ないかなぁ。
IMG_6972(2).jpg

明暗の差が大きく、かつ被写体の距離が違いすぎるので、設定がとても難しい。
IMG_6991(2).jpg
IMG_6971(2).jpg
↑ 私はこれがベスト・ショットかな。

おゆうちゃんとツーショット。
IMG_6981 (2).JPG

芸者さんたちも上がってきたので、いっしょに撮影。
IMG_6999(2).jpg
IMG_7002(2).jpg

現在日本唯一の女形芸者・栄太朗女将と。
IMG_7004 (3).jpg
このツーショットが撮りたかった。

半玉のちかちゃんと。
IMG_7011(2).jpg
この子、華がある。ちゃんと修業すれば、きっと良い芸者さんになるだろう。

IMG_6980(2).jpg
↑ 「社長、高くつきそうな遊び、してますね」
IMG_6994(2).jpg
↑ ナンパされてる。

帰路は、芸者さんの踊りと、お座敷遊び。
12941182_605848166233311_295417082_o.jpg
IMG_7030.JPG
IMG_7021.JPG
↑ 「さくら、さくら」

お座敷遊びの「手遊び」。
IMG_7037(2).jpg
↑ 席が隣だった新内の師匠と。

そして、お座敷遊びの定番「金毘羅舟々」。
IMG_7038.JPG

半玉さん(ちかちゃん)の後姿。
IMG_7039.JPG
髪形、襟足化粧、帯に注目。
お江戸の半玉さんの帯は「後見結び」。

21時過ぎ、品川に帰着して、お開き。
IMG_7042(2).jpg
ほんとうに楽しい3時間の舟遊びだった。

おゆうちゃんとそぞろ歩きしながら、品川駅に向かう。
IMG_7046(2).jpg
↑ 桜にスリスリ。

IMG_7053.JPG
↑ 陀枳尼真天を祀る豊川稲荷堂(北品川)の桜
IMG_7054.JPG
↑ 品川駅港南口の桜

IMG_7052(2).jpg

それにしても「花見舟」と言っても、日程が決まるのはたぶん年初のことで、ドンピシャ満開に当たるなんて、ほんとうに運が良かった。
まさに「今生の思い出」。

3月30日(水)飛鳥山でお花見 [お出掛け・お遊び]

3月30日(水)  曇り  東京  20.0度  湿度30%(15時)

仲良しの姐さんと、その男友達2人の4人で、飛鳥山(北区)でお花見
IMG_6797(2).jpg
↑ 「まあ、おひとつ(トクトク)」
IMG_6788.JPG
↑ 炊き込みご飯と里芋の煮物は深大寺さん(最初の写真の右)のお手製。
12903997_604102486407879_318295457_o (2).jpg
↑ 深大寺鈴之助さんと。
IMG_6793.JPG
↑ 私が飲んでるのはアサヒ・スーパードライのお花見バージョン
12896376_865942746885787_100260683_o(2).jpg
↑ やっぱり通行人が振り向いてるなぁ

飛鳥山は、有徳院様(8代将軍徳川吉宗)が桜を植えて以来の城北の花見の名所だけど、城南・城西方面を生活圏にしている私は今まで縁がなかった。
上野公園より、ずっと落ち着いてお花見ができる感じ。

IMG_6857(2).jpg
↑ よく咲いている所で5分咲き。

IMG_6810(2).jpg
↑ でも、近くで見ると、3分咲き。

IMG_6841(2).jpg
↑ 紅色の桜。きれいだけど、早咲きのようで、もうだいぶ散っていた。

IMG_6833(2).jpg
↑ 桜と新幹線

IMG_6844(2).jpg
↑ 写真を撮ってもらったら、偶然、後ろにD51が・・・。
D51853は、1943年(昭和18)の製造の「戦時タイプ」。
吹田機関区→梅小路機関区→姫路機関区→長岡機関区→坂田機関区と移って、1972年(昭和47)6月まで走り続けた。

IMG_6846(2).jpg
↑ もう1枚、撮ってもらったら、たまたま、後ろに都電6000形が・・・。
都電6080号車は、1949年(昭和24)の製造で、1978年(昭和53)4月まで飛鳥山を越える荒川線を走っていた。

IMG_6856(2).jpg
↑ 桜と夕日。

桜は、まだやっと3~5分咲きだったけど、花曇りの程よい気温、気の置けない友人たちとのおしゃべり、楽しいお花見だった。
12922201_604103629741098_1619720311_o(2).jpg
IMG_6835(2).jpg

【追加】「夜桜のおゆう姐さん」グラフティー
IMG_6787(2).jpg
↑ 王子駅前。すれ違う人が振り返る。
IMG_6817(2).jpg
↑ 手絡(てがら)がかわいい。
12903455_604102609741200_196097921_o(2).jpg
↑ ん? なんか微妙に様子がおかしいぞ。
IMG_6847(2).jpg
↑ いつになく早めに酔っぱらってる?
IMG_6850(2).jpg
↑ これこれ、道端に座るんじゃありません。

「麹町邦楽ライブ」で、まつ乃家栄太朗さんに会う [お出掛け・お遊び]

2月6日(土)

(続き)
新宿三丁目駅から都営地下鉄新宿線に乗り、市ヶ谷駅で東京メトロ有楽町線に乗換、麹町駅へ。
16時、駅の改札で、おゆうちゃんと待ち合わせ

お茶した後、17時半「麹町邦楽ライブ」というイベントへ。
麹町邦楽ライブ.jpg
私のお目当ては、ゲストの日本でただ一人の「女形芸者」まつ乃家栄太朗さん。
もう6年ほど前に、ある方に頼まれて、日本の「女装芸者」の歴史をお話したことがある。
その時、栄太朗さんは男姿だった。
ぜひ、次はお座敷姿を・・・と思いながら、時を過ごしてしまい、ようやく念願がかなった。
IMG_5338(2).jpg 12671622_578279452323516_8801439904507493919_o(2).jpg

IMG_5363(2).jpg IMG_5346(2).jpg
鳴物の福原鶴十郎さんを中心とする演奏と栄太朗さんの踊り、そして「お座敷遊び」の手ほどきで、久しぶりに楽しい夜だった。

IMG_5334(2).jpg
↑ お座敷遊びの定番「金毘羅船々」をするおゆうちゃん。
相手は福原鶴十郎さん。

12646903_1124507197562149_2001069677370164551_o.jpg
↑ 大集合写真

--------------------------------------------
【参考】私が「女装芸者」について書いた文章。

「日本女装昔話 【第15回】女装芸者の活躍(その1)」
http://zoku-tasogare-sei.blog.so-net.ne.jp/2012-10-01-1
「日本女装昔話 【第16回】女装芸者の活躍(その2)」
http://zoku-tasogare-sei.blog.so-net.ne.jp/2012-10-01-2
「日本女装昔話 番外編 【第1回】女装芸者「市ちゃん」」
http://zoku-tasogare-sei.blog.so-net.ne.jp/2012-10-01-3
「2006年04月02日 「女装芸者」の事例2つ」
http://zoku-tasogare-sei.blog.so-net.ne.jp/2012-10-01

簡潔には、拙著「女装と日本人」(講談社現代新書、2008年)の第4章「戦後社会と女装」第3節「女装芸者の活躍」(196~201頁)にまとめてあります。


1月30日(土)緊縛ショーイベント「縄紋」を観に行く [お出掛け・お遊び]

1月30日(土)

着物仲間のお姐さんのお誘いで、和テイストの「緊縛ショーイベント『縄紋』」へ。
12369109_1643447132596722_4104576406887539841_n.jpg
私にとって、たぶん15年ぶりくらいの「縄」の世界。
会場の新宿三丁目の「SPACE 雑遊」に入ってびっくり。
100人を超える観客で超満員、若い女性や外国人も多く、どうやら今「緊縛」ブームらしい。

かってのアンダーグラウンドで、おどろおどろしい雰囲気は薄らぎ、ずいぶんライトでカジュアルになっていた。

「一縄会」を中心に3つの縄の会の合同イベントだったが、最後の4人の縄師はさずがの腕前。
今日唯一の女性縄師の名古屋の永遠さんのレズビアン感覚たっぷりの縛りはすてきだった。
あの小柄な体で片足吊りを仕上げたのは見事。

獅子若さんには、あまり見ない逆海老の逆さ吊りを見せてもらった。

さすがだったのは、トリの一鬼のこさんで、まさに「縄が生きている」。
そして、開脚逆さ吊りの大技が鮮やかに決まった。
緊縛ショーの場合、吊ったモデルさんを下ろすのがけっこう難しい。
安全に、スムーズに、そしてきれいに下ろさないといけない。
その点も、一鬼のこさんは完璧だった。

ただ、縄師の中には「縄が生きていない(縄がさばけていない)」人もいた。
もっと修業してほしい。

それと、全体にBGMが大きすぎる。
責め場で、せっかくのモデルさんの声が聞こえない。
それでは、彼女たちに失礼だ。

私が最後に「緊縛」ショーを見たのは、あるご縁で知り合った明智伝鬼さんの舞台だった。
あれは、いつのことだったのだろう?
明智さんが亡くなったのは2005年、たぶんその4~5年前だったから2000年くらいだったと思う。

15年も経てば、いろいろなことが変わるのは仕方がないこと。
でも、あの頃のアンダーグラウンドな雰囲気が懐かしい。

1月10日(日)ちょっと遅い初詣は、寒川神社へ [お出掛け・お遊び]

1月10日(日)  晴れ  海老名  13.1度 

ちょっと遅い初詣。
今年は、相模国一の宮、「八方除(はっぽうよけ)」のご利益で知られる寒川神社へ。

実は私、埼玉県東京都神奈川県住まいを移しているが、旧国では武蔵国からほとんど出たことがない。
 武蔵国秩父郡(出生)→武蔵国大里郡(高校)→下総国葛飾郡(2年間)→武蔵国豊嶋郡(3年間)→武蔵国荏原郡→武蔵国橘樹郡

なので、相模国の神様にご挨拶する機会は今までなかった。

で、家猫さんに「今年はどこに初詣に行こうか?」と尋ねたら「寒川神社に行ってみたいにゃ」と言うので、出掛けることにした。

初めてJR相模線に乗る。
IMG_4834.JPG

茅ヶ崎駅から4つ目の宮山駅で降りる。
IMG_4835.JPG
思っていたよりずっと小さな駅だった。

歩くこと10分足らずで、寒川神社に到着。
IMG_4866(2).jpg

ご祭神は、寒川比古命 (さむかわひこのみこと)と寒川比女命 (さむかわひめのみこと)。
記紀神話とは無縁な典型的な地祇(くにつかみ)系の神社。
おそらく相模川流域に蟠踞した豪族(相模国造)が祀った神だろう。

文献的には、平安時代前期、仁明天皇の承和13年(846)に従五位下を授けられたのが初見(『続日本後紀』。
『延喜式』の「神名帳」には、「相模国高座郡 寒川神社 名神大」と記載されている。
相模国の式内社では、唯一の名神大社。
『吾妻鏡』には「一宮佐河大神」と記載があり、鎌倉時代には、相模国の一宮とされていた。

なぜか「ねぶた」が飾られた立派な神門をくぐって境内へ。
IMG_4840.JPG
三が日、松の内は混むだろうと外して、今日にしたのだが、それでも、考えが甘かった。
IMG_4842.JPGIMG_4847.JPG
拝殿に到達するまで20分ほどかかった。
まあ、それでも三が日とは比べ物にならないのだろうけど。

IMG_4853(2).jpg
↑ 参拝を終えて

IMG_4845(2).jpg
↑ 拝殿の前にある渾天儀(こんてんぎ)。
新しいものだが、解説によると「方位神によるあらゆる悪事災難を除く方災厄除の神」とある。

IMG_4882.JPG
↑ 「八方除」の御守。
渾天儀にしろ、この御守にしろ、明らかに陰陽道が入っている。
いつ習合したのだろう?

IMG_4861.JPG
↑ かなり伝統的な「高市(たかまち)」が出ていた。
近年、露店規制が厳しくなっているが、ぜひ続けてほしい。

IMG_4873.JPG
↑ 寒川大橋の近くの双体道祖神(文政11年=1829)。

IMG_4875.JPG
↑ もう紅梅が花盛り

帰りはJR相模線で海老名に出て、相模鉄道で横浜へ。
IMG_4877.JPG 
↑ 相模鉄道も乗るのは初めて?。

お正月の3連休ということで、どこもかしこも人が多く、ちょっと人疲れしたが、お天気が良く温かったので。まずまず良い初詣だった。


10月14日(水)「チェロキー寄席」で入船亭扇辰師匠の噺をきく [お出掛け・お遊び]

10月14日(水)  曇りのち晴れ  東京  23.2度  湿度40%(15時)

東急東横線学芸大学駅東口のオーガニック・レストラン&バー「Cherokee(チェロキー)」(佐藤 友起子ママ)が、斜め向かいのビルの地下に「Cherokee LIVE TAVERN」をオープン
そこで月1回「チェロキー寄席」を開催することに。
cherokee-1L.jpg
14日(水)「こけら落とし」(第1回)は、地元在住で「Cherokee」の長年の常連客である入船亭扇辰師匠。
「Cherokee」で扇辰師匠に会って、高円寺の「ノラヤ寄席」で何度か噺を聞いてすっかりファンになった私としては、聞き逃すわけにはいかない。

18時45分、学芸大学駅でおゆうちゃんと待ち合わせ
まず西口の「学芸大・やぶそば」で腹ごしらえ。
IMG_3345.JPG
↑ ごまだれ・せいろそば(930円)
19時半、駅東口徒歩3分ほどの会場へ。
IMG_3347.JPG
この場所、以前は、ちょっとおしゃれな居酒屋だったと思う。
15年くらい前に友人と数回入ったことがある。
たしか「おちあい」という店だった記憶が・・・。
IMG_3349.JPG
↑ 会場入口。
地下のホールは、通常30席ほど。
今日は満席+立ち見10数人の大盛況。
友人のぷくらむくらさんとおゆうちゃんの3人で、高座の真下というほんとうのかぶりつき席を確保。
前口上は、15年ほど前、「チェロキー」のママのお父様の告別式のお斎(とき)の席で、いろいろな成り行き(酔っぱらった親族の要望に葬儀会社が悪乗り)で一席、噺すことになった思い出。
そんなことってあるんだ!と驚きながら、大笑い。
師匠、その時、何を演ったのだろう?

1席は「一眼国(いちがんこく)」、2席は師匠の十八番の1つ「百川(ももかわ)」。
IMG_3356.JPG
師匠、汗が飛ぶほどの大熱演。
やっぱり、うまい!。
「いよぉ、日本一!」と掛け声を飛ばしたくなる。

お腹の傷の痛みに耐えながら、たくさん笑って、楽しい夜だった。

前の10件 | - お出掛け・お遊び ブログトップ