So-net無料ブログ作成
検索選択
天文・気象・生物 ブログトップ
前の10件 | -

6月21日(水)梅雨の嵐 [天文・気象・生物]

6月21日(水)  雨のち曇り  東京  23.5度  湿度97%(15時)

11時、起床。
朝食は、アマンドショコラとコーヒー。
IMG_4826.JPG
シャワーを浴びて髪と身体を洗う。

梅雨時とは思えない大荒れの天気。
和歌山県古座川町で443mm、静岡県伊豆市で310mm。
新幹線、大阪府高槻市付近で架線が切れ、停電でストップ。
東京の雨量45.5mm、15時10分、瞬間最大風速20.5m/s(南東の風)。
横浜の雨量47.0mm、17時10分、瞬間最大風速24.0m/s(南南西の風)。

17062115.jpg
↑ 15時の天気図。
201706211500-00.jpg
↑ 15時の衛星画像。

(続く)



ネコ家畜化、新石器時代に拡大か [天文・気象・生物]

6月20日(火)

DNA分析により、飼い猫の祖先であるリビアヤマネコの拡散が約6000年前の新石器時代であることが判明。

そうやって世界中に拡散した猫が日本列島に到達した時期はいつだったのか?
従来の説(6世紀末~7世紀初頭)より早く、水田稲作農耕が渡来した縄文晩期~弥生初期だった可能性が出てきたように思う。
にゃんこは「お経といっしょに来た」ではなく「稲といっしょに来た」のかも。

猫足跡1.jpg
↑ 兵庫県姫路市四郷町「見野(みの)古墳群6号墳」出土の須恵器(6世紀末~7世紀初頭)。
猫とみられる小動物の足跡がついている。
------------------------------------------------
ネコ家畜化、新石器時代に拡大か DNA研究
.
【6月20日 AFP】ネコは古代エジプトを「征服」するはるか以前に、石器時代の農耕民を魅了していたとする研究論文が19日、発表された。DNA分析で明らかになったところによると、これ以降にネコの家畜化と愛玩動物化が世界中に広まっていったのだという。

原産地を出て世界に拡散した最初の野生ネコで、今日の飼いネコの祖先となったのは、リビアヤマネコ(学名:Felis silvestris lybica)であることが今回、研究で明らかになった。小型で縞模様のある中東産の亜種は全世界に生息地を拡大させるまでに上り詰めた。

リビアヤマネコは約6000年前、現代のトルコ周辺のアナトリア(Anatolia)地域から船で欧州に渡った可能性が高い。「リビアヤマネコの世界征服は新石器時代に始まった」と、論文の執筆者らは記している。

石器時代の最終章に当たる新石器時代には、それまで狩猟採集民として各地を放浪していた先史時代の人類が作物の栽培と恒久的な村の構築に初めて着手した時期だ。そして、農耕の始まりとともに収穫物を食い荒らすネズミが現れ、これにネコが引きつけられた。

米科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology and Evolution)」に掲載の論文では、「納屋や村、船上などのネコは古代社会に対して、害獣、特に経済的損失や病気の原因となるげっ歯類の有害動物を駆除する極めて重要な防御手段を提供した」とある。

研究チームは今回、野生のネコ科動物が現在知られているような、ソファで寝そべるかわいらしい飼いネコに姿を変えた背景にあるものについての論争に終止符を打つべく、埋葬やミイラ化された古代のネコ230匹のDNAを分析した。

古代エジプトで、像や絵、死骸のミイラなどによって「不滅化」されたネコ科動物が明白な崇拝の対象となっていたことを根拠に、ネコを初めて家畜化したのは紀元前数世紀ごろの古代エジプト人と考える人は多い。しかしその一方で、地中海の島国キプロスにある紀元前7500年の子どもの墓で発見されたネコの骨を、「肥沃な三日月地帯(Fertile Crescent)」の古代文明がエジプトより早くネコを家畜化した証拠として指摘する説もある。

■古代の「ネコブーム

今回の詳細なDNA分析の結果によると、家畜化はその両方のおかげであると考えられるようだ。

論文の共同執筆者で、フランス国立科学研究センター(CNRS)のエバ・マリア・ガイグル(Eva-Maria Geigl)氏はAFPの取材に、リビアヤマネコは紀元前4400年頃に「最初の農耕民が欧州に移住し始めた時期に広まり始めた」と語った。「これは(恐らく古代の交易路をたどると思われる)海路か陸路で、リビアヤマネコが人によって移動していったことを示していると考えられる」

それから数千年後、今度は古代エジプトのファラオ王朝時代に、リビアヤマネコのエジプト変種が第2の波で欧州とその先へ拡大して「熱狂的流行」を巻き起こしたと、論文の執筆者らは指摘する。そして「エジプト種のネコの熱狂的流行は、古代のギリシャローマの世界全体からさらにそのずっと先へと、非常に速いペースで拡大した」とした。

エジプト種のネコはアナトリア原産の近縁種と外見が非常によく似ていたと思われることを考えると、その成功は、性格の「社交性と従順さにおける変化」が後押しした可能性が高いと推察できる。野生ネコは縄張りを単独で行動する狩猟動物で、階層的な社会構造を持たないため、家畜化の対象には適さないと考えられるのだ。

また、イヌやウマの場合と異なり、外見目的の交配が少なくとも最初の数千年間は行われていなかったことも今回分かった。今日に至るまで、飼いネコは体の構造や機能、動きなどに関して野生の近縁種と酷似している。

品種改良が開始された当初は、ネコの毛並みが主な対象となっていた。ぶち模様の色合いが初めて遺伝子に記録されるのは西暦500~1300年の中世だったことも明らかになっている。

まだらのぶち模様は今日の飼いネコに多くみられるが、野生ネコには存在せずすべて縞模様だ。ガイグル氏は「ネコの『装飾的な品種』を作るための繁殖計画が始まったのはごく最近の19世紀のことだ」と指摘。そして、それらでさえも「野生ネコとそれほど違っていない」ことを説明した。
(c)AFP/Mariëtte Le Roux
2017年06月20日 17:17 発信地:パリ/フランス
http://www.afpbb.com/articles/-/3132755?pid=0

「春の大嵐」に警戒 [天文・気象・生物]

4月17日(月)

17041718.jpg
↑ 18時の天気図。
日本海に入ってすぐに、988hPaにまで発達する温帯低気圧は珍しい。
201704171800-00.jpg
↑ 18時の衛星画像。真っ白な雲(発達した積乱雲)が広範囲に拡がっている。

東日本は今夜から早朝まで「春の大嵐」。
201704172100-00.jpg
↑ 21時の衛星画像。

【追記】
東京の雨量は30.5mm、6時20分頃に瞬間最大風速20.9m/s。
それほどでもなかったが、咲き残っていた桜は完全に散った。

絶滅種  ニホンカワウソ 2009年に目撃情報 [天文・気象・生物]

3月30日(木)

ニホンカワウソについては、以前にも書いたことがある。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-01-10-3
状況ははかなり厳しいけど、生きていて欲しいなぁ。

---------------------------------
絶滅種  ニホンカワウソ 2009年に目撃情報

ニホンカワウソの生息調査に取り組んできた高知大の町田吉彦名誉教授(69)がこのほど、愛媛県の動物園で開かれたシンポジウムで講演し、2009年に高知県内で有力な目撃情報があったことを明らかにした。そのうえで、再度の生息調査の必要性を訴えた。

町田名誉教授は、2009年3~5月、県内で画家の男性がスケッチした動物が、耳が小さく、円すい形のしっぽなど、ニホンカワウソの特徴をよく捉えており、信ぴょう性が高いと判断。「少なくとも、男性が目撃した2009年までは、県内にはカワウソがいた」と述べた。

また、高知県で実施された92~99年の生息調査は、県内全域でなく、海岸部に限られたものだったことなどから、2012年の環境省による絶滅宣言はIUCN(国際自然保護連合)による絶滅の定義を満たしていないと指摘。「絶滅宣言により、調査が難しくなったり、目撃証言が集まらなかったりする可能性が高まった」とした。

町田名誉教授は、他にも生息を示すような証言があるとし「犯罪捜査ではないので、これらも考慮すべきだ」として、「いるかいないかは、きちんと調査をしないと分からない」と訴えた。【柴山雄太】
.
『毎日新聞』2017年3月29日 09時22分(最終更新 3月29日 10時00分)

回復度7割 [天文・気象・生物]

1月30日(月)
(続き)
自宅最寄り駅前の「東急ストア」で家猫さんと合流。
買い物をしていっしょに帰る途中の西空。
IMG_0245.JPG
明るく輝く宵の明星(金星)と月齢2.1の細い月。
IMG_0249.JPG
ほのかに地球照が見える(撮影:18時25分)。

18時30分、帰宅。

夕食は、お刺身(まぐろ中とろ、すずき)。
IMG_0250.JPG
大根と油揚げのお味噌汁(芹をアクセントに)。
IMG_0251.JPG
ようやく、食べられるようになった。
まだ少し胃もたれしているので、回復度7割という感じ。

(続く)



三日月と金星の大接近 [天文・気象・生物]

1月2日(月)
IMG_1724.JPG
夕方の西空で、三日月(月齢3.8)と金星が大接近(最小離角0度54分)。
17時16分撮影。
地球照(月の影の部分)を写したいので、少し露出オーバー。
実際の月はもっと細い。
小さな手持ちカメラではこれが限界。

【追記】
帰宅した息子に頼んで一眼レフで撮ってもらった。
IMG_3406 (2).JPG
18時53分撮影。月が少し移動しているのがわかる。

異様な夕焼け [天文・気象・生物]

12月23日(金・祝)

夕方、ふと外を見ると、空がすごく赤い。
頭上に黒雲があり小雨が降っていて、西の空は異様な夕焼け。
朝はあんなにきれいに晴れていたのに・・・。
IMG_1589.JPG

振り返ると、東の空には虹が立っている。
IMG_1587.JPG

なにか異変の兆しでなければ、いいのだが・・・。

冬の嵐 [天文・気象・生物]

12月22日(木)

冬の嵐が、一晩中、吹き荒れた。
疲労困憊で早寝したが、窓を打つ激しい風雨で、何度も目が覚める。

横浜では、0時50分に南南西の風で、台風並みの最大瞬間風速25.4m/sを観測。
16122303.jpg
3時の天気図を見ると、強い寒冷前線が房総半島にかかっているので、ちょうど1~2時頃に川崎市付近を通過したものと思われる。


11月の都心、54年ぶりの降雪、観測史上初の積雪 [天文・気象・生物]

11月24日(木)

11月の都心としては54年ぶりの降雪、観測史上初の積雪。
IMG_1004(2).jpg
↑ まだ紅葉が散っていないのに、こんな状態。
14時40分頃、東京目黒区中央町で。

10月の「残暑」? 東京32.0度の真夏日 [天文・気象・生物]

10月4日(火)

東京は、最高気温は32.0度の真夏日。
平年よりも8.7度も高く、いちばん平年値が高い8月上旬(31.1度)より高い。
10月としては観測史上3位の記録(1位は1979年10月1日の32.6度)。

横浜も31.1度で平年より+7.9度で、10月としては観測史上1位を記録。

地点最高は栃木県佐野市の34.1度。

10月で「残暑」というのは、なんとも異常。

16100412.jpg
↑ 10月4日12時の天気図
南から台風が運んできた暖気が入っている。



前の10件 | - 天文・気象・生物 ブログトップ