So-net無料ブログ作成
現代の性(性別越境・性別移行) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

トランス女性の職場 [現代の性(性別越境・性別移行)]

1月6日(土)

NHKドラマ「女子的生活」を見ていて、私の時代(1990年代)とのいちばんの違いは、昼間働ける仕事(ドラマの設定はアパレル会社)があること。

20世紀末までのトランス女性の職場は、私が言う「ニューハーフ三業種」、つまりショービジネス(ダンサー)、飲食接客(ホステス)、セックスワーク(ヘルス嬢)に限定されていて、そこから出るのは極めて困難だった。

小さな会社でOL(というか女子事務員)をやっている「娘」もいたけど、ほとんどの場合、社長の愛人兼業だった。

そういう状況だったから、2000年に私が最初のトランスジェンダーの大学教員になって「ニューハーフ三業種」の枠から踏み出した時の社会的リアクションは大きかった。

初回の授業には週刊誌が3誌も取材にきて、写真週刊誌『FLASH』は見開き頁の扱いだった。
そして、その直後、大学にはたくさんの抗議電話・FAXが寄せられた(とくにOBから)。

それからまだ18年しか経っていないのだけど、日本社会はずいぶん変わった気がする。



nice!(1)  コメント(0) 

性自認と性的指向は必ずしも連動しない [現代の性(性別越境・性別移行)]

1月6日(土)

NHKドラマ「女子的生活」の主人公は、フルタイム女性で暮らしながら女性好きという設定だが、1990年代の新宿女装世界では、女装者は男性と付き合うのが「当たり前(常識)」だった、

私が、当時、仲良しだった素敵な女性とデートした後で同伴出勤したら、店の先輩たちに「順子は変態ね」と決めつけられた。

ジェンダー・アイデンティティ(性自認)とセクシュアル・オリエンテーション(性的指向)は必ずしも連動しないということが徐々に知られるようになったのは2000年代に入ってからだと思う。

それ以前は、「男が好きだから女になった」とか「女になったのだから男が好きなのだろう」という連動させる考え方が疑われることなく語られていた。

「必ずしもそうではなく、いろいろあるんだよ」ということを社会にある程度、浸透させるのに20年もかかってしまった。
あまりに時間がかかりすぎた。

nice!(0)  コメント(2) 

NHKドラマ「女子的生活」 [現代の性(性別越境・性別移行)]

1月5日(金)

NHKドラマ「女子的生活」の初回を見る。
「性同一性障害?」という問いかけをあっさり流して「いちばんしっくりくるのはトランスジェンダー。心はレズビアン。」と言う主人公。
私とまったく同じで、とても親近感があった。
daea753dfb3823bbd042bcf06e5aef68.jpg
まあ、このくらいの容姿(顔・スタイル)と声だったら、「女子的生活」もほとんど苦労はないだろう。

小姑的に言えば「歩くときに、肩が揺れすぎ」だけど。

そもそも。NHK総合夜10時のドラマ枠で、お涙頂戴の「性同一性障害」ドラマじゃなく、前向きに生きるトランスジェンダーを主人公にしたドラマが放送されることが画期的。

ほんとうに良い時代になったものだと、しみじみ思う。

nice!(0)  コメント(0) 

『月刊 体育施設』2017年12月号 [現代の性(性別越境・性別移行)]

1月3日(水)

私にとって「SF」といえば、「Science Fiction」なのですが、こちらの「SF」は「Sports Facilities」で、『月刊 体育施設』2017年12月号(体育施設出版)。
月刊体育施設2017年12月号 (1) - コピー.jpg

「2020年に向け公共の多目的トイレをめぐる課題鮮明に」という見出しで、2017年11月18日(横浜)の日本トイレ協会の「全国トイレシンポジウム」が紹介されています。
月刊体育施設2017年12月号 (2) - コピー.jpg
私も「トランスジェンダーの大学非常勤講師」という形で出ています。
記者さんには「『多目的トイレ』を拡充することの必要性は、公共のスポーツ施設でも同様だと思います」と、お話しました。


nice!(0)  コメント(0) 

『朝日新聞』朝刊「ヘンシン!」に写真家の神蔵美子さん [現代の性(性別越境・性別移行)]

12月20日(水)
IMG_8051 - コピー.JPG
『朝日新聞』朝刊のリレーおぴにおん「ヘンシン!」(全11回)の最終回は写真家の神蔵美子(かみくらよしこ)さん。
神蔵さんと女装との関わりは、90年代半ばに女装雑誌『くいーん』の表紙撮影を担当したことから始まる。

その後、1997年に女装メイクの達人として知られた森田豊子さんと組んで『週刊宝石』誌上に有名男性を女装させて写真を撮影するコーナーの連載を開始。
その集成として、1998年に写真集『たまゆら』(マガジンハウス)を出版した。
神蔵美子『たまゆら』 - コピー.jpg

その集成として、1998年8月に写真集『たまゆら』(マガジンハウス)を出版した。

私は、その前後に何度かお会いしている。
『たまゆら』の出版記念写真展・パーティにもうかがった。
あれはもう19年も前のことなのか・・・。

撮っていただいたのは1度だけ(1997年7月)。
誰だったか忘れたが、若い女装者の撮影の付き添いで神蔵さんのスタジオにうかがった。
撮影が終わった後、おまけで1カットだけ撮っていただいた。
よい記念になった。

今、振り返ると、『たまゆら』が出版された1998年は、90年代のクィア・ムーブメントを追い風にした女装文化の社会進出の頂点だったと思う。
その直後に「性同一性障害」の大津波が押し寄せてすべてを押し流し、女装文化にとっての「失われた10年」になる。
再び日が差すのは(女装文化の復興)は2008年頃を待たなければならない。

nice!(0)  コメント(0) 

米軍、トランスジェンダー禁止撤回 [現代の性(性別越境・性別移行)]

12月17日(日)

司法当局はもちろん、軍の現場の方が、大統領よりよほどまともという状況。
------------------------------------
米軍、トランスジェンダー禁止撤回 連邦地裁の判断受け

米国防総省は、性的少数者で、生まれた時の体と心の性別が一致しない「トランスジェンダー」の人々の米軍への入隊について、来年1月から受け入れを始める。トランプ大統領が8月に受け入れを禁止する文書に署名したが、国防総省は「受け入れ手続きを始めるよう求める司法判断が出たため」と説明している。

オバマ前政権は昨年、トランスジェンダーの入隊を認める方針を決めたが、マティス国防長官が今年6月、入隊開始を半年間延ばした。さらに、トランプ氏が8月、「(受け入れの)マイナス面がないかを判断するにはもっと研究が必要だ」として、無期限に入隊を禁止する指示を出した。

トランプ氏による指示に対して訴訟が起こされ、ワシントンの連邦地裁は10月に指示の差し止めを命じた。これに対し、トランプ政権は今月、命令を不服として受け入れ開始の延期を申し立てたが、同地裁が11日に退けていた。
(ワシントン=土佐茂生)
『朝日新聞』2017年12月17日11時00分
http://www.asahi.com/articles/ASKDK0D6FKDJUBQU01N.html



nice!(0)  コメント(0) 

映画「恋とボルバキア」トークライブ [現代の性(性別越境・性別移行)]

12月16日(土)
(続き)
20時、JR中央線東中野駅へ。
「ミスド」で時間調整。
20時50分、「ポレポレ東中野」へ。
IMG_8008.JPG
IMG_8012.JPG
22時45分から「ポレポレ東中野」で映画「恋とボルバキア」のレイトショーの後、小野さやか監督とトークライブ。
恋のボルバキア (1) - コピー.jpg
IMG_8011.JPG
IMG_8013.JPG
23時10分までの予定がしゃりすぎて20分に。
ほとんど打ち合わせなしで、思うままにしゃべったが、監督がとても喜んでくれたので良かった。
25439977_542094236141026_265729845112241998_o - コピー.jpg
「私たちの時代(1990年代)には、こういう内容の映画が作られて、しかも劇場公開されるなんてあり得なかった。第7回(1998年)東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で尾川ルル監督の「We are Transgenders」がグランプリを取って、海外の映画祭でも上映されたことはあったけど、日本で劇場公開されることはなかったし、そういう発想すらなかった。それが、こういう映画を公開してくれる映画館が出てきたわけで、そういう点では20年間で世の中はすごい変わったと思う。でも、映画の中の若い人たちは楽になっていない。パンフレットを読んだら監督も楽じゃない。なんでみんなこんなに泣いちゃうの?って思った。一所懸命に生きているから泣くのはわかるのだけど・・・。」

「私たちは、自分が楽になりたくて、頑張って自分たちの居場所を作ってきた。後の人のためというつもりはなくても、結果的に後輩たちはきっと楽になるだろう、と思っていた。でも、どうもそうじゃない。なんでだろう?って考えた。世の中の理解は進んだけど、同時に『らしさ』がきつくなってる。男の子が女の子になるのに、人が人を愛するのに本物も偽物もないはず。なのに『偽物」と言われてしまう。『偽物』と言われたくないから『らしさ』を求め、『らしさ』にこだわる。で『らしさ』に縛られて、どんどん袋小路に入っていってしまう。そんな枠に嵌める必要なんてぜんぜんない、好きなようにやればいいのに。私たちの時代も辛いことはたくさんあった。でも20年たって振り返ってみると、楽しかったと思う。自分がやりたいようにやってきたから。みんなも、今は辛くても、15年、20年たって『あのころは辛いこともいろいろあったけど、楽しかったな』って思えるようになるといいな。」

-------------------------------
JR山手線、25~30分の遅延で、新宿駅ホームが大混雑。
すし詰めの車内に突入する体力がない。
1本見送ったら、運良く座れた。

東急目黒線の最終電車1本前だったが、タクシー乗り場が長蛇の列。
仕方なく、右足の痛みに耐えながら家まで25分ほど歩いて帰る。
さすがに疲れた。

1時10分、帰宅。

nice!(1)  コメント(0) 

複雑なことを簡明に話す工夫が必要 [現代の性(性別越境・性別移行)]

12月14日(木)

「幼稚だ」「簡単すぎる、現実はもっと複雑」「わかりにくい」etc

予想通りの批判。
だったら代案を出してほしい。

「三段重ねのアイスクリーム」(当初は「三段重ねのお重箱」)は、20年以上、講義で話して、それなりの教育効果をあげている。

複雑なことを難しくは話すのは、実は簡単なことだ。
でも、それでは理解する人は少なくなる。
複雑なことを簡明に話す工夫が必要なのだ。
そうしないと、大勢の人には届かない。

それと、「たとえ話」という概念が、解らない連中がこれほどいるとは!
「たとえ話」に厳密性や緻密性を求めて、どうするんだよ。

真面目というか、頭が硬いというか・・・。

こう思考の柔軟性がないと、世の中を渡っていくの、きっと辛いだろうな。


nice!(0)  コメント(6) 

映画「恋のボルバキア」を観る [現代の性(性別越境・性別移行)]

12月13日(水)
(続き)
16時過ぎ、JR中央線東中野駅へ。
「ポレポレ東中野」で映画「恋のボルバキア」(小野さやか監督)を観る。
恋のボルバキア (1) - コピー.jpg
「お忍び」のつもりだったのに、後ろの席に顔見馴染のFTMが2人(黒い人たち)。
「あれ?三橋さん」

観衆、数えたら10人。
まあ、平日の午後の回だから仕方がない。

映画、出演者が泣くシーンが多くて、何度見ても、切ない。
みんな、「らしさ」にとらわれ過ぎだと思う。
それに「まじめ」で「一所懸命」すぎるよ。
私みたいに、もっと「いい加減」に生きたら、少しは楽になるのに。

16日(土)21時10分からの回の後、小野さやか監督と私がお話します。
IMG_7980.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

考えられなくなるって怖い [現代の性(性別越境・性別移行)]

12月2日(土)

個々の人が性器の外形にこだわりがあり、それを変えたいと考えることは、別にかまわないと思うし、そもそも自分の身体をどうするかは自己決定であるべきだ。

ただ、そうした性器外形至上主義を、法律や健康保険のような公的な社会制度で保障・固定化してしまうのは、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康・権利)を重視する21世紀の考え方としていかがなものか?と、私は思うわけ。

でも、まったく通じない。
病理化を「絶対善」とする思想に絡めとられてしまって、自分で考えようとしない、考えられなくなるって、ほんとうに怖いなぁと思う。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | 次の10件 現代の性(性別越境・性別移行) ブログトップ