So-net無料ブログ作成
現代の性(同性愛・L/G/B/T) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

「あの花2」第3回「老後」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

11月16日(木)
(続き)
20時、新宿二丁目の「AiSOTOPE LOUNGE」へ。
すでに長い行列。
IMG_7458.JPG
しばらく並んで入場したものの、前の方の席はもう塞がっていて、中段左端に座る。
マーガレットさん主宰の「あの花2」第3回のテーマは「老後」。
IMG_7460.JPG

20時35分、開会。
IMG_7463.JPG
自分自身の老後のファイナンシャルプランについては、いまさら坊主頭のファイナンシャルプランナーさんに聞くこともないけど、どんな人たちがどれだけ来場するか?(老後のことを真剣に考えているか?)に興味がある。興味をもって行ったが、若い人が多くてびっくり!

「お前からしたらみんな若いだろう」と言われるので、もっと正確に書くと、20代~30代の人がけっこういる。
で、ファイナンシャルプランナー兼行政書士の永易至文さんの糞まじめな、もとい、まじめで有益な話を真剣に聴いている。
IMG_7464.JPG
いつもの「あの花」の享楽的な雰囲気とぜんぜん違う。
一方、本当ならいちばん話を聞くべきだろう40代~アラフィフの人はそれほど目立たない。
これはどういうことだろうか?

いわゆる「ロスジェネ」世代のL&Gは、社会ひいては自分の老後に対する漠然とした不安が強いのかも。
それに対して、アラフィフのL&Gは、「ケセラセラ、なるようになるわ」のキリギリス的な感覚の人が相変わらず多いのだろうか?

今日のイベントでとても印象的だったのは、シモーヌ深雪さんが唄う今回のテーマ曲。
年老いたドラッグクイーンがスポットライトが当たった華やかな時代を思い出しながら、野外ハッテン場の片隅で冷たくなっていく歌詞のシャンソン。
私たちの世代には、花を咲かせればあとは野垂れ死にも覚悟、それこそが「女優魂」みたいな感覚があるが、若い世代はもっともっと堅実。

もうひとつ思ったのは、やはりL&GはTに比べてお金を持っているということ。
一流企業で働いて、人並み(以上)の人生設計が立つ人の割合が高い。
Tの場合、そういう人は少ないし、公的年金・公的健康保険が無い人すら珍しくない。
そこらへんの相違については、「LGBT経済効果(需要)」がもてはやされた頃(2012年)から指摘してきたが、やっぱりなぁ、という感じ。

もう30年近く前から、性的マイノリティの老後問題について「まじめに考えよう」という意見はあったものの、実際に具体的かつ真剣に考えるイベントはほとんどなかった。
そういう意味で、「老後」テーマのイベントが「二丁目」で開催され、これほど盛況だったのは画期的なことだと思う。
nice!(1)  コメント(2) 

危ないところだった [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

11月3日(金・祝)

私が関わっている善哉進行中のLGBT関係の新聞企画で「電通の7.6%」を使うというメール連絡。
「それだけは止めて欲しい。あれはプロパガンダ的な数値で、研究者の多くは『過大な見積もり』考えているし、NHKなども数字の怪しさに気づいて使用を控える方向になっている。そんな数字を使ったら、記事全体の見識が疑われる」と強く進言。

幸い担当記者が理解してくれて、事なきを得た。
危ないところだった。

電通の7.6%を使わないと、どの程度の見積もりになるのか?。
いろいろ勘案した私見は、LとGで2%、Bが1%、Tが0.1%以下で合計3.1%。
Xジェンダーなどその他の性的マイノリティを入れて、少し膨らましても5%以内におさまると思う。
だから3~5%としておけば大過ない。

そもそも、何をもってL・G・B・Tとするか(行為なのか、心理なのか)があいまいなのだから、厳密な%なんて出せるはずがない。
当たらずとも遠からずのだいたいの見積もりで、十分に話はできる。
むしろ7.6%なんていう変に細かい数字は直感的に疑うべきなのだ。

nice!(1)  コメント(0) 

『朝日新聞』「ことばの広場」が「SOGI」を取り上げる [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

11月2日(木)

『朝日新聞』11月1日朝刊「ことばの広場 校閲センターから」が「性の多様性」と題して「SOGI」を取り上げている。
SCN_0107 - コピー.jpg
解説の内容に問題はないと思うが、肝心の『朝日新聞』の「記事ではまだほとんど用例が使ありません」という点が、いちばんの問題だと思う。

ちなみに「SOGI」の読み方(「ソギ」か「ソジ」か)については触れていない(私は「ソジ」派)。



nice!(0)  コメント(0) 

松浦大悟さんの敗戦とカミングアウト [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

10月29日(日)

今回の衆議院総選挙に秋田1区から希望の党公認で立候補した松浦大悟さん(元・民主党所属の参議院議員、在職2007~2013年)、当選すれば、日本初のゲイ・カミングアウト国会議員になったわけだが、残念ながら落選。

(註)ゲイであることがバレバレの国会議員としては、未成年の男性を買春したことが指摘された武藤貴也衆議院議員(滋賀4区、自民党→無所属、在職2012年12月~2017年10月)がいるが、彼はカミングアウトしていない。

秋田1区を地盤とする前職(当選4回)の寺田学候補(民進党→希望の党)を比例東北ブロックに追う形で公認を獲得したにもかかわらず、自民党の前職の富樫博之候補に25000票余の差をつけられての大敗。
惜敗率67.78%は、比例東北ブロックの希望の党では8位。
希望が獲得したのは3枠(寺田学候補が比例単独1位なので、復活枠は2つ)なので、遠く及ばなかった。

秋田1区は、前回、寺田候補が8600票差(惜敗率87%)だったわけで、ずいぶん票が減っている。
出るはずの票が出ていない。
やはり寺田候補との連携がうまくいかなかったのだろうか。
秋田では2区の希望の党の新人、緑川貴士候補が惜敗率97.76%の大健闘で復活当選、3区でも前職の村岡敏英候補が87.29%と善戦しているのだから、希望の党のゴタゴタは言い訳にならない。

「選挙予想屋」として正直に言うと、松浦さんどうしてこんなに選挙が弱いのか?不思議でならない。

以前、Twitterで何度もお話したこともあり、氏の性的指向には気づいていた。
個人的には再起を願っているが、希望の党の前途や、選挙区事情客観的にを考えると、今回の大敗で政治家としての復活は、きわめて厳しくなった。
ご本人も、実現したい政策があり、さぞ無念だと思う。
残念だが、選挙は結果がすべてなので。
---------------------------------------------------

希望の党・松浦大悟氏「LGBTカミングアウト阻止された」とツイート

先の衆院選の秋田1区から希望の党公認で出馬し、落選した元参院議員、松浦大悟氏(48)がツイッターで、自らが性的少数者(LGBT)であることをカミングアウトして選挙戦を戦おうとしたが阻止された-と明らかにした。

松浦氏は26日夜、「今回の選挙で私はカミングアウトをしようと思い、LGBT運動をしている友人に頼んでメディアに声をかけたのだが全て断られた。理由は選挙前に特定の候補者をピックアップできないとの事だった。だが全政党の当事者を紹介するなどの工夫は出来たのではないか。(希望の党の候補者には2人いた)」とツイート。

「小池百合子さん率いる保守政党の候補者がカミングアウトする事を阻止しようとするLGBT左派からの横槍(よこやり)も入った」「小池百合子氏、細野豪志氏にはカミングアウトして選挙を戦う事の了解を取っていた」「しかしそれは叶わなかった」などとした。

松浦氏は秋田放送アナウンサーを経て平成19年の参院選で秋田選挙区から無所属で立候補し初当選。その後、旧民主党に入り、1期務めた。25年に民主党から、昨年は民進党から参院選に出馬したが落選。民進党秋田県連代表も務めた。今月22日投開票の衆院選では秋田1区で希望の党から出馬し、落選した。

『産経新聞』2017年10月27日
http://www.sankei.com/politics/news/171027/plt1710270021-n1.html


nice!(0)  コメント(4) 

病院の問診票の性別欄 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

10月27日(金) 
 
病院の問診票の性別欄が「男性」「女性」「LGBT」になっている件、今年3月に指摘した。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-23-3
17436238_693283074177002_3532238831451766857_o.jpg
最近、同様の話を聴いた。
同じ病院だろうか? それともそういう病院が増えているのか?

Tはともかく、LGBは一般的な外来診察で区分する必要はまったくなく、診察の前に問うのは、むしろカミングアウトの強制になりかねず、止めるべきだ。
「配慮」が明後日の方向に行っている典型。

nice!(0)  コメント(2) 

フジテレビ「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」問題について「お詫び」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

10月16日(月)

フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげです」のHPに掲載された「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」問題についての「お詫び」。
フジテレビ謝罪文(20171016).jpg
ほぼ、全面的な反省と謝罪で、裁判に例えれば「原告側全面勝訴」の内容。
今後の「再復活」や同種の企画を防ぐ意味で大きな意味がある。

この問題については、NPO法人「グッド・エイジング・エールズ 」(松中権代表)の抗議活動が迅速かつ広範で、フジテレビ側の反省を引き出す上で大きな効果があった。

-----------------------------------------------------------
          お詫び

平成29年9月28日(木)に放送した「とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念SP」において、出演者が「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」というキャラクターに扮して出演致しました。しかしながら番組の放送に伴い、このキャラクターに関して沢山の抗議を頂戴しました。

番組は、LGBT等性的少数者の方々を揶揄する意図を持って制作はしておりませんでしたが、「ホモ」という言葉は男性同性愛者に対する蔑称であるとのご指摘を頂きました。そのような単語を安易に使用し、男性同性愛者を嘲笑すると誤解されかねない表現をしたことで、性的少数者の方々をはじめ沢山の視聴者の皆様がご不快になったことに関して、深くお詫び致します。またこのキャラクターが長年に渡り与えていた印象、子供たちへの影響、およびLGBT等をとりまく制度改正や社会状況について私共の認識が極めて不十分であったことを深く反省しております。

今回頂戴した様々なお叱りやご意見を真摯に受け止め、多様性(ダイバーシティ)のある社会の実現のために正しい知識を身に着け、より良い番組作りを進めて参りたいと考えております。

以上

http://www.fujitv.co.jp/minasan/

nice!(0)  コメント(0) 

インドネシア警察、同性愛者のサウナで強制捜査、58人拘束 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

10月8日(日)

同じ東アジアでも、インドネシアでは同性愛者への逆風が強まっている。

------------------------------------------------------
同性愛者のサウナで強制捜査、58人拘束 インドネシア警察
.
【10月8日 AFP】インドネシア警察は7日、同性愛者が集まるサウナで強制捜査を行い、外国人を含む男性58人を拘束したと発表した。イスラム教徒が多数を占めるインドネシアで、同性愛者への逆風が強まる新たな兆しとみられている。

強制捜査は6日遅く、売春に利用されているとの通報を受けて、サウナとジムが入居している首都ジャカルタ(Jakarta)市内のビルで行われた。警察によると、拘束されたのは「51人と、いかがわしいサービスを提供していたとされる従業員7人」で、うち6人は外国人(中国人4人、タイ人とオランダ人各1人)だった。

インドネシアでは保守的なアチェ(Aceh)州を除く全土で、同性愛や同性愛行為は合法となっている。ただ、警察はポルノや薬物に対する厳しい取締法を使ってLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の人たちを犯罪者として扱ってきた。

警察は、拘束者のうち6人はインドネシアのポルノ取締法に基づいて起訴される見込みで、有罪になれば最大で6年の禁錮刑が言い渡されると発表した。残る52人に掛けられている容疑は明らかにされていない。(c)AFP
「AFP」2017年10月8日 16:12 発信地:ジャカルタ/インドネシア

nice!(0)  コメント(0) 

「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」の復活 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

9月30日(土)

今年の1月の末に、こんなことを書いている。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2017-01-28-2
でも、まさか「復活」するとは思わなかった。

はっきり言って、忘れていた人がほとんどだったと思う。

近年のLGBTブームで、Gについての言及は急増したが、25年前に石橋貴明が扮した「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」の「差別の原点」としての問題性を指摘した人はほとんどいなかった。

人間だれしも、嫌な思い出、つらい記憶は封印してしまうから、それを批判するつもりはない。

でも、辛い記憶であっても、ちゃんとひとつの歴史として検証して「差別の事例」として語り継いかないと、また同じようなことが繰り返されてしまう。
今回の「復活」が、そのことをよく示している。









nice!(0)  コメント(0) 

9月30日(土)新宿で打ち合わせ [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

9月30日(土)  曇り  東京  24.2度  湿度67%(15時)

朝方、また左の脹脛が攣った。
ビタミンB1補充しているし、水分多めにも摂ってるのだけどなぁ。
「鉄分不足では?」との指摘をいただく。
古釘でも嘗めようか。

足、痛いけど、出かける時間だ。
12時、家を出る。
目黒駅経由で新宿へ。

13時、新宿駅西口の喫茶店で「G-フロント関西」のMさんと面談。
12月10日(日)の講演会の打ち合わせ。
いろいろお話している内に、何をどういう順番でお話するか、イメージが固まってきた。

nice!(0)  コメント(0) 

小池「希望の党」のLGBT施策に注目 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

9月28日(木)

おそらく小池「希望の党」は、安倍自民党より(一見)前向きなLGBT施策を公約に入れてくると思う。

「LGBT活動家」の皆さんは、どう対応するのだろう?

知り合いの活動家が小池百合子総理大臣と笑顔で並んでいる画像が頭に浮かぶのだが・・・。

フェミニズムにとって女性初の総理大臣の出現が単純に「おめでたい」とは言えなのと同様で、LGBT差別の構造をそのままにして、個々のLGBTが認められてもあまり意味はないと思う。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | 次の10件 現代の性(同性愛・L/G/B/T) ブログトップ