So-net無料ブログ作成
検索選択
現代の性(性別越境・性別移行) ブログトップ
前の10件 | -

「GID特例法」の改正に向けて [現代の性(性別越境・性別移行)]

2月17日(金)

「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(GID特例法)」の改正を目指す動きがやっと出てきたようだ。
実現までにはまだまだ先は長いが・・・。

私の基本主張は「GID特例法」廃止&「性別移行新法」の制定だが、現実的には「GID特例法」の大幅な改正で仕方がないだろう(妥協)。

具体的には、法律名はもちろん、対象となる人の規定、そして、国際的な人権規約を踏まえた上で、現行の5要件のほとんどの撤廃などを目指すべきだ。
要件は「成人要件」だけでいいと思うが、同性婚の法制化がいっこうに進まない現状では、法律間の整合性という観点から「非婚要件」が残るのは仕方ないだろう。

従来から批判が多い日本独自の「子なし要件」はもちろん、「生殖機能喪失要件」、「外性器形態類似要件」は、少なくとも法文からは外すべきだ。

細かな点は議論があるだろうが、性同一性障害という疾患概念の国際的な余命があと1年ほどであることを考えれば、もう動き出さないといけない(遅いくらいだ)。

裁判の意義と、人物への評価は別にしないといけない [現代の性(性別越境・性別移行)]

2月9日(木)

『朝日新聞』の記事で紹介されている臼井崇来人氏のTwitterとブログから。
-----------------------------------
ノーホル・ノーオペFTM臼井崇来人 @tacaquito

昨日、お風呂場でガチ事件。犯人はどちら?
「お前は男じゃない、女だ!」という息子。
「バカにしとんか」と殴りかかる父。

https://twitter.com/tacaquito/status/826960108013940736
-----------------------------------
「お前は女だ!」息子のドヤ顔にブチ切れる
トランスDV親父の風呂場しごきと悲劇
〜和解のための五感活用のルール〜

風呂場で事件は起こりました。流血惨事にこそならなかったものの、頭蓋骨に突き刺さろうがおかまいなしの形相で「ゴチン」と歯ブラシの尻で頭にゲンコツを入れるや否や「なんださっきの言い方は、馬鹿にしとんか?」と腹に足キックをかまし、そのまま壁に押し付け、息苦しそうな顔を睨みつけます。
http://blogs.yahoo.co.jp/inakaoyako
-----------------------------------
これって、典型的な連れ子への暴力(虐待)ではないか。
性別についての裁判どころか、警察に通報ものでしょう。
和解すればいいってもんじゃない。
大人から子供への暴力行為そのものが問題なのだ。
どうも子供への暴力の感覚が、私とはまったく違う人物ようだ。
裁判の意義と、人物への評価は別にしないといけない。
-----------------------------------
性別変更に「手術は必須」なのか?
朝日新聞170208.jpg
戸籍上の性別を変えるのに「不妊手術」を義務づけた性同一性障害特例法は違憲だと訴え、女性から男性への性別変更を求めた家事審判で、岡山家裁津山支部(柴田憲史裁判官)は「手術要件は合憲」と判断し、申し立てを却下した。6日付。申立人側は国家賠償訴訟も視野に、広島高裁岡山支部に即時抗告した。

■家裁支部「手術要件は合憲」と判断
申し立てたのは、女性の体で生まれ、男性として生きるトランスジェンダーの臼井崇来人(たかきーと)さん(43)=岡山県新庄村。

臼井さんは39歳で性同一性障害の診断を受け、その後、戸籍上の名前も男性的に変えた。ホルモン投与で声が低くなり、骨格筋が発達するなど男性のような体つきになった。ただ、「本質は手術のあるなしではなく、個人としてどう生きたいかではないか」との思いもあり、卵巣摘出などの手術を受けてこなかった。

昨年12月、性別変更を求める家事審判を津山支部に起こした。審判では、性別変更の要件の一つに「生殖腺や生殖機能がないこと」を定める特例法について、「身体に著しいダメージを伴う手術を要求するのは、自己決定権を保障した憲法13条に違反しており、無効だ」と主張した。

これに対して、決定は「(特例法の手術要件は)元の性別の生殖能力が残っているのは相当ではないことから定められたと解される」と指摘。「憲法13条に違反するほど不合理な規定ということはできない」と結論づけた。

臼井さんは昨年春から、パートナーの山本幸(みゆき)さん(39)と幸さんの長男(6)の家族3人で暮らす。性別を男性に変え、幸さんと異性カップルとして結婚したいと望む。7日、決定文書を受け取り、「当事者にも多様性があり、特例法ではカバーし切れない。手術をして後悔したという声も聞く。法が現実とかけ離れていると感じるが、司法の壁は厚い」と語った。

■受診1.5万人 性別変更2割

体の性別と異なる性別で生きるトランスジェンダーの中には、手術を望まず、ホルモン投与や服装などで自認する性別として生きる人々も大勢いる。

日本精神神経学会の調査では、特例法が施行された2004年から12年までに性別への違和感を訴えて受診した約1万5千人のうち、手術を経て性別変更に至ったのは2割だった。手術要件が壁になり、性別を変えられない人も多いとされる。就職や結婚のため、やむを得ず手術する事例もあるという。

法務省によると、不妊手術が要件とされたのは「元の性別の生殖機能により子が生まれれば、様々な混乱や問題を生じることになりかねない」などの理由からだ。だが、「手術などなしに自認する性別で生きる自由は、基本的人権として尊重されるべきだ」と指摘する専門家も少なくない。

国際的には「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康/権利)」を尊重し、性別変更の要件から手術要件を外す国が増えている。英、米の一部の州、アルゼンチン、独、仏などでは手術は不要だ。世界保健機関(WHO)なども14年、不妊手術の強制は人権侵害だとして廃絶を求める共同声明を出しているが、国内では特例法改正の動きにつながっていない。
(小川奈々、二階堂友紀)
『朝日新聞』2017年2月8日08時18分
http://digital.asahi.com/articles/ASK282PW8K28UBQU007.html?_requesturl=articles/ASK282PW8K28UBQU007.html&rm=774

「GID特例法」第2条の「性同一性障害者」の定義 [現代の性(性別越境・性別移行)]

2月9日(木)

以下、針間克己先生の見解。
重要な視点なので紹介。
http://d.hatena.ne.jp/annojo/20170208

「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(GID特例法)」では、「性同一性障害者」を次のように定義している。
「自己を身体的及び社会的に他の性別に適合させようとする意思を有する者」(第2条)
ということは、身体治療をしていない場合、身体的に「他の性別に適合させようとする意思」がないとして、定義を満たさないと解釈できる。

ホルモン療法や乳房切除術などの身体治療をしていない人は、上記の「GID特例法」が定義する「性同一性障害者」に該当しない可能性がある。

以下、私の見解。
たしかに身体治療をまったく行っていない人は、GID特例法が「意思」で定義している以上、厳密に言えば、法的な「性同一性障害者」からは除外される可能性がある。
身体に他の疾患や障害があって、身体治療ができない理由を述べれば除外されることはないだろうが、そうでない場合は、法律を厳格に適用すれば除外だと思う。
そもそも、医療的な診断基準とは別の定義を法律が作ってしまい、結果、医師が診断する「性同一性障害をもつ人」と、法律が定義する「性同一性障害者」とが、ズレてしまったことに問題がある(これもまた、「GID特例法」の「毒」のひとつ)。

医療としては、性同一性障害の診断基準を満たしていれば性同一性障害をもつ人と言えるが、法律上の「性同一性障害者」の定義は、当然のことながら「GID特例法」の定義によるべき。

そうなると、「性同一性障害者」の定義に当てはまらない人が「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」の適用について申し立てするのは、当事者性という点で成り立たなくなる。


山口県岩国市の「性同一性障害者」自死事件 [現代の性(性別越境・性別移行)]

2月9日(木)
朝日新聞170206.jpg

お子さんに自殺されたお母さんには、さぞお辛いだろうと同情する。

その上でなのだが、このお母さん、いまだに性別違和というものを理解していないし、またこういう記事を書いている記者も同様なのではないだろうか。

それと、記事を読んで、あらためて気づいたことなのだ、自殺された方、性同一性障害であると職場でカミングアウトしながら、どうも診断書はとっていなかったようだ。
記事の中に、通院・診断・治療のことがまったく出てこないからだ。

現在、性同一性障害を理由にした解雇は違法であるとの判例はほぼ確立している。
ちゃんと医師の診断書があれば、訴訟でもかなり有利になる。
逆に、診断書がないと、性同一性障害であるという証明ができないので、職場に対しても、訴訟の場でも、かなり不利になる。

どうも、この方、段取りというか、順序を踏んでなく、その点、もう少しなんとかならなかったのか?と思えてならない。

『ル・モンド(LE MONDE)』の記事 [現代の性(性別越境・性別移行)]

2月8日(水)

フランスの夕刊紙『ル・モンド(LE MONDE)』に、私がコメントした記事が掲載されたのだけど、やっぱりまったく読めない(泣)。

「Junko Mitsuhashi」は私だろうが、「Junki Mitsuhashi」って誰だ?
------------------------------------------
La dérobade des jeunes Japonais « sans genre »

Ni « drag-queens » ni éphèbes androgynes, les « genderless danshi », de jeunes hommes travestis en femme, ne veulent pas tant devenir filles que s’affranchir des normes liées à l’identité sexuelle.

LE MONDE | 08.02.2017 à 06h36 • Mis à jour le 08.02.2017 à 06h52 |
Par Philippe Pons (Tokyo, correspondant)

LETTRE DE TOKYO

Deux jeunes Japonaises emmitouflées en raison des frimas de l’hiver, joliment maquillées, chevelure au vent pour l’une, bonnet cachant des boucles blondes pour l’autre, font du lèche-vitrines en se tenant par la main.

Quoi de plus naturel à Harajuku, quartier de la mode à Tokyo, prisé de la jeunesse. « Couple de femmes » ? Eclat de rire. « Non pas du tout, c’est ma copine ! » Donc, « la » blonde bouclée est un garçon… Elle est lui. Lui est elle… Difficile de distinguer.

Un cosplay, mascarade des ados nippons cherchant à donner vie aux personnages des mangas ? Non. Une nouvelle mode : « genderless danshi », les « garçons (danshi) sans-genre ». Une mini-culture qui fait fureur chez une minorité de jeunes Japonais qui se maquillent, se teignent les cheveux de toutes les couleurs, portent des vêtements de style féminin et prennent des poses de filles minaudant sur leurs selfies. A deux pas, la boutique Ding de leur styliste préféré, Yoji Kondo, présente ses créations.

Les plus célèbres genderless danshi lancent des modes, font de la promotion des marques de vêtements, sont omniprésents sur les réseaux sociaux et adulés des filles. Même la très conventionnelle chaîne de télévision nationale NHK leur a consacré un reportage en 2016.

Transgresser la structure binaire homme/femme

Takashi Marutomo est l’agent d’une quarantaine de modèles genderless danshi, dont le plus célèbre, Toman Sasaki (24 ans). Il a épinglé le phénomène apparu d’abord en Corée du Sud avec les vedettes de la K Pop et il a forgé l’expression japonaise.

« Les premiers sont apparus en 2014 sur les réseaux sociaux, explique-t-il. Le genre, très normé au Japon, est devenu secondaire pour ces jeunes garçons : ils cherchent ce qui leur plaît sans se soucier de ce qui est masculin ou féminin. Ils ne veulent pas devenir fille mais être beau. Une aspiration qu’ils partagent avec les filles qui, elles aussi, cherchent à plaire et se disent si tel genderless danshi réussit à s’embellir, je le peux aussi. C’est pourquoi ils suscitent un tel engouement chez elles. »

Les genderless danshi cherchent à transgresser la structure binaire homme/femme. Leur look et leur préférence sexuelle ne se recoupent pas. Ils se construisent une apparence en fonction de leurs goûts ; et, sur le plan sexuel, ils peuvent être hétéro, homo, bi… ou indifférents.

Frêle silhouette toute de noire vêtue, portant des chaussures à plateforme, tour à tour rieur ou romantique, Toman Sasaki se prépare dans sa loge à un spectacle qu’il donnera avec son groupe pop XOX (« kiss hug kiss », « bisou câlin bisou ») pour la Saint-Valentin, la fête des amoureux, très populaire au Japon.

Il se dit hétérosexuel sans exclure qu’un jour il puisse tomber amoureux d’un homme… « Ce que je recherche, c’est la beauté et plaire aux femmes comme aux hommes, poursuit-il. Adolescent, je ne m’aimais pas mais, plutôt que de rester complexé, j’ai décidé de m’embellir en me maquillant. Je ne vois pas pourquoi le maquillage et les parures seraient réservés aux filles. » Pourquoi la vogue des genderless danshi ? Toman Sasaki rit et reconnaît que lui-même ne comprend pas. Il ne conteste pas l’appellation mais n’en fait pas un étendard.

« Les Japonaises se détournent du macho »

Les genderless danshi ne sont ni des « drag-queens » échevelées, ni des éphèbes androgynes ; ils refusent d’ailleurs d’être qualifiés d’« efféminés ». « Ils introduisent une fluidité dans le genre en refusant de se conformer à l’image de l’homme et de la femme normée par la société », estime Junko Mitsuhashi, professeure assistante à l’université Meiji, spécialiste des questions de genre et elle-même transgenre.

« Depuis les années 1980, les jeunes Japonais sont en quête d’une identité indépendante du monde du travail où se forgeait la personnalité de leur père. Mes étudiants me disent qu’ils envient les filles pour leur façon libre d’exprimer leur individualité, par le biais de leur apparence », explique Junki Mitsuhashi.

Embryonnaire déplacement du marqueur de la masculinité ? « Le phénomène des genderless danshi reste marginal mais, ce qui est sûr, c’est que les Japonaises se détournent du macho », poursuit Junko Mitsuhashi.

« Dans le genderless danshi, la masculinité ne se renie pas : porter des atours féminins ne signifie pas qu’on veut forcément attirer les hommes. Le cross-dressing bénéficie au Japon d’une certaine tolérance et s’inscrit dans une longue tradition, rappelle Junko Mitsuhashi. Du kabuki, où des hommes interprètent des rôles de femmes, à la troupe théâtrale moderne Takarazuka où c’est le contraire : des femmes jouent des hommes. »

Dérobade de jeunes garçons qui cherchent à se soustraire aux normes imposées par la société, le phénomène genderless danshi n’est sans doute qu’une mode. Mais parfois, une mode en dit long sur les questionnements d’une société.

http://www.lemonde.fr/asie-pacifique/article/2017/02/08/la-derobade-des-jeunes-japonais-sans-genre_5076226_3216.html

<性同一性障害>保険証、「通称名」容認 [現代の性(性別越境・性別移行)]

2月7日(火)

こちらは、確実な前進。

-----------------------------------------------------
<性同一性障害>保険証、「通称名」容認

心と体の性が一致しない性同一性障害(GID)と診断され、戸籍上は男性だが女性として生活している京都市の50代の会社経営者について、京都府酒販国民健康保険組合が、保険証に通称の女性名を記載することを認めていたことが6日、分かった。支援団体によると、公的な身分証明書にもなる保険証で通称使用が認められるのは極めて珍しい。経営者は「私たちがストレスなく社会生活を営むうえで大きな前進」と話している。

経営者は2012年にGIDと診断され、14年春に性別適合手術を受けた。ホルモン治療を受け、化粧をするなど普段から女性として暮らしている。子どもがいるため、戸籍上の氏名は日常生活への影響を考えて変更していない。

このため、医療機関で受診すると男性名で呼ばれたり、「他人の保険証は使えない」と言われたりした。人間ドックでは男性用の更衣室に案内され、心理的ストレスを抱え続けてきた。

経営者は15年8月、加入する府酒販国民健康保険組合に女性名への変更を相談。組合が厚生労働省に照会したところ、「保険者(=組合)の判断で氏名表記して差し支えない」との回答を得たため、16年8月、女性名に変更した。

GIDの人たちが保険証に表記する性別を巡っては、厚労省が12年、戸籍上の性別を裏面に記載すれば、表面は「裏面参照」と記載してもいいとの判断を示した。

だが氏名についての規定がなく、これまで経営者の保険証には住民基本台帳に基づいて男性名が記載されていた。今回の女性名表記について、厚労省は「性同一性障害を持つ人々に配慮できる方法を内部で検討し、(組合に)回答した」としている。

氏名変更は家庭裁判所の許可を得て戸籍を変えれば可能だ。だが今回の経営者のように、さまざまな事情を抱えているため手続きを取らず、通称を使っているGIDの人たちも多いとみられる。【岡崎英遠】

◇大きなメリット
GIDの当事者らで作る一般社団法人「日本性同一性障害と共に生きる人々の会」のメンバーで臨床心理士の西野明樹さん(30)の話 これまで保険証の氏名は改名しない限り、変更できないという認識だった。適合手術を受けていないGIDの人にとっても、大きなメリットになるのではないか。
『毎日新聞』2017年 2月7日(火) 7:31配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000011-mai-soci

適合手術受けない性別変更認めず 岡山家裁津山支部 [現代の性(性別越境・性別移行)]

2月7日(火)

予想通り。
高裁に即時抗告するようだが、憲法判断を求めるのなら最高裁まで上げるしかないが、もう少ししっかりした理論武装しないと駄目だと思う。

-----------。--------------------
適合手術受けない性別変更認めず 家裁津山支部 臼井さんの申し立て却下

女性に生まれながら男性として生きたいと願う性同一性障害の臼井崇来人(たかきーと)さん(43)=岡山県新庄村=が、法が要件とする性別適合手術を受けずに戸籍上の性別を変更するよう求めた審判で、岡山家裁津山支部は7日までに申し立てを却下した。6日付。

柴田憲史裁判官は審判書で、性別適合手術を性別変更の要件とする性同一性障害特例法の規定について「憲法に違反するほど不合理とはいえない」と指摘。パートナーの女性と結婚の約束をしている臼井さんが女性として出産の可能性がないとする主張は「独自の見解であり、採用できない」とした。

7日午前に審判書を受け取った臼井さんは「自分の存在を否定されたようで残念。司法の壁は厚く高いが、性別に関する社会全体の考えを変えていくためにも声を上げ続けたい」と話した。臼井さん側は結論を不服として広島高裁岡山支部に即時抗告する方針。

臼井さんは、2013年に性同一性障害と診断され、14年に現在の名前に改名。性別適合手術を受けないまま昨年3月にパートナーの女性との婚姻届を提出したが不受理となり、岡山家裁への不服申し立ても却下されていた。同12月、「性別変更のために手術を実質的に強制していることは、憲法が定める自己決定権を侵害している」として、性別変更の許可を求める審判を申し立てていた。

『山陽新聞』2017年02月07日 12時56分 更新
http://www.sanyonews.jp/article/484579/1/

インド最高峰のファッションショーに初のトランスジェンダーモデル [現代の性(性別越境・性別移行)]

2月3日(金)

ファッションショーの舞台はインドだが、このモデルさんはネパールのTranswoman。
日本ではあまり知られていないが、ネパールのトランスジェンダーはとても頑張っている。

---------------------------------------------------
インド最高峰のファッションショーに初のトランスジェンダーモデル
アンジャリ・ラマ(ネパール) (7).jpgアンジャリ・ラマ(ネパール) (1).jpg
インド西部ムンバイで行われたインド最高峰のファッションショー「ラクメ・ファッション・ウィーク」に初めて登場したトランスジェンダー・モデルとなったネパール人のアンジャリ・ラマさん(2017年2月1日撮影)。(c)AFP

【2月2日 AFP】インドのムンバイ(Mumbai)で開幕したファッションショー「ラクメ・ファッション・ウィーク(Lakme Fashion Week)」に、初めてトランスジェンダー(性別越境者)のモデルが登場した。

インド最高峰のファッションショーのランウエーを歩いた初のトランスジェンダー・モデルとなったのはネパール人のアンジャリ・ラマ(Anjali Lama)さん(32)。ネパールの農村に男性として生まれたラマさんは12歳のときに女性として生きたいと家族に伝えたが、実の兄弟たちからさえ疎んじられた。しかしラマさんは嫌がらせや偏見を乗り越えてヒマラヤ(Himalaya)の山岳国家ネパール初のトランスジェンダー・モデルとなり、ついには2月1日から5日までインドで開かれているファッションの祭典「ラクメ・ファッション・ウィーク」のランウエーを飾るまで上りつめた。

ラマさんは自身が活躍することで、保守的な南アジアでジェンダー・アイデンティティー(性自認)を理由とした差別に苦しむ人々を励ましたいと望んでいる。

■「間違った体に生まれた」 
ラマさんはネパールの辺境地ヌワコット(Nuwakot)の貧農家庭に男性として生まれ、ナビン・ワイバ(Nabin Waiba)と名づけられた。しかしラマさんはいつも自分は間違った体で生まれたと感じていた。そして2005年に初めて女性の服を着ようと決断したのだった。「私の兄弟をはじめ、実の家族のほとんどが本当の私を受け入れる心の準備はできていなかったので、私は強い気持ちを持ち続け、自分を信じるほかありませんでした。ずっと私を支えてくれたのは母と姉妹たちだけでした」

勉学のために首都カトマンズ(Kathmandu)に出てきたラマさんは、そこではある程度トランスジェンダーが受け入れられていることを知った。その後、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の人権団体「ブルー・ダイヤモンド協会(Blue Diamond Society)」にも参加している。

2009年、ラマさんは性別適合手術を受け、その翌年にトランスジェンダーを特集した雑誌の表紙を飾ったことから、モデルの仕事に興味を持った。これが刺激となってラマさんは専業モデルの道を歩むと決めた。しかしモデル事務所でレッスンを受けたものの、当初はなかなかモデルの仕事を得られなかった。

「ラクメ・ファッション・ウィーク」の開催を前にAFPの電子メール取材に応じたラマさんはラマさんは「自分のアイデンティティーが原因でいつも仕事を断られ、ひどく落ち込んでいました」と当時を振り返る。だがそんなラマさんも2年ほど前に祖国ネパールで成功し、今ではモデルとしての地位を確立している。

■「第3の性」に寛容なネパール
ラマさんの成功の背景には、ネパールにおけるトランスジェンダーに対する認識の高まりがある。

ネパールは2015年、国民に自らの性別を選択する権利を認め、パスポートの性別カテゴリーに自身をトランスジェンダーとみなす人たちのため「第3の性」を加えている。

一方、隣国のインドにも「第3の性」と認識された「ヒジュラー」と呼ばれる人々が古くから存在する。だがヒジュラーは社会から疎外されることも多く、中には物乞いや売春を余儀なくされる人もいるため、ヒジュラーたちは差別や社会的な排斥への不満を訴えている。

「ネパールでトランスジェンダーとして子どもから大人に成長する過程はとても難しいものでした」と語るラマさん。トランスジェンダーをまだ受け入れていない南アジアの国々の人たちは、トランスジェンダーが病気であるかのように扱い、「人々から色眼鏡で見られ、普通の人とは別物として扱われるんです」「夢を叶えるために、気持ちを強く持っていなければなりません」とラマさんは付け加えた。(c)AFP/Udita Jhunjhunwala

「AFP」2017年02月02日 17:22 発信地:ムンバイ/インド
2017年02月02日 17:22 発信地:ムンバイ/インド

山口・性同一性障害女性 うつ病、自殺巡り労災認めず [現代の性(性別越境・性別移行)]

1月26日(木)

私が大学の講義などで話す、性同一性障害の最悪パターン(GID診断→無理解→失業→生活保護→鬱病→自殺)に近い事例。

時期的にも、性別移行の医療モデルが万能で、GID診断書が「天下御免の印籠」だと思われていた時代。

そうした風潮に流されて、こういう末路になってしまったことには個人的には同情するが、医療モデル万能派に「偽物」「変態」「落ちこぼれ」etcと、さんざん叩かれてきた自分としては、複雑な心境でもある。

性別移行の医療モデルが万能であるかのように宣揚していた連中、今どこでどうしているのだろう?

---------------------------------------------
山口・性同一性障害女性 うつ病、自殺巡り労災認めず

広島地裁判決「退職強要があったと認めることはできない
山口県岩国市の中古車販売会社に勤務していた20代の女性社員が2009年に自殺したのは、性同一性障害を理由に退職を強要されたストレスなどが原因として、遺族側が国を相手取り遺族補償年金を不支給とした労働基準監督署の処分取り消しを求めた訴訟で、広島地裁は25日、請求を棄却する判決を言い渡した。末永雅之裁判長は「退職強要があったと認めることはできない」と判断した。

判決などによると女性は08年11月、勤務先の同僚に性同一性障害であることを告白。その後、同僚から「一緒に働けない」などと言われ、上司からは退職を迫られ解雇された。女性はうつ病になり、09年1月に自殺した。遺族は岩国労働基準監督署に労災保険法に基づく遺族補償年金の支給を申請したが、不支給処分となった。

判決では、うつ病と自殺の原因は「業務外」とし、業務内か業務外かの判断基準は性同一性障害とは関係なく「平均的労働者を基準とすべきだ」とした。
.
『毎日新聞』2017年1月25日 19時21分(最終更新 1月25日 19時21分)
http://mainichi.jp/articles/20170126/k00/00m/040/052000c



性同一性障害≒FtMに近づいている [現代の性(性別越境・性別移行)]

1月24日(火)

「セクシュアリティ論」のレポートで、性同一性障害の同級生や上級生に言及していた学生が4人いるが、すべてFtM。

大学生の年齢層(22歳以下)では、身近な体験としての性同一性障害は、ほぼFtMという状況になっている。

ちなみに、「はりまメンタルクリニック」の統計によると、戸籍の変更のための診断書を書いた24歳以下の人数は、2013~2016年の合計でFtM159人、MtF23人で約7:1。

若い人に限定すれば、圧倒的にFtMが多く、MtFは珍しいのが日本の現状。
実感的に、性同一性障害≒FtMに近づいている。

日本では、MtFとFtMの数的逆転(MtFが多かったのがFtMが多くなる)が2007~2008年頃に全国的な規模で起こる。
それは顕著かつ、世界的に特異な現象なのだが、その理由が十分に説明されていない。

中学・高校に制服があるから説(岡山大学医学部・松本洋輔先生)、「GID特例法」の誘導によるレズビアン・コミュニティからの流入説(三橋順子)などが主な原因説だが、十分な議論がされているとは言えない。

MtFにFtMが徐々に追いつき抜いていくのではなく、2007~2008年の2年間くらいで、一気に大逆転する。
しかも、ほぼ同時期に日本各地のジェンダークリニックで逆転現象が起こる。
現象としてかなり特異で、必ず理由があるはずなのだが・・・。



前の10件 | - 現代の性(性別越境・性別移行) ブログトップ