So-net無料ブログ作成
検索選択
お仕事(講義・講演) ブログトップ
前の10件 | -

4月25日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」 [お仕事(講義・講演)]

4月25日(火)  晴れ  東京  21.0度  湿度46%(15時)

8時半、起床。
朝食は「ブーランジュリー・メチエ」のグレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
170425-1.JPG

昨日のハードなストレッチ整体の反動か、体調イマイチ。

11時15分、家を出る。
東急東横線から東京メトロ南北線に入る。
永田町駅で半蔵門線乗り換えるつもりだったが、コメント票を読むのに集中していて乗り過ごす。
仕方ないので四ツ谷駅で降りてJR中央線で御茶ノ水駅へ。
12時30分、明治大学(駿河台)に到着。
レジュメを460部印刷。
前回のレジュメも20部増し刷り。

例によって講義開始30分前に教室に行き、レジュメを設置。

簡単に昼食(お握りと鶏唐揚げ)。
170425-2.JPG

13時30分、講義開始。
まず、いろいお告知。
簡単にコメント票の感想を述べる。
第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」の残りを解説。
1 ジェンダーを考える
 (1)ジェンダー(Gender)とは何か?
 (2)ジェンダーの構築性
 (3)“Doing Gender”という考え方
 (4)ジェンダー概念の問題性
-------------(ここから)-------------------------
2 ジェンダーと労働
 (1)雇用・労働における性差別の撤廃
 (2)女性労働の特質

残り30分でようやく第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」に入る。

1 セクシュアリティを考える
 (1) セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
 (2) セクシュアリティの構築性
----------(ここまで)----------
 (3) セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性
 (4) セクシュアリティ観の変遷
2 性的指向・性的嗜好・性幻想、そして性行動
 (1) 性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
 (2) 性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
 (3) 性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
 (4) 性的指向と性的嗜好の関係

例年のことながら、大きく積み残し。
来週、頑張らなければ。

15時10分、終了。
レジュメを460部刷って、残りは10数部。
やっぱり、440人はいる。

受講生からの密告によると、今年の3年生は入学試験の時の「歩留まり」の見積もりに失敗して、そもそも学年全体の人数がやたらと多いのだろうだ。

でも「増殖」がやっと止まり、少し落ち着いてきた。

レジュメとコメント票の整理で1時間ほど残業。
16時15分、辞去。
IMG_3913.JPG
神保町の裏通りを通って、某出版社へ再校ゲラを持参する。
手紙に「27日(木)必着!」とあったので、遅れると迷惑をかけると思ったので・・・。
担当編集者に実際に対面するのは初めてなので、「入稿が(〆切から4カ月も)遅れて最後になり、ご迷惑をかけました」と挨拶。
すると、編集者「実は、先生が最後というわけではなく、最後の原稿が入ったのは一昨日でして・・・」と言う。

もう、びっくり!。
だって「5月27日(土)の歴史学研究会の大会(学習院大学)に間に合わせる」って言ってたじゃないか。
表紙の装幀もこれかららしい。
間に合うのか?
まあ、私は編者ではなく、ただの執筆者だから、気を揉んでも仕方がない。

専大前交差点に出て、東京メトロ半蔵門線神保町駅から乗車。
九段下駅から乗ってきた旧知の先生に出会う。
2駅分、おしゃべり。
永田町駅でメトロの南北線に乗り換え。
自宅最寄り駅の前「ドトール」で休憩。
170425-3.JPG
家猫さんと待ち合わせて、いっしょに帰る。

19時過ぎ、帰宅。
疲労困憊。
夕食は、息子が旅に出ているので、家猫さんと2人だけの夕食。

お刺身盛り合わせ。
170425-4 (1).JPG
豆乳&おぼろ豆腐。
170425-4 (4).JPG
あさりのお汁(美味)。
170425-4 (2).JPG
海鞘の酢醤油漬け。
170425-4 (3).JPG
2人だけだと、やっぱり魚食系になる。

食後、急激に眠くなり、ベッドに倒れる。
22~2時まで4時間熟睡。
ようやく体調回復。
ブログ「日記」の手入れ作業。
明け方、お風呂に入って温まる。
就寝、6時半。

4月20日(木)東京経済大学コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」 [お仕事(講義・講演)]

4月20日(木)  晴れのち曇り  東京  21.1度  湿度32%(15時)

11時、起床。

朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のりんごデニッシュ
170420-1 (1).JPG
それとカツサンド一切れ。
170420-1 (2).JPG

14時、家を出る。
昼食は、武蔵小杉駅構内の「さぬきうどん」。
170420-2.JPG
かけ(並)+鶏天+れんこん天(590円)。

14時36分発の快速に乗車。
府中本町駅で15時11分発のJR武蔵野線に乗り換え。
武蔵野線ホームへの下りエスカレーターで、私の前にいた高齢男性(推定80歳前後)がエスカレーターを降りたところで突然立ち止った。
私との間には1段分しかない。
とっさに右前方に飛んだが、エスカレーターの速度の分だけ間に合わず、追突する形で左半身が男性にぶつかってしまった。
よろけたが踏ん張って転ばなかったが、危ないところだった。
空いている時間帯で右側が空いていたから対処できたが、混んでいたら将棋倒しになりかねない。
やってはいけない危険行為だ。

高齢男性、謝るどころか、こちらをにらんでいる。
自分がなにをしたか解っていない様子。
思わず「エスカレーターの下で急に立ち止まったら危ないでしょう」と強い口調で言ってしまったが、どうも通じなかったようだ。

その後、朝から具合が良くなかった右足の状態が悪化。
踏ん張った時に少し捻ったのかも。

西国分寺駅で15時19分発のJR中央線に乗り換える。
15時22分、国分寺駅に到着。
足が痛かったが、タクシーには乗らず、徒歩で大学へ。
15時35分、東京経済大学に到着。
レジュメは10部(×3枚=30枚)印刷。

16時20分、講義開始。
初回は女子3、男子1の4名だったが、今日は男子の姿がなく、「今日からです」という女子が1名。
結局、女子のみの4名。
「履修登録しましたか?」と尋ねると、「しました」という返事。
お蔭で5月末で雇止めになることはなさそうで、7月まで首がつながった。

まず、第1講は「ガイダンス-「性」を考えることの意味-」の残りを解説。
3 「性」を考えることの意味
(1)「生」と「性」の不可分性
(2)「性」を内省することの必要性
(3)性別二元社会の仕組みを知る
-----------------------(ここから)----------------------
(4)女性と性的マイノリティが果たしてきた役割
(5)「性」を考えることの普遍性と今日性

続いて、第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」に入る。
1 ジェンダーを考える
 (1)ジェンダー(Gender)とは何か?
 (2)ジェンダーの構築性
 (3)“Doing Gender”という考え方
-------------(ここまで)------------------------- 
 (4)ジェンダー概念の問題性
2 ジェンダーと労働
 (1)雇用・労働における性差別の撤廃
 (2)女性労働の特質

17時50分、終了
非常勤講師に与えられる小さなロッカー復活。
IMG_3832 - コピー.JPG
18時10分、辞去。
右足、歩くとかなり痛い状態。

18時23分発の高尾行になんとか間に合う。
立川駅で18時42分のJR南武線に乗り換え。
19時24分、武蔵小杉駅に帰着。
(続く)

4月18日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」。 [お仕事(講義・講演)]

4月18日(火)  曇り  東京  25.7度  湿度52%(15時)

8時半、起床。
朝食は「ブーランジュリー・メチエ」のグレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
IMG_3777.JPG
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、髪はよくブローして、あんこを入れて頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
今日は気温が上がり「夏日」(最高気温25度以上)になる予報なので、初夏の装い。
濃紺の地に白の不思議な模様のチュニック(6分袖)、裾にラインストーンが入った黒のレギンス(5分)、黒網の膝下ストッキング、黒のサンダル、ワインレッドのバッグ。
あっ、ペティキュア、まだ塗ってなかった。
IMG_3782.JPG
11時、家を出る。
東急東横線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
12時10分、明治大学(駿河台)に到着。
IMG_3784.JPG
明治大学「ジェンダー論」、初回はレジュメを360部印刷して10部しか余らなかった。
つまり350人いた。

今日(18日・2回目)、何部、印刷しようか考える。
嫌な予感がするのでで、思い切って400部を印刷した。
前回のレジュメも30部増し刷り。

例によって講義開始45分前に教室に行き、レジュメを設置。

簡単に昼食(お握りと鶏の南蛮揚げ)。
IMG_3785.JPG

いつもなら、次は開始5分前に教室に行くのだが、なんとなく予感があって、15分前に覗いてみた(2回目)。
増刷した前回のレジュメがなくなっている。

講師控室の戻り、さらに20部増刷。
教室に行くと(3回目)、今度は今回のレジュメが残り少ない。
また講師控室に戻り40部増刷。
それを持って教室へ(4回目)。

定刻から6分遅れで、やっと講義開始(すでに疲弊)。
受講生、明らかに増殖している。
しかも、大増殖している。
定員500人の大講堂がほぼ埋まっている。
レジュメの残数からして430人ほど。
初回から80人増えている計算。
7年目で過去最大人数なのは間違いない。

あまりにすごい状況なので、学生さんに断って写真に撮る。
IMG_3786.JPG
IMG_3787.JPG
これでも、それぞれ4分の3ほどしか写っていない。

第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」。

1 ジェンダーを考える
 (1)ジェンダー(Gender)とは何か?
 (2)ジェンダーの構築性
 (3)“Doing Gender”という考え方
 (3)“Doing Gender”という考え方
 (4)ジェンダー概念の問題性
2 ジェンダーと労働
 (1)雇用・労働における性差別の撤廃
 (2)女性労働の特質

もう少し進みたかったが、まあ仕方がない。

回収したコメント票の整理・配列に1時間を要す。
前回3cmだったコメント票の厚さが4cmになった。

文学部の講義だが、例年、何人か他学部から受講する。
でも、せいぜい4~5人。
それが今年は10数人。
しかも、今まで見たことがない、理工学部(物理学科)や農学部(食品環境学科)からの受講生がいる。

どうも、文学部だけでなく、他学部にまでこの講義の悪名が伝わっているらしい。
いったい、どうすればいいのだ・・・?

16時05分、辞去。

自宅最寄り駅の前「ドトール」で休憩。
170418-3.JPG
18時、帰宅。

夕食はお刺身(中とろ、しまあじ)。
170418-4 (4).JPG
ミニ点心セット。
170418-4 (2).JPG
なめこのお味噌汁。
170418-4 (3).JPG
蕗と蕨の煮物。
170418-4 (1).JPG

お風呂に入って温まる。
やっぱり、講義のある日は疲れる。
就寝、2時半。

藤の花 [お仕事(講義・講演)]

4月18日(火)

家から駅までの道筋のお家の藤の花が、今年も見事に開花。
IMG_3779.JPG
IMG_3780.JPG
今年は桜の満開は遅かったけど、藤はほぼ例年並みか、ちょっと早い?


「その筋」ってなんだよぉ? [お仕事(講義・講演)]

4月17日(月)

明治大学「ジェンダー論」のコメント票(受講理由)を読んでいて「その筋に詳しい先生のお話を聞きたくて」というのがあった。

「その筋」ってなんだよぉ?
「カタギ」にしては「ヤーさん」の世界に詳しいのは確かだけど。
(「その筋」に詳しいのは、「ヤーさん」と昵懇なのではなく、ホステス時代に店で出会った「その筋」の人たちに、物おじせずにいろいろ質問したからです。「お姐ちゃん、いい度胸してるな」と言われました。)

「先輩、友人に勧められて」という受講動機が多い。
前年度の受講生の評価だから、うれしいけど、そういう感じでどんどん増殖していくのは困ったなぁ。

熊谷高校の後輩が1人いた)¥。


偶然、見つけたインスタグラム [お仕事(講義・講演)]

4月14日(金)

ちょっと前に、偶然、見つけたインスタグラムの写真。
20160119.jpg
撮影は、2016年1月19日、都留文科大学「ジェンダー研究1A」の講義の後。
「ツーショット」を撮影した学生さんがいたのを思い出した。
https://www.instagram.com/p/BAuHhjcpKUb/
インスタグラムの文章を読んで、涙が出るくらいうれしかった。

4月13日(木)東京経済大学コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」第1講 [お仕事(講義・講演)]

4月13日(木)  晴れのち曇り  東京  17.5度  湿度52%(15時)

11時、起床。
朝食は、ブルーベリー・デニッシュとコーヒー。
IMG_3714.JPG

14時、家を出る。
IMG_3733 - コピー.JPG
今日から、東京経済大学コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」の講義が始まる。
実質、昨年度限りだったのだが、システム上、もう1年ということになった。
でも、学生さん、来るかなぁ。
1人も履修登録がなかった場合は、4月・5月分はお給料が出て、そこで雇止めということになるらしい。

どれだけ受講生が増えるのだろう?という明治大学文学部「ジェンダー論」とは真逆の心配。
ほとんど同じ内容を話しているのに。

かたや学部の「看板」授業の一つ、こなた学部のお荷物授業。
上り坂の大学と下り坂の大学のジェンダー論に対する意欲の差がはっきり出ている。

昼食は、武蔵小杉駅構内の「さぬきうどん」。
IMG_3722.JPG
かけ(並)+鶏天+れんこん天(590円)。

14時36分発の快速に乗車。
府中本町駅で15時11分発のJR武蔵野線に乗り換え。
昨年より接続が悪くなった。

西国分寺駅で15時19分発のJR中央線に乗り換える。
15時22分、国分寺駅に到着。
足の調子を考えて、タクシーには乗らず、徒歩で大学へ。

15時35分、東京経済大学に到着。
桜がまだ咲き残っている(別掲)。
教務課、研究課、総務課を巡って書類を提出。
レジュメは10部(×3枚=30枚)印刷。

16時15分、教室に行ってみると、真ん中あたりに20人ほどの学生がいる。
「あれ?こんなに多いの?」と思ったら、前のコマの残り学生で、私の姿を見て、ぞろぞろ出て行く。
「ああ、みんな、いなくなっちゃう」と思ったら、両サイドの壁際に数人の学生が残った。

16時20分、コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」、講義開始。
第1講は「ガイダンス-「性」を考えることの意味-」。
まず、シラバス(授業計画)のプリントを渡して説明。

次に、講師の自己紹介を兼ねて、私が研究してきたこと、そして、今までの軌跡について話す。
時間の関係で、パワーポイントで写真を見せながら簡潔に。
1 講師の自己紹介
2 私の軌跡 -新宿歌舞伎町の女装ホステスからトランスジェンダー研究者へ-
(1)性別違和感の自覚と女装技術の習得
(2)ネオンの似合う「女」になる
(3)トランスジェンダーの当事者として語る
(4)「女」性研究者としてのスタート
(5)大学の教壇に立つ
(6)海外に視野を広げる
(7)トランスジェンダー研究者として 

最後に、ジェンダー研究の講義を受講する「動機づけ」として、「性」を考えることの意味について話す。
3 「性」を考えることの意味
(1)「生」と「性」の不可分性
(2)「性」を内省することの必要性
(3)性別二元社会の仕組みを知る
-----------------------(ここまで)----------------------
(4)女性と性的マイノリティが果たしてきた役割
(5)「性」を考えることの普遍性と今日性

17時50分、終了
ちょっと残ってしまった。
結局、受講生は4人。
彼女/彼らが履修登録してくれれば、講義は成立し、私は7月までお給料をもらえる。
それにしても、明治大360人、東経大4人、同じ内容の講義なのに、この大差(90倍)はなんなのだ。

非常勤講師に与えられる小さなロッカー、昨年まで6年間、私が使っていたところに別人の新しい講師の名札が貼られ、私の分はなくなっていた(哀)。

18時10分、辞去。
18時23分発の高尾行に間に合う
立川駅で18時42分のJR南武線に乗り換え。
19時24分、武蔵小杉駅に帰着。
(続く)

4月11日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第1講「ガイダンス-「性」を考えることの意味-」 [お仕事(講義・講演)]

4月11日(火)  雨  東京  10.7度  湿度100%(15時)

9時、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のアマンドショコラとコーヒー。
IMG_3680.JPG
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、髪はよくブローして、あんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒と白のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ワインレッドのバッグ。
黄色のニットのポンチョを羽織る。

今日から大学の講義開始。
11時、真冬のような冷たい雨の中、家を出る。
IMG_3682 - コピー.JPG
東急目黒線から都営地下鉄三田線に入る。
ダイヤが乱れていて、いつもより時間がかかる(10分弱)。

12時20分、駿河台の明治大学に到着。
IMG_3683.JPG
↑ 雨に煙るリバティタワー。

新年度の最初の講義日に桜が咲き残っているのは、いつ以来だろう?
IMG_3684.JPG
↑ お隣の錦華小学校の桜。
IMG_3685.JPG
↑「空中庭園」の桜。

レジュメは念のため360部(×3枚=1080枚)印刷。

13時、レジュメを2回に分けて教室に運ぶ(もう無理はできない)。
パワーポイントセッティング

13時半、文学部「ジェンダー論」の第1講(ガイダンス)開始。
リバティホール(大講堂)を埋める受講生。
いったい何人いるのだろう?
間違いなく300人は超えている。

第1講は「ガイダンス-「性」を考えることの意味-」。
まず、シラバス(授業計画)のプリントを渡して説明。

次に、講師の自己紹介を兼ねて、私が研究してきたこと、そして、今までの軌跡について話す。
時間の関係で、パワーポイントで写真を見せながら簡潔に。
1 講師の自己紹介
2 私の軌跡 -新宿歌舞伎町の女装ホステスからトランスジェンダー研究者へ-
(1)性別違和感の自覚と女装技術の習得
(2)ネオンの似合う「女」になる
(3)トランスジェンダーの当事者として語る
(4)「女」性研究者としてのスタート
(5)大学の教壇に立つ
(6)海外に視野を広げる
(7)トランスジェンダー研究者として 

最後に、ジェンダー研究の講義を受講する「動機づけ」として、「性」を考えることの意味について話す。
3 「性」を考えることの意味
(1)「生」と「性」の不可分性
(2)「性」を内省することの必要性
(3)性別二元社会の仕組みを知る
(4)女性と性的マイノリティが果たしてきた役割
(5)「性」を考えることの普遍性と今日性

今年度から100分授業になったこともあり、ほぼ予定通りの内容を話し終える。
15時10分、終了。
あっ、大事なことを言い忘れた。
「けっして友達を誘わないように」

講師控室に戻って、レジュメとコメント票の整理。
360部作って残ったレジュメは10部、ということは、だいたい350人か。
IMG_3687.JPG
↑ 回収したコメント票。なんと厚さ3cm。

16時、辞去。
駿河台下の丸亀製麺で遅い昼食。
IMG_3686.JPG
かけ(並)+鶏天+レンコン天(540円)。

久しぶりの講義で疲れてしまい、寝過ごして武蔵小杉駅へ。
「タリーズ・コーヒー」で論文のゲラ校正をしていたら、家猫さんから電話。
合流して一緒に帰る。
雨は止まないどころか、風まで強くなり、吹き降り状態に。
帰路、かなり難儀。

18時40分、帰宅。
疲労・・・。

(続く)




都留文科大学「ジェンダー研究1」レポート読了 [お仕事(講義・講演)]

2月9日(木)

夜中、都留文科大学「ジェンダー研究1」のレポート読み。
235本、読了。
終わった~ぁ!

1月30日(月) 63本
  31日(火) 42本(A組終了)
2月2日(木) 40本
  6日(月) 13本
  7日(火) 19本
  8日(水) 22本
  9日(木) 36本(B組終了)
----------------------------------------------------
合 計    235本(残0本)

あまりはかどらない [お仕事(講義・講演)]

2月8日(水)

夜中、都留文科大学「ジェンダー研究1」のレポート読み。
疲れていて、気合が乗らず、あまりはかどらない。

1月30日(月) 63本
  31日(火) 42本(A組終了)
2月2日(木) 40本
  6日(月) 13本
  7日(火) 19本
  8日(水) 22本
----------------------------------------------------
合 計    199本(残36本)

仕方ない、明日、頑張ろう。

前の10件 | - お仕事(講義・講演) ブログトップ