So-net無料ブログ作成
お仕事(講義・講演) ブログトップ
前の10件 | -

(講演録)LGBTにやさしいトイレ [お仕事(講義・講演)]

11月18日(土)

第33回 全国トイレシンポジウム in横浜  2017.11.18(横浜市旭公会堂)
 セッション1「トイレ利用者からみた『まちなかトイレ』の現状と課題」

LGBTにやさしいトイレ
               三橋順子
           (性社会・文化史研究者 明治大学非常勤講師)

「LGBTにやさしいトイレ」というテーマをいただきましたが、LGBTすべてがトイレの困難を感じているわけでありません。LGBTの内、L(レズビアン=女性同性愛者)G(ゲイ=男性同性愛者)B(バイセクシュアル=両性愛者)は、まったくとは言いませんがほとんど問題はないはずです。なぜなら彼/彼女らは、外見的にはまったく一般の男性/女性と変わらないからです。

トイレを使用する際に現実に機能しているのは性別表現(Gender Expression)です。わかりやすく言えば、男性に見えるか、女性に見えるかということです。

ですから、LGBT全体にトイレの問題があるかのように主張する、印象付けようとする人たちやNPOがあるとしたら、それは何か別の思惑・目的があると思った方がいいでしょう。トイレの使用にさして問題がないLGBをことさら別扱いしようとするのは隔離にほかならず、むしろ差別の助長です。

それに対してT(トランスジェンダー=性別越境者)は、一般にトイレの困難があると思われています。たしかに男性から女性へ、あるいは女性から男性への移行期では、望みの性別表現の獲得が不十分で、トイレの使用に困難を感じる人はいます。

しかし、望みの性別で生活しているトランスジェンダーは、Trans-womanなら女性トイレを、Trans-manなら男性トイレを使っているのが一般的です。そうでなければ「多目的トイレ」を使用します。したがって、少なくとも公共のトイレでは、Tはそれほど大きな困難を感じていません。

公共のトイレで最も困難を感じているのは、近年、増加している「Xジェンダー」の人たちです。「Xジェンダー」とは、おおまかに言って、自分の性別を男女どちらにも決めたくない人たちで、多くの場合、その外観は男女どちらにも典型的ではありません。したがって、男女どちらのトイレを使うのも難しい事態が生じます。

移行期のTやXの人たちにとって最も現実的な選択は、男女別に分かれていないトイレを使うことです。実際には「多目的トイレ」を使うことになります。

さて、先ほど「トイレを使用する際に現実に機能しているのは性別表現です」と申しました。それに対して「いや、トイレの使用は、法的な(戸籍上の)性別で分けられるべきだ。法律でそうなっているはずだ」というご意見があると思います。

しかし、トイレの使用に際して戸籍上の性別に従うことを明確に定めた法律はありません。男性が女性トイレを使用して通報・逮捕された場合、一般的には刑法130条(住居侵入等)の「正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し」という条文が適用されますが、排泄目的の場合、「正当な理由なし」と言い切れるのかかなり微妙です。

そもそも、公衆トイレを男女に分けなければならない法律もありません。「労働安全衛生法」に基づく労働安全衛生規則、および事務所衛生基準規則で、トイレは男女別に設置することが定められていますが、それは事業所・事務所が対象であって、公衆トイレは対象ではないのです。

実際、公衆トイレの男女分離が進むのは1980年前後からで、それ以前は男女いっしょの公衆トイレがけっこうあったことを、私と同年輩(60歳前後)以上の方は覚えていると思います。そもそも分けられていなかったのですから、不法侵入という規定がなかったのも当然なのです。
女性の立小便.JPG
こうした法的な規定を無視して、戸籍上の男性が女性トイレを使用したら即犯罪のようなイメージが語られるのは、Tの人権という観点からかなり問題だと思います。

さらに言えば、どうやって戸籍の性別通りのトイレ使用を担保・確認するかです。すべての公衆トイレに番人を置いて、入る時に性別記載がある身分証明書をいちいちチェックするみたいなことをするのでしょうか。たぶん長蛇の列になって「お漏らし」が続出すると思います。

まとめますと、「TもしくはXにやさしいトイレ」とは、トイレを強固に男女二元化せず、その間に柔軟に使える第三領域(サード・スペース)を設けること、具体的には「多目的トイレ」を増設・充実していくことです。ただし、その際、設置を男女別にせず「オールジェンダー」な形にすることを、トランスジェンダーの1人として強く望みます。

最後に、トイレ・ピクトグラムの問題についてお話します。これは、LGBTについての施策では「先進地域」とされている渋谷区役所のトイレのピクトグラムですが、こんな格好のトランスジェンダーはいません。トランスジェンダーは「半男半女」ではないのです。こうしたピクトグラムは、トランスジェンダーにとっての誤ったイメージを流布しかねず、止めてほしいと思います。
渋谷区役所 (3).jpg
欧米では20世紀中頃まで、「半男半女」をフリークスとして見世物にして差別してきた歴史があります。「半男半女」のピクトグラムはそうした差別の歴史を考えた場合、不適切なものだと考えます
半男半女(Josephine_Joseph) (2).jpg
Josephine Joseph(映画『Freaks』1932年:アメリカ)

問題があるピクトグラムを無理に使わなくても、「ALL GENDER」と表記すれば済むことではないでしょうか。
台湾3.jpg
私からの話題提供は以上です。ご清聴ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

11月18日(土)「第33回 全国トイレシンポジウム(横浜)」 [お仕事(講義・講演)]

11月18日(土)

6時過ぎ、起床。
8時15分、家を出る
東急東横線で横浜に出て相模鉄道に乗り換え。
相鉄のこの区間はほとんど乗ったことがない。
「鶴ヶ峰」という知らない駅に降りる。
IMG_7478.JPG
10分ほど歩いて、横浜市旭区役所に併設された旭公会堂へ。

9時30分「第33回 全国トイレシンポジウム(横浜)」の会場へ。
IMG_7491.JPG
私の出番は、午後のシンポジウム1「トイレ利用者からみた『まちなかトイレ』の現状と課題」。
DO4zrH3U8AE51uN.jpg
23730803_1677840225604202_1109378775_o.jpg
23757648_1677840192270872_1500703677_o.jpg
15分の短いプレゼンだったが、言いたいことは、しっかり言ってきた。
 ① LGBにはトイレの困難はほとんどない。
 ② トイレの困難は移行期のT、およびXの問題。
 ③ 多目的トイレの増設で対処可能(「LGBTトイレ」はいらない)。  
 ④ 「半男半女」のトイレ・ピクトグラムはTへの誤解を増幅しかねないので止めてほしい。
23730570_1677840215604203_1183724551_o.jpg
参加者は160名で、思っていたよりと多くはなかったが、トイレ関連の専門家ばかりで密度の高い会だった。
「多目的トイレの増設」がいちばん現実的な方策という持論を述べて、かなりの程度、理解は得られたと思う。
少なくとも「LGBT専用トイレの設置」みたいなおかしな方向に行かない歯止めにはなったと思う。

懇親会にも参加。
東名高速・中央自動車道などを運営する「中日本高速道路」の重役の方が「(SA・PAにおける)多目的トイレの3倍増を目指してます」と言ってくださったのが心強かった。
23730773_1677840188937539_1890934633_o.jpg
↑ お声を掛けてくださった白倉正子さん(総合司会)と。

21時半帰宅。
朝9時半から18時までの長丁場。
疲労困憊、精根尽き果て。



写真は、横浜シンジさん撮影(感謝)。

nice!(0)  コメント(0) 

11月16日(木)明治大学学部間共通講座「ジェンダーを考えるⅡ」(1回目) [お仕事(講義・講演)]

11月16日(木) 晴れ  東京  16.4度  湿度34%(15時)

10時半、起床。
朝食は、ブルーベリーデニッシュとコーヒー。
IMG_7446.JPG
キッシュ半分。
IMG_7447.JPG
シャワーを浴びて、髪と体を洗う。
髪はブローしてにあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、焦茶のトートバッグ。
黄色のニットのポンチョ。

14時、家を出る。
IMG_7450 - コピー.JPG

今日は快晴。
IMG_7448.JPG

東急目黒線から都営地下鉄三田線に入り神保町駅で下車。
駿河台下の「丸亀製麺」で昼食。
IMG_7452.JPG
↑ 野菜揚げ出しかけうどん(620円)。
私にはちょっと薄味だが、具がたくさんでおいしい。

明治大学(駿河台)へ。
IMG_7451.JPG
14時50分、4階の文学部事務室に行き、6日の研修会関連のの手続き。

15時20分、明治大学学部間共通講座「ジェンダーを考えるⅡ」の講義開始。
学生さんは50名ほど。
昨年度よりやや少ない。

「トランスジェンダーと社会」というテーマで今日と来週と2回の講義。
今週は「世界の性別越境文化」と題して、トランスジェンダー・カルチャーの地理的普遍性を論じる。

1 トランスジェンダーとは何か
2 「第三の性」(Third Gender)の存在
3 性別越境者の職能

パワーポイントを使って説明して、ぎりぎりで予定の内容を話終える。
質疑応答の時間がなくなってしまった。
17時、講義終了。
コーディネーターの田中博美先生とTAの陳さんとお話。
17時30分、辞去。
すずらん通りの「サンマルクカフェ」で休憩。
IMG_7453.JPG
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

11月14日(火)都留文科大学「ジェンダー研究1」第7講「トランスジェンダーと社会(前半)」 [お仕事(講義・講演)]

11月14日(火) 曇りのち小雨  大月  9.2度 

5時15分、起床。
土~月の関西出張、体調を考えてできるだけ睡眠時間をとるように心掛けたが、それでもやっぱり疲れている。
首・肩の凝りがひどく、身体がとても辛い。
でも、休むわけにはいかないので、頑張るしかない。

朝食は、洋梨のデニッシュとコーヒー。
IMG_7413.JPG
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、髪はブローしてあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
6時、化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、焦茶のトートバッグ。
黄色のニットのポンチョ。

7時過ぎ、家を出る。
東急目黒線で目黒駅に出てJR山手線で新宿駅へ。
8時05分、新宿駅に到着。
南口の駅弁屋で昼食用のお弁当を買い、8時30分発の「あずさ7号」に乗車。
車中、コメント票を読む。
9時40分、大月駅着。
10時02分発の富士急行「ふじさん特急3号」に乗り換え。
富士山は厚い雲の中。
10時20分、都留文科大前駅に到着。
今日は寒い。

10時27分、都留文科大学に到着。
レジュメは、2枚×420部を印刷。

モニターの電源が切られていて、開始に手間取る。
10時55分、講義開始。
まず、たくさん積み残している第6講「L/G/B/Tとは何か ―性的マイノリティをめぐる諸問題―」の残りを解説。

1 L/G/B/Tとは?
 (1)言葉の意味
 (2)言葉の歴史
 (3)言葉の問題性
 (4)「SOGI」(ソジ)もしくは「SOGIE」(ソジィ)
 (5)「13人に1人」は眉唾? ―数的把握の困難―
----------------(ここから)-----------------
2 同性愛者(L/G)にとっての諸問題
 (1)同性パートナーシップとは?
 (2)同性婚とは?
 (3)同性愛者が「子どもを育てる」こと
 (4)貧富の差の拡大(階層分化)と老後問題 
3 バイセクシュアル(B)にとっての諸問題
 (1)Bの不在
 (2)B研究の遅れ
4 トランスジェンダー(T)にとっての諸問題
 (1)Tの意味
 (2)性別移行と生殖権
 (3)就労差別
 (4)Trans-manのダークビジネス問題
5 「Xジェンダー」について

残り25分で、第7講「トランスジェンダーと社会(前半)」に入る。
1 トランスジェンダーの基本定義
2 「第三の性」(Third Gender)の存在
----------------(ここまで)-----------------
3 性別越境者の職能
4 日本におけるトランスジェンダーの歴史 ―その職能を中心に―
 (1)トランスジェンダーの職能
 ※女装を伴う祭礼
 (2)トランスジェンダーの職能の展開
5 「双性原理」について
 (1)「双性原理」とは何か
 (2)「双性原理」と「聖」・「賤」

つい、話し過ぎてしまい、遅れが回復できない。

昼食は「新潟三新軒」の刻みわさびで食べる「焼肉弁当」(1150円)。
IMG_7417.JPGIMG_7418.JPG

IMG_7419.JPG
↑ 小雨が降り始め中庭は寒々。
IMG_7420.JPG
↑ 定点観測の銀杏の木。
ほぼ散ってしまった。
IMG_7422.JPG
↑ 正門を入ったところの銀杏は、まだ完全に黄色くなっていない。
IMG_7423.JPG
↑ 紅葉は真っ赤。

15時35分、辞去。
今日もいつもより1本遅い15時58分発の普通電車に乗る。
大月駅に16時26分着。
16時45発の特急「かいじ118号」に乗り換え。
立川駅に17時22分着。
16時32分発のJR南武線に乗り換え。
18時20分、武蔵小杉駅に帰着。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

11月10日(金)関東学院大学「セクシュアリティ論」第6講「衣服とセクシュアリティ(2)―セクシーなファッションは誰のため?―」 [お仕事(講義・講演)]

11月10日(金) 曇りのち晴れ  横浜  18.6度  湿度57%(15時)

9時、起床。
朝食は、レーズンロールとコーヒー。
IMG_7373.JPG
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、よくブローしてあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
多色使いの植物柄のチュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ワインレッドのバッグ。
黄色のニットのポンチョを羽織る。

12時、家を出る。

東急東横線で横浜へ。
昼食はいつものように京浜急行ホームの「タリーズコーヒー」。
IMG_7375.JPG
↑ ナスとベーコンのトマトパスタ(910円)

13時16分発の特快(三崎口行)に乗車。
車中、コメント票を読む。
13時39分、金沢八景駅に到着。

13時46分発のバスに乗って関東学院大学へ。
クリスマスツリーの設営をしている。
もうそんな季節なのだ。
IMG_7377.JPG
14時、講師控え室へ。
レジュメは、170部を印刷。

15時、講義開始。
コメント票の感想を述べる。

第6講は「衣服とセクシュアリティ(2)―セクシーなファッションは誰のため?―」。

はじめに -問題提起―
1 性別指標としての衣服
2 自己表現としての衣服
3 性的誘引と自己表現は対立するか?
4 ふたたび、性的誘引か、自己表現か
まとめ

15分前に、予定の内容を終了。
残り時間、今日の講義の時代背景であるバブル期の社会状況について少し解説。
15時29分、終了。
講師控室に戻り、コメント票の整理など後片付け。
16時55分、辞去。
IMG_7379.JPG
↑ 設営終了、点灯はまだ。

16時59分発のバスに乗る。
17時25分発の特急(品川行き)で座っていく。
横浜駅コンコースの「ドトール」で休憩。
IMG_7380.JPG
18時30分、自宅最寄り駅に帰着。
19時前、帰宅。

夕食は、白モツと野菜の炒め物。
IMG_7382.JPG
牛肉と玉ねぎ炒め。
IMG_7381.JPG

明日からの関西出張の準備。
お風呂に入って温まる。
「日記」を書く。

就寝、1時。
nice!(0)  コメント(0) 

トイレ・シンポジウム(18日)のパワポ資料 [お仕事(講義・講演)]

11月9日(木)

夜中、疲れていたけど、18日(土)の「第33回 全国トイレシンポジウム」(横浜)のパワポ資料を作ってしまう(スライド20枚)。

予稿集の原稿に、トランスジェンダーのトイレ・ピクトグラム問題を追加。
渋谷区役所 (3).jpg
こんな格好の人はいない!
トランスジェンダーは「半男半女」ではない!
誤ったイメージの流布につながりかねない。

欧米では20世紀中頃まで、「半男半女」をフリークスとして見世物にし差別してきた歴史がある。
半男半女(Josephine_Joseph).jpg
↑ Josephine Joseph という人(映画『Freaks』1932年:アメリカ)。

無理に変なピクトグラムを使わなくても、「ALL GENDER」と表記すれば済むこと。
台湾3.jpg

ほんとうに疲れた。
もう限界なので寝る。

就寝、3時。
nice!(0)  コメント(0) 

ちょっとショック [お仕事(講義・講演)]

11月7日(火)

今日の都留文科大学の講義の後、女子学生がやってきて、「受講を取りやめたい」と言う。
「履修放棄ははあなたの自由ですが、せっかく第6講まで受講したのになぜですか?」と尋ねた。
そうしたら「講義内容が生理的に耐えられない」と言う。
私の話を「聞いているうちに、脂汗が出てきて、その場にいたたまれなくなる」と言う。
今日の講義も途中退室したとのこと。
(ちなみに、今日の講義内容は「L/G/B/Tとは何か」)

それで、思い当たった。
コメント票に「この種の話は、生理的に苦手」と書いている学生が1人いた。
「それでは仕方がないですね。わかりました」と言って話を終えた。

私は、シラバス(講義要項)に、受講に当たっての留意点として「講義の中で、セクシュアリティ(性器・性愛行為)に直接関わる用語・事象が語られること、あるいはセクシュアリティや身体変工を描写した画像を教材とすることを許容できること」と明記し、ガイダンスでもその旨、説明しているので、手続き的には問題はないと思う。

でも、実際に講義内容を理由に受講の取りやめを直接伝えられたのは、「性」にかかわる講義を始めて17年間で初めてのことで、正直ちょっとショックだった。
(何も言わずに受講を止める学生はいたと思うが)

まあ、セクシュアリティについての感受性は人様々で、仕方がないことなのは、わかっているのだが。

nice!(0)  コメント(0) 

11月7日(火)都留文科大学「ジェンダー研究1」第6講「L/G/B/Tとは何か ―性的マイノリティをめぐる諸問題―」 [お仕事(講義・講演)]

11月7日(火)  晴れ  大月  21.3度

4時、起床。
5時に起きたつもりが、4時だった(泣)。
朝食は、洋梨のデニッシュとコーヒー。
IMG_7333.JPG
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、髪はブローしてあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
6時、化粧と身支度。
黒と白のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、焦茶のトートバッグ。
黄色のニットのポンチョ。

7時過ぎ、家を出る。
東急目黒線で目黒駅に出てJR山手線で新宿駅へ。
8時05分、新宿駅に到着。
南口の駅弁屋で昼食用のお弁当を買い、8時30分発の「あずさ7号」に乗車。
車中、コメント票を読む。
9時40分、大月駅着。
10時02分発の富士急行「ふじさん特急3号」に乗り換え。

久しぶりに富士山がすっきり見えた。
でも、まだ雪はほとんど見えない。
IMG_7338.JPG
↑ 富士急行・田野倉駅直前。
IMG_7339.JPG
↑ 富士急行・田野倉~禾生駅間。

桂川の渓谷、だいぶ色づいてきた。
IMG_7342.JPG
↑ 谷村駅付近。
10時20分、都留文科大前駅に到着。
今日は温かい。

10時27分、都留文科大学に到着。
レジュメは、2枚×420部を印刷。

10時50分、講義開始。
まず、コメント票の質問に答える。
続いて、第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」の残りを解説。

1 「性」の4要素を組み合わせると・・・。
 (1) 16パターンの「性」
 (2) 「性」の多様性
2 「性」を多層構造で考える
 (1) 多数派の男性/女性
 (2) 同性愛の男性/女性
 (3) トランスジェンダー(TG)
----------------(ここから)-----------------
3 「性同一性障害」がなくなる
 (1)性別違和感(Gender Dysphoria=GD)とは?
 (2)性同一性障害(Gender Identity Disorder=GID)とは?
 (3)性別移行の「脱精神疾患化」 

続いて、第6講「L/G/B/Tとは何か ―性的マイノリティをめぐる諸問題―」に入る。
1 L/G/B/Tとは?
 (1)言葉の意味
 (2)言葉の歴史
 (3)言葉の問題性
 (4)「SOGI」(ソジ)もしくは「SOGIE」(ソジィ)
 (5)「13人に1人」は眉唾? ―数的把握の困難―
----------------(ここまで)-----------------
2 同性愛者(L/G)にとっての諸問題
 (1)同性パートナーシップとは?
 (2)同性婚とは?
 (3)同性愛者が「子どもを育てる」こと
 (4)貧富の差の拡大(階層分化)と老後問題 
3 バイセクシュアル(B)にとっての諸問題
 (1)Bの不在
 (2)B研究の遅れ
4 トランスジェンダー(T)にとっての諸問題
 (1)Tの意味
 (2)性別移行と生殖権
 (3)就労差別
 (4)Trans-manのダークビジネス問題
5 「Xジェンダー」について

つい、話し過ぎてしまい、たくさん積み残し。

昼食は「五目わっぱめし」(950円)
IMG_7345.JPG
IMG_7344.JPG

IMG_7346.JPG
↑ 秋景色の中庭。
IMG_7348.JPG
↑ 定点観測の銀杏の木。
黄色くなったと思ったら、もう散り始めた。
IMG_7349.JPG
今がいちばん美しい季節。
IMG_7347.JPG
IMG_7351.JPG

15時35分、辞去。
今日もいつもより1本遅い15時58分発の普通電車に乗る。
大月駅に16時26分着。
16時45発の特急「かいじ118号」に乗り換え。
立川駅に17時22分着。
16時32分発のJR南武線に乗り換え。
18時20分、武蔵小杉駅に帰着。

夕食は、家族と待ち合わせて、東急スクエアの「おぼんdeごはん」。
IMG_7354.JPG
↑ 鶏の黒ごま七味焼き(1134円)

20時、帰宅。
疲れ果てて2時間ほど眠る。

起きだして明日の講義の準備。
就寝、3時。





nice!(1)  コメント(0) 

明治大学文学部教員研修会 [お仕事(講義・講演)]

11月6日(月)

14時前、明治大学(駿河台)の文学部事務室へ。
IMG_7327.JPG
応接室で、相良剛先生(文芸メディア学科)と打ち合わせ。

14時半、研究棟の会議室へ。
前の会議が延びていて待機している間に、私を明治大学に呼んでくださった平山満紀教授(現代社会学科)にご挨拶。

14時40分、文学部教員研修会、開始。
「『LGBT』に関して、大学教員に望まれる理解・姿勢」というテーマで30分きっちりお話。

質疑応答は4人の方が手を上げる。

最後に挙手された日系アメリカ人の先生のコメント、「こういう場で、こんな基礎的なことを伝えなければいけないなんて、驚きました」
すいません。

関心があり熱心に対応しようとしている先生も多いが、まったく無関心で内職(本とか読んでいる)している先生も多い。
大学教員には自分の専門にしか興味をもたない人がいるのは、よくわかっているから驚かないが、4分の1くらいは社会不適応者のような気がする。

15時40分、辞去。

「すずらん通り」の「東京堂書店」で本を2冊購入。
稲葉佳子・青池憲司『台湾人の歌舞伎町ー新宿、もうひとつの戦後史ー』(紀伊国屋書店、2017年9月)
『東京人』2017年12月号「永井荷風 愛すべき散歩者」(都市出版)

「サンマルクカフェ」で休憩。
IMG_7328.JPG

17時半、帰宅。

nice!(1)  コメント(0) 

「G-Front関西」クリスマス企画講演会のご案内 [お仕事(講義・講演)]

11月5日(日)

12月10日(日)14時30分~、「G-Front関西」のクリスマス企画でお話することになりました。
12月10日講演会(表).jpg 12月10日講演会(裏).jpg
【テーマ】「日本トランスジェンダー史・大阪ヴァージョン」
「釜ヶ崎」→阿倍野旭町の女装男娼、1950~60年年代の大阪のゲイバー、日本最初のアマチュア女装の店「唄子」とその系譜など。
ここでしか聞けない話、ここでしか見られない写真の数々。

【会場】クレオ大阪東
【会費】1200円

関西のみなさんのお出かけをお待ちしています。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - お仕事(講義・講演) ブログトップ