So-net無料ブログ作成
お仕事(講義・講演) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

10月27日(金)関東学院大学「セクシュアリティ論」第5講「衣服とセクシュアリティ(1)―裸体と着衣のエロティズム―」 [お仕事(講義・講演)]

10月27日(金)  晴れ  横浜 20.6度  湿度52%(15時)

9時半、起床。
朝食は、ホイップクリーム・ドーナツとコーヒー。
171027-1 (1).JPG
それと、カツサンド1切れ。
171027-1 (2).JPG

シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ワインレッドのバッグ。
黄色のニットのポンチョを羽織る。

12時過ぎ分、家を出る。
IMG_7217(2).jpg
東急東横線で横浜駅へ。
昼食はいつものように京浜急行ホームの「タリーズコーヒー」。
IMG_7218.JPG
↑ 小エビのトマトクリームパスタ(990円)


13時16分発の特快(三崎口行)に乗車(3分遅れ)。
車中、コメント票を読む。
13時39分、金沢八景駅に到着。

13時46分発のバスに乗って関東学院大学へ。
14時、講師控え室へ。
レジュメは、170部を印刷。
履修名簿をプリントアウト、189名。

15時、講義開始。
コメント票の感想を述べる。

第4講「セクシュアリティ論の基礎(3)―性の多様性とL/G/B/T―」 の残りを解説。
教育現場の問題を少し補足。

1 「性」の4要素と多様性
(1)人間の「性」は、単純なものではなく、複数の要素から構成されている
(2)「性」を構成する要素は、基本的には独立のもので、必ずしも連動するとは限らない
(3)「性」を構成する要素が複数であることから、必然的に「性」の多様性が生まれる
(4)同性愛とトランスジェンダーの違い
2 「性」を多層構造で考える
(1)多数派の男性・女性
(2)同性愛の男性・女性
(3)トランスジェンダー
3 L/G/B/Tをめぐる諸問題
(1)L/G/B/Tとは?
(2)同性パートナーシップ/同性婚とは?
--------------(ここから)--------------
(3)性別違和感(Gender Dysphoria=GD)とは?
(4)性別移行の「脱精神疾患化」

続いて、第5講「衣服とセクシュアリティ(1)―裸体と着衣のエロティズム―」に入る。

はじめに -問題提起―
1 裸体問題 ―裸体は常に「エロい」か?―
2 着衣問題 ―セックス(性行為)するとき、裸になる?―
3 部分着衣問題 ―一部を隠す、区画する―

余裕をもって16時28分、終了。

講師控室に戻り、後片付け。
16時45分、辞去。
IMG_7219 (2).JPG
金沢八景・侍従川の夕景。
↑ 校門を出たら、こんな景色だった。
ちょうど日が沈んだあたりに台形の山(遠い)が見えるのだが、方向からして箱根山だと思う。

16時49分発のバスで金沢八景駅へ。
17時のエアポート急行に乗り座っていく。
車中、コメント票の整理。
横浜駅構内の「ドトール」で休憩。

18時半、帰宅。

夕食は、お刺身(とろ、さんま)。
171027-2.JPG

食後、履修名簿を自作。
コンピューターから出力する名簿が使いにくいというか、使い物にならないので、番号と名前部分を拡大して(205%)、別の罫紙に貼りこむ。
なんというか、馬鹿らしいほどに二重手間。

その後、3回分の出欠記入。
疲労困憊。

23時半、ベッドに倒れる。

nice!(0)  コメント(0) 

「第33回全国トイレシンポジウム」(11月18日:横浜) [お仕事(講義・講演)]

10月27日(金)

11月18日(土)の一般社団法人日本トイレ協会主催「第33回全国トイレシンポジウム」(横浜)でお話することになった。
c3997d_a422b25bf32447228095f4ce55487828~mv2.jpg
http://www.toilet-kyoukai.jp/single-post/20171006

「LGBTトイレ」という枠組みはまったく必要ないこと、移行期のT(トランスジェンダー)やXジェンダーの「トイレの困難」は「多目的トイレ」の増設で対応できることを、はっきり指摘してくるつもり。


nice!(0)  コメント(2) 

10月26日(木)川口市「メディアセブン」でトーク [お仕事(講義・講演)]

10月26日(木)

16時半、家を出る。
青空に半月。
IMG_7206.JPG
東急目黒線から東京メトロ南北線に入り、王子駅でJR京浜東北線に乗り換える。
ふ~ん、赤羽駅の隣が川口駅なんだ。

18時過ぎ、埼玉県最南の都市、川口市へ。
IMG_7212.JPG
同じ埼玉県でも、故郷の秩父市とはほとんど対角線で、訪れるのは初めて。
人口58万、埼玉県第2の市だけあって、駅前はにぎやか。

右手に「キュポ・ラ」というビルが見える。
IMG_7208.JPG
もちろん、川口市の基幹産業だった鋳物工場の溶銑炉「キューポラ(cupola)」にちなんだ命名。

その7階にある「川口市立映像・情報メディアセンター メディアセブン」でトークライブ。
IMG_7211.JPG
IMG_7210.JPG
19時から「歴史の中の『女装と日本人』」と題して、90分ほどお話。
聴衆は25名ほど、皆さん熱心に聴いてくださった。
質問も6つほど出て活発。
終了後、話に来てくださった方も多く、お話したかいがあった。

21時過ぎ、辞去。
赤羽駅構内のラーメン屋で遅い夕食。
IMG_7213.JPG
湘南新宿ライナーに乗り換えて、武蔵小杉駅に直行。
車中、ぐったり。
22時半、帰宅。

これでやっと、5つあった10月のゲスト講義を終了。
ああ、疲れた。



nice!(1)  コメント(2) 

10月24日(火)都留文科大学「ジェンダー研究1」第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」 [お仕事(講義・講演)]

10月24日(火) 曇り  大月  15.0度

5時、起床。
朝食は、アマンドショコラとコーヒー。
IMG_7128.JPG
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、髪はブローしてあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
6時、化粧と身支度。
黒と白のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、焦茶のトートバッグ。
黄色のニットのポンチョ。
7時過ぎ、家を出る。
東急目黒線で目黒駅に出てJR山手線で新宿駅へ。
8時05分、新宿駅に到着。
南口の駅弁屋で昼食用のお弁当を買い、8時30分発の「あずさ7号」に乗車。
今日の自由席かなり混んでいる。
新宿始発時点でほぼ満席。
車中、コメント票を読む。
9時42分、大月駅着(2分延着)。
10時02分発の富士急行「ふじさん特急3号」に乗り換え。
富士山、曇天だったが、山頂だけ見えた。
IMG_7129.JPG
↑ 富士急行・田野倉駅直前
IMG_7130.JPG
↑ 田野倉~禾生駅間

10時20分、都留文科大前駅に到着。

10時27分、都留文科大学に到着。
レジュメは、2枚×420部を印刷。
教室、今日は適温で冷暖房なし。

10時50分、講義開始。
まず、コメント票の質問に答える。
続いて、第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」に入る。

1 セクシュアリティを考える
 (1) セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
 (2) セクシュアリティの構築性
----------(ここから)----------
 (3) セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性
 (4) セクシュアリティ観の変遷
2 性的指向・性的嗜好・性幻想、そして性行動
 (1) 性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
 (2) 性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
 (3) 性的嗜好 セクシュアル・プレファランス(Sexual Preference)
 (4) 性的指向と性的嗜好の関係 (説明省略)

残り20分足らずで、やっと第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」に入る。

1 身体の性(生物学的性) セックス(Sex)
 (1) 身体の性の要素
   a 遺伝子の性
   b 染色体の性
   c 性腺の性 
   d ホルモンの性
------------------(ここまで)------------------------
   e 内性器の性
   f 外性器の性
   g 脳の性
   h 身体外形の性 
 (2)「イブ原理」-性分化の仕組み-
 (3)性分化疾患(DSD)/インターセックス(IS)
2 性自認(性同一性)ジェンダー・アイデンティティ(Gender Identity)
3 社会的性(性役割/性別表現) ジェンダー・ロール/ジェンダー・エクスプレッション(Gender Role/Gender Expression)
4 性的指向(性愛対象) セクシュアル・オリエンテーショ(Sexual Orientation)

例年のことながら、今週も大きく積み残し。
来週、頑張らなければ(こればっかり)。

昼食は「新潟三新軒」の刻みわさびで食べる「焼肉弁当」(1150円)
IMG_7132.JPG
ちょっと高いがおいしい。
IMG_7133.JPG
IMG_7134.JPG
↑ 中庭。ドウダンツツジが赤くなってきた。
IMG_7135.JPG
↑ 定点観測の銀杏の木。
だいぶ黄色くなってきた。

15時25分、辞去。
(続く)

nice!(0)  コメント(0) 

10月21日(土)これで少し息がつけるかな [お仕事(講義・講演)]

10月21日(土)  雨  東京  17.1度  湿度100%(15時)

無茶苦茶に忙しい10月も、昨夜でやっと峠を越えた感じ。
でも、まだ26日(木)に埼玉県川口市でのトークがあるのだが。

悔しかったのは、15日(日)の「性科学学会」(大阪府立大学)に行けなかったこと。
お宿も確保していたのに。
その週末にいろいろやらないと、木曜、金曜のゲスト講義の準備が間に合わない感じだったし、無理ができない体調だったので、止む無く断念。
他にも、行きたいけど行けないイベントがあった。
不義理をしてしまい、いろいろ申し訳ない。

もう少し体力・気力があったらなぁとつくづく思う。
人の半分も動けない状況が辛い。

夜中、10月26日(木)の川口市メディセンターのトーク、11月6日(月)の明治大学文学部教員研修会、11月18日(土)の日本トイレ協会シンポジウム(横浜)のレジュメ、講演要旨をそれぞれの担当者に送信。

これで少し息がつけるかな。

nice!(0)  コメント(0) 

「フラフラ・モヤモヤ会」でお話 [お仕事(講義・講演)]

10月20日(金)

関東学院大学「セクシュアリティ論」の講義を終えて、京浜急行金沢八景駅から品川駅まで乗り、JR山手線に乗り換えて、18時10分、恵比寿駅に到着。
長~い「動く歩道」を歩いてガーデンプレイス口に出て、「日仏会館」のレストラン「L'espace」へ。
IMG_7106.JPG

堀井清之先生(白百合大学名誉教授)主催の「フラフラ・モヤモヤ会」に出席。
IMG_7108.JPG
↑ お腹が空いていたので、ちょっと入れる。
お酒も、おいしそうなワインがあったが、出番前に酔っぱらうとますいので、ビール小さいコップ1杯だけにしておく。

IMG_7110.JPG
↑ フルートの三重奏+ピアノ

20時15分、予定より20分押しで出番
「東京・新宿の変遷とセクシュアリティ」と題して話題提供。
こんな高尚な会で、お話するようなネタではないのだが、皆さん、聴いたことがない内容だったようで、面白そうに聴いてくださった。
当初、15分の予定が、その場の都合(もう1人の話題提供者が欠席)で30分に延び、質問も2つあった。
22550003_1692537130809251_222225326205622076_n (2).jpg
22528410_1692537000809264_8718679984264631502_n.jpg
22550003_1692537130809251_222225326205622076_n.jpg
(撮影:小谷真理さん)

21時20分、お開き。
巽孝之先生・小谷真理さんもわざわざ来てくださって、うれしかった。
機会を与えてくださった堀井先生、ご紹介いただいた大木理恵子さん、ほんとうにありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

10月20日(金)関東学院大学「セクシュアリティ論」第4講「セクシュアリティの基礎(3)―性の多様性とL/G/B/T―」 [お仕事(講義・講演)]

10月20日(金) 曇りのち小雨  横浜  16.8度  湿度87%(15時)

9時、起床。
朝食は、ダークチェリーパイとコーヒー。
171020-1 (1).JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
白と黒のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ワインレッドのバッグ。
黄色のニットのポンチョを羽織る。

12時15分、家を出る。
東急東横線で横浜駅へ。
昼食はいつものように京浜急行ホームの「タリーズコーヒー」。
171020-1 (2).JPG
↑ チキンと彩り野菜の瀬戸内レモンパスタ ~青唐辛子風味~(990円)
これ好きだな。

13時16分発の特快(三崎口行)に乗車(5分遅れ)。
車中、コメント票を読む。
13時36分、金沢八景駅に到着。

13時46分発のバスに乗って関東学院大学へ。
14時、講師控え室へ。
レジュメは、160部を印刷。

15時、講義開始。
コメント票の感想を述べる。

第3講「セクシュアリティ論の基礎(2)―セクシュアリティの構成要素 性的指向・性幻想・性的嗜好、そして性行動―」の残りを解説。
1 性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
2 性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
3 性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
--------------(ここから)------------------
4 性的指向と性的嗜好の関係

残り65分で、第4講「セクシュアリティ論の基礎(3)―性の多様性とL/G/B/T―」 に入る。

1 「性」の4要素と多様性
(1)人間の「性」は、単純なものではなく、複数の要素から構成されている
(2)「性」を構成する要素は、基本的には独立のもので、必ずしも連動するとは限らない
(3)「性」を構成する要素が複数であることから、必然的に「性」の多様性が生まれる
(4)同性愛とトランスジェンダーの違い
2 「性」を多層構造で考える
(1)多数派の男性・女性
(2)同性愛の男性・女性
(3)トランスジェンダー
3 L/G/B/Tをめぐる諸問題
(1)L/G/B/Tとは?
(2)同性パートナーシップ/同性婚とは?
--------------(ここまで)--------------
(3)性別違和感(Gender Dysphoria=GD)とは?
(4)性別移行の「脱精神疾患化」

ちょっと、残ってしまったけど、切の良いところで。
16時30分、終了。

講師控室に戻り、後片付け。
16時45分、辞去。
16時49分発のバスで金沢八景駅へ。
今日は品川駅まで。
車中、コメント票の整理。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

10月19日(木)東京女子大学でゲスト講義 [お仕事(講義・講演)]

10月19日(木) 雨  東京  12.3度  湿度100%(15時)

9時、起床。
今日は、東京女子大学の公開連続講座「歴史の中の『LGBT』」でゲスト講義。
外は冷たい雨で、足腰の状態が不安だけど、頑張る!

12時半、家を出る。
東急目黒線で目黒に出て、JR山手線(新宿駅乗換)総武線で西荻窪駅へ
北口からバスに乗る。
商店街そして住宅街の細い道を走る。

14時15分、本降りの雨の中、東京女子大学に到着。
IMG_7095.JPG

今まであまりご縁がなく、20年数くらい前に、学会で来て以来かも。
IMG_7098.JPG

14時55分、講義開始。
テーマは「『あいまいな性』への抑圧は文明開化から始まった ―ジェンダー・セクシュアリティの枠組みの変化―」。
大雨だったのに、ほぼ満席(約140名)。
学生さんだけでなく教員の先生方がたくさん聴いてくださったのがうれしかった。
お声をかけていただいた藤野裕子先生、ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(4) 

10月17日(火)都留文科大学「ジェンダー研究1」第3講「『性』と社会を考える(2)―セクシュアリティ論の基礎―」  [お仕事(講義・講演)]

10月17日(火) 雨のち曇り  大月  14.7度

5時40分、起床。
40分ほど寝坊。
大急ぎで支度。
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ワインレッドのバッグ。
黄色のニットのポンチョを羽織る。
なんとか寝坊を回復。
朝食はブルーベリークリームパンとコーヒー。
IMG_7074.JPG
7時過ぎ、家を出る。

今日は東急目黒線で目黒駅に出てJR山手線で新宿駅へ。
8時05分、新宿駅に到着。
南口の駅弁屋で昼食用のお弁当を買い、8時30分発の「あずさ7号」に乗車。
お天気が悪いので自由席はまあ空いている方。
車中、コメント票を読む。
9時51分、大月駅着(11分延着)。
10時02分発の富士急行「ふじさん特急3号」に乗り換え。
10時20分、都留文科大前駅に到着。

10時27分、都留文科大学に到着。
レジュメは、2枚×420部を印刷。
今日はTAさんが運んでくれる。
教室に暖房を入れる(先週は冷房だったのに)。

10時50分、講義開始。
まず、コメント票の質問に答える。
続いて、第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」の残りを解説。

1 ジェンダーを考える
(1)ジェンダー(Gender)とは何か?
(2)ジェンダーの構築性
(3)“Doing Gender”という考え方
(4)ジェンダー概念の問題性
-------------(ここから)-------------------------
2 ジェンダーと労働
(1)雇用・労働における性差別の撤廃
(2)女性労働の特質

残り40分で、第3講「『性』と社会を考える(2)― セクシュアリティ論の基礎 ―」に入る。

1 セクシュアリティを考える
 (1) セクシュアリティ(Sexuality)とは何か?
 (2) セクシュアリティの構築性
----------(ここまで)----------
 (3) セクシュアリティにおける「正常」と「異常」の問題性
 (4) セクシュアリティ観の変遷
2 性的指向・性的嗜好・性幻想、そして性行動
 (1) 性的指向 セクシュアル・オリエンテーション(Sexual Orientation)
 (2) 性幻想 セクシュアル・ファンタジー(Sexual Fantasy)
 (3) 性的嗜好 セクシュアル・プレファランス (Sexual Preference)
 (4) 性的指向と性的嗜好の関係

例年のことながら、大きく積み残し。
来週、頑張らなければ。

昼食は厚岸駅「氏家待合所」の「かきめし」(1080円)
IMG_7075.JPG
やっぱり、おいしいな。
IMG_7076.JPG
IMG_7077.JPG
↑ 中庭。昼頃、やっと雨が上がった。
IMG_7078.JPG
↑ 定点観測の銀杏の木。
少し黄っぽくなってきた。

3限を終えた後、2年前の受講生が卒論の相談に来る。
まったく業務外だが、無縁ではないので仕方がない。
でも、テーマは「ファッションとジェンダー」。
「私、ファッションは専門外」だと、何度言ったら・・・。
40分ほどあれこれレクチャー。

いつもより1本遅い富士急&JR特急に乗り、18時15分、武蔵小杉駅に帰着。

駅構内の「タリーズコーヒー」で出欠記入。
新しい名簿が来たので転記。
結局、受講生はA組(2限)146名、B組(3限)292名で計438名。
(続く)


nice!(1)  コメント(0) 

力が尽きてきた [お仕事(講義・講演)]

10月15日(日)
(続き)
夜中、東京女子大学学会主催公開連続講座「歴史の中の『LGBT』」の第1回(19日・木曜)「『あいまいな性』への抑圧は文明開化から始まった ―ジェンダー・セクシュアリティの枠組みの変化―」のパワーポイント資料を作る。

残り3割くらいで、力が尽きてきた。
「パトラッシュ、僕はもう疲れたよ」

1時間ほど休憩して、エネルギーを補給。
171015-3.JPG
↑ 好物のアマンドショコラ。

さらに2時間ほどがんばって、ほぼ仕上げる。

就寝、5時半。

nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | 次の10件 お仕事(講義・講演) ブログトップ