So-net無料ブログ作成
お仕事(講義・講演) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

12月21日(木)早稲田大学基幹理工学部越境する文化」(第1回) [お仕事(講義・講演)]

12月21日(木)  晴れ  東京  10.4度  湿度50%(15時)

7時、起床。
9時過ぎ、家を出る。

東急東横線から東京メトロ副都心線に入り、西早稲田駅で下車。
駅の直上の早稲田大学理工キャンパスへ。
IMG_8054.JPG

今日から、年末年始の木曜日(4回)、早稲田大学基幹理工学部のリレー講座「越境する文化」の講義。
例年、年末2回、年始2回なのだが、今年は曜日の関係で年末1回、年始3回で、ちょっとやりにくい。
週3回の講義は年々辛くなるが、できるところまでは頑張ろう。

この講座、2015年度99人、2016年度194人と履修者の振幅が激しい。
2017年度は大きく減って元に(2015年度並)に戻った様子。

昨年と同じ52号館3階の多角形の不思議な形の大教室。
TAさんは一昨年、昨年と同じ顔なじみの着物好きの女子院生さん。

10時40分、講義開始。
1回目のテーマは、基礎の基礎で「ジェンダーとはなにか?」。
私語もほとんどなく、スムーズに話し終える。
12時08分、2分余して終了。

講師控室で、この講義の責任者の石井道子教授にご挨拶。
12時25分、辞去。

(続く)


nice!(0)  コメント(0) 

12月19日(火)都留文科大学「ジェンダー研究1」第12講「テレビ・メディアとジェンダー(2)―テレビドラマによる「ミス・リード」―」 [お仕事(講義・講演)]

12月19日(火) 晴れ  大月  11.6度

5時10分、起床。
朝食は、アマンドショコラとコーヒー。
IMG_8031.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
6時、化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのバッグ。
黒のカシミアのポンチョ。

7時、家を出る。
寒い。
東京都心も昨日に続いて氷点下。
ウチのあたりはー1度くらいかな。
こんな朝はあちこち痛い62歳の身体には辛い。

今日は東急目黒線(目黒駅乗換)JR山手線のルート。
8時05分、新宿駅に到着。
南口の駅弁屋で昼食用のお弁当を買い、8時30分発の「あずさ7号」に乗車。
車中、コメント票を読む。
9時40分、大月駅着。
10時02分発の富士急行「ふじさん特急3号」に乗り換え。
IMG_8032.JPG
↑ 富士急行・田野倉駅直前。
IMG_8033.JPG
↑ 富士急行・田野倉~禾生駅間。

10時20分、都留文科大前駅に到着。
やはり寒い。
道の脇の草に霜がびっしり。
大月の最低気温はー4.8度、私が通過した9時40分の段階でも+1.8度。
都留大は大月より間違いなく1度以上低い。

10時27分、都留文科大学に到着。
レジュメは、2枚×420部を印刷。

10時50分、講義開始。
まず、第11講「テレビ・メディアとジェンダー(1)―描かれるもの、消されるもの、操作されるイメージ―」の残りを解説。

1 テレビの中のL/G/B/T -その問題点-
 (1)取り上げ方のアンバランス
 (2)トランスジェンダーの扱いにおけるダブル・スタンダード
2 「おネエ」カテゴリーの問題性
 (1)「おかま」という言葉
 (2)「おネエ」という言葉
3 テレビ・メディアとトランスジェンダーの歴史 
 (1) 1960年代後半~1980年代
----------------(ここから)-----------------
 (2)1980年代末
 (3)1990年代前半
  【参考映像1】 「帰ってきたニューハーフ100人」(日本テレビ1996年3月?日放送)
 (4)1996年代後半~2000年代前半
  【参考映像2】「ニュース・ステーション 性を変えたい人」(テレビ朝日 1999年6月25日放送)
 (5)2000年代後半
 (6)2010年代

続いて第12講「テレビ・メディアとジェンダー(2)―テレビドラマによる「ミス・リード」―」に入る。

1 ドラマ「ラスト・フレンズ」を見る
【参考映像】「ラスト・フレンズ」(フジテレビ系列 2008年4~6月)
 (抽出シーン1) 瑠可が眠っている美知留にキスするシーン
 (抽出シーン2) 瑠可が病院のサイトを見るシーン 
 (抽出シーン3) メンタルクリニックのシーン
 (抽出シーン4) 瑠可が父親へカミングアウトするシーン、父親の述懐シーン
----------------(ここまで)-----------------
2 「ラスト・フレンズ」の問題点
 (1) 女性同性愛(レズビアン)の隠蔽
 (2) 女性同性愛(レズビアンと性同一性障害(FtM)の混乱 
 (3) 性的マイノリティ当事者の意見をほとんど無視

3 現実世界への影響
(参照)脚本家・浅野妙子さんへのインタビュー

パソコン、VHS、DVDと何度も切り替え、DVDの頭出しもまずまず手際良く、奮闘したかいがあって、なんとか予定の映像を見せることができた。
まだ少し遅れているが、年明けの2回で、話し終える目途がついた。。

昼食は「かきめし」(厚岸駅「氏家待合所」1080円)
IMG_8034.JPG
う~ん、やっぱり温めて食べたい。
IMG_8035.JPG
↑ 冬景色の中庭。寒いのに野外コンサートをやっている。
IMG_8036.JPG
↑ 定点観測の銀杏の木。今日も冬晴れ。学生さんがモコモコ。
15時35分、辞去。
IMG_8037.JPG
15時58分発の普通電車に乗る。
大月駅に16時26分着。
16時45発の特急「かいじ118号」に乗り換え。
立川駅に17時22分着。
16時32分発のJR南武線に乗り換え。
18時20分、武蔵小杉駅に帰着。

夕食は、家族と待ち合わせて東急スクエアの「おぼんdeごはん」。
IMG_8041.JPG
↑ 麦富士豚のすりおろし野菜ソース(1329円)。
IMG_8042.JPG
19時40分、帰宅。

お風呂に入って温まる。
就寝、2時。
nice!(0)  コメント(0) 

講演会、企画してくださる団体、ありませんか? [お仕事(講義・講演)]

12月18日(月)

「日本の性別越境文化の歴史と現在」をテーマにした講演は、今年になってから7月に千代田区、10月に川口市、そして12月23日に仙台市で3度目。

その度に資料を増補し改訂して、現在、本体の「日本の性別越境文化の歴史と現在」だけでスライド80枚、それとは別にトランスジェンダー文化の統一理論である「双性原理」の解説が12枚。

90分枠では、やや無理だけど、120分枠ならやれる。

来年度、どこかの団体、120分+質疑応答30分の150分(2時間半)枠で講演会を企画してくださらないでしょうか。

収支が引き合うかどうかはわからないけど、そんじょそこらで聞ける話でないのは間違いないわけで、聴いてくださったお客さんの満足度は(アンケートなどから推測するに)かなり高いと思います。

正直な話、150分全力投球が、気力・体力的にいつまでできるかわからない。
1~2年後にはもうできないかもしれない。
というかこの世にいないかもしれない。

もし、老人の話を聴きたいのなら、早くしないと駄目ですよ。
聞きたいと思った時には、もういなくなってるのだから。

nice!(0)  コメント(2) 

12月17日(日)仙台講演のパワーポイント資料を作る [お仕事(講義・講演)]

12月17日(日)  晴れ  東京  9.3度  湿度30%(15時)

11時半、起床。
朝食は、クレーム・ド・カカオとコーヒー。
IMG_8015.JPG
よく眠ったのに、身体がだるい。
昨夜の疲れが取れていないのかな?と思ったら、「薬」を飲み忘れていた。
24463210_1519396478144423_1626360488_o.jpg

昼食は、穴子寿司(2切)。
IMG_8016.JPG
家猫さんのチキンシチュー。
IMG_8017.JPG

午後、今週末(23日・土)の仙台講演のパワーポイント資料を作る。
80分の枠なのに、スライドが78枚になってしまった。
どうしよう・・・。

夕食は、加世ちゃんからいただいた豚の味噌漬け(秩父郡小鹿野町「宝屋」)を焼く。
IMG_8020.JPG
IMG_8023.JPG
野菜炒め。
IMG_8022.JPG

夜中、「Ship」の講演原稿の手直し(8割ほど)。

就寝、4時。
nice!(0)  コメント(0) 

12月15日(金)関東学院大学「セクシュアリティ論」第11講「『買売春』を考える(1)―「性の商品化」論と買売春論の基礎―」  [お仕事(講義・講演)]

12月15日(金)  曇り  横浜  8.5度  湿度50%(15時)

9時半、起床。
朝食は、アップルパイとコーヒー。
IMG_7990.JPG
シャワーを浴びて、髪と身体を洗い、よくブローしてあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒と白のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのトートバッグ。
黒のカシミアのポンチョ。

12時、家を出る。

東急東横線で横浜へ。
昼食は久しぶりに京浜急行ホームの「タリーズコーヒー」。
IMG_7992.JPG
↑ チキンと彩り野菜の瀬戸内レモンパスタ ~青唐辛子風味~ (980円)

13時46分発のバスに乗る。
13時55分、講師控え室へ。
レジュメは2×165部印刷.
15分前に教室(3号館5階502番)へ。

15時「セクシュアリティ論」の講義開始。
まず、第10講「『恋愛』と『結婚』のジェンダー&セクシュアリティ ―その現在―」の残りを解説。
1 結婚難の時代
 (1) 基本的要因
 (2) 恋愛と結婚の直結
 (3) 「婚活」は有効か? 埋まらない溝
2 「恋愛」と「結婚」の問題点
 (1) ドメスティック・ヴァイオレンス 
 (2) 選択的夫婦別姓制度
---------------(ここまで)---------------------
 (3) 同性パートナー問題
 (4) シングルマザー問題
 (5) 非婚単身者の激増
おわりに―「恋愛」と「結婚」の未来像―
(余白)捨て猫の寓話

続いて、第11講「『買売春』を考える(1)―「性の商品化」論と買売春論の基礎―」に入る。

1 「性の商品化」とは何か?
(1)定義
(2)なぜ「性の商品化」はいけないとされたのか?
(3)「性の商品化」論への反論
2 「買売春」論の基礎
(1)売春の定義
(2)売春はなぜいけないとされるのか? ー主張と反論ー
(3)「セックスワーク(性的サービス労働)論」の登場

さらに、第12講にも少し入る。
3 前近代日本の「買売春」の歴史
(1)「遊行女婦」「夜発」「傀儡女」(奈良時代~平安時代)
(2)「色里」の成立(平安時代後期~鎌倉時代)
------------------(ここまで)-------------------------------
(3)「廓」の成立と展開(安土桃山時代~江戸時代)
4 近代日本(明治~昭和戦前期)の「買売春」の歴史
(1)「貸座敷」許可と「娼妓」鑑札制度(明治時代)
(2)「廃娼運動」の活発化(大正・昭和戦前期)

16時30分、終了。
講師控室に戻り、コメント票の整理など後片付け。
16時55分、辞去。

16時59分発のバスに乗る。
17時25分発の特急(品川行き)で座っていく。
18時20分、自宅最寄り駅に帰着。
「東急ストア」で夕食の材料を買う
19時、帰宅。
今日は、往きも帰りも、右足の具合がまずまずだった。

夕食は、豚肉の生姜焼き。
IMG_7993.JPG
キャベツともやし炒め。
IMG_7994.JPG
酢いわし。
171215 (6).JPG

お風呂に入って温まる。
溜まっている「日記」を書く。

就寝、3時。



nice!(0)  コメント(0) 

なんちゃって「身体論」 [お仕事(講義・講演)]

12月15日(金)

10日(日)の「G-front関西」の講演会の質疑応答で、こんな質問があった。

「三橋先生は大学(大学院)で正規に『ジェンダー論』『セクシュアリティ論』を学んだのですか?」

ドキッ!

誤魔化しても仕方がないので、正直に返答。

「大学では『ジェンダー論』も『セクシュアリティ論』学んだことはありません。私の大学時代(1970年代)にはそういう講義はまったくありませんでした。だから私の『ジェンダー論』は『なんちゃってジェンダー論』ですし、『セクシュアリティ論』は『なんちゃってセクシュアリティ論』なのです」

その私が、来年度「身体論」の講義をすることになり、シラバスを書かなければならない時期になった。

実は「なんちゃって身体論」であることを、シラバスに正直に書こうか、迷っている。

今のところ、こんな講義内容を考えている。
もうまったくの寄せ集めで、専門の先生からしたらお笑い種だろうが、この程度しかできないのだから仕方がない。
もう開き直るしかない。
--------------------------------------------------
2018年度(春学期) 明治大学(和泉キャンパス)「身体と社会」

【テーマ】身体、社会との関わりからセクシュアリティを考える

【授業内容】
(1) ガイダンス ―身体・社会・「性」を考えることの意味-
(2) 「性」と身体 ―性分化の仕組み―
(3) セクシュアリティ論の基礎(1)―セクシュアリティの構築性―
(4) セクシュアリティ論の基礎(2)―性的指向・性幻想・性的嗜好―
(5) 身体・衣服・セクシュアリティ(1)―裸体と着衣のエロティズム―
(6) 身体・衣服・セクシュアリティ(2)―セクシーなファッションは誰のため?―
(7) L/G/B/Tとは何か(1)―言葉の意味とそれぞれの問題点―
(8) L/G/B/Tとは何か(2)―病理化と脱病理化―
(9) トランスジェンダーと身体(1)―女装と女体化の間・身体の自己決定―
(10) トランスジェンダーと身体(2)―そのセクシュアリティ―
(11) トランスジェンダーと身体(3)―トイレ問題・温泉問題―
(12) 「買売春」を考える(1) ―「性の商品化」論と「セックスワーク」論―
(13) 「買売春」を考える(2) ―歴史をたどる 前近代から昭和戦後期―
(14) 「買売春」を考える(3) ―現在の諸問題―   
      レポート提出

nice!(0)  コメント(0) 

12月12日(火)都留文科大学「ジェンダー研究1」第11講「テレビ・メディアとジェンダー(1)―描かれるもの、消されるもの、操作されるイメージ―」 [お仕事(講義・講演)]

12月12日(火)  晴れのち曇り  大月  8.3度

5時10分、起床。
朝食は、クリームロールとコーヒー。
IMG_7957.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
6時、化粧と身支度。
多色使いの植物柄のチュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのバッグ。
黒のカシミアのポンチョ。

7時、家を出る。
今日は東急東横線から東京メトロ副都心線で新宿三丁目駅へ。
8時05分、新宿駅に到着。
南口の駅弁屋で昼食用のお弁当を買い、8時30分発の「あずさ7号」に乗車。
車中、コメント票を読む。
9時40分、大月駅着。
10時02分発の富士急行「ふじさん特急3号」に乗り換え。
IMG_7958.JPG
↑ 富士急行・田野倉駅直前。
IMG_7959.JPG
↑ 富士急行・田野倉~禾生駅間。

10時20分、都留文科大前駅に到着。
今日はかなり寒い(10時の大月の気温5.6度)
右足が痛く、上り坂が辛い。

10時27分、都留文科大学に到着。
レジュメは、2枚×420部を印刷。

10時50分、講義開始。
まず、第10講「衣服とジェンダー&セクシュアリティ(2)―身体と装いの間―」の残りを解説。
1 「衣服」の構成要素 ―どこまでが装い?どこからが身体?―
 (1)服
 (2)装身具
 (3)身体装飾
 (4)身体変工
----------------(ここから)-----------------
2 ファッションとジェンダーの構造
 (1)裸体と着衣のジェンダー&セクシュアリティの構造
 (2)「見えない強制」の構造―「させられている」のか「しているのか」?―
3 ファッションとジェンダーの基本
 (1)ファッションとジェンダーの非対称性
 (2)ファッションの基本的自由と社会性
 (3)ファッションの自己決定の重要性

課題レポートの解説。

続いて第11講「テレビ・メディアとジェンダー(1)―描かれるもの、消されるもの、操作されるイメージ―」に入る。

1 テレビの中のL/G/B/T -その問題点-
 (1)取り上げ方のアンバランス
 (2)トランスジェンダーの扱いにおけるダブル・スタンダード
2 「おネエ」カテゴリーの問題性
 (1)「おかま」という言葉
 (2)「おネエ」という言葉
3 テレビ・メディアとトランスジェンダーの歴史 
 (1) 1960年代後半~1980年代
----------------(ここまで)-----------------
 (2)1980年代末
 (3)1990年代前半
  【参考映像1】 「帰ってきたニューハーフ100人」(日本テレビ1996年3月?日放送)
 (4)1996年代後半~2000年代前半
  【参考映像2】「ニュース・ステーション 性を変えたい人」(テレビ朝日 1999年6月25日放送)
 (5)2000年代後半
 (6)2010年代

まだ少し遅れている。

昼食は「牡蠣と炙り煮あなご弁当」(仙台駅「こばやし」1100円)
IMG_7960.JPG
まずまず、おいしい。
IMG_7961.JPG
IMG_7962.JPG
↑ 冬景色の中庭。
IMG_7963.JPG
↑ 定点観測の銀杏の木。今日も冬晴れ

15時35分、辞去。
15時58分発の普通電車に乗る。
大月駅に16時26分着。
16時45発の特急「かいじ118号」に乗り換え。
立川駅に17時22分着。
16時32分発のJR南武線に乗り換え。
18時20分、武蔵小杉駅に帰着。

夕食は、家族と待ち合わせて「グランツリー」の「原宿餃子楼」。
ピリ辛茄子。
171212-3 (1).JPG
焼餃子(3人前)。
171212-3 (2).JPG
ご飯セット(中)。
171212-3 (3).JPG
水餃子(写真撮り忘れ)1人前を追加。
杏仁豆腐。
171212-3 (4).JPG
1人前(250円)を3人で分けて食べる(貧)。

20時、帰宅。
明日の講義の準備。

お風呂に入って温まる。
就寝、2時。
nice!(0)  コメント(0) 

「G-front関西」クリスマス企画講演会 [お仕事(講義・講演)]

12月10日(日)
(続き)
12時30分、JR大阪環状線・京橋駅で下車。
南口に出る。
IMG_7919.JPG
賑わっている京阪口と違い、ずいぶん寂しい。

道に迷い、タクシーを拾ったが、そのタクシーに明らかな大回りをされ、予定より15分遅れで会場の「クレオ大阪東(大阪市立男女共同参画センター東部館)」に到着。
おっ、ここだ。
IMG_7922.JPG

「G-front関西」の打越代表、今回お世話になったMさんにご挨拶。
IMG_7932.JPG
「G-front関西」は1994年創立の老舗の自助支援グループ。
関西圏を中心にゲイ・バイセクシュアル・レズビアン・トランスジェンダーなど様々なセクシュアル・マイノリティが参加している。
機関誌『Poco a poco』は21号まで出ていて、蓄積も豊富。
IMG_7924.JPG

私も、2000年発行の15号の下に「MTFGID治療の現状」という文章を書かせていただいたことがある。
IMG_7925.JPG
それから17年が経ち、その時お世話になった森田MILKさんはもういない(2007年2月27日逝去)。
IMG_7928.JPG

人があつまらないのではないか?と不安だったが、パワポイント資料の確認をしているうちに、徐々にお客さんが入ってきて、会場が埋まっていき一安心(最終的には40名)。

今回は「日本トランスジェンダー史 -女装史とLGBTブームを追う-」というテーマで、クリスマス企画講演会に呼んでいただいた。
IMG_7931.JPG

14時30分、開会。
最初に自己紹介を兼ねて「私の軌跡」を30分。
IMG_7929.JPG
続いてメインの「大阪の女装文化」を60分。
IMG_7930.JPG
最後に「LGBTの現状について」の所感を30分ほどしゃべる。

休憩を挟んで、質疑応答。
たくさんの質問があり、できるだけ簡潔にお返事したつもりだったが、予定の15分を大きく超過して30分に。
17時40分、閉会。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

「G-front関西」講演会御礼 [お仕事(講義・講演)]

12月10日(日)

「G-front関西」のクリスマス企画講演会にお出かけくださった皆様、ありがとうございました。
24852341_301999456962118_4328423917970321606_n.jpg
会場に着いてパワーポイントのセッティングをしている時、「ほとんど誰も来ないのではないか?」という不安感に襲われましたが、最終的には「40名ほどの方が参加」「近年稀に見る盛況」とのことで、安堵しました。

こういう機会を設けていただいたお蔭で「大阪の女装文化史」を自分なりにまとめることができました。

また、懇親会では、手作りお料理を楽しくいただきました。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

12月10日(日)大阪へ [お仕事(講義・講演)]

12月10日(日)  曇り  大阪  13.8度  湿度52%(15時)

6時半、起床。
朝食は、クレーム・ド・カカオとコーヒー。
IMG_7906.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
多色使いの植物柄のチュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのトートバッグ。
黒のカシミアのポンチョ。

8時半、家を出る。
新横浜駅9時29分発の「のぞみ19号」で大阪へ。
大阪出張は今年4度目。

往きの富士山。
IMG_7908 - コピー.JPG
↑ JR東海道新幹線、新富士駅直前。
IMG_7909 - コピー.JPG
南(静岡)側は、雪が少ない。

名古屋駅を過ぎて、早めの昼食。
「東京の味 品川&深川」(1000円)
IMG_7916.JPG
「深川めし」と「貝づくし」の合体。
どちらも好物なのでうれしい。

11時40分、新大阪駅に到着。
タクシーで梅田へ。
「ヴィアイン梅田」に荷物を預ける。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | 次の10件 お仕事(講義・講演) ブログトップ