So-net無料ブログ作成
検索選択
事件・事故 ブログトップ
前の10件 | -

松戸小3女児誘拐殺害事件 [事件・事故]

3月26日(日)

ほんとうに惨い事件。
犯人は、絶対に捕まえてほしい。

被害者は、松戸市立六実第二小学校3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9歳・ベトナム国籍)。
24日(金)
8時過ぎ、終業式に登校後、行方不明に。
午後、父親が警察に捜索願を提出。
16~18時、自宅から3kmほど離れた公園によく似た女の子が複数の人物と一緒にいたという目撃情報。
26日(日)6時45分頃、自宅から12km離れた我孫子市北新田の排水路にかかる橋の下の草むらで絞殺遺体で発見(発見者は釣にきた男性)。

状況から登校途中に車で拉致され、その後、殺害、遺棄された可能性が強い。

--------------------------------------------
首に絞められたような痕 千葉・我孫子の小3女児遺体

26日午前6時45分ごろ、千葉県我孫子市北新田(きたしんでん)の草むらで女児が倒れているのを、釣りに来ていた男性会社員(49)が見つけ、県警我孫子署に通報した。現場で死亡が確認された。女児は24日朝、約12キロ離れた同県松戸市六実(むつみ)で行方がわからなくなっていた小学3年でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)=同市六実5丁目=と分かった。

捜査関係者によると、リンさんには首を絞められたような痕があった。県警は、殺人・死体遺棄事件として捜査本部を設置。防犯カメラの映像を解析するなどしてリンさんの足取りや死亡した経緯を調べる

リンさんは、いずれもベトナム国籍で自営業の父親(34)と母親(30)、弟(3)の4人暮らし。捜査本部によると、24日午前8時ごろ、市立六実第二小学校に登校するため、歩いて自宅を出た後、行方不明になっていた。この日は修了式で、父親が午前8時40分ごろ、学校から「登校していない」と連絡を受けて松戸東署に捜索願を出し、署が通学路などを中心に行方を捜していた。

松戸市教育委員会によると、自宅から学校までは子どもが歩いて10分ほど。地域住民が通学路の中間地点付近で見守り活動をしていたが、リンさんの姿は見ていないという。

リンさんは自宅を出た際、灰色のパーカにピンクのズボン姿で、赤いランドセルなどを身につけていた。26日に発見された際、現場周辺では所持品や衣服が見つかっていないという。

リンさんの遺体が発見されたのはJR我孫子駅の北東2・5キロ付近で、自宅から直線距離で約12キロ離れた水田が広がる地域。排水路にかかる小さな橋の近くの草むらで倒れていた。

『朝日新聞』2017年3月26日22時48分
http://www.asahi.com/articles/ASK3V54S5K3VUTIL00X.html?iref=comtop_8_02

石川県能登町で女子高生拉致殺人事件 [事件・事故]

3月11日(土)

石川県能登町で男子大学生が、部活帰りの16歳の女子学生を学校前のバス停から拉致して、めった刺しにして殺害。
自分は自動車専用道路に入りこんで自動車の前に飛び出して自殺。
ひどい話だなぁ。
いったいどこの大学だ。

【事件の経緯】
18:00頃 被害者の女子高校生、吹奏楽部の部活を終える。
18:30頃 母親にLINEで「迎えに来て」と連絡。
  (この間に拉致される)
18:50頃  母親、能登高校南バス停に到着。被害者の荷物が散乱。
  (この間に殺害される)
19:40頃 穴水町麦ヶ浦の能越自動車道で男が車にはねられる。
    付近で車を乗り捨て徒歩で自動車道を歩いていた。
    車の中には血の付いたナイフ(殺害に使った凶器?)。
20:20頃 被害者の父親が「娘が行方不明」と警察に通報。
21:50頃 警察が事故に遭った男が乗っていた車の所有者を訪ね、民家で女子高校生の遺体を発見。
    民家は、事故死した男の祖父の家で、祖父が死去した後は空き家。

事件の流れがとても早い印象。

【追記(12日1時)】自殺した被疑者は、女子高生の遺体があった民家の持ち主(すでに死亡)の孫で、長野松本市在住の信州大学農学部の学生とのこと。
【追記(13日2時)】
凶器のナイフと被害者を拘束したテープは事前に購入されたもので、計画的な犯行の可能性大。
石川県の地元紙『北国新聞』によると、自殺した被疑者は、信州大学農学部在学の保田樹輝(ぼうだ たっき) 。
金沢泉丘高校出身で、陸上部に所属していた。
----------------------------------------------------
民家に高1女子遺体…事故死の男子大学生関与か

10日午後9時50分頃、石川県能登町宇加塚の民家で、同町天坂、県立能登高校1年の池下未沙さん(16)が血を流して死亡しているのを珠洲署員が見つけた。

民家は、約2時間前に車にはねられ死亡した男子大学生(21)が乗っていたとみられる車の所有者の住所地だった。池下さんは刃物によるとみられる複数の傷を負い、口と手に粘着テープが巻かれており、同署は殺人事件として捜査している。

発表によると、同日午後7時40分頃、約20キロ南西の同県穴水町の能越自動車道で、長野県に住む男子大学生が軽乗用車にはねられた。学生が乗っていたとみられる乗用車は家族名義で、登録されていた住所の民家を県警が調べた。学生は11日、搬送先の病院で死亡。捜査関係者によると、車内から血のついた刃物が見つかり、学生の関与を調べている。

10日夕に部活帰りの池下さんを迎えに行った家族が、待ち合わせ場所のバス停付近で池下さんのかばんなどが落ちているのを見つけ、110番していた。

『読売新聞』2017年03月11日 13時02分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170311-OYT1T50047.html

金正男氏、暗殺される [事件・事故]

2月14日(火)

北朝鮮の先の最高指導者金正日の長男で、現在の最高指導者金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏(東京ディズニーランドが好きな人)が、マレーシアのクアラルンプール空港で刺客(女性工作員2人)に襲われ殺害された。
殺害には、なんらかの「毒」が使われたらしい。
刺客は逃走中。

NHK夜9時のニュースは、まったく触れず。テロップも出さない。
速報性という点で、もうテレビニュースは駄目だなぁ。

テレビ朝日「報道ステーション」(21時54分~)は、トップで速報。

【追記(15日)】
殺害された遺体は金正男氏であることが確認された。
本人には政治的野心はなく、ただ気楽に穏やかに暮らしたかっただけだろうと思うと、かわいそうだ(合掌)。

古今東西の王朝で、弟が兄を越えて即位した場合、兄は謀反の心を抱かなくても存在するだけで危険な存在であり、多くの場合、命を奪われる。
今回もまさにそれ(兄殺し)であって、北朝鮮の体制が「金王朝」であることが、ますますはっきりした。

新潟県糸魚川市で大火 [事件・事故]

12月22日(木)
糸魚川大火.jpg
新潟県糸魚川市がたいへんなことになっている。
16122212.jpg
日本海を発達した低気圧が進むと、南から強い風が吹き込む。
その際、脊梁山脈の南側では雨が降り、北側では水蒸気を失った乾いた強風が吹き下ろし、湿度が低下する(フェーン現象)。

ということで、日本海側の都市では、しばしば乾燥・強風という大火が起こりやすい気象条件になる。
そして、実際、過去にたくさんの大火が起こっている。

私が記憶しているのは、1976年10月29日の山形県酒田市の大火だ。
市の中心部の商店街1774棟が焼失し、3300人が被災した

さらに遡ると、1956年9月10日の富山県魚津市の大火(1583戸焼失)、
そして1955年10月1日の新潟県新潟市の大火(焼失892棟)などがある。

しかし、それはもう、消防設備が貧弱な過去の出来事だと思っていた。
でも、そうではなかったのだ。

-------------------------------------
新潟県糸魚川市で大規模火災 140棟延焼、避難勧告も

22日午前10時半ごろ、新潟県糸魚川市大町1丁目のラーメン店の台所に煙が充満していると、近所の商店から119番通報があった。県警糸魚川署や市消防本部によると、海に向かって風が強く、火元から海岸までの約300メートルにわたって住宅や商店など約140棟が延焼し、6時間以上経った午後4時45分現在も炎上している。市は同日午後0時20分、大町2丁目と本町の計273世帯586人に避難勧告を出した。

警察などによると、これまでに煙を吸った女性一人が救急搬送され、避難中に転んだ女性が頭を打ったという。東北電力によると、火災の発生している糸魚川市本町と大町1丁目、2丁目を中心に、22日午前11時過ぎから約400世帯が停電し、午後4時現在も停電が続いている。糸魚川市は、避難した市民に市民会館を開放した。

新潟県は午後1時に災害対策本部を設置し、米山隆一知事が午後2時に陸上自衛隊に災害派遣を要請。同県上越市の陸自高田駐屯地から消火に当たる部隊が現地へ向かった。市消防本部は近隣自治体に応援を要請。政府は首相官邸内の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

現場はJR北陸新幹線糸魚川駅北側の商店街で、飲食店などが密集している。JR西日本によると、北陸新幹線は通常通り運行している。

気象庁によると、日本海側の低気圧に南風が吹き込んでいるため、糸魚川市では22日午前10時すぎに最大風速14・2メートルを記録、最大瞬間風速は正午すぎに24・2メートルを記録した。

『朝日新聞』2016年12月22日17時14分
http://www.asahi.com/articles/ASJDQ4Q6XJDQUOHB00G.html?iref=comtop_8_01

島根県立大学女子学生、殺人死体遺棄事件 [事件・事故]

12月17日(土)

2009年11月、行方不明になった島根県浜田市の島根県立大学の女子学生(1年生)の遺体が広島北広島町の臥竜山中で損壊された状態で見つかった事件。

発生直後から注目していたが、長い間、捜査が停滞していた。
それが、7年が経過してやっと動いた。
遺体発見の2日後に交通事故死した30代の男(当時、益田市在住)が犯人である可能性が強くなった。

「迷宮入り」(被疑者不明)のパターンとして
(1)捜査方針の根本的な間違い
(2)犯人が国外に逃亡
(3)犯人がすでに死亡
があるが、今回は(3)のパターン。

容疑の男性がすでに死亡しているので、完全な解明には至らないかもしれないが、殺人罪で書類送検(被疑者死亡)になりそうだ。
若くして命を絶たれた被害者の無念は晴れないだろうが、せめて「迷宮入り」にならなくて良かった。

【続報】
容疑者は、山口県下関市神田町の会社員、矢野富栄(よしはる 33)。
2009年11月8日午後3時すぎ、山口県美祢市の中国自動車道下り線で、車がガードレール 3カ所に衝突して炎上。
ブレーキ痕やスリップ痕はなかった。
矢野と同乗していた母親の貴美子さん(58)が焼死。

-------------------------------------
事故死の男、関与か 島根の女子大生遺棄 09年

島根県立大1年生の平岡都(みやこ)さん(当時19)の遺体が2009年11月に広島県北広島町の臥竜山(がりゅうざん)で見つかった事件で、発見直後に交通事故死した30代の男が事件に関与した疑いがあることが捜査関係者への取材でわかった。広島、島根の両県警合同捜査本部は慎重に調べを進めている。

捜査関係ログイン前の続き者によると、男は平岡さんの遺体が見つかった直後の09年11月に交通事故で死亡。男の周囲から事件への関与を示すものが見つかり、捜査本部が関連を捜査していた。死体遺棄容疑は12年に公訴時効(3年)を迎えており、捜査本部は時効のない殺人事件として捜査を続けていた。

これまでの調べでは、平岡さんは09年10月26日午後9時すぎ、島根県浜田市内のショッピングセンターでアルバイトを終えてから行方不明になった。島根県警は同11月2日に公開捜査に踏み切ったが、4日後に臥竜山で遺体の一部が発見された。

『朝日新聞』2016年12月17日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12710069.html?rm=150

福島県連続仏像・石像破壊事件の容疑者逮捕か? [事件・事故]

12月11日(日)

福島県の連続仏像・石像破壊事件の容疑者逮捕か?

わざわざ日本に入国して、こういう犯罪を行うのは、どういう理由なのか?

きっちり取り調べて、犯行理由、思想背景などを明らかにしてほしい。

単なる器物損壊罪(刑法261条)だけではなく、礼拝所不敬罪(神祠、仏堂、墓所その他の礼拝所に対し公然と不敬な行為をする。罪刑法第188条第1項。法定刑は6月以下の懲役若しくは禁錮又は10万円以下の罰金)を(複合的に)適用すべき。

-------------------------------------------
神社のキツネ像壊した疑い、韓国籍の男逮捕

神社の石像などを壊したとして、福島県警白河署は10日、器物損壊などの疑いで、韓国籍の住所不定、無職チョン・スンホ容疑者(35)を逮捕した。福島県内では神社や寺で同様の被害が相次いでおり、同署が関連を調べている。逮捕容疑は9日夜、同県泉崎村泉崎の烏(からす)峠稲荷神社で、キツネの石像2体を損壊。さらに拝殿と本殿に侵入し、キツネの木像1体などを壊した疑い。
.
同署によると、一連の被害を受けて捜査していた署員が10日正午ごろ、白河市内の国道4号を1人で歩いているチョン容疑者を見つけ、職務質問すると、「キツネ壊した」と容疑を認めたという。パスポートを所持しており、11月に入国したとみられる。
.
県内では福島、郡山須賀川各市などで、神社や寺の石像が壊されているのが相次いで見つかっている。被害は計10カ所以上で確認され、壊された石像などは約100体に上る。いずれも倒されたり、地面にたたきつけられたりしたとみられる。

『河北新報』2016年 12月11日(日) 10:31配信

長崎県対馬、父娘殺害放火事件 [事件・事故]

12月11日(日)

長崎県対馬という離島の、人口がとても少ない静かな漁村で起こった2人殺害放火(有罪なら死刑は確定的)という凶悪事件。

殺人事件と判明した直後から注目してきたが、周囲の環境や、強い怨恨を思わせる犯行状況から、行きずりの無差別殺人とは考えられず、動機が推測できなかった。

家の中で殺された娘さんと屋外で殺された父親と、どちらが犯人のメインターゲットだったのか?
そんなとをこ考えていたが、この記事からすると、どうも娘さんがメインターゲットだったのではないか? そんな気がしてきた。
たとえば、娘さんを一方的に恋慕していた男が失恋して逆恨みとか・・・

----------------------------------------------
納屋で待ち伏せか 対馬父娘殺害 不審な男、出入り目撃

長崎県対馬市豊玉町で漁業古川敬氏さん(65)方が全焼し、敬氏さんと医療機関職員の次女聖子さん(32)の遺体が見つかった殺人放火事件で、火災前に古川さん宅の敷地内にある納屋に出入りする不審な男が目撃されていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、この男が犯行前まで納屋で潜んでいた可能性が高いとみて調べを進めている。県警は同日、対馬南署に捜査本部を設置した。

納屋は塀で囲んだ古川さん宅の敷地内にあり、同宅と数メートルしか離れていない。捜査関係者によると、納屋には敬氏さんが使う漁業の道具などが保管してあり、日頃から施錠していないという。火災発生より前に男が納屋に入り、犯行の機会をうかがっていた疑いが強いとみて、県警は同日の現場検証でこの納屋も調べた。

2人の遺体は頭の骨の一部が陥没するほど強く殴られていたことも新たに判明。骨折に至らない傷も複数あった。これらの状況から、県警は強い殺意を持った犯行とみている。

2人の死因について、県警は同日、いずれも頭を殴られたことによる頭部外傷の可能性が高いことを明らかにした。司法解剖の結果、死亡推定時刻は火災発生とほぼ同時刻の7日午前7時半ごろだった。遺体には煙を吸った跡もないことから、2人が殺害された後に放火された疑いが強まっている。

捜査関係者によると、2人の遺体は激しく燃え、損傷が激しかった。県警は2人を殺害した犯人が、何らかの燃料を使って放火したとみている。

■被害の次女、結婚目前の悲劇

娘は結婚を目前にし、父は漁師に誇りを持っていた。長崎県対馬市で起きた殺人放火事件。古川敬氏さんと次女聖子さんを知る友人や知人は、平穏な日常が奪われた2人を思い、無念さと怒りを口にした。

12月24日の誕生日にちなんで名付けられた聖子さん。聖子さんと交際中の男性(31)は「誕生日にプロポーズするはずだった。今は何も考えられない」。最後に会ったのは、福岡市でのデートから帰ってきた4日夜の対馬空港。「またねと言った時、寂しそうだった。何か声を掛ければよかった。抱き締めておけばよかった。夢であってほしい」と肩を震わせた。

一時島を離れていた聖子さんは2年ほど前、島に戻ると診療所で看護補助として働き始めた。明るい笑顔でお年寄りに好かれていたという。10日、聖子さんと同級生という女性2人が事件現場を訪れ、花を手向けた。「11月末に会った時も何かに悩んでいる様子はなかった。笑顔が絶えず、本当にみんな大好きだった」と涙ながらに語った。

敬氏さんは若くしてイカ釣り漁師となり、不漁や燃料高騰が続いても漁師という仕事を誇りにしていた。気さくな人柄が同僚や地区の住民に慕われていた。「あと10年は漁師を続ける」。周辺にはそう力強く語っていた。

数週間前、敬氏さんは漁船のエンジン交換を漁協に相談した。漁協関係者は「古川さんは事件のあった日に、エンジンを取り換えた船を引き取る予定だったらしいが…」と残念がった。

10日、島内で2人の通夜が行われ、11日には葬儀・告別式が執り行われる。

『西日本新聞』2016年12月11日 09時37分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/294958

山中に大麻コミュニティー 長野、所持容疑22人逮捕 [事件・事故]

11月26日(土)

大麻の取り締まりとしては、きわめて大規模な摘発。
石垣島の元女優(高樹沙耶)の摘発と同系列に考えてよさそう。

そこが日本である以上どんな辺鄙な所でも法律の適用は同じという姿勢なのだろうが、離島や辺鄙な山の中で少人数でこっそり大麻を吸っている人たちって、そんな危険な人たちとは私には思えない。
もっと徹底的に取り締まらなければならないもの(大都市部の違法ドラッグ販売)があるだろう。

なぜ、今、麻取(まとり)はここまで強硬姿勢になったのだろう?

-----------------------------------------
山中に大麻コミュニティー 長野、所持容疑22人逮捕

移住先の集落で大麻を所持していたとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部などは、長野、静岡両県に住む27~64歳の男女22人を大麻取締法違反(所持、営利目的所持)の疑いで逮捕し、25日発表した。同部によると、22人は小規模な音楽イベントを開催するなどして、緩やかな「大麻コミュニティー」を形成していたという。

同部によると、容疑者らは都市部から長野県大町市、同県池田町の限界集落や、静岡県湖西市に移住。山中に点在する集落内の一軒家などに暮らしていた。大町市美麻の後藤聡容疑者(46)と妻順子容疑者(43)の自宅は、十数軒の戸建てが並ぶ集落の一角にある。集落に住む女性によると、「子育てを頑張っているいい夫婦という印象だった」という。

池田町陸郷の小坂茂登容疑者(47)と妻愛美容疑者(27)の自宅は、山中の一軒家。近くに民家はほとんどなく、家は木々に覆われるように立っている。米国籍の職業不詳ジャクソン・マイケル・デイビッド容疑者(47)も同じ地区に住んでおり、「小坂夫婦の紹介で移住してきた」と話していたという。

容疑者らのものとみられるフェイスブック(FB)には、うち2人が主催して今年9月末から池田町で開いた音楽イベントの告知があり、別の1人のものとみられるFBでは大麻について「規制緩和!」などと投稿されていた。

捜査関係者によると、22人のうちの1人は「山で大麻を栽培していた」と説明。複数の民家で吸引用具が押収され、大麻草が練り込まれた大麻クッキーが見つかった場所もあった。

長野県は移住先として人気が高く、来春、専門部署を新設する池田町の幹部は「出ばなをくじかれた」とショックを受けていた。

22人の逮捕容疑は23~24日、それぞれの自宅などで大麻を所持していたというもの。うち6人が容疑を否認しているという。同部は容疑者宅などから、少なくとも乾燥大麻計約8キロ、大麻草7本を押収した。

『朝日新聞』2016年11月26日05時00分

83歳の車暴走、男女2人死亡 [事件・事故]

11月12日(土)

第一報では「意識不明」とされていた被害者、2人とも亡くなられた。
ほんとうにひどい話だ。

これだけ続けて起こると、単なる事故ではなく、80歳代の高齢者秘密組織による同時多発テロなのではないかと疑ってしまう。

高齢者の運転する権利が擁護されるる一方で、将来ある子供や若い人の命が危険にさらされるは、健全な社会のバランスとしてどう考えてもおかしいと思う。

亡父も70歳で免許を自主返納した。
老化による運転能力(視力・反射神経)の衰えを自覚すれば、当然だと思う。

それに今回のケース、いったい誰が補償するのだろう?
30代の2人の遺失利益と慰謝料を合算すれば、まちがいなく億だろう。
83歳の女性に払えるとは思えない。

やはり、最低でも「80歳以上、1年ごと」の適性検査を早急に制度化すべきだ。
ほんとうは「75歳以上」「半年ごと」にすべきだと思うが。
-----------------------------------------------
83歳の車暴走、男女2人死亡 東京・立川の病院敷地内

12日午後3時ごろ、東京都立川市緑町の国立病院機構災害医療センターの敷地内で、83歳の女性が運転する乗用車が暴走して歩道に突っ込み、30代の男女2人がはねられた。2人はまもなく死亡が確認された。女性は事故直後、「ブレーキを踏んだが止まらなかった」と説明したが、頭を打って入院しており、警視庁は回復を待って自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)容疑で話を聴く。

立川署によると、亡くなったのは東京都八王子市犬目町の会社役員安和(あわ)竜洋さん(39)と、知人の東京都小平市中島町、パート市川妙子さん(35)。

車を運転していたのは東京都国分寺市東戸倉1丁目の上江洲(うえず)幸子さん(83)で、敷地内の駐車場から出るとき、料金所の開閉式のバーを押しのけてそのまま直進。車道と植え込みを突っ切って歩道に乗り上げた。車の運転席には小銭が散らばっており、署は、料金を投入しようとした際、誤ってアクセルを踏んだ可能性があるとみている。現場にはブレーキ痕がなかった。上江洲さんは同センターに入院している夫の見舞いの帰りで、1人で車を運転していたという。署によると認知症の症状は確認されていない。

また、はねられた2人の後ろを歩いていた男性は署に、「『バキッ』という音がした後、アクセルをふかすようなものすごいエンジン音がして乗用車が突っ込んできた」と当時の状況を説明したという

『朝日新聞』2016年11月12日22時18分
http://www.asahi.com/articles/ASJCD5H82JCDUTIL01S.html?iref=comtop_8_01

博多の穴 [事件・事故]

11月8日(火)

博多駅前の穴。
Cws-uihVQAAXYwi.jpg

a086c5dc-s.jpg

CwswsoBVIAA_vv9.jpg

原因は、掘削工事の地下鉄のトンネルが崩落したため。
工法に無理があったのか?
前の10件 | - 事件・事故 ブログトップ