So-net無料ブログ作成
検索選択
お仕事(出演・取材協力) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

「ばりばら」こぼれ話 [お仕事(出演・取材協力)]

5月2日(火)

30日放送の「バリバラー検証”オネエ”問題ー」こぼれ話2題。

(1)
冒頭、杉山文野さんがTRPP(東京レインボープライドパレード)のPRする場面、台本では、それに続いて、牧村さんと私が「いっしょに歩くと楽しいですよ」みたいなことを言うはずになっていた。

しかし・・・、
三橋「すいません、私、パレード一度も歩いたことないのですが・・・」
ディレクター氏「えっ・・・、じゃあ、その発言は牧村さんだけでお願いします」
牧村「あたしも、歩いたことありませ~ん」
ディ氏「・・・・」

結局、その部分は台本から削除された。

(2)
生放送終了後の控室。
杉山文野さんの「(上半身)生着替え=見事に分かれた腹筋」を見るべギー・バギーさん(ドラァグ・クイーン)の視線がとても熱かった。
セクシュアリティの多様性を実感。


25年かけて東京キー局、全局テレビ出演を達成 [お仕事(出演・取材協力)]

5月1日(月)

昨日のNHK教育テレビ出演で、東京キー局、全局テレビ出演を達成しました。
NHK総合・教育・国際、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京。
25年4半世紀かかってしまいました。
売れっ妓なら1カ月で可能だろうけど、自分なりの目標を達成できて、うれしかったです。
------------------------------------------------------
TBS 系列 1993年05月20日 「スーパーワイド:インドア アウトドア 女装の実態」
「エリザベス女装会館」の紹介番組に会員として出演。

日本テレビ系列 1993年07月26日 「男が女に変わる夜 -平成版ニューハーフの世界-」
  ニューハーフ、同性愛者の現在を紹介したドキュメンタリー番組に「エリザベス会館」のアマチュア女装者として出演。

フジテレビ系列 1994年07月18日 「今夜は好奇心:夫が女装する時」
 アマチュア女装の世界を紹介した番組に『ひまわり横浜撮影会の場面で出演。

テレビ朝日系列 1998年03月15日 「サンデー・ジャングル:追跡 きれい目 男ブーム
 シャズナのIZAMなどヴィジュアル系の男性について女装の専門家としてコメント。

NHK総合 2001年10月02日 「 おはよう日本 :“よのなか"を学ぶ授業の試み」
  私がゲスト講師をつとめた足立区立第11中学校「よのなか」科の授業の紹介。
(この間、9年)
NHK国際 2010年2月3日 「NHKワールド:Boys Will Be Boys?」
 海外向けのニュース番組の「女装」特集にコメント出演。

テレビ東京系列 2012年02月11日「ジョージ・ポットマンの平成史ー女装大好き史ー」 「
 「なぜ平成時代 女装が大人気なのか?」企画提供&ゲスト・コメンテーター。
(この間、5年)
NHK教育 2017年04月30日 「バリバラ -検証”オネエ”問題ー」
 バリア・フリー・バラエティの「オネエ」問題特集に出演。

「バリバラ -検証”オネエ”問題ー」アフタートーク [お仕事(出演・取材協力)]

5月1日(月)

4月30日放送の「バリバラ -検証”オネエ”問題ー」アフタートークがアップされました。
http://www6.nhk.or.jp/baribara/movie/single.html?i=440#top
5月15日までの限定公開なので、お早目にご覧ください。

本番では2回しかしゃべるタイミングがなかった私が、たくさんしゃべっています。
.
番組終盤の「プレゼン対決」、台本で誰のが取り上げられるか決まっていましたが、動画をご覧になっていただければわかるように、アフタートークでいちばん盛り上がったのは、私が書いた「LGBT温泉旅行」でした。

理屈をつけると「現代の日本で性別二分化の装置として最も機能している温泉などの公衆浴場を逆手に取って、多様なジェンダー&セクシュアリティの人たちが、そこに行った時に、どういう現象が起こるかで、性別二分システムの矛盾・限界をあぶり出す」ということです。

次の企画がこれになれば、面白いのだけど・・・。
私は「バリバラ温泉旅館」の女将役を希望。

視聴御礼 [お仕事(出演・取材協力)]

5月1日(月)

昨日19時からのNHK教育テレビ「バリバラ -検証”オネエ”問題ー」をご覧になってくださった方、ありがとうございました。

生放送30分はあっという間で、内容の複雑さに対して時間がまったく足りませんでした。

私が大学の講義で1コマ(1時間半)かけている内容を、30分のバラエティー番組に詰め込んだわけで、消化不良でした。

帰宅後、Twitterなどを読むと、やはり「物足りなかった」という感想の方が多く、それも仕方がないと思います。

今回は、問題提起ということで、ご勘弁いただきたいと思います。

なお、まだご覧になっていない方は4日24時~(5日0時~)に再放送がありますので、よろしくお願いいたします。


4月30日(日)NHK教育テレビ「バリバラ -検証”オネエ”問題ー」生放送 [お仕事(出演・取材協力)]

4月30日(日)  晴れ  大阪  25.7度  湿度32%(15時)

生放送の日。
6時、起床。
朝食はクレーム・ド・カカオとコーヒー。
IMG_3997.JPG
化粧と着物の着付け。
いつもより慎重かつ丁寧にメイク
肌のコンディションはまずまずだが、それでもあちこちにほころびが・・・。
もうすぐ62歳には、現代の高画質放送は辛い。
まあ、いまさらミス・インターナショナルクイーン(2009年)のはるな愛さんと、ミス日本(2010年)ファイナリストの牧村朝子さんと競えるはずもなく。
自分の本領はそこではないのはわかっているけど。

8時40分、家を出る。
東急東横線で学芸大学駅へ。
行きつけの美容院「ヘアー アン ローズ」で髪をセット。
IMG_3999.JPG
IMG_4000.JPGIMG_4002.JPG
11時37分、品川駅発「のぞみ29号」に乗車。
車中、昼食。
IMG_4003.JPG
夕食が遅くなると予想されるので、いつもよりガッツリ。

14時03分、新大阪駅に到着。
JR線快速で大阪駅へ。
駅の上に「ホテル グランヴィア大阪」に荷物を預ける。
タクシーでNHK大阪放送局へ。
IMG_4004.JPG
↑ 大阪市歴史博物館と同じビルに同居している。
IMG_4005.JPG
↑ 大阪城が近い。

14時50分に(予定より40分早く)NHK教育テレビ「バリバラ -検証”オネエ”問題ー」の生放送のため局入り。
担当のチーフ・ディレクター角野さんに挨拶。
台本をチェックして、訂正箇所(誤植)を2カ所ほど指摘。
共演の牧村朝子さん、ノッピーさん(隠れゲイ)と挨拶。

15時45分から、MCの方との最終的な打ち合わせ会議に出席(他の出演者は出ないのだけで、一応、企画協力者なので)。
MCの山本シュゥさん、大西瞳さん、玉木幸則さんに挨拶。
生放送で流すビデオの扱いについて、いろいろ意見が出て、終了予定の16時45分を過ぎ17時まで。

休む間もなくスタジオ入り。
共演のべギー・バギーさん(ドラァグ・クイーン)、杉山文野さんに挨拶。
17時から、カメラリハーサル。
ちょっと緊張気味。

18時、やっと休憩。
メイク室で、簡単にメイクを直してもらう。
ここで、はるな愛さんと2年ぶりの再会。
バリバラ170430_1.jpg
18時45分、生放送のスタジオ入り。
19時~19時30分、生放送、本番。
C-p2hlUVwAA6UaS.jpg
次の仕事に向かうはるな愛さんと握手。
19時30分~45分、アフタートークの収録。

生放送の30分間はあっと言う間だった。
しゃべったのは2カ所だけだったが、リハーサルより本番の方がうまくしゃべれた。

終了後、共演の倉本美津留さん(放送作家)に挨拶。
化粧を落としたべギー・バギーさんの素顔と若さ(まだ20代)に驚く。
谷町四丁目の「五連」という店で、打ち上げ。
IMG_4008.JPG
IMG_4006.JPG

22時20分、ホテルに戻る。
疲労困憊。

首の凝り、左腰の痛み、脚のむくみがひどいので、マッサージさんを呼ぶ。
50分間、施術してもらい、やっと楽になる。
23時半頃、意識を失う


4月19日(水)「ハフィントンポスト・ジャパン」のインタビュー取材 [お仕事(出演・取材協力)]

4月19日(水)  晴れ  東京  26.1度  湿度24%(15時)

10時半、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のペッパーシンケンサンドとコーヒー。
170419-1.JPG
今日も暖かいので初夏の装い。
IMG_3800(2).jpg
12時45分、家を出る。
たんぽぽがたくさん咲いている。
IMG_3797.JPG
空の色、雲のたたずまいもすっかり初夏。
IMG_3798.JPG

東急東横線から東京メトロ副都心線に乗り入れて新宿三丁目駅で下車。

新宿二丁目の「ココロカフェ」で「ハフィントンポスト・ジャパン」のインタビュー取材を受ける。
170419-2 (1).JPG170419-2 (2).JPG
簡単なコメント取材かと思ったら、記者さんに加えて編集者さんが立ち会う本格的な取材だった。
お二人とも聞き上手で話しやすい方だったこともあり、3時間近くあれこれお話。

要は、日本のLGBT運動は、お金になることには熱心だけど(それ自体が悪いことではないが)、人権、歴史、文化という面を軽視しているのではないか。
とりわけ、GとLは自分たちがたどってきた歴史、築いてきた文化にもっと関心とプライドをもって欲しい、ということ。

インタビューの後、2丁目で写真撮影(←聞いてないよ)。
今までの撮影はほとんど歌舞伎町だったので、二丁目で写真を撮られるのは初めて。
アウェーの試合場で撮影しているような微妙な違和感。

その後、マーガレットさんのお店「オカマルト」に寄る。
とまとさんがいた。

19時45分、帰宅。
遅くなってしまったので、夕食は簡単に。
牛肉と野菜の炒め物。
170419-3 (1).JPG
生野菜。
170419-3 (2).JPG
鯵のなめろう。
170419-3 (3).JPG
蕗と蕨の煮物。
170419-3 (4).JPG
明日の講義の準備。
お風呂に入って温まる。
疲れたので、早寝。
就寝、2時。


ネット・マガジンから取材依頼 [お仕事(出演・取材協力)]

4月8日(土)

あるネット・マガジンから取材依頼がきた。
「今の『LGBTブーム』のマーケティング的手法や、前面に出てくるシャイニーな人たちについて」批判的な意見を聞きたいらしい。

で、ちょっと整理。

マーケッティング的手法に対しては、
① 「LGBT」に限らず、もともと消費を煽るような手法が好きではない。
(理由1)「足るを知る」(老子)の思想。
(理由2)自分がお金がないので、消費に乗れない。

② 「LGBT」市場、「LGBT」需要という考え方が、(すべてではないにしろ)かなり虚偽である。
日常生活(衣食住)における消費に関して「LGBT」と非「LGBT」の間で大きな差があるわけではない。
「LGBT」だって普通に、家に住み、物を食べ、服を着ている。
たとえば、「LGBT向け旅行宿泊プラン」という商品が新規需要開拓であり経済効果を生むかと言えば、かなり嘘だ。
今までも「LGBT」が旅行できなかったわけではないからだ。
LGBについては詳しくは知らないが、少なくともTに関しては旅行好きな人はけっこういる。
「旅行家」に近い人までいる。
今までだって普通に旅行していたのだから、「LGBT向け旅行宿泊プラン」に大きな魅力は感じない。
「LGBT向け墓地プラン」も同様で、今までだって「LGBT」はお墓に入れなかったわけではないから、新規需要開拓→経済効果とはならない。
まったくゼロではないだろうが。

私は「お商売」のための嘘に敏感なので、こうした虚偽が余計に気に障るのだと思う。

「前面に出てくるシャイニーな人たち」については、基本的に批判的なわけではない。
マイノリティの運動は、それぞれの人がそれぞれの立場で頑張ればいい。
広告会社の人は、「LGBT」を使ってプロパガンダ(広告)をすればいい、それが仕事なのだから。
ただ、広告会社が言うことは基本的にプロパガンダだ、ということを忘れてはいけない。

長い目で見れば、そうしたいろいろな活動の総体が歴史を進めていくと思っている。

もう一言すれば、メディアで発信するのなら、もう少し謙虚な姿勢で勉強してほしい。
たとえば、ゲイが子どもを持つのに代理母出産を推奨するのなら、今まで積み重ねられてきた代理母をめぐる議論をもう少し学んでほしい。


記事になるらしい [お仕事(出演・取材協力)]

4月7日(金)

昨年10月25日に受けた山梨日日新聞インタビューがやっと記事(1000字ほど)になるらしい。

取材していたトランスジェンダーが行方不明になったとかいろいろ事情があったようだけど、半年近くも経っている。
LGBTの問題は流れが早いから、微妙にニュアンスが違ったりする。
そこらへん、少し原稿に手を入れて返送。
まあ、没にならなかったから、良しとしよう。

3月16日(木)NHKの人とわせ打ち合わせ [お仕事(出演・取材協力)]

3月16日(木)

10時、起床。
朝食はカスタードクリーム・デニッシュとコーヒー。
IMG_2843.JPG
化粧と身支度。
12時半、家を出る。
IMG_2844.JPG
今日は温かい。

駅前の本屋で『るるぶ』(札幌小樽)を買う。

東急東横線渋谷に出る。
「東洋気功整体院」に寄って、昨日、置き忘れた指輪を受け取る。

昼食は渋谷駅構内の「しぶそば」で。
170316.JPG
↑ 甘皮筍とたらの芽天の春のおすすめそば(530円)。
なかなかおいしい。

14時、「渋谷エクセルホテル東急」の喫茶室でNHKの人と打ち合わせ。
2月22日に続き2度目。
だいぶ番組のイメージが見えてきた。
しかし、改めてマッチョ・ゲイのタレントさんの不在を痛感。
17時20分、辞去。

18時半、帰宅。
家猫さんが職場の日帰り旅行で箱根に行っていて、息子も帰って来ないので、1人で夕食。
鰹のお刺身。
IMG_2850.JPG
菜花の油炒め。
IMG_2847.JPG
舞茸と湯葉(菜花の茎も)のお汁。
IMG_2849.JPG

週末の札幌出張の準備。
髪の部分染め。
お風呂に入って髪と身体を洗う。

「日記」を書く。
就寝、4時。



はるな愛ちゃんとテレビに出るかもしれない [お仕事(出演・取材協力)]

3月10日(金)

もしかすると、4月末に、はるな愛ちゃんと、いっしょにテレビに出ることになるかもしれない。

実現すれば、2003年11月(愛ちゃんがブレイクする5年前)のテレビ朝日スーパーチャンネル」以来、14年ぶりの「共演?」ということになる。

愛ちゃんが、大阪アイドル・ニューハーフだった1990年代からのファンだし、彼女がまったく売れない時代からの知り合いだから、とてもうれしい。

ただ、老化が進んだ私の肌の状態、現代の高精度のデジタル放送に耐えられる状態じゃないのだよね。
それを考えると、出演するべきか迷う。
でも、テレビ出演の機会は、これが人生最後かもしれない。
「記念」のつもりで、出ておこうかな。

前の10件 | 次の10件 お仕事(出演・取材協力) ブログトップ