So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

W杯H組、日本の緒戦、コロンビアを2-1で破り、勝点3 [スポーツ]

6月19日(火)

W杯2018ロシア大会H組、日本vsコロンビア戦。

【日本の先発】

    大迫
 乾  香川  原口
  柴崎  長谷部
長友 昌子 吉田 酒井宏
    川島

前半3分、香川のシュートをコロンビアDFカルロス・サンチェスがペナルティエリア内で手に当てて、レッドカードで一発退場。
正直言って、故意か微妙で、ちょっとかわいそう。
日本、数的優位に(1人多い)。

6分、香川が落ち着いてPKを決めて、日本が先制、1-0。

日本、数的優位を生かせない。
長谷部の反則で右45度のフリーキックを与える。
39分、キンテロに鋭いグラウンドFKを決められて1-1の同点。

前半1-1で終了。
人数11対10でやっと試合になってる感じ。

後半も数的優位なのに膠着状態。
23分、香川と本田が交代。
28分、6本目のコーナーキックを大迫がヘディングで決める。
2-1で再び日本リード。

コロンビア、反撃の攻め手がない。

日本、2-1で勝利、勝点3。

ラッキーな金星。
W杯で日本が南米勢に勝ったのは初めて。

しかし、87分も11対10で試合して2-1か・・・。
まあ、これが実力。

今日の殊勲者は、決勝ゴールと献身的な守備の大迫。
あと、長友の貢献度も高い。
ディフェンス陣では昌子も良かった。

本田は、出場時間が短かったのに、ボールを取られる場面、パスミスが多い。
途中出場なのに走れない。
やっぱり、もう体力的に無理だと思う。

H組のもう1試合、セネガルvsポーランド戦。

前半を終えて、セネガルが1-0でリード。

セネガル、守備が固く、カウンターが鋭い。
身体能力も高く、日本はかなりやりにくいと思う。
むしろ、オーソドックスなポーランドの方が戦いやすいかも。

後半15分、セネガルが追加点、2-0。
外に出ていた選手が(審判の許可を得て)ピッチに戻るや、ポーランドのバックパスを奪って疾走。
飛び出したGKを交わして、無人のゴールへ。
かなり珍しいシーン。

これはセネガルの勝ちだな。
2点を追うポーランドがなかなか攻められない。
それだけ、セネガルの守備が組織的で機能している。

後半40分、ポーランドがFKからのヘディング・シュートで1点を返す。2-1。

結局、セネガルが2-1でポーランドを破る。

これでH組は
セネガル  勝点3 得点2 失点1 得失点差+1
日 本   勝点3 得点2 失点1 得失点差+1
ポーランド 勝点0 得点1 失点2 得失点差-1
コロンビア 勝点0 得点1 失点2 得失点差-1

nice!(1)  コメント(1) 

W杯2018ロシア大会(4日目)メキシコがドイツを破る [スポーツ]

6月17日(日)

W杯2018ロシア大会F組、ドイツvsメキシコは互角の戦い。
メキシコのカウンターが炸裂して先制点!
前半を0-1で終える。

後半もドイツが圧倒的に攻めながら、どうしてもゴールを割れない。
結局、メキシコが1-0で、連覇をねらう優勝候補のドイツを破る金星。

17日のD組、クロアチアがナイジェリアに2-0で完勝。
E組、セルビアがコスタリカに1-0で勝利。

全体的にヨーロッパ勢が順調と思っていたら、盟主のドイツがつまずいた。

nice!(0)  コメント(0) 

W杯2018ロシア大会(3日目) [スポーツ]

6月16日(土)

W杯2018ロシア大会D組、初出場のアイスランドが、南米予選1位通過のアルゼンチンといい勝負をしている(前半1-1)。

北欧の小さな島国(人口38万人)とはいえ、ハイレベルのヨーロッパ予選を勝ち抜いてきた(I組1位通過)のだから、力はある。
それに、ともかく選手がデカい。

後半18分、メッシのPKをアイスランドのGKが止めた!

結局1-1で引き分け。
アイスランド、守り切った。
アルゼンチンはア80%ボールを確保しながら、アイスランドの堅守を破れなかった。
アイスランドにとっては大きな勝点1。
アルゼンチンにとっては痛い勝点1。

14日の開幕戦、ロシアW杯2018開幕。
開幕戦のA組、開催国ロシアがサウジアラビアに圧勝。
しかし、いくらなんでも5-0はひどいな。
ロシアは、ヨーロッパではBクラス。
アジア勢のレベルの低さを実証してしまった。
A組もう1試合(15日)は、ウルグアイがエジプトに1-0で辛勝。

15日のB組、グループリーグ屈指の好カード、スペインvsポルトガル戦は3-3のドロー。
高い技術と隣国同士の意地のぶつかり合い。
ポルトガルのロナウドがハットトリック(3ゴール)。
もう1試合のイランvsモロッコは、試合終了直前、モロッコDFの鮮やかなヘッド・オウンゴールが決まり、イランが1-0で勝点3を拾う
アジア勢の初勝利。

16日のC組、フランスがオーストラリアに2-1で勝利。
デンマークvsペルーは1-0でデンマークが勝利。
北欧勢はほんとうに守備が堅い。

nice!(0)  コメント(0) 

やっと勝てた。でW杯先発予想(願望) [スポーツ]

6月12日(火)

W杯2018ロシア大会直前、最後のテストマッチ、日本vsパラグアイ戦、4-2で久しぶりの勝利。

相手は、W杯には出られないとはいえ、ハイレベルな南米の古豪。
そこから4点は、上々の結果。

乾が2点、最後は香川が決めた。
(もう3点目はオウンゴール)

ガーナ戦、スイス戦と比べると別のチームかと思うくらいスピードがあり、アグレッシブ。

トップ下は、1得点、2アシストで、しかも守備の貢献度も高い香川で決まり。

この試合ではっきりしたのは、私が4年前から言っているように「本田はいらない」ということ。
スピードがない、ボールを奪われる、守備をしない、口は達者、そういう選手は使う意味がない。


で、私のW杯先発メンバーの予想(願望)

ワントップは大迫(岡崎)。
トップ下は、中央に香川、左に乾、右に原口(武藤)。
ボランチは、左に柴崎、右に大島(山口)。
センターバックは吉田と植田。
サイドバックは左に長友(酒井高)、右に酒井宏。
GKは「帯に短し襷に長し」だが、経験値を買って川島。

     大迫

  乾  香川  原口

   柴崎  大島

長友 吉田 植田 酒井宏

     川島


nice!(1)  コメント(0) 

W杯2018ロシア大会のグループリーグの予想 [スポーツ]

3日(日)
サッカーのW杯2018ロシア大会のグループリーグの予想。

A組
ロシア(66位:2大会連続11回目=開催国)
ウルグアイ(17位:3大会連続13回目)
エジプト(46位:7大会ぶり3回目)
サウジアラビア(66位:3大会ぶり5回目)
一番、実力が拮抗している組。
その中でもウルグアイが決勝トーナメントへ抜け出しそう。
次いでエジプトと開催国ロシアとの争い。
サウジアラビアにもチャンスがある。

B組
ポルトガル(4位:5大会連続7回目)
スペイン(6位:11大会連続15回目)
イラン(36位:2大会連続5回目)
モロッコ(42位:5大会ぶり5回目)
ポルトガルとスペインの2強でほぼ決まりだろう。
隣国同士の強豪国の首位争いは、グループリーグ一番の見所。
アジア最強のイランだが組合わせが悪かった。

C組
フランス(7位:6大会連続15回目)
ペルー(11位:9大会ぶり5回目)
デンマーク(12位:2大会ぶり5回目)
オーストラリア(40位:4大会連続5回目)
ここは上位3チームが拮抗。
オーストラリアはアジア予選を勝ち抜けなかった(大陸間プレーオフで出場)ように、一時期の強さがない。
オーストラリアから勝点3を取れなかった国が脱落か。

D組
アルゼンチン(5位:12大会連続17回目)
クロアチア(18位:2大会連続5回目)
アイスランド(22位:初出場)
ナイジェリア(47位:3大会連続6回目)
アルゼンチン、次いでクロアチアで決まりか。
初出場の小国アイスランドの健闘に期待。

E組
ブラジル(2位:21大会連続21回目)
スイス(6位:4大会連続11回目)
コスタリカ(25位:2大会連続5回目)
セルビア(35位:2大会ぶり12回目)
ブラジル、スイスが順当に決勝トーナメントに進みそう。

F組
ドイツ(1位:17大会連続19回目)
メキシコ(15位:7大会連続16回目)
スウェーデン(23位:3大会ぶり12回目)
韓国(61位:9大会連続10回目)
ドイツの力が抜けているが、メキシコとスウェーデンは甲乙つけがたい。
韓国は実力的に苦しい。

G組
ベルギー(3位:2大会連続13回目)
イングランド(13位:6大会連続15回目)
チュニジア(14位:3大会ぶり5回目)
パナマ(55位:初出場)
ベルギーの実力が抜けているが、イングランドとチュニジアは拮抗、2位争いに注目。

H組
ポーランド(10位:3大会ぶり8回目)
コロンビア(16位:2大会連続6回目)
セネガル(28位:4大会ぶり2回目)
日本(60位:6大会連続6回目)
3チームの力量が拮抗していて混戦。
日本から勝点3を取れなかったチームが脱落か。


nice!(0)  コメント(0) 

これがW杯に行くチームか? 日本vsガーナ戦 [スポーツ]

5月30日(水)

W杯ロシア大会まであと半月、国内最後の調整の機会であるサッカー・キリンチャレンジカップ、日本vsガーナ戦。

え~? 本当にスリー・バック、やるの? 今になって基本フォーメーションをチェンジ?
って思ってたら、前半8分、ガーナにあっさりFKを決められる。

まあ、ガーナはW杯には出られないけどFIFAランク50位、日本はW杯に出るけど60位だから、ガーナの方が格上なのだけどね。

前半、0ー1で終了。
なんか、日本代表じゃなく、ガンバ大阪の試合を見てる気がしてきた。

後半5分、ガーナにPKを与え、決められる。
これで、0-2。

後半はフォー・バックに戻す。
本番半月前に試行錯誤かぁ。

結局、いいところなく、0-2で惨敗。

言い訳。
雨でピッチ・コンディションが悪かった(←ガーナも同じにゃ)。
海外のチームから帰国した選手の体調が整わなかった(←ガーナの選手はどこから来たにゃ?)。
猫にも通用しない。

ところで、明日のW杯代表メンバーが発表される。
現在の26人から3人が落とされて23人に絞られる。

GKは別として、今日の試合で出番がなかった選手が、落選候補か。
DFは遠藤(浦和)、植田(鹿島)あたり。
酒井宏(マルセイユ)は外れないだろう。
MFは乾(エイバール)、三竿(鹿島)。
今日、途中出場したがいいところなかった井手口(クルトゥラン・レオネサ)も安泰ではない。
FWは浅野(ハノーバー)か。

DFは怪我のリスクが高いから多めに連れて行くだろう。
落選候補は、怪我でコンディションが悪い乾、出番がない三竿、使い方が限られる浅野か。

結局、惨敗した4年前のブラジル大会と大差ないメンバー。
4年間、ほとんど進歩がなかったということ。

私は、前回大会で惨敗した直後から「チーム立て直しには、まず本田を外すべし」と言ってきたが、実際はその逆で、本田を外そうとしたハリルホジッチ監督が首になった。

まあ、そういうことなので、ロシア大会の日本代表には期待しない。

nice!(0)  コメント(0) 

サッカー女子W杯アジア最終予選、日本vs韓国戦 [スポーツ]

4月10日(火)

サッカー女子W杯アジア最終予選、日本vs韓国戦。

日本は女の子がプレイしているが、韓国はFtMがやっているように見えた。
なんでだろう?と思ってよく見たら、髪形が違う。
日本選手はポニーテールがけっこういて、ショートヘアーでもそんなに短くない。
韓国選手はほとんどがベリーショート。
そういう決まりになっているのかな。

それはともかく、やはりかなり苦戦。
韓国に勝てば、W杯出場決定なのだが・・・。

前半、なんとか0ー0で終える。

後半20分過ぎ頃から韓国の脚が止まる。
日本、攻勢も、なかなか得点できず。

結局、0ー0で試合終了。

日本は勝ちたかった試合を勝てなかった。
韓国は引き分けでも十分な試合を引き分けた。

日本は勝点4だが、リーグ最終戦は強豪オーストラリアなので、勝点4止りの可能性がある。
韓国は現時点では勝点2だが、最終戦は1ランク実力が劣るベトナム戦なので、勝点5まで望める。

nice!(1)  コメント(0) 

サッカー日本代表ハリルホジッチ監督解任 [スポーツ]

4月9日(月)

サッカー日本代表日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)を解任。
後任監督は西野朗・技術委員長(63)が就任。

朝のニュースで「ハリル解任か?」が流れていた。
駅売りのスポーツ紙にも載っていた。

仮想セネガルとはいえ、アフリカ最終予選惨敗のずっと格下マリに(後半ロスタイムの1点)でやっと引き分けた段階で、私だけじゃなく、多くの(ある程度、サッカーを知っている)ファンは「こりゃ駄目だ」と思ったはず。

本番2カ月前の監督交代は異例だしリスクも大きいが、ハナオホジッタ監督のまま何もしないで惨敗するより、リスクを取った方がまだマシな気がする。
------------------------------------
ハリル氏後任は西野朗氏 日本人監督でのW杯、2人目に

日本サッカー協会は9日、日本代表の新監督に、技術委員長の西野朗・技術委員長(63)が就任することを発表した。田嶋幸三会長が都内で会見し、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)を解任することと併せて理由を述べた。
西野新監督は、23歳以下日本代表を率いて1996年アトランタ五輪でブラジルに勝利。2002年から10年間、ガ大阪を率いてJ1優勝やアジア・チャンピオンズリーグを制覇した。16年3月から、日本代表の強化などを担当する技術委員長を務めていた。
日本人監督がW杯本大会で指揮を執るのは、1998年フランス大会と2010年南アフリカ大会で、日本代表を率いた岡田武史氏以来2人目。ワールドカップ(W杯)ロシア大会の開幕が6月14日に迫る中、西野新監督は低迷するチームの再建に短期間で取り組むことになった。
就任会見は後日行われるという。

『朝日新聞』2018年4月9日16時17分
https://www.asahi.com/articles/ASL494FXWL49UTQP023.html?iref=comtop_8_03

------------------------------------------
nice!(0)  コメント(0) 

マリに苦戦するようでは・・・ [スポーツ]

3月23日(金)

サッカーW杯2018(ロシア)で対戦するセネガルに見立てたマリvs日本戦。

ずっと0-1で苦戦して、後半ロスタイム、試合終了直前にやっと追いついて、やっと1-1の引き分け。
いくらベストメンバーではないテストマッチでも、内容的にこれでは・・・。

まして、本番で当たるセネガル(FIFAランク27位)は、アフリカ最終予選で惨敗した(グループCで4分2敗で4チーム中最下位)マリ(同67位)よりずっと強い。
ちなみに日本は55位。

結局のところ、監督がヘボなんだなぁ。
でも、本番の3カ月前に代えるわけにもいかないしなぁ。

nice!(0)  コメント(0) 

女子マススタート高木菜那が金メダル、女子カーリングは銅メダル [スポーツ]

2月24日(土)

すごい、すごい!
新種目・女子マススタート、高木菜那(姉)選手が金メダル!
7O5cvDQM.jpg
オランダの選手の後ろにぴったりついて(よほど後ろにつくのが巧み)、最終コーナーの出口でインをついて、あざやかに抜け出した。

これで日本の金メダルは4つ(うち、女子スピードスケートが3つ)。
スピードスケートファンには、たまらないオリンピックになった。

女子カーリングの3位決定戦。
4-3で日本リードの第10エンド、イギリスは1点は確実な優位の状況。
日本は良くて延長戦、悪くすると逆転負けの状態。

ところが、2点目を狙ったイギリスの最後の1投が大ミス。
日本のストーンをセンターに動かしてしまい自滅。
思いがけない幕切れで、5-3で日本が勝利。

日本カーリング史上、初の銅メダル。
選手全員、大泣き。
解説者も涙声。
よかった、ほんとうによかった。

【追記】
最後に投げたイギリスのスキップ、ミュアヘッド選手の談話などを読むと、同点で延長戦になると、日本が後攻で有利になるので、一気に勝負を決めるつもりだったようだ。
チャレンジはチャレンジなのだが、本人も仲間も、そして日本選手も7割方、成功すると思っていたらしい。
真後ろのコーチ席にいた本橋主将によると、ミュアヘッド選手のストーン軌道は最初から外にズレていたそうなので、ベテランの名手とはいえ、やはり銅メダルが決まる一投でプレッシャーがあったのだろう。



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - スポーツ ブログトップ