So-net無料ブログ作成
お仕事(講義・講演) ブログトップ
前の10件 | -

日本学術会議の法学委員会(LGBTI分科会)の報告準備 [お仕事(講義・講演)]

5月23日(水)

これは内緒の話なのだが(もう決まったことだから妨害は入らないだろう)、今月末に日本学術会議の法学委員会(LGBTI分科会)で報告をする予定。

日本学術会議と言えば、内閣府の所管の特別機関で、優れた研究・業績がある学者だけが任命される権威ある日本の「国立アカデミー」。
一介の野良講師などが、入り込める場所ではないのだが、せっかくの要請なので、ありがたくお引き受けした。
ちなみに、もう1人の報告者は針間克己先生(精神科医:はりまメンタルクリニック院長)。

ということで、誕生日の夜、ほぼ徹夜で、レジュメとPP資料を作る。
題して「性別移行のパラダイム転換への対応についての提言」。
具体的には、現行の「GID特例法」に代わる「性別移行法」について、意見を述べる。
あっ、もう5時だ、外が明るい。

就寝、5時過ぎ。


nice!(0)  コメント(0) 

5月22日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第6講「L/G/B/Tとは何か ―性的マイノリティをめぐる諸問題―」 [お仕事(講義・講演)]

5月22日(火) 晴れ  東京  27.3度  湿度36%(15時)

9時、起床。
朝食はブルーベリーデニッシュとコーヒー。
IMG_1906.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。

11時20分、家を出る。

東急東横線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
12時35分、明治大学(駿河台)に到着。
IMG_1909.JPG

レジュメは350部印刷。
例によって講義開始30分前に教室に行き、レジュメを設置。
講師控え室に戻って腹ごしらえ。
IMG_1910.JPG
今日はまた、お握り+チキンナゲット

13時30分、講義開始。
コメント票の質問に答える。
続いて、少し残っている第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」を解説。

1 「性」の4要素を組み合わせると・・・。
 (1) 16パターンの「性」
 (2) 「性」の多様性
2 「性」を多層構造で考える
 (1) 多数派の男性/女性
 (2) 同性愛の男性/女性
 (3) トランスジェンダー(TG)
----------------(ここから)-----------------
3 「性同一性障害」がなくなる
 (1)性別違和感(Gender Dysphoria=GD)とは?
 (2)性同一性障害(Gender Identity Disorder=GID)とは?
 (3)性別移行の「脱精神疾患化」

今まさにスイスのジュネーブでWHO総会(5月21~30日)が開催中で、そこでICD-11が採択されると、「Gender Identity Disorder(性同一性障害)」という病名が国際的な疾患リストから完全に消滅し、同時に性別移行を望むことの脱精神疾患化(もう精神疾患ではない!)が達成される。

22日段階ではまだ採択されていないので、未来形で話すか、現在形で話すか困ったが、こうした内容を現実のものとして(現在進行形で)講義できる日がようやく来たことが、実に感慨深かった。

残り65分で、第6講「L/G/B/Tとは何か ―性的マイノリティをめぐる諸問題―」に入る。

1 L/G/B/Tとは?
 (1)言葉の意味
 (2)言葉の歴史
 (3)言葉の問題性
 (4)「SOGI」(ソジ)もしくは「SOGIE」(ソジィ)
 (5)「13人に1人」は眉唾? ―数的把握の困難―
2 同性愛者(L/G)にとっての諸問題
 (1)同性パートナーシップとは?
----------------(ここまで)-----------------
 (2)同性婚とは?
 (3)同性愛者が「子どもを育てる」こと
 (4)貧富の差の拡大(階層分化)と老後問題 
3 バイセクシュアル(B)にとっての諸問題
 (1)Bの不在
 (2)B研究の遅れ
4 トランスジェンダー(T)にとっての諸問題
 (1)Tの意味
 (2)性別移行と生殖権
 (3)就労差別
 (4)Trans-manのダークビジネス問題
5 「Xジェンダー」について

ついいろいろしゃべってしまい、大量に積み残し
来週、頑張ろう!

15時10分、終了。

講師控え室に戻り、残りレジュメとコメント票の整理、出欠記入。
残業は、やはり1時間半。
16時20分、辞去。

久しぶりに(今シーズン初)駿河台下の「丸亀製麺」へ。
IMG_1911.JPG
↑ かけ(並)+鶏天+れんこん天=630円

すずらん通りの「サンマルクカフェ」で休憩。

18時、神保町駅から東京メトロ半蔵門線渋谷に向かう。
すごい混雑。
(続く)

nice!(0)  コメント(0) 

5月18日(金)明治大学文学部(和泉)「身体と社会」第5講「衣服とセクシュアリティ(1)―裸体と着衣のエロティズム―」 [お仕事(講義・講演)]

5月18日(金)  曇り  東京  27.1度  湿度77%(15時)

8時半、起床。
朝食はオレンジデニッシュとコーヒー。
180518-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。

11時30分、家を出る。
IMG_1870.JPG
東急東横線(渋谷駅乗換)京王井の頭線で明大前駅下車。
12時35分、明治大学和泉キャンパスに到着。
レジュメは170部、印刷。

13時、レジュメのセッティングと機材の確認のために教室へ。
講師控え室に戻って腹ごしらえ。
渋谷東横店の「魚力」で買ってきた「たっぷり穴子丼」(790円)。
180518-2.JPG
たしかに穴子はたっぷりだが、タレが甘すぎ。

13時30分、「身体と社会」の講義開始。

まず、第4講「セクシュアリティ論の基礎(2)―セクシュアリティの構成要素 性的指向・性幻想・性的嗜好、そして性行動―」 の残りを解説。

1 性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
2 性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
3 性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
--------------(ここから)------------------
4 性的指向と性的嗜好の関係

続いて、第5講「衣服とセクシュアリティ(1)―裸体と着衣のエロティズム―」に入る。

はじめに -問題提起―
1 裸体問題 ―裸体は常に「エロい」か?―
2 着衣問題 ―セックス(性行為)するとき、裸になる?―
3 部分着衣問題 ―一部を隠す、区画する―

余裕をもって15時09分、終了。

講義後、真面目そうな女子学生さんが来て質問。
「先生のようなセクシュアリティの研究者になるにはどうしたらいいでしょうか?」
う~ん・・・、返答に詰まる。
「先生のような・・・」の部分に重きを置くと、「ほとんど、なれません」と答えるしかない。
なので後半に重きを置いて、
「日本の大学では、セクソロジーそのものを学べるところは少ないので、やっぱり、社会学を学ぶのが一番でしょうね」
と返事。
「セクソロジーだと、どんな先生がいますか?」
と重ねて質問してきたので、これはそれなりに本気だなと思い、私が尊敬する大阪の先生の名前を教える。

事務室に寄って、受講者名簿をプリントしてもらう。
履修登録者、171名。
お引き受けする時に聞いた80名の倍。

講師控え室で、残りレジュメの整理。
コメント票の整理。
出欠記入。
16時10分、辞去。

武蔵小杉の「イトーヨーカ堂」へ。
トリンプの特売だったのでショーツをまとめ購入(6枚)。

駅構内の「タリーズコーヒー」で休憩。
180518-3.JPG
出欠2回分を記入。

18時半、家猫さんと待ち合わせ。
自宅最寄り駅前の回転寿司へ。
息子も合流。
5皿+海苔汁。
180518-4 (1).JPG

180518-4 (2).JPG180518-4 (3).JPG180518-4 (4).JPG180518-5.JPG

20時過ぎ、帰宅。
1時間ほど仮眠。

起き出して、お風呂には行って温まる。
夜中、少し作業。

就寝、4時。


nice!(0)  コメント(0) 

明治大学文学部「ジェンダー論」の履修登録者は361人 [お仕事(講義・講演)]

5月15日(火)
(続き)
明治大学文学部「ジェンダー論」の講義を終えた後、事務室に出向いて、履修登録名簿を印刷してもらう。
顔見知りの職員さんが「ちょっとお待ちください」といってプリンターの方に行ったが、なかなか戻ってこない。
「たいへんお待たせしました」と渡された名簿は15頁で、履修登録者は361人。

初回受講者と最終履修登録の人数。
2012年度  320人  399人(+24.7%)
2013年度  200人  281人(+40.5%)
2014年度  241人  312人(+29.5%)
2015年度  180人  215人(+19.4%)
2016年度  302人  383人(+26.8%)
2017年度  350人  485人(+38.6%)
2018年度  256人  361人(+41.0%)
う~ん、予想より増えていた。
それでも、異常に多かった昨年度よりは124人(-25.6%)の大幅減少なので、いくらか楽。

コメント票を名簿順に配列して、出欠を記入する作業、1回分でだいたい1時間半。
残業代、ください。
nice!(0)  コメント(0) 

5月15日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」 [お仕事(講義・講演)]

5月15日(火)  晴れ  東京  28.4度  湿度44%(15時)  

9時、起床。
朝食はカスタードクリームデニッシュとコーヒー。
180515-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(6分袖)を黒のレギンス(3分)と合わせてミニワンピース風に、黒網のストッキング、黒のサンダル、ワインレッドのバッグ。

11時15分、家を出る。
IMG_1832 - コピー.JPG
思ったより気温が高い。
半袖でよかったかな。

東急東横線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
12時35分、明治大学(駿河台)に到着。
IMG_1833.JPG

レジュメは350部印刷。
例によって講義開始30分前に教室に行き、レジュメを設置。
講師控え室に戻って簡単に昼食(東急ストアで買った助六寿司、318円)。
180515-2.JPG
お握り+チキンナゲットに飽きたので買ってみたけど、おいしくない。


13時30分、講義開始。
コメント票の質問に答える。
続いて、大量に残っている第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」を解説。

1 身体の性(生物学的性) セックス(Sex)
 (1)身体の性の要素
   a 遺伝子の性
   b 染色体の性
------------------(ここから)------------------------
   c 性腺の性 
   d ホルモンの性  
   e 内性器の性
   f 外性器の性
   g 脳の性
   h 身体外形の性 
 (2)「イブ原理」-性分化の仕組み-
 (3)性分化疾患(DSD)/インターセックス(IS)
2 性自認(性同一性)ジェンダー・アイデンティティ(Gender Identity)
3 社会的性(性役割/性別表現) ジェンダー・ロール/ジェンダー・パターン(Gender Role/Gender Pattern)
4 性的指向(対象の性) セクシュアル・オリエンテーショ(Sexual Orientation)


残り45分で、第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」に入る。

1 「性」の4要素を組み合わせると・・・。
 (1) 16パターンの「性」
 (2) 「性」の多様性
2 「性」を多層構造で考える
 (1) 多数派の男性/女性
 (2) 同性愛の男性/女性
 (3) トランスジェンダー(TG)
----------------(ここまで)-----------------
3 「性同一性障害」がなくなる
 (1)性別違和感(Gender Dysphoria=GD)とは?
 (2)性同一性障害(Gender Identity Disorder=GID)とは?
 (3)性別移行の「脱精神疾患化」

頑張って、かなり予定の進度に追いついた

15時10分、終了。

講師控え室に戻り、佐々木掌子さんと少しおしゃべり。
残りレジュメとコメント票の整理。
文学部事務室で履修名簿を受け取る(詳細別記)
16時20分、辞去。

久しぶりに(今シーズン初)駿河台下の「丸亀製麺」へ。
180515-3.JPG
↑ かけ(並)+鶏天+れんこん天=630円

すずらん通りの「サンマルクカフェ」で、出欠記入。

18時半、自宅最寄り駅へ。

(続く)

nice!(0)  コメント(0) 

5月11日(金)明治大学文学部(和泉)「身体と社会」第4講「セクシュアリティの基礎(2)ーセクシュアリティの構成要素ー」 [お仕事(講義・講演)]

5月11日(金)  晴れ  東京  22.4度  湿度54%(15時)

8時半、起床。
朝食はマンゴーデニッシュとコーヒー。
IMG_1783.JPG
11時25分、家を出る。
IMG_1789 - コピー.JPG
東急東横線(渋谷駅乗換)京王井の頭線で明大前駅下車。
12時30分、明治大学和泉キャンパスに到着。
IMG_1785.JPG
↑ 新緑が美しい。

レジュメは180部、印刷。

13時、レジュメのセッティングと機材の確認のために教室へ。
講師控え室に戻って腹ごしらえ。
IMG_1784.JPG

13時30分、「身体と社会」の講義開始。
まず、第3講「セクシュアリティの基礎(1)ーセクシュアリティの構築性ー」の残りを解説。
1 セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
2 セクシュアリティの構築性
--------------(ここから)------------------
3 セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性
4 セクシュアリティ観の変遷

続いて、第4講「セクシュアリティ論の基礎(2)―セクシュアリティの構成要素 性的指向・性幻想・性的嗜好、そして性行動―」に入る。

1 性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
2 性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
3 性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
--------------(ここまで)------------------
4 性的指向と性的嗜好の関係

15時10分、終了。

講師控え室で、残りレジュメの整理。
今日の出席者は142人ほどで、やや少ない。
コメント票の整理。

15時50分、辞去。

「なか卯」で、ざるうどん(390円)。
IMG_1790.JPG
ちょっと割高感。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

5月8日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」 [お仕事(講義・講演)]

5月8日(火) 曇り  東京  14.4度  湿度79%(15時)

8時半、起床。
朝食はマンゴーデニッシュとコーヒー。
IMG_1756.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのバッグ。

11時15分、家を出る。
IMG_1758 - コピー.JPG
長袖なのに肌寒い。

東急東横線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
12時35分、明治大学(駿河台)に到着。
IMG_1759.JPG

レジュメは350部印刷。
例講義開始30分前に教室に行き、レジュメを設置。
講師控え室に戻って簡単に昼食(お握りと鶏の唐揚げ)。
IMG_1760.JPG

13時30分、講義開始。
まず、大量に残っている第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」を解説。

1 セクシュアリティを考える
 (1) セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
 (2) セクシュアリティの構築性
----------(ここから)----------
 (3) セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性
 (4) セクシュアリティ観の変遷
2 性的指向・性的嗜好・性幻想、そして性行動
 (1) 性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
 (2) 性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
 (3) 性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
 (4) 性的指向と性的嗜好の関係

残り10分で、やっと第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」に入る。

1 身体の性(生物学的性) セックス(Sex)
 (1)身体の性の要素
   a 遺伝子の性
   b 染色体の性
------------------(ここまで)------------------------
   c 性腺の性 
   d ホルモンの性  
   e 内性器の性
   f 外性器の性
   g 脳の性
   h 身体外形の性 
 (2)「イブ原理」-性分化の仕組み-
 (3)性分化疾患(DSD)/インターセックス(IS)
2 性自認(性同一性)ジェンダー・アイデンティティ(Gender Identity)
3 社会的性(性役割/性別表現) ジェンダー・ロール/ジェンダー・パターン(Gender Role/Gender Pattern)
4 性的指向(対象の性) セクシュアル・オリエンテーショ(Sexual Orientation)

例年のことながら、大きく積み残し。
来週、頑張らなければ(と今週もまた思う)。

15時10分、終了。
(続く)

nice!(0)  コメント(0) 

4月27日(金)明治大学文学部(和泉)「身体と社会」第3講「セクシュアリティの基礎(1)ーセクシュアリティの構築性ー」  [お仕事(講義・講演)]

4月27日(金)  曇り  東京  22.0度  湿度62%(15時)

8時半、起床。
朝食はダークチェリーパイとコーヒー。
IMG_1207.JPG
11時25分、家を出る。
IMG_1208.JPG
東急東横線(渋谷駅乗換)京王井の頭線で明大前駅下車。
12時30分、明治大学和泉キャンパスに到着。
今日は乗り継ぎがまずまずで、通勤時間1時間5分。
IMG_1210.JPG
レジュメは180部、印刷。

13時、レジュメのセッティングと機材の確認のために教室へ。
講師控え室に戻って腹ごしらえ。
IMG_1209.JPG

13時30分、「身体と社会」の講義開始。
コメント票に応答、続いて第2講「「性」と身体 ―性分化の仕組み―」の残りを解説。
残り70分で、第3講「セクシュアリティの基礎(1)ーセクシュアリティの構築性ー」に入る。

1 セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
2 セクシュアリティの構築性
--------------(ここまで)------------------
3 セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性
4 セクシュアリティ観の変遷

ついしゃべり過ぎて、だいぶ残ってしまった(反省)。

15時10分、終了。

講師控え室で、残りレジュメの整理。
今日の出席者は152人ほど。
コメント票の整理。

15時50分、辞去。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

だいたい人数が固まった感じ [お仕事(講義・講演)]

4月24日(火)

夜中、「ジェンダー論」のコメント票の整理。

幸い履修変更で、あまり増えなかったようだ。
ただ、4年生は増えている?

だいたい人数が固まった感じ。
プリントは、350部刷れば、余裕だと思う。

-------------------------------------------------------
3年
1組(日本文学)  26→ 27→ 24
2組(英米文学)  15→ 18→ 16
3組(独文学)   12→ 14→ 11
4組(仏文学)    7→ 10→ 14
5組(演劇学)   12→ 15→ 11
6組(日本史学)  25→ 26→ 20
7組(アジア史学)  4→  6→  7
8組(西洋史学)  18→ 19→ 18
9組(考古学)    8→ 11→ 10
10組(地理学)    3→  7→  7
12組(文芸メディア)18→ 18→ 16
13組(臨床心理学) 31→ 36→ 36
14組(現代社会学) 29→ 30→ 32
4年        37→ 38→ 50
他学部       10→ 15→ 16
合計       255→290→277
nice!(0)  コメント(0) 

4月24日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」 [お仕事(講義・講演)]

4月24日(火)  曇りのち雨  東京  21.3度  湿度76%(15時)

8時半、起床。
朝食はアップルパイとコーヒー。
180424-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒と白のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのバッグ。

11時15分、家を出る。
IMG_1173 - コピー.JPG

東急東横線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
12時30分、明治大学(駿河台)に到着。
IMG_1174.JPG
レジュメは350部印刷。
例講義開始30分前に教室に行き、レジュメを設置。
講師控え室に戻って簡単に昼食(お握りと鶏の唐揚げ)。
180424-2.JPG

13時30分、講義開始。
まず、第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」の残りを解説。

1 ジェンダーを考える
 (1)ジェンダー(Gender)とは何か?
 (2)ジェンダーの構築性
 (3)“Doing Gender”という考え方
 (3)“Doing Gender”という考え方
 (4)ジェンダー概念の問題性
--------------(ここから)--------------
2 ジェンダーと労働
 (1)雇用・労働における性差別の撤廃
 (2)女性労働の特質

残り40分で、第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」に入る。

1 セクシュアリティを考える
 (1) セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
 (2) セクシュアリティの構築性
----------(ここまで)----------
 (3) セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性
 (4) セクシュアリティ観の変遷
2 性的指向・性的嗜好・性幻想、そして性行動
 (1) 性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
 (2) 性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
 (3) 性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
 (4) 性的指向と性的嗜好の関係

例年のことながら、大きく積み残し。
来週、頑張らなければ。

15時10分、終了。
(続く)

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - お仕事(講義・講演) ブログトップ