So-net無料ブログ作成
検索選択
現代の性(同性愛・L/G/B/T) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

性的少数者、生きづらさ鮮明 72%「差別発言聞いた」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

3月3日(金)
-----------------------------------
「職場や学校で性的少数者について差別的発言を聞いたことがある」という人は72%に達した。10代が77%▽20代が75%▽30代が70%▽40代が69%▽50代以上が64%で、若い世代ほど差別的発言にさらされていた。
-----------------------------------

なんか変だな。
これでは、中高年世代よりも若い世代の方が差別がきついと受け取られてしまうではないか。

61年の人生で少なくとも40年以上は「自分が性的にマジョリティではない」と思いながら生きてきた私の実感と真逆の結果になっている。

講義でよく話すことだけど、私が2000年に中央大学の非常勤講師になったとき、最初の講義の日に週刊誌が3誌取材に来た。写真週刊誌の『FLASH』なんて見開き頁扱いだった。それだけ社会的に「あり得ない!」衝撃的なことだった。

それが今は学内新聞も取材に来ない。トランスジェンダーの大学教員なんて「当たり前」に近いことになっている。

16年の間に、日本社会のトランスジェンダーに対する意識が受容的な方向に大きく変わったということ。

もしかすると、日本社会が受容的な方向になってきたのはトランスジェンダーだけの話で、ゲイやレズビアンはそうではないのかもしれない。
そうだとすると、それはそれで興味深い問題になる。

【追記】
Twitterで差別に対する感受性が世代間で違うのではないか?という意見をいくつかいただいた。
たしかにそうかもしれない。
私たちの世代はちょっとぐらい差別的な発言までいちいち気にしていたら、生きていけなかったから。
その点、若い世代は感性がナイーブ(敏感)だと思う。
--------------------------------------------
性的少数者、生きづらさ鮮明 72%「差別発言聞いた」

若い世代ほど差別的な発言にさらされていて、親へのカミングアウト率には地域差がある――。日高庸晴・宝塚大教授(社会疫学)の調査で、性的少数者の生きづらさの実態が浮かんだ。回答者は約1万5千人。日高氏によると、性的少数者全般を対象にした調査としては国内最大規模だという。

調査は昨年7~10月、ライフネット生命保険の委託で実施された。性的少数者向けのインターネットサイトにバナー広告を掲載するなどして、47都道府県の10~94歳から回答を得た。

「職場や学校で性的少数者について差別的発言を聞いたことがある」という人は72%に達した。10代が77%▽20代が75%▽30代が70%▽40代が69%▽50代以上が64%で、若い世代ほど差別的発言にさらされていた。

親にカミングアウトしている人は22%にとどまる。カミングアウトは、しなければならないものではない。ただ、日高氏の過去の調査と比較可能な同性愛と両性愛の男性に絞って、親にカミングアウトしている10代の割合の推移をみると、1999年が9%→2005年が11%→14年が19%。この20年近くで2倍以上になった。

地域差もある。カミングアウト率が最も高いのは関東(山梨県含む)で24%、最も低いのは九州沖縄と北信越で17%。都市部は高い傾向だが、東京都25%、愛知県24%、大阪府23%に対し、福岡県は16%だった。

小中高校でいじめられた人は58%。出生時の性別と異なる生き方をする「トランスジェンダー」でも、女性として生きる人の経験率が高いなど、「男らしくない」とみなされた人がいじめられやすい傾向があるという。

日高氏は「若い世代ほど差別的発言に触れているのは、情報量の増加に伴い偏見やからかいも増えているからではないか。都市部や大企業では取り組みが始まったが、地方や中小企業などにも理解の裾野を広げていく必要がある」と話す。(二階堂友紀)

『朝日新聞』2017年3月3日04時09分
http://digital.asahi.com/articles/ASK2W2JZDK2WUTFK001.html?rm=331

LGBT運動の問題点 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

3月1日(水)

私がひそかに尊敬するジェンダー&セクシュアリティ論の先生(数年前に大学教授を定年退職をされた方)と語りあう。

「同性愛者が自分のセクシュアリティを語らず、ひたすらシスジェンダー&ヘテロセクシュアル社会への適合を目指すようなLGBT運動では駄目なのではないか」と言われ、「先生のおっしゃる通りです」としか言えなかった。

今のLGBT運動の問題点、非当事者でも解る人には解るのだなぁ。

同性愛者が同性愛者として、トランスジェンダーがトランスジェンダーとして、プライドをもって自らを語り、社会に問いかけていく行為を、塗りつぶしてしまうようなLGBT運動では駄目だと思う。

でも、現実はどんどんそうなっていっている。

上辺のムードに流されるのではなく、もっとちゃんと考えようよ。


シンポジウム「メディアとLGBTー”ホモネタ”って笑っていいの?ー」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

2月21日(火)
(続き)
論文を脱稿した後、1時間近くお風呂に入り(30分ほどは眠っていた)、30分ほど横になったら、少し体調が回復。

夕方から霞ヶ関の弁護士会館で開かれるシンポジウムを聴きに行くことにする。

16時過ぎ、家を出る。
北風が冷たい。
足の状態は良好で、痛みも違和感もなく、昔のように早く歩ける。
この状態が続けば、うれしいのだが。

遅い昼食は、武蔵小杉駅構内の「しぶそば」。
IMG_2299.JPG
↑ で赤むつと春菊のおすすめ天そば(480円)。
同じメニューなのに渋谷の「しぶそば」より50円安い。

東急東横線中目黒駅乗換)東京メトロ日比谷線で霞ヶ丘駅へ。
IMG_2301.JPG
↑ 晩冬の夕暮れ
IMG_2302.JPG
↑ 弁護士会館へ
IMG_2303.JPG
18時「東京弁護士会 性の平等に関する委員会」主催のシンポジウム「メディアとLGBTー”ホモネタ”って笑っていいの?ー」に参加。
大きな会議室が満席の大盛況。
パネラーは、牧村朝子さん(タレント・文筆家)、渡辺一樹さん(BuzzFeed記者)、荻上チキさん(「シノドス」編集長)。

で、感想だが・・・ぬるかった。
そもそも本の出版記念だし、パネラーの顔ぶれからして、突き詰めたシビアな話にはらないだろうと思っていたけど、やっぱりぬるかった。

3人のパネラーはそれぞれに熱の入ったしゃべりだったが、企画・構成そのものがぬるい。

「メディアとLGBTー”ホモネタ”って笑っていいの?ー」というテーマなのに、笑われる側の人がいないのだから、どうやっても切実な話にはならない。
牧村さんは牧村さんなりに苦労はしただろうけど、牧村さんを指さして笑う人はまずいないだろ。

その牧村さんにしたって、2015年秋の段階で「LGBTさん、さようなら」と言っているわけで、シンポジウムの司会者(主催者の弁護士さん)が期待するような話がなかなか出てこない。

まあ、弁護士さんはジェンダー&セクシュアリティの専門家でないわけで、理解が浅いのは仕方がない。
関心を持ってくださったことに感謝しないといけない。

あと、主宰者側の人(弁護士さん)が「メディアにLGBTが出るようになった2013年以後・・・」みたいなこと言っていたような気がする。
聞き間違いだろうか?
それとも、それ以前にメディアに出ていた人はLGBTではないのか?

歴史的な話は、牧村さんのプレゼンに入っていたし、荻上さんも1990年代に放送された「ニューハーフ50人」に言及していたけど、どうも主宰者側は歴史認識が希薄だった気がする。

まあ、弁護士さんは現在のことを法的に考えるのが仕事だから、仕方がないのだろう。

それと、些末なことだが、今日のシンポで面白かったのは、牧村さんが言った「おわコン」(もう終わった流行遅れのコンテンツ)が、司会者の弁護士さんにまったく通じなかったこと。
まあ、法廷用語じゃないし、司法試験にも出ないだろうし。

20時過ぎ、閉会。

21時、武蔵小杉駅に戻る。
お腹が空いたので「東急スクエア」の「南国酒家」へ。
IMG_2304.JPG
↑ 五目あんかけ焼きそば(1150円)
IMG_2305.JPG
ちょっと追加。
IMG_2306.JPG
↑ 熟成シュウマイ(200円)

22時前、帰宅。

就寝、3時。

LGBTの人たちが入居可能 物件検索サービス開始へ [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

2月15日(水)

この手の「LGBT」関連ニュースって、何かピントがずれているんだなぁ。

Tの場合、見かけが女性で書類が男性というニューハーフさんでも「(部屋を)きれいに使ってくれれば、別に問題ないですよ」という大家さんは昔からいた(新宿界隈は特に)。
私の知人のニューハーフで、女性専用アパートに住んでいる人もいた。
その反対で「そういう人は一切お断り」という大家もいた。

個人所有の不動産を借りるのだから、大家(所有者)の側に店子(たなこ、「みせこ」と読んではいけない)を選ぶ裁量権があるのは仕方がない(違法ではない)。
つまり、今さら・・・という感じ。

LGBが単身で住居を借りる場合、よほどの「べったらおねえ」でもない限り、黙っていればセクシュアル・オリエンテーションはわからない。
あえて表明する必要もないだろう。
つまり、多くのLGBにはあまり関係ない話。

問題は、男性同士、女性同士で住みたい場合で、とくに男性同士の場合は断られることが多い(その昔、過激派のアジトになるのを警戒した名残)。

その点では、同性パートナーに理解がある大家さんが増えるのは良いことだ。
---------------------------------------------
LGBTの人たちが入居可能 物件検索サービス開始へ

LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちが、賃貸住宅への入居を断られるなど、物件探しに苦労している現状があるとして、大手の住宅情報サイトを運営する会社が、入居可能とうたう物件を検索できるサービスを始めることになりました。

サービスを始めるのは、大手の住宅情報サイト、SUUMOを運営する会社です。

会社側によりますと、サイトで扱う賃貸住宅のうち、LGBTの人たちの入居が可能だとうたう物件を登録する取り組みを、来月始めるということです。

さらに、部屋の方角や駐車場の有無といった情報と同じように、こうした物件を検索できるサービスを、夏ごろをめどに導入するということです。

サイトの運営会社のリクルート住まいカンパニーは、「LGBTの人たちが、賃貸住宅でパートナーとの同居に制約を感じたり、入居そのものを断られたりと、物件探しに苦労している現状がある。理解のあるオーナーの物件を紹介し、物件探しを支援したい」と話しています。

「NHKニュース」2017年2月15日 4時03分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170215/k10010876841000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

LGBTの市場規模 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

2月15日(水)

先日、某所で聞いた話。
現在、ゲイ系のインターネット・マガジンをやっている人の中には、ゲイ雑誌の編集に関わっていた人が多いとのこと。
雑誌からネットへと媒体が変化しても、作っている人はあまり変わっていないらしい。

なぜ、そうなるかというと、日本にはそれだけのゲイ人口がいるからで、人口の3%と考えれば、約180万人、「北の都」札幌市に近い人口になり、自己完結した「ゲイ市場」として十分に成り立つ。
だから、ゲイ業界で受けるセンスや表現様式、ゲイ業界だけで通用するレベルの仕事でも、それなりの人数がそこで食っていける。

レズビアンは、人口の2%と想定すると、人口規模は120万人ほど。
「鯉都」広島市と同規模の堂々たる政令都市並で、これも自己完結で十分にお商売になるはずだ。
まだ、あまり市場化が進んでいないようだが。

トランスジェンダーは、FtMの場合、人口の0.1~0.2%(1000人に1~2人)と考えると、人口は6万~12万人となり、それなりの地方都市と同じ規模になる。
この規模なら、まずまず商売になる。
だから、最近、FtM相手の商売が増えてきているのだと思う。
ただ、やはり市場としては小さいので、過当競争になりブラック化していく。

トランスジェンダーのMtFの場合、FtMの3分の1ほど、人口の0.03~0.06%(10000人に3~6人)、つまり2万~4万人で、「市」れべるではなく「町」レベルにしかならない。
この規模では、独自な市場としては成り立たない。
つまり、MtFはMtFだけを相手にしていてはお商売にならず、食っていけない。
食っていこうと思ったら、より大きな市場(ヘテロセクシュアルな市場)に出ていかざるを得ないのだ。
当然、そこは競争が厳しい。
だからそこで踏ん張って、なんとかやっていけるスキルを必死に身につける。

MtFは甘ったれたことなんて言ってられない。
腹をくくって、広い世の中で通用するスキルを磨くしかないのだ。
そうじゃなかったら、野垂れ死だから。

同性カップルの「別れ率」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

2月14日(水)

「愛の日」のバレンタインデーにはふさわしくない話題だが、あえて。

先日「二丁目」の某店で、レズビアン婚で有名になったカップル(「代理母」騒動でない方)が「別れたらしいよ(噂)」という話を聞く。

その後、お呼ばれしたパーティーでレスリー・キー氏の「OUT IN JAPAN」で撮影したのカップル内、相当な数が「すでに別れている」と聞く。
(帰り際で酔っていたから数字忘れたけど、かなり驚く数)
せっかく一流カメラマンに撮ってもらったのに「黒歴史」になってしまう。

まあ、異性婚でも25%が離婚するご時世。
婚姻していないカップルの別れる率はもっと高いだろう。
それは、わかってはいるけれど、撮影から2年ほどしか経っていないことを考えると、同性カップルの「別れ率」、やっぱり高いのではないだろう?

20歳の時、一目惚れしてから40年以上、同じ人似猫(ひとにねこ)といっしょにいる私が変なのだろう。

ホームパーティにお呼ばれ [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

2月11日(土・祝)

夜、キラキラ派要人多数が集まる会合があるとの情報に接し、渋谷区某所の瀟洒なマンションの一室に潜入し、諜報活動に従事。
16707118_10154573839814620_177357281_n.jpg
収集資料 ----- 要人の名刺数枚。
極秘情報① ----- K丸さんと私は誕生日が2日違い(あちらが兄さん)
極秘情報② ----- キラキラ派幹事長は白いワンコを飼っている。
極秘情報③ ----- K丸さんは料理がとても上手。
IMG_2216.JPG
IMG_2219.JPG
↑ (超極秘情報)ソースの隠し味は山葵!

ごちそうさまでした。

いろいろな方とお話しできて、楽しい夜でした。
お招きいただき、ありがとうございました。
17103315_264320357329509_9069254745872882492_n.jpg
↑ 記念写真(まだ素面)。
17103400_264320780662800_4066290052810147609_n.jpg
↑ 家主
17098440_264320683996143_6473628458676187912_n.jpg
↑ レインボー・ワイン?
16938999_264321187329426_2899336956435691145_n.jpg
↑ 記念写真(酔っ払い)

2月11日(土・祝)今週も「A Day In The Life 」へ [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

2月11日(土・祝)  曇り  東京  10.1度  湿度27%(15時)

15時過ぎ、家を出る。
IMG_2202.JPG
東急東横線から東京メトロ都心線に入って新宿三丁目駅へ。

「丸亀製麺」で遅い昼食。
IMG_2204.JPG
鴨ねぎうどん(620円)。
肉は柔らかく、出汁もよくとれていて美味。
このクオリティでこのお値段なら、言うことなし。

「伊勢丹」の地下で、今夜のホームパーティの差し入れを探す。
数が必要ということと、単価を考えて「弁松」の稲荷すしに決定。
IMG_2218.JPG
↑ 右が柚子風味、左がカレー風味。
カレー風味、意外に合う!

16時45分、二丁目の「A Day In The Life 」へ。
店主の伏見憲明さんに先週の御礼を述べる。
今日は客として、台湾文学者の張文菁と(早稲田大学文学部講師)伏見さんのトークライブを聴く。
台湾の歴史、勉強になった。
でも、台湾のセクシュアリティ運動の現状をもっと知りたかった。

トークライブ終了後、同席のレズビアンの人たちの会話を聞く。
現在のレズビアン事情の一端が知れて、勉強になった。

20時40分、辞去。
新宿通りに出て、タクシーを拾う。
(続く)

『週刊読書人』に『現地レポート 世界LGBT事情』の書評 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

2月4日(土)

フレデリック・マルテル著『現地レポート 世界LGBT事情ー変わりつつある人権と文化の地政学ー 』(岩波書店、2016年11月)の書評が『週刊 読書人』2017年2月3日号(3175号)に掲載されました。
世界LGBT事情.jpg
(下記のサイトで無料で読むことができます)
http://dokushojin.com/article.html?i=810

トランスジェンダーの立場からかなり強い批判をしましたが、全体的には、情報量が豊かなとても有益な本です。

書評をきっかけに大勢の方に読んで欲しいと思います。
とりわけ、「LGB活動家」を名乗る方には必読の基礎文献だと思います。

(紙面版)
SCN_0011.jpg

だったら、呼ぶなよ! 蓮田市 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

2月2日(木)

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」のグランプリ作品&監督(地元出身)を招待しながら、「子供に悪影響を与えるから」という理由で、受賞歴を消した埼玉県蓮田市。
東京新聞20170131.jpg

だったら、呼ぶなよ。

「レズビアン」「ゲイ」という単語すらNGという感覚、いったいいつの時代を生きているのだろう(「純潔教育」の1950年代か)。

「まあ、蓮田だから」と言ってしまえば、それまでなんだけどね(埼玉県出身者の県東部差別)。

前の10件 | 次の10件 現代の性(同性愛・L/G/B/T) ブログトップ