So-net無料ブログ作成
検索選択
現代の性(性別越境・性別移行) ブログトップ
前の10件 | -

性分化疾患 手術せず性別変更 [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月20日(日)

これは性分化疾患(21水酸化酵素欠損症)の診断を受けた人が戸籍法113条に基づいて戸籍を「訂正」した事例であって、性同一性障害の人の戸籍「変更」事例と混同してはいけない。

性同一性障害の場合は、生殖能力の喪失を要件とした法律(GID特例法)が現行法としてあるので(その内容には問題があったとしても)、家庭裁判所はそれを守られなければならない。

記者は性分化疾患をずっと追っている方なので理解不足ということはないと思うが、微妙に誤解を誘うような書き方(構成)になっているのが気になる。
なにか思惑があるのか・・・。

【追記(21日)】
性分化疾患(DSD、インターセックス==IS)の人たちはもともと戸籍法113条(訂正)によって、戸籍の性別を変更することが可能だった。

(一部の)性同一性障害(GID)者の人たちは、2000年前後頃からミルトン・ダイアモンド博士の「GIDは脳のIS(のようなもの)」という学説を引っ張ってきて、「自分たちもインターセックス、だから戸籍の性別変更を認めて」という主張を始めた。

ところが、2003年に「GID特例法」が成立して戸籍の変更が可能になると、一転してISへの擦り寄りを止め、それどころか「ガイドライン」でISが診断除外になったことから、ISを忌避し始めた。

このような(一部の)性同一性障害者が自己の都合のためにISを利用し、そして捨てた没義道な態度は、当然、ISの人たちの大きな顰蹙を買った。
そのしこりは今も残っている。

今回の性分化疾患(DSD)の人の性別変更の審判に対して、その尻馬に乗って、GIDの戸籍変更要件の緩和を進めようという論理に、私が抵抗感を覚えるのは、そうした経緯を知っているからだ。

-----------------------------------------
性分化疾患 手術せず性別変更 「心の性」重視し家裁許可

男性ホルモンの分泌が過剰になる先天性の疾患により、体は女性だが自分を男性と認識し苦しんできた20代の2人に対し、家庭裁判所が2015年と16年、女性の体のまま戸籍を男性に変えることを認めていたことが分かった。
「心の性」が「体の性」と一致しない人が戸籍の性別を変更する際、日本では手術で生殖機能をなくすことが求められているが、国際的には人権侵害とも批判されている。今回のケースは今後の性別変更のあり方に影響を与えそうだ。【丹野恒一】

2人は東日本と西日本に住み、岡山大学病院を受診している。戸籍の記載の誤りは訂正できると定めた戸籍法に基づき、それぞれの地域の家裁に家事審判を申し立て、性別変更が許可されたという。

同院の大島義孝医師(精神科神経科)によると、出生時に性別判定が難しいことのある「性分化疾患」の一種、「21水酸化酵素欠損症」と診断されている。胎児期から男性ホルモンが過剰に分泌され、体が女性であることに強い違和感を持つことのある疾患だ。

両家裁は2人が既に男性として生活し、社会的な性別として確立していることなどを考慮。医療上の理由などで子宮や卵巣を摘出する手術を受けるのが難しく、戸籍上男性となっても妊娠・出産できる可能性は残しているが、問題としなかったという。GID(性同一性障害)学会理事を務める針間克己・はりまメンタルクリニック院長は「性別を判断する比重を『体』から『心』へと移した決定で画期的」と評価する。

「心の性」と「体の性」が一致しない人を巡っては、04年に施行された性同一性障害特例法で、性別適合手術で「体の性」を「心の性」に合わせることが性別変更の要件とされている。一方、世界保健機関(WHO)など国連機関は14年、手術の強要は人権侵害で、自己決定や人間の尊厳の尊重に反するとの共同声明を発表。日本でも同学会理事会が今年3月、声明を支持することを決めた。

谷口洋幸・高岡法科大教授(国際人権法)は「二つの家裁の判断がどこまで普遍化されるか分からないが、日本でも手術要件の撤廃に向けた動きが活発化してくれば、後押しする力になるだろう」と話している。

解説 生殖機能除去 重い負担

日本精神神経学会の調査によれば、心と体の性の不一致で国内の医療機関を受診した人は2015年までで延べ2万2000人以上に上る。これに対し、04年の性同一性障害特例法施行後、戸籍の性別を変更した人は16年末までに約6900人。専門家は、性別適合手術が精神的にも経済的にも負担となり、性別の変更をあきらめている人が多い可能性を示唆する。

性別適合手術は健康保険の適用外で、実施できる医療機関が少なく、タイなどで受ける人が多い。費用は国内外を問わず100万~200万円程度かかる上、術後の不調に苦しむこともある。当事者や医療関係者からは、健康な体にメスを入れることへの疑問の声も上がっている。

GID学会によると、海外では手術を性別変更の要件から除外する動きが進んでおり、既に英独仏など約30カ国では手術なしでも性別を変更できるという。日本でも近年、性的少数者(LGBTなど)の人権に関心が高まっている。「心の性」を重くとらえた今回の家裁の判断は、時代の流れに沿ったものと言えるだろう。【丹野恒一】

 【ことば】性分化疾患

染色体やホルモン分泌の異常が、卵巣・精巣や性器の発育に影響し、男性か女性かを明確に判断しづらいことのある病気の総称。成長後に自分の性別に違和感を持つこともある。日本小児内分泌学会の推定では4500人に1人の割合で生まれる。一方、「性同一性障害」は身体的には男女がはっきりしているが性別に違和感がある状態で、医学的には原因が特定されていない。

『毎日新聞』2017年8月20日 07時30分(最終更新 8月20日 09時39分)
https://mainichi.jp/articles/20170820/k00/00m/040/114000c
nice!(2)  コメント(0) 

「いずみちゃんナイト15」(高円寺) [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月20日(日)
(続き)
17時前、JR総武線高円寺駅へ。
商店街を歩いて「いずみちゃんナイト15」の会場「パンディット」へ。
IMG_6243.JPG
17時半、開会。
まずは13年ぶりの復活、おめでとうございます。

第2部「共産趣味」のヘルメット講座はとても勉強になった。

しかし、肝心の第3部「LGBTブームの影と闇」は明らかに突っ込み不足。
IMG_6250.JPG
ブーム批判派の人たち、意外にネタを持っていない?



nice!(0)  コメント(0) 

デマは止めてほしい [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月16日(木)

Twitterで私や畑野とまとさんが、最近になって「GID(性同一性障害)学会」に現れて、学会を乗っ取ったかのようなデマを飛ばしている奴がいる。

正確には、私は1999年の第1回研究大会から参加している最古参会員(さらに言えば数少ない19回連続参加)だし、とまとさんはビデオ参加が1回(2017年)あるだけで、生身では1回も参加していない。
私は、会員歴こそ長いが、学会の執行部である理事ではないし、今後もなるつもりもない。

トランスジェンダリズムを批判するのは好きにすればいいが、事実を捻じ曲げた誤った認識に基づく批判は止めてほしい。


nice!(0)  コメント(0) 

LGBのことはわからない [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月15日(火)

マサキチトセさんの「LGBTセミナー」についての動画を見て思ったこと。

私はTのことは、それなりに調べているし、自己体験もあるから、不十分ではあっても人前でしゃべることはできる。

でもLGBのことは、その定義や文化について一通りの解説はできても、自己体験がないから心情はわからない。
まして、QとかAとかXのことはもっとわからない。

人前でしゃべるほどの自信がないし、自分に誠実であろうとしたら、できない。

だから「LGBT」というテーマの講演はできるだけ引き受けない。
大学の講義では(仕方なく)「LGBTとは何か?」というテーマで一応の解説はするが、「正直言うと、LGBについてはよくわからないのですよ」と受講生には伝える。

だから、私は、「LGBT」について1人で自信をもって語る人って信じられない。

当事者性がない研究者でも、ちゃんとしたリザーチをして適切な方法で分析し、それに基づいて語るのなら、いいと思う(私は当事者絶対主義はとらない)。

でも、L・G・B・T全部について、ちゃんとリサーチしている研究者は日本にいないと思う。


nice!(0)  コメント(1) 

仮想「カミングアウト記者会見」 [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月13日(日)

昨日、思いついたことを、メモしておく。
-----------------
メディア関係者をたくさん集めて、友人の土肥いつきさんと「カミングアウト記者会見」を開く。

いつき「実はトランスジェンダーなんです」
順子「勇気がなくて、なかなか言えませんでした」

(会場から「バレバレだぞ!」と野次)

順子「会場に『まさかこの人がトランスジェンダー?』という方がいらっしゃいます。旅行家のよねざわいずみさんです。こちらに、どうぞ!」
(で、いずみさんもカミングアウト)

ここで、陪席の東優子大阪府立大学教授から「トランスジェンダーとは何か」「2人のカミングアウトにどのような社会的意義があるか」を語っていただく(パワポ・スライド100枚)。

あまり長いので、会場から野宮亜紀さんが立って、要点のみを解説。

これで、翌日の新聞の社会面に載る。
見出しは「『私はトランスジェンダーです』公立高校教諭と大学非常勤講師が衝撃のカミングアウト!」。

紙面コメントは、針間克己先生(関西版は康純先生)(精神医学)と佐々木掌子先生(臨床心理学)、それに鶴田幸恵先生(社会学)。

鶴田幸恵千葉大学准教授(社会学)のコメント「三橋さんとは研究者として長いお付き合いですが、トランスジェンダーだったなんて、まったく気づきませんでした」

これで完璧。

nice!(1)  コメント(0) 

【対談】「変わるものと、かわらないもの。女装文化への語らい。」 [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月12日(土)
IMG_5747 - コピー.JPG
『女装と思想』第6号(テクノコスプレ研究会、2015年12月31日刊行)に「巻頭特別対談」として掲載されたロングインタビュー「変わるものと、かわらないもの。女装文化への語らい。」を刊行者の許可を得て転載しました。
http://zoku-tasogare-2.blog.so-net.ne.jp/2017-08-11

聞き手は、あしやまひろこさん。

【目次】
1.女装者と男。女装者と女。
2.女装世界の変遷と媒体。ネット以前の出会い
3.性同一性障害と女装世界
4.男の存在しない女装世界の登場
5.口コミと草の根の時代への回想
6.女装と容姿
7.「場」の変化。変わらぬ根底。
8.女装とテクノロジー、発達障害
9.女装の力。変化と連続の文化。

この30年ほどの女装文化について、かなり本音で語っているので、面白いと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

とても心配だ [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月5日(土)

前gid.jp代表の山本蘭さんが久しぶり(4カ月半ぶり)にツィート。
それによると、肺の病気による極度の食欲不振で、身長172cmで体重44kg、BMIが15を切りそうとのこと。

5月5日のイベントでお会いしたときより、さらに痩せてしまったのでは?
(5月はまだ49kgはあったのが、3ヵ月で5kg痩せたとのこと)

この数値だと、基礎体力の低下がとても心配になる。
入院して人工的に栄養補給をするとか、なにか方法はないものだろうか。

nice!(0)  コメント(0) 

LGBTビジネスは戦国乱世 [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月2日(水)

昨今のLGBT界隈、とくに「お金儲け」が絡む話は、もう何が何だか解らない。
戦国乱世みたいなもので、従来、この世界でかろうじて保たれていた倫理やプライド(自尊心)はもう通用しない。

どうせ「お金儲け」チャンスは2020年までのあと3年、好きなように稼げばいい。

私は「紅旗征戎、吾事に非ず」だ。

お金絡みの話をいろいろ聞いていると、自分に「金儲けの才」がまったくないことが再認識されて、どんどん自己嫌悪になっていく。
(家猫「べつにお金儲けしなくていいにゃ」←なんていい子なんだ! 抱きしめ)

考えてみたら、LGBTビジネスではトランス男性が各方面で「大活躍」だけど、LGBTビジネスで成功したトランス女性って聞いたことがない。

自分、友人・知人を見ても、トランス女性は「お金儲け」でなく、なぜか、お金にならない言論活動・執筆・研究に行ってしまう人が多い。
そうじゃなったら、普通に会社務め(OL)。
トランス男性では珍しくない「社長さん」(起業家)なんてめったにいない。

なぜなのだろう?
なにか根本的な資質の欠落とかがあるのだろうか?

LGBTセミナー勧誘でトラブル 男性の講師派遣中止 [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月1日(火)

『徳島新聞』の「高額セミナー」問題の続報。

---------------------------------------
LGBTセミナー勧誘でトラブル 男性の講師派遣中止

徳島県教委から性的少数者(LGBT)に関する人権教育指導員を委嘱されている男性(32)=徳島市=が、LGBTに高額セミナー契約を勧誘して苦情が出ている問題で、県教委が学校などへの講師派遣・仲介を中止していたことが31日分かった。県教委は「事実確認が十分できておらず、各方面への影響を考慮した」と説明。また、男性が人権教育啓発講師を務める徳島市と阿南市は「対応を含め、検討中」としている。

徳島県教委人権教育課によると、2016年度、この男性を人権教育指導員に委嘱。県教委が窓口になって16年度に16回、17年度にも既に10回、県内の学校や県職員向けの講演・研修で、LGBTについての講師を務めてもらった。この際はトラブルの報告はなかった。

県教委は5月にインターネットで、高額セミナーを巡るトラブルを把握。本人に問い合わせたところ、トラブルを抱えている事実を認めたため、6月以降は新たな派遣依頼を受け付けていない。31日には報道を受け、講演を依頼済みの学校から「生徒への影響を考慮した」として、秋に行う講演への講師派遣を断る連絡があった。

この男性の人権教育指導員の任期は17年度末まで。県教委人権教育課の横畠道彦課長は「事実関係をしっかり確認し、今後も指導員を委嘱するかどうかも含めて、適切な対応を取りたい」と話した。

男性は16年4月から徳島市、17年2月からは阿南市の人権教育啓発講師を務める。阿南市で講師就任前に3回、徳島市では講師就任後に1回、市民らを対象に講演した。

男性は30日、徳島新聞の取材に「公の肩書きを使って信用を得ようとした事実はない。その辺りの線引きはきちんとしている」と話した。

『徳島新聞』2017/8/110:44
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/08/2017_15015518859814.html

高校卒業、おめでとうございます [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月31日(月)
神戸新聞20170731-1.jpg
神戸新聞20170731-2.jpg
この春、高校卒業だったのか・・・。おめでとうございます。

ということは、『神戸新聞』が女子として小学校に入りたいという母子の希望を記事にしてから、もう12年が経ったということ。
【訂正】資料を確認したところ、『神戸新聞』の最初の報道は2006年5月で、11年前だった。

当初から情報をフォローしていた者としては、時の流れの早さに感慨を覚える(歳をとったんだなぁ)。

この方の成長に対応するように日本精神神経学会の「性同一性障害」治療ガイドラインが変更され、そういう意味では「子どもの性同一性障害」の「早期対応」の実験だった。

「子どもの性別違和」は不確定な部分が大きく、思春期に違和感が和らぐこともかなりの確率である。
だから、「早期治療」がベストな選択なのか意見が分かれる。

この方の場合、結果オーライでほんとうに良かった。
その時、その時に柔軟かつ適切な対処をした良き主治医に恵まれたことも大きいかったと思う。

前の10件 | - 現代の性(性別越境・性別移行) ブログトップ