So-net無料ブログ作成
検索選択
お仕事(講義・講演) ブログトップ
前の10件 | -

5月25日(木)東京経済大学コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」第6講「L/G/B/Tとは何か ―性的マイノリティをめぐる諸問題―」 [お仕事(講義・講演)]

5月25日(木)  曇り  東京  度  湿度%(15時)  

9時半、起床。
朝食は、パパイア・デニッシュとコーヒー。
IMG_4459.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
濃紺の地に白の不思議な模様のチュニック、裾にラインストーンが入った黒のレギンズ(6分)、黒網のストッキング、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。

14時前、家を出る。

昼食は、武蔵小杉駅構内の「さぬきうどん」。
IMG_4460.JPG
↑ 冷ぶっかけ・鶏竜田揚げのせうどん(並)(600円)。

いつもより1本早い14時30分発の普通電車でのんびり座っていく。
稲城長沼駅で快速に乗り換え。
府中本町駅で15時11分発のJR武蔵野線に乗り換え。
西国分寺駅で15時19分発のJR中央線に乗り換える。
15時22分、国分寺駅に到着。
タクシーには乗らず、徒歩で大学へ。
平地だと良くない右足の出が急坂だと改善されるのはなぜだろう?

15時35分、東京経済大学に到着。
レジュメは17部(×2枚=34枚)印刷。

16時20分、講義開始。
まず、第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」の残りを解説。

1 「性」の4要素を組み合わせると・・・。
 (1)16パターンの「性」
 (2)「性」の多様性
2 「性」を多層構造で考える
 (1)多数派の男性/女性
 (2)同性愛の男性/女性
 (3)トランスジェンダー(TG)
----------------(ここから)-----------------
3 「性同一性障害」がなくなる
 (1)性別違和感(Gender Dysphoria=GD)とは?
 (2)性同一性障害(Gender Identity Disorder=GID)とは?
 (3)性別移行の「脱精神疾患化」

残り55分で、第6講「L/G/B/Tとは何か ―性的マイノリティをめぐる諸問題―」に入る。

1 L/G/B/Tとは?
 (1)言葉の意味
 (2)言葉の歴史
 (3)言葉の問題性
 (4)「SOGI」(ソジ)もしくは「SOGIE」(ソジィ)
 (5)「13人に1人」は眉唾? ―数的把握の困難―
2 同性愛者(L/G)にとっての諸問題
 (1)同性パートナーシップとは?
 (2)同性婚とは?
 (3)同性愛者が「子どもを育てる」こと
 (4)貧富の差の拡大(階層分化)と老後問題 
----------------(ここまで)-----------------
3 バイセクシュアル(B)にとっての諸問題
 (1)Bの不在
 (2)B研究の遅れ
4 トランスジェンダー(T)にとっての諸問題
 (1)Tの意味
 (2)性別移行と生殖権
 (3)就労差別
 (4)Trans-manのダークビジネス問題
5 「Xジェンダー」について

17時50分、終了。
もう少し進みたかったが、まあ、仕方がない。
来週頑張ろう。

今日は受講生が少なく4名だけ。
明治大学文学部「ジェンダー論」の100分の1以下。
「L/G/B/Tとは何か」がテーマなので 気合を入れてしゃべったが、やっぱり虚しい。
でも、4人の内3人(女子学生)はちゃんと聞いていてくれたから、手は抜けない。
明治大学の講義は体力的に辛い、東京経済大学の講義は精神的に辛い。

18時10分、辞去。
IMG_4462.JPG
幸い雨はまだ降っていないので徒歩で国分寺駅へ。
18時23分発の高尾行に乗車。
6分延発ですごい混雑。
立川駅で18時42分のJR南武線に乗り換え。
ぎりぎりで座れた。
19時24分、武蔵小杉駅に帰着。
(続く)

5月23日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第6講「L/G/B/Tとは何か ―性的マイノリティをめぐる諸問題―」。 [お仕事(講義・講演)]

5月23日(火)  晴れ  東京  27.4度  湿度48%(15時)

8時半、起床。
朝食は「ブーランジュリー・メチエ」のアマンドショコラとコーヒー。

予定通り「現代ビジネス」(講談社)にコラムがアップされている。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51743
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
今日も気温が上がる予報なので夏支度。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのバッグ。
11時、家を出る。
IMG_4433 - コピー.JPG

東急目黒線から東京メトロ南北線に入り、永田町駅で半蔵門線に乗り換え、神保町駅へ。
車中、コメント票を読む。
歩いて駿河台下の明治大学へ。
IMG_4434.JPG

12時20分、講師控室に到着。
レジュメは2×450部=900枚を印刷。
12時50分、教室へ。
レジュメをセットして、パワーポイントのセッティング。

コンビニで買ったお握りで腹ごしらえ。
IMG_4435.JPG

13時30分、文学部「ジェンダー論」の講義開始。
今日もリバティホール(大講堂)いっぱいの受講生(推定420人)。
最初にいくつか質問に応える。
続いて、第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」の残りを解説。

1 「性」の4要素を組み合わせると・・・。
 (1)16パターンの「性」
 (2)「性」の多様性
2 「性」を多層構造で考える
 (1)多数派の男性/女性
 (2)同性愛の男性/女性
 (3)トランスジェンダー(TG)
----------------(ここから)-----------------
3 「性同一性障害」がなくなる
 (1)性別違和感(Gender Dysphoria=GD)とは?
 (2)性同一性障害(Gender Identity Disorder=GID)とは?
 (3)性別移行の「脱精神疾患化」

残り65分で、第6講「L/G/B/Tとは何か ―性的マイノリティをめぐる諸問題―」に入る。

1 L/G/B/Tとは?
 (1)言葉の意味
 (2)言葉の歴史
 (3)言葉の問題性
 (4)「SOGI」(ソジ)もしくは「SOGIE」(ソジィ)
 (5)「13人に1人」は眉唾? ―数的把握の困難―
2 同性愛者(L/G)にとっての諸問題
 (1)同性パートナーシップとは?
 (2)同性婚とは?
 (3)同性愛者が「子どもを育てる」こと
 (4)貧富の差の拡大(階層分化)と老後問題 
3 バイセクシュアル(B)にとっての諸問題
 (1)Bの不在
 (2)B研究の遅れ
4 トランスジェンダー(T)にとっての諸問題
 (1)Tの意味
----------------(ここまで)-----------------
 (2)性別移行と生殖権
 (3)就労差別
 (4)Trans-manのダークビジネス問題
5 「Xジェンダー」について

第6講は、今期からの新テーマだが、学生さんの反応が良く、うれしい。
講義の後、1時間10分ほど残務整理。
16時20分、辞去。

(続く)

パワーポイント資料を作る [お仕事(講義・講演)]

5月21日(日)
(続き)
夜中、4時間ほどかけて、火曜日の明治大学文学部「ジェンダー論」第6講「L/G/B/Tとは何か ―性的マイノリティをめぐる諸問題―」のパワーポイント資料を作る。
スライド61枚。
並行してレジュメも加筆してA4版4枚きちきちに収める。

ああ、疲れた。寝よっと。

就寝、5時半。

講義レジュメを作る [お仕事(講義・講演)]

5月19日(金)

(続き)
夜中、来週火曜日の明治大学文学部「ジェンダー論」第6講「L/G/B/Tとは何か ―性的マイノリティをめぐる諸問題―」のレジュメを作る。

今までL/G/B/Tについては4分の1コマ程度しかしゃべってなかったのを、学生さんの要望に応えて今期から1コマに増やした。

とはいえ、1コマだけなので、1コマの分量(レジュメA4版4枚)にどう収めるか苦心する。
いろいろ話したいトピックはあるが、結局、ベーシックにまとめた。

まあ、徐々に改良していくということで・・・。

就寝、3時。

5月18日(木)東京経済大学コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」 [お仕事(講義・講演)]

5月18日(木)  曇りのち雷雨  東京  23.6度  湿度96%(15時)

6時、起床。
昨夜は22時頃に倒れるように眠ってしまったので早起き。
朝食は、オレンジ・デニッシュとコーヒー。

髪の部分染め。
風呂に入ってゆっくり温まり、髪と身体を洗う。

「日記」を書く。
原稿の手直し。
少し調べ物。
出かける前に夕食の支度をしてしまう(別掲)。

ちょっとエネルギー補給。
「ブーランジュリー・メチエ」のノワゼット。
IMG_4376.JPG
13時、化粧と身支度。
化粧をしている間に空が暗くなり、雷鳴が聞こえ始める。
13時半頃から、激しい雷雨。
何回か遠くない所に落雷。

14時、雷雨の中、家を出る。
幸い、最寄り駅まで歩く途中で小止みに。

東急東横線に1駅だけ乗り、武蔵小杉駅へ。

昼食は、駅構内の「しぶそば」。
IMG_4378.JPG
↑ 甘皮筍とたらの芽天の春のおすすめそば(480円)

14時36分発の快速に乗車。
多摩川を渡るあたりで雲が切れ日が差し始める
府中本町駅で15時11分発のJR武蔵野線に乗り換え。
西国分寺駅で15時19分発のJR中央線に乗り換える。
15時22分、国分寺駅に到着。
日が差しているので、今日も歩いて行こうと思って歩きだしたら、なんと雨が降っている。
南西の空にはお日様が輝いているのに、行く手(東)の空は真っ黒。
これは危ないと思い、タクシーに乗る。

15時30分、東京経済大学に到着。
日が差しているのに本降りの雨という変な天気。
IMG_4379.JPG
レジュメは15部(×2枚=34枚)印刷。
16時20分、講義開始。
今日は受講生7人。

大量に残っている第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」の解説。

1 身体の性(生物学的性) セックス(Sex)
 (1)身体の性の要素
   a 遺伝子の性
   b 染色体の性
   c 性腺の性 
   d ホルモンの性  
------------------(ここから)------------------------
   e 内性器の性
   f 外性器の性
   g 脳の性
   h 身体外形の性 
 (2)「イブ原理」-性分化の仕組み-
 (3)性分化疾患(DSD)/インターセックス(IS)
2 性自認(性同一性)ジェンダー・アイデンティティ(Gender Identity)
3 社会的性(性役割/性別表現) ジェンダー・ロール/ジェンダー・パターン(Gender Role/Gender Pattern)
4 性的指向(対象の性) セクシュアル・オリエンテーショ(Sexual Orientation)

残り30分で、第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」に入る。

1 「性」の4要素を組み合わせると・・・。
 (1) 16パターンの「性」
 (2) 「性」の多様性
2 「性」を多層構造で考える
 (1) 多数派の男性/女性
 (2) 同性愛の男性/女性
 (3) トランスジェンダー(TG)
----------------(ここまで)-----------------
3 「性同一性障害」がなくなる
 (1)性別違和感(Gender Dysphoria=GD)とは?
 (2)性同一性障害(Gender Identity Disorder=GID)とは?
 (3)性別移行の「脱精神疾患化」

17時50分、終了
大きく遅れてていたが、かなり挽回。
ほぼ予定通りのラインに戻した。

18時10分、辞去。
雨は止んだ。
18時23分発の高尾行に乗車。
立川駅で18時42分のJR南武線に乗り換え。
車中、居眠り
19時24分、武蔵小杉駅に帰着。

20時、帰宅。
夕食は、昼間、作っておいた青椒肉絲(チンジャオロース)。
IMG_4385.JPG

お風呂に入って温まる。

早起きだったので眠くなる。
就寝、1時。



5月16日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」 [お仕事(講義・講演)]

5月16日(火)  曇り  東京  23.4度  湿度61%(15時)

8時半、起床。
朝食は「ブーランジュリー・メチエ」のアマンドショコラとコーヒー。
IMG_4359.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
濃紺の地に白の不思議な模様のチュニック、裾にラインストーンが入った黒のレギンズ(6分)、黒網のストッキング、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ
IMG_4360(2).jpg
11時過ぎ、家を出る。
東急目黒線から都営地下鉄三田線に入って、神保町駅へ。
歩いて駿河台下の明治大学へ。

12時20分、講師控室に到着。
レジュメは2枚×440部を印刷。
12時45分、教室へ。
レジュメをセットして、パワーポイントセッティング

コンビニで買ったお握りで腹ごしらえ。
IMG_4362.JPG
事務室に行って、履修者名簿をプリントしてもらう。
なんと485人。

13時30分、講義開始。
はじめに日曜日の「多様性を考える日仏討論会」の話をする。
「フランス大使館と明治大学の共催なんだけど、知っていました?」と尋ねて、手を挙げさせたが、5人ほどしか挙がらない。
やっぱり文学部生はほとんど知らなかった。
同じキャンパスなのに・・・、ほんとうに大学って学部縦割りなのだな。

本論に入る。
大量に残っている第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」の解説。

1 身体の性(生物学的性) セックス(Sex)
 (1)身体の性の要素
   a 遺伝子の性
   b 染色体の性
   c 性腺の性 
------------------(ここから)------------------------
   d ホルモンの性  
   e 内性器の性
   f 外性器の性
   g 脳の性
   h 身体外形の性 
 (2)「イブ原理」-性分化の仕組み-
 (3)性分化疾患(DSD)/インターセックス(IS)
2 性自認(性同一性)ジェンダー・アイデンティティ(Gender Identity)
3 社会的性(性役割/性別表現) ジェンダー・ロール/ジェンダー・パターン(Gender Role/Gender Pattern)
4 性的指向(対象の性) セクシュアル・オリエンテーショ(Sexual Orientation)

残り20分で、やっと第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」に入る。

1 「性」の4要素を組み合わせると・・・。
 (1) 16パターンの「性」
 (2) 「性」の多様性
2 「性」を多層構造で考える
 (1) 多数派の男性/女性
 (2) 同性愛の男性/女性
 (3) トランスジェンダー(TG)
----------------(ここまで)-----------------
3 「性同一性障害」がなくなる
 (1)性別違和感(Gender Dysphoria=GD)とは?
 (2)性同一性障害(Gender Identity Disorder=GID)とは?
 (3)性別移行の「脱精神疾患化」
15時10分、終了。
大きく遅れてていたが、かなり挽回。
ほぼ予定通りのラインに戻した。

講師控室に戻って、まず残りレジュメの整理。
レジュメ440部刷って残20部ほどなので、420人いた勘定。
履修登録が485人なので、もう少し刷らないと駄目かも。

続いて、コメント票の仕分け作業。
小谷真理さん(コミュニケーション学部講師)とちょっとおしゃべり。
16時15分、辞去。

すずらん通りの「サンマルクカフェ」でコーヒーを飲みながら、出欠記入。
IMG_4363.JPG
IMG_4364.JPG

すずらん通りの餃子の老舗「スヰートポーヅ」に寄って、餃子(20個、1250円)を持ち帰り。
帰りの電車、白銀高輪駅で乗り換えた後、座れず、身体がきつい。

自宅最寄り駅前の書店に家猫さんがいたので、買い物をして、いっしょに帰る。

19時過ぎ、帰宅。

夕食は、「スヰートポーヅ」の餃子。
IMG_4365.JPG
ほぼ1年ぶり、おいしい。

茄子と湯葉のお味噌汁。
IMG_4366.JPG

食後、急に疲れが出て、4時間半(21時半~2時)も熟睡。
夜中、起きだして「日記」を書く。
就寝、5時半。

485人だった! [お仕事(講義・講演)]

5月16日(火)

わずかな埋もれ火(気力)を掻き起こして大学へ。
400人の受講生が待っている。
それが心の支え。
どんなにきつくても、自分の仕事はちゃんとやろう。


と、出かける前に書いたけど、違った。

事務室に行って履修名簿を受け取ったら、485人だった!

もちろん自己最高(399人)を大幅に更新。

というか、明治大学文学部の(近年の)記録ではないか?という気がしてきた。
何しろ駿河台キャンパスでいちばん大きな教室である「大講堂(リバティ・ホール)」の定員が500名だから、1コマの講義の上限は物理的に500名なのだ。

名簿を印刷していくれた教務員に「たいへんですね」と同情されてしまった。

5月11日(木)東京経済大学コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」 [お仕事(講義・講演)]

5月11日(木) 曇り  東京  27.4度  湿度51%(15時)  

11時、起床。
朝食は「ブーランジュリー・メチエ」のアマンドショコラとコーヒー。
IMG_4314.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
濃紺の地に白の不思議な模様のチュニック、裾にラインストーンが入った黒のレギンズ(6分)、黒網のストッキング、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ

14時前、家を出る。
今日は、この時期にしてはかなり気温が高い。

昼食は、武蔵小杉駅構内の「さぬきうどん」。
IMG_4315.JPG
↑ 鶏塩レモンうどん(冷・並)(630円)。

いつもより1本早い14時30分発の普通電車に乗ってみる。
やはり、稲城長沼駅で快速に追いつかれた。
IMG_4316.JPG
IMG_4317.JPG
乗り換える。
府中本町駅で15時11分発のJR武蔵野線に乗り換え。
西国分寺駅で15時19分発のJR中央線に乗り換える。
15時22分、国分寺駅に到着。
今日もタクシーには乗らず、徒歩で大学へ。
今学期はまだ一度もタクシーを使っていない(←偉いにゃ)。

15時35分、東京経済大学に到着。
レジュメは10部(×3枚=30枚)印刷。

16時20分、講義開始。
今日は受講生が少なく4名だけ。

GW中のイベントの報告を簡単にした後、大量に残っている第3講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」の説明。

1 セクシュアリティを考える
 (1)セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
 (2)セクシュアリティの構築性
------------------(ここから)------------------------   
 (3)セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性
 (4)セクシュアリティ観の変遷
2 性的指向・性的嗜好・性幻想、そして性行動
 (1)性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
 (2)性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
 (3)性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
 (4)性的指向と性的嗜好の関係 (説明省略)

残り15分で、やっと第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」に入る。

1 身体の性(生物学的性) セックス(Sex)
 (1)身体の性の要素
   a 遺伝子の性
   b 染色体の性
   c 性腺の性 
   d ホルモンの性  
------------------(ここまで)------------------------   
   e 内性器の性
   f 外性器の性
   g 脳の性
   h 身体外形の性 
 (2)「イブ原理」-性分化の仕組み-
 (3)性分化疾患(DSD)/インターセックス(IS)
2 性自認(性同一性)ジェンダー・アイデンティティ(Gender Identity)
3 社会的性(性役割/性別表現) ジェンダー・ロール/ジェンダー・パターン(Gender Role/Gender Pattern)
4 性的指向(対象の性) セクシュアル・オリエンテーショ(Sexual Orientation)

17時50分、終了。
相変わらず、大きく積み残しているが、これは織り込み済み。
来週、頑張ろう!
IMG_4319.JPG
18時10分、辞去。
18時23分発の高尾行になんとか間に合う。
立川駅で18時42分のJR南武線に乗り換え。
車中、居眠り。
19時24分、武蔵小杉駅に帰着。

夕食は、家族を呼び出して、駅前の回転寿司。
とろサーモン。
IMG_4321.JPG
いわし。
IMG_4322.JPG
石垣貝。
IMG_4323.JPG
ちょっと贅沢をして、まぐろ三種。
IMG_4325.JPG
それと月見納豆。
5皿、やっぱり食べられない。

21時前、帰宅。

お風呂に入って髪を洗う。

就寝、2時。




5月9日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」 [お仕事(講義・講演)]

5月9日(火)曇り  東京  21.1度  湿度60%(15時)

9時、起床。
朝食は「ブーランジュリー・メチエ」のグレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
170425-1.JPG

シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
灰紫基調の花柄のチュニック(長袖)、裾にラインストーンが入った黒のレギンズ(6分)、黒網のストッキング、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ

11時過ぎ、家を出る。
東急目黒線から都営地下鉄三田線に入って、神保町駅へ。
歩いて駿河台下の明治大学へ。

12時10分、講師控室に到着。
レジュメは2枚×440部を印刷。
コンビニで買ったお握りで腹ごしらえ。
12時45分、教室へ。
レジュメをセットして、パワーポイントセッティング

13時30分、講義開始。
GWの「東京レインボー・プライド」関連のイベントの話を少しだけする。

続いて、「ジェンダークイズ」の答え合わせ。
395名出席で正答は11名で、正答率2.8%。
実際には、答えていない学生が10%ほどいるので、母数を355名にすると3.1%。
今までの最大規模の調査になったが、3%前後で以前の調査と同様のようだ。

大量に残っている第3講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」の説明。

1 セクシュアリティを考える
 (1)セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
 (2)セクシュアリティの構築性
------------------(ここから)------------------------   
 (3)セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性
 (4)セクシュアリティ観の変遷
2 性的指向・性的嗜好・性幻想、そして性行動
 (1)性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
 (2)性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
 (3)性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
 (4)性的指向と性的嗜好の関係 (説明省略)

残り15分で、やっと第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」に入る。

1 身体の性(生物学的性) セックス(Sex)
 (1)身体の性の要素
   a 遺伝子の性
   b 染色体の性
   c 性腺の性 
------------------(ここまで)------------------------
   d ホルモンの性  
   e 内性器の性
   f 外性器の性
   g 脳の性
   h 身体外形の性 
 (2)「イブ原理」-性分化の仕組み-
 (3)性分化疾患(DSD)/インターセックス(IS)
2 性自認(性同一性)ジェンダー・アイデンティティ(Gender Identity)
3 社会的性(性役割/性別表現) ジェンダー・ロール/ジェンダー・パターン(Gender Role/Gender Pattern)
4 性的指向(対象の性) セクシュアル・オリエンテーショ(Sexual Orientation)

15時10分、終了。
大きく遅れているが、これは例年のことで織り込み済み。
来週頑張ろう。

講師控室に戻って、まず残りレジュメの整理。
レジュメ440部刷って残25部なので、415人いた勘定。
GWが明けても、受講生がまったく減らない。

続いて、コメント票の仕分け作業。
小谷真理さん(コミュニケーション学部講師)とちょっとおしゃべり。
16時15分、辞去。
IMG_4297.JPG
↑ GWの疲労が取れず、やや消耗。

遅い昼食は、駿河台下の「丸亀製麺」へ。
IMG_4301.JPG
↑ かけうどん(並)+鶏天+れんこん天(290+140+110円=540円)。

すずらん通りの「東京堂書店」に寄る。
木下直之先生の『せいきの大問題ー新・股間若衆ー』(新潮社、2017年4月)を購入。

自宅最寄り駅前の「ドトール」でコーヒーを飲みながら読書。
仕事帰りの家猫さんと待ち合わせて、買い物をして、いっしょに帰る。

19時過ぎ、帰宅。

夕食は、生牡蠣。
IMG_4302.JPG
身が厚く、クリーミーで美味。
4つで680円。

カツオのお刺身。
IMG_4303.JPG
こちらはお休み前日のサービス価格で350円。
旬なだけあって、これも美味。

明日の講義の準備。
仕事関係のメールのお返事書き(4通)。
なんでこんなに忙しいのだ・・・。
お風呂に入って髪を洗う。
就寝2時過ぎ。


4月27日(木)東京経済大学コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」 [お仕事(講義・講演)]

4月27日(木)  曇り  東京  18.9度  湿度46%(15時)

11時、起床。
朝食は、ブルーベリーデニッシュとコーヒー。
IMG_3929.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。

14時、家を出る。
今日はあまり暖かくないが、季節は確実に春から初夏へ。
IMG_3930.JPG
↑ 庭の牡丹(白)。
IMG_3931.JPG
↑ 門の脇のつつじ。

頑張っていた日本医大グラウンドの八重桜も散り始めた。
IMG_3934.JPG
↑ 高い金網越しの撮影。
IMG_3932.JPG
↑ 歩道と側溝がピンク色に染まる。

昼食は、武蔵小杉駅構内の「さぬきうどん」。
IMG_3936.JPG
ぶっかけ(冷・並)+肉のせ+(600円)。

14時36分発の快速に乗車。
府中本町駅で15時11分発のJR武蔵野線に乗り換え。
西国分寺駅で15時19分発のJR中央線に乗り換える。
中央線のダイヤ乱れている。
15時22分、国分寺駅に到着。
今日もタクシーには乗らず、徒歩で大学へ。
IMG_3940.JPG
↑ 駅近くのマンションの植え込み。

15時35分、東京経済大学に到着。
レジュメは10部(×3枚=30枚)印刷。

16時20分、講義開始。
初回は女子3、男子1の4名、女子のみ4名だったのに、今日は男子学生が5人も全部で9名。
今まで、どうしていたのだ?

プロジェクターの具合が悪く(電源が不安定?)パソコン画像が投影できない。
開始20分頃になって、やっと映った。

まず、第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」の残りを解説。
1 ジェンダーを考える
 (1)ジェンダー(Gender)とは何か?
 (2)ジェンダーの構築性
 (3)“Doing Gender”という考え方
-------------(ここから)------------------------- 
 (4)ジェンダー概念の問題性
2 ジェンダーと労働
 (1)雇用・労働における性差別の撤廃
 (2)女性労働の特質

残り20分で、ようやく第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」に入る。

1 セクシュアリティを考える
 (1) セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
 (2) セクシュアリティの構築性
----------(ここまで)----------
 (3) セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性
 (4) セクシュアリティ観の変遷
2 性的指向・性的嗜好・性幻想、そして性行動
 (1) 性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
 (2) 性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
 (3) 性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
 (4) 性的指向と性的嗜好の関係

例年のことながら、大きく積み残し。
次回、頑張ろう
17時50分、終了
18時10分、辞去。
IMG_3937 - コピー.JPG
帰り道、右足の状態が悪くなり、かなり痛い。

中央線はダイヤが混乱、18時23分発の高尾行になんとか間に合う。
立川駅で18時42分のJR南武線に乗り換え。
なんとか座れた。
19時24分、武蔵小杉駅に帰着。

家猫さんを呼び出して、外で食事。
久しぶりに新丸子駅西口の「ふくや」へ。
IMG_3943.JPG
↑ ロースカツ定食(1900円)。
IMG_3944.JPG
やっぱり馴染んだ味はいいなぁ。
考えてみたら、最初にこの店に入ってから、もうじき40年になるのだなぁ。

21時、帰宅。
(続く)

前の10件 | - お仕事(講義・講演) ブログトップ