So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

フロンターレ、首位に勝点2差 [スポーツ]

10月21日(土)

サンフレッチェ広島0-3川崎フロンターレ
横浜Fマリノス3-2鹿島アントラーズ

よし、これで首位(アントラーズ)と勝点2差だ!

nice!(1)  コメント(0) 

W杯アジア最終予選、韓国とサウジアラビアが突破 [スポーツ]

9月5日(火)

サッカーW杯2018(ロシア)アジア最終予選、
A組、韓国がアウェーでウズベキスタンと0-0の引き分け。
勝点15の低レベルながら、かろうじて2位通過。
プレーオフに回る3位は、イランに1-2で敗れたシリアとウズベキスタンが勝点13で並んだが、得失点差でシリア。

B組、オーストラリアがホームでタイに2-1の辛勝。
勝点19、得失点差+5で終える。
UAEはイラクに1-2で破れ、4位が確定。
この結果、サウジアラビア(勝点16、得失点差+6)が日本に勝てば2位通過、オーストラリアが3位。
サウジアラビアが引き分けか負けると、オーストラリアが2位通過、サウジアラビアが3位となる。

さて日本の最終戦。
サウジアラビアの王太子が、日本戦のチケットを買い上げ、国民に配ったとのことで、ジッダのキング・アブドゥッラー・スポーツシティ は6万人の超満員。
まさに完全アウェー。
日本が勝った場合、無事に帰って来られるだろうか?
でも、東経135度の友人のためにも勝って欲しい。

日本の先発はワントップに岡崎、左に原口、右に本田。
中盤左に井手口、右に柴崎、底に山口。
ディフェンスラインは、センター左に昌子、右に吉田、左サイドに長友、右サイドに酒井(宏)。
GKは守護神川島。

前半、日本は守備的。
過酷な気象条件を考えて無理はしない感じ。
本田、身体の切れが悪く、ブレーキ。
前半は0-0で終える。

後半、本田に代えて浅野。
サウジアラビアの攻勢。
先制される。0-1
そのまま、良いところなく完敗。

サウジアラビアが、3大会ぶり5回目のW杯出場決定。
プレーオフは、シリアvsオーストラリア。
nice!(0)  コメント(0) 

2018ロシアW杯、出場決定! おめでとう! [スポーツ]

8月31日(木)

29日にサウジアラビアがUAEに逆転負け。
まさに天佑神助。
日本(勝点17)は、これで残る2戦、(H)オーストラリア(勝点16)、(A)サウジアラビア(勝点16)を連続引き分けでも予選通過となる。
さらに、オーストラリアに負けても、サウジアラビアと引き分ければOK。
でも、オーストラリアと引き分けで、サウジに負けると、たぶん(オーストラリアがタイに勝つと思うので)駄目。
2戦負けだともちろん駄目で。
B組3位(ウズベキスタンか韓国)とのアジア5位決定戦に回り、それに勝ったら北中米カリプ海4位(アメリカ、パナマ、ホンジュラスあたり)との大陸間プレーオフという地獄の道が待っている。

W杯2018アジア最終予選第9戦、日本vsオーストラリア。

大迫がワントップ、トップ下は右に乾、左に浅野、中盤は右に井手口、左に山口、その下に長谷部、バックスはセンターに昌子、吉田、右に酒井(宏)、左に長友、GKは川島。

前半20分までは、日本がやや押し気味ながら、決め手はなし。
日本の守備は組織的で、いまのところ破綻はなし。

前半40分、長友の左からのクロスを浅野が落ち着いて左足で合わせて先制。
前半を1-0で折り返す。
後半、オーストラリアの攻勢を、日本が耐える。

後半37分、井手口がドリブルで切れ込み、ミドルシュートが鮮やかに決まる。
これで2-0。

日本2-0でオーストラリアに勝利! 
2018ロシアW杯、出場決定!
おめでとう!

これでB組の残る1枠は、最終戦次第。
勝点16でサウジアラビアとオーストラリアが並ぶが、得失点差はサウジアラビアが+6、オーストラリアが+4でサウジが有利。
しかし対戦相手は、サウジアラビアが日本(1位抜け決定)、オーストラリアはタイ(最下位)でオーストラリアが有利。
オーストラリアが順当にタイに勝つと、サウジアラビアは日本に勝つことが必要になる(引き分けでは駄目)。


A組は、残り2試合の時点でイランが独走(勝点20)で勝ち抜け。
残り1枠を韓国(勝点13)とウズベキスタン(勝点12)が低レベルで争う。

今夜の試合で、韓国がイランと0-0の引き分け(勝点14)。
ウズベキスタンは中国に0-1で敗戦(勝点12)。
しかし、ウズベキスタンは最終戦がホームでの韓国戦。
勝てば逆転する。

nice!(0)  コメント(0) 

花咲徳栄高、決勝進出! 埼玉県勢で3度目 [スポーツ]

8月22日(火)

夏の高校野球(全国選手権大会)、準決勝で埼玉県代表の花咲徳栄高校(私立)が、西東京代表の東海大学付属菅生高校に延長12回9-6の激戦の末に勝利して初の決勝進出。

埼玉県代表の決勝進出は、1951年(昭和26)の熊谷高校(県立)、1993年(平成5)の春日部共栄高校(私立)に続き3度目。

埼玉県勢は過去2度、決勝で涙を飲み、準優勝に終わっていて、夏の大会の優勝がない。
(春の選抜大会は、1968年の大宮工業高校・県立、2013年の浦和学院高校・私立の2回優勝)

今度こそ初の夏の栄冠なるか?

nice!(0)  コメント(0) 

J1第22節、フロンターレ3-1でアントラーズを破る [スポーツ]

8月13日(日)

我が家の「隣組」川崎フロンターレ、第22節はホーム等々力競技場に、宿敵・鹿島アントラーズを迎えて、ここで負けたら優勝争いから脱落しかねない大事な一戦。

川崎フロンターレは前半を1-0で折り返す。
後半、FW阿部、MF家長のゴールで2点を加え(大歓声が聞こえた)、アントラーズの猛攻をGKチョン・ソンリョンの好守で1点で切り抜けて、3-1で勝利。

これで首位のアントラーズと勝点4差の4位。

お金もなく、優勝経験もなく、日本代表チームに呼ばれる選手も少なく、勝っても負けてもメディアに無視される地味なチーム。
(2005年のJ1再昇格以来、8、2、5、2、2、5、11、8、3、6、6、3位)

今年こそ、悲願の戴冠を! 



nice!(0)  コメント(2) 

大歓声が聞こえる フロンターレ、今夜も大勝 [スポーツ]

7月5日(水)

ウチの隣組の川崎フロンターレは、順延された日程の関係で、ホーム等々力競技場で連戦。
ゴールの度に大歓声が聞こえてくる。

7/1(17節) vsヴィッセル神戸 5-0
7/5(13節順延)vs浦和レッズ 4-1

しかも2試合続きの大量得点&大勝。
今夜も3度ほど大きな歓声が聞こえ、その度にパソコンや息子のスマホで情況チェック。

これで5位に上がった。
首位の鹿島アントラーズとは勝点4差。
ACLがあってきついスケジュールだが、後半戦もこの調子でいきたい。

「リヤドの悲劇」になる予感 [スポーツ]

6月13日(火)

W杯2018(ロシア)アジア最終予選第8戦、
イラクvs日本は、1-1のドロー。
厳しい環境(暑さ、高地)とベストメンバーにほど遠い陣容とはいえ、ひどい試合だった。

B組
1 日 本     5勝2分1敗 勝点17 得失点差+9
2 サウジアラビア 5勝1分2敗 勝点16 得失点差+7
3 オーストラリア 4勝4分   勝点16 得失点差+6

残り日本はオーストラリア(H)、サウジアラビア(A)。
サウジアラビアは、UAE(A)、日本(H)。
オーストラリアは、日本(A)タイ(H)。

勝ち上がりラインは、最低で勝点19だろう。
日本は残り2戦の内、1勝すれば勝点20で勝ち上がり。
2分だと勝点19、その場合サウジアラビアとオーストラリアも勝点19になる可能性が高く、3チームが勝点で並び、得失点差の争いになる。
1分1敗だと、勝点18止まりで、サウジとオーストラリアのどちらかが下位に取りこぼさないかぎり駄目。

次戦8月31日(埼玉スタジアム)のオーストラリア戦に勝って決めないと、9月5日に「リヤドの悲劇」になる予感。

ところで、A組もたいへんなことになっている。
韓国が最下位のカタールに2-3でまさかの敗戦。
ウリ・シュティーリケ監督(ドイツ人)が、最終予選2試合を残して成績不振を理由に解任されてしまった。

1 イラン     6勝2分   勝点20 得失点差+8 勝ち上がり決定
2 韓 国     4勝1分3敗 勝点13 得失点差+1
3 ウズベキスタン 4勝  4敗 勝点12 得失点差 0

イランが独走で勝ち抜け決定。
残り1枠をの韓国とウズベキスタンが争う。
得失点差を見てもかなり低レベルの争い。

残り韓国は、イラン(H)、ウズベキスタン(A)。
ウズベキスタンは、中国(A)、韓国(H)。
勝点では韓国がまだ有利だが、対戦相手は韓国の方が明らかに厳しい。
もう連勝する以外にない。
ウズベキスタンは、すでに脱落の中国に勝って、ホームで韓国との直接対決に勝てばいい。

5月28日(日)第84回日本ダービー [スポーツ]

5月28日(日)  晴れ  東京  26.7度  湿度51%(15時)

10時、起床。
朝食は、カカオ・ド・クレームとコーヒー。
IMG_4479.JPG

「日記」を書く。

昼食は、ざるラーメン。
IMG_4481.JPG
IMG_4482.JPG

テレビで、第84回日本ダービー(東京競馬場、芝2400m)を観戦。
1000m通過63秒の超スローぺス。
向こう流しで、クリストフ・ルメール騎手のレイデオロ(単勝2番人気、父キングカメハメハ、母ラドラーダ)が後方から一気に進出し先頭にならびかける。
直線、そのまま抜け出し優勝。
スローペースを読んだ冷静かつ果敢な騎乗が勝因。
早い話、腕が違うということ。
2着は3番人気のスワーヴリチャード。
青葉勝の勝馬で1番人気のアドミラブルは後方から追い上げたが届かず3着。
藤澤和雄調教師は念願のダービー初制覇。

大相撲夏場所千秋楽は、横綱白鵬が13度目の全勝優勝(通算38度目)。
1年間、優勝から遠ざかっていただけに、うれしそうだった。
関脇高安は11勝4敗で、場所後の大関昇進が確実。

髪の部分染め。
シャワーを浴びて、髪と身体を洗う。

夕食は、いわし(手前)とあじの一夜干し。
IMG_4483.JPG
「点天」の紫蘇餃子。
IMG_4485.JPG
平茸と卵のお汁。
IMG_4484.JPG

お風呂に入って温まる。
就寝、3時。

関脇高安、大関昇進ほぼ確実に [スポーツ]

5月26日(金)

大相撲夏場所13日目、関脇高安が横綱日馬富士に勝って11勝。
これで3場所通算34勝、来場所の大関昇進がほぼ確実に。

それにしても、土俵際、よく残って、逆転のはたき込み。
腰が重くなり劣勢になっても簡単に土俵を割らなくなった。
これも、稽古のたまもの。

大関になったら、同じフィリピン系の幼馴染、秋元才加嬢(女優)にプロポーズするのだろうか?
「横綱になったらね」といなされるような気がするが・・・。

観戦に来ていたお母さんがほんとうに喜んでいた。
高安(関脇)や御嶽海(小結)はお母さんがフィリピン人の「ハーフ」。
30年ほど前に来日して日本人男性の妻になったフィリピン女性の息子たちが、相撲界に入り、ここまで昇進してきたということ。
いろいろ苦労が多かっただろうから、いっそううれしいだろう。

羽生結弦、3年ぶり2度目の世界選手権、制覇 [スポーツ]

4月1日(土)

フィンランドのヘルシンキで開催されているフィギア・スケート世界選手権(男子)、羽生結弦選手がフリーで史上最高得点(223.20)。
トータル321.59で、SP5位(10.66差)から大逆転の優勝。
3年ぶり2度目の世界選手権、制覇。

SP2位の宇野昌磨選手はノーミスの演技で自己最高得点。
トータル319.31で羽生選手にわずか2.29及ばず2位。
日本勢は最高の1,2フィニッシュ。

2018平昌オリンピック、日本は男子3枠、女子は2枠。
男子は、羽生結弦と宇野昌磨は確実だが、あと1人は誰?
田中刑事は世界では通用しないし(今回19位)、やっぱり無良崇人かな。

女子は、宮原知子は確実で、もう1人は三原舞依、本田真凜、樋口新葉あたりの争いか。
「男子1枠返上するから、女子もう1枠ください」というのは駄目?

前の10件 | - スポーツ ブログトップ