So-net無料ブログ作成
お仕事(執筆) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

自著のコラム執筆 [お仕事(執筆)]

8月25日(金)
(続き)
18時過ぎ、自宅最寄り駅前の「ドトール」で家猫さんと待ち合わせ。
「東急ストア」で買い物をして、いっしょに帰る。

暑い、暑いと言いながら、日が暮れて暗くなるのが、ずいぶん早くなった。
IMG_6308 - コピー.JPG
19時過ぎ、帰宅。
涼しい部屋で30分ほど眠る。

夕食は、豚肉と夏野菜の味噌炒め。
IMG_6310.JPG
舞茸の天麩羅。
IMG_6309.JPG
よせ豆腐。

食後、少し眠る。

夜中、自著のコラム「新宿『赤線』の写真」を執筆。

就寝、6時。

nice!(0)  コメント(2) 

8月24日(木)自著の原稿の手直しに取り掛かる [お仕事(執筆)]

8月24日(木)  曇り  東京  34.8度  湿度52%(15時)

10時半、起床。
朝食はクリームロールとコーヒー。
170824 (1).JPG
昨夜、『福音と世界』の初校ゲラを返送したのに、もう再校ゲラが来た。
12時間も経っていない・・・。

編集者が勤勉だと、流れ(進行)が早すぎ。
仕方ないので、チェックして、夕方、返送。
これで校了。

昼食は、ベーコンエッグとトースト。
170824 (3).JPG
170824 (2).JPG
もうちょっと黄身を固めるべきだった。

シャワーを浴びて髪と身体を洗う。
涼しい1時間半ほど、昼寝。
夕食は、鶏天。
170824 (5).JPG
生野菜。
170824 (4).JPG
茄子とオクラと卵のお汁。
170824 (6).JPG
冷やした焼き茄子。
170824 (7).JPG

夜中、ようやく自著の原稿の手直しに取り掛かる。
昨夏、書いた原稿を、少し配列替え。
自分としてはこれが最終案。

朝まで頑張って、1~3章、コラム3つを手直し。
疲れた。
もう6時だ、寝なくちゃ。

就寝、6時過ぎ。
nice!(0)  コメント(0) 

8月21日(月)校正の日 [お仕事(執筆)]

8月21日(月)  曇り  東京  31.5度  湿度64%(15時)

10時、起床。
朝食は、グレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
IMG_6260.JPG
疲労が蓄積している自覚があるので、今日は静養したかったのだが・・・。

15日に送稿したばかりの月刊『福音と世界』10月号掲載予定の論考「近代日本におけるキリスト教の影響ー裸体・着衣とセクシュアリティー」の初校ゲラが、早くも18日(旅行中)に届いていた。
「月刊誌はペースが早いな」とぼやきながら校正し、若干の加筆。

この論考、明治期における裸体・着衣問題や異性装&男色習俗におけるキリスト教の影響を考察したものだが、いろいろ検討した上で「(間接的にはあったが)ほとんど直接的な影響はない」という結論になってしまった。

要は、芸術や学問はともかく、庶民レベルの習俗に直接的な影響を及ぼすほどの力が明治日本のキリスト教にはなかったということ。

ただ、キリスト教者が読者の掲載誌なので、気を遣って「ほとんど直接的な影響はなかったが、わずかには影響があった」みたいな遠慮した書き方をした。

そうしたら編集者から「気を遣っていただいているのだと思いますが、はっきり書いていただいて大丈夫です」という添書があった。

ありがたく、そうさせていただいた。
編集者さん、気を遣ってくださって、ありがとうございます。

昼食は、スパゲッティを茹でる。
ソースは冷蔵庫にあった野菜とベーコン、それに既製のミートソースで適当に作る。
IMG_6261.JPG
味はまずまずだが、もう少し煮詰めた方がよかったかな。

シャワーを浴びて髪と身体を洗う。

髪を乾かしながら昼寝をするつもり。
ところが、メールチェックをしたら、今度は『青少年問題』668号に掲載予定の「トランスジェンダーと青少年問題」の初校ゲラが来ていた。

1日に2つの論考の初校をチェックするなんて、たぶん初めて。
一応、目を通したところで、疲れはて、ペンを持ったまま眠ってしまう。
畳の部屋でうつ伏せのまま倒れたので、起きた時、畳の目が顔面に転写していて大変。

夕食は、牛肉と野菜の炒めもの。
IMG_6262.JPG
茄子のオイル焼き。
IMG_6263.JPG
ツルムラサキのお浸し。
IMG_6264.JPG

お風呂に入って温まる。
お風呂の中で眠ってしまう。
やはり、疲れている。

就寝、4時。
nice!(0)  コメント(0) 

〆切に間に合った [お仕事(執筆)]

8月14日(月)
(続き)
今日も、夜中、執筆。

昨夜、とりあえず脱稿した、月刊『福音と世界』10月号掲載予定の論考「近代日本におけるキリスト教の影響ー裸体・着衣とセクシュアリティー」を修正・加筆。

依頼7000字で7950字になってしまったが、なんとか勘弁してもらおう。

2時半、編集者に原稿を送信。

なんとか〆切(15日)に間に合った。

就寝、4時半。


nice!(0)  コメント(0) 

8月13日(日)「近代日本におけるキリスト教の影響」脱稿 [お仕事(執筆)]

8月13日(日) 曇り  東京  31.2度  湿度68%(15時)

11時半、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のアマンドショコラとコーヒー。
170813 (1).JPG

遅い昼食は「うまかっちゃん・海老みそとんかつ」ラーメン。
炒め野菜をたっぷり乗せて。
170813 (2).JPG

夕食は、秩父「武藏屋」のお蕎麦を茹でる。
毎年、お盆(旧)に帰省すると、亡父といっしょに食べたことを思い出しながら。
170813 (3).JPG
家猫さんが買ってきた天麩羅。
170813 (4).JPG
ああ、おししかった。

夜中、執筆。
月刊『福音と世界』10月号掲載予定の論考「近代日本におけるキリスト教の影響ー裸体・着衣とセクシュアリティー」、とりあえず脱稿。

依頼7000字で7150字。
まあ、勘弁してもらおう。

明日、ちょっと気になるところを、都立中央図書館に行って調べて、手直しすれば、15日の〆切に間に合うだろう。

ああ、疲れた。
左腕が痛い。

就寝、5時半。



nice!(0)  コメント(0) 

9割方、書けた [お仕事(執筆)]

8月12日(土)
(続き)
夜中、執筆。
月刊『福音と世界』10月号掲載予定の論考「近代日本におけるキリスト教の影響ー裸体・着衣とセクシュアリティー」(7000字)。

朝まで頑張って、9割方、書けた。
なんとか15日の〆切に間に合いそう。

でも、なんでこの原稿の依頼が私に来たのか?いまだによくわからない。

就寝、6時。
nice!(0)  コメント(4) 

8月8日(火)対談の原稿を返送 [お仕事(執筆)]

8月8日(火) 曇り  東京  33.9度  湿度70%(15時)

11時、起床。

朝食は洋梨のデニッシュとコーヒー。
IMG_5674.JPG
シャワーを浴びて、髪と身体を洗う。

午後、2時間半ほどかけて、伏見憲明さんとの対談原稿を見直す。
「まあ、いいかな」という感じまで文章を整えて、伏見さんに返送。
アップされるのは、たぶん旧盆明け?

遅い昼食は、そうめんを茹でる。
IMG_5675.JPG
IMG_5677.JPG
↑ あれソーセージがつながってた。

今夜は、年下のイケメン男性とデート。
さあ、髪を結って、お化粧、お化粧。


nice!(0)  コメント(0) 

8月5日(土)『ホルモンと臨床』初校ゲラ校正 [お仕事(執筆)]

8月5日(土) 曇り  東京  31.9度  湿度71%(15時)

11時、起床。
朝食は、サワーチェリーパイ(崩壊)とコーヒー。
170805 (2).JPG
だいぶ体調回復。
昼食は、残りご飯に焼き茄子少し、牛筋の煮込み。
170805 (3).JPG170805 (4).JPG
やはり足りないので、お豆腐。
170805 (5).JPG

昼過ぎ、内分泌系の医学専門雑誌『ホルモンと臨床』(医学の世界社)の初校ゲラが届く。

『ホルモンと臨床』63巻4号は、トランスジェンダー特集。
私は「日本におけるトランスジェンダーの歴史と現在」というテーマを依頼されたのだが、その手の概説はもう書き飽きている。

せっかく内分泌系の専門雑誌に書かせていただくのだからと思い、メインテーマは簡潔に記して余ったスペースを「性別越境者とホルモン投与」に充てた。
で、医師法&薬事法違反の事例をたくさん書いた(時効のものばかりだが)。

没になるかと思ったら、載せてくれるらしい。

夕方、初校ゲラ校正、終了。

2時間ほど夕寝。

夕食は、鶏もも肉を焼く(ガラムマサラ味・バジル風味)。
170805 (6).JPG
生野菜。
170805 (7).JPG

お風呂に入って温まる。
就寝、2時。
nice!(0)  コメント(0) 

キリスト教の勉強 [お仕事(執筆)]

8月3日(木)

夜中、必要があって、キリスト教の勉強。
韓国のキリスト教徒は(カトリック教会、プロテスタント合わせて)約30%。
東アジアでは、東チモール(99%)、フィリピン(93%)に次ぐ高い比率。
世界最大のイスラム教徒がいるインドネシアだが、キリスト教徒は約10%いる。
ベトナムが7%ほど、台湾は5%未満、タイは0.6%。

で、日本は約100万人で0.8%ほど、多く見ても1%。
それでも明治中期(1890年)頃の8万人(0.2%)からずいぶん増えた。

これをどう見るか?
1873年(明治6)の切支丹禁制の解除以来、膨大な資金と多くの優秀な人材を投入したにもかかわらず、145年で、やっと1%。
韓国と比べても、布教の失敗は明らかだ。

私としては、日本とタイの数値が似ていることに注目。
日本とタイは、東アジアの中でトランスジェンダー文化が色濃く残る国。
やはり、キリスト教の浸透度とトランスジェンダー文化の残存は関連していると思う。

と、いろいろ調べながら、キリスト教絡みの論考(7000字)を書き始める。
1000字ほど書いて、疲れたので寝る。

就寝、4時。
nice!(1)  コメント(6) 

伏見憲明さんとのトークライブの書き起こし原稿 [お仕事(執筆)]

8月2日(水)
(続き)
夕食は、青椒肉絲 (チンジャオロース)を作る。
170802-1.JPG
食後、2時間ほど眠る。
久しぶりの外出でちょっと疲れた。

お風呂に入って温まる。

買ったばかりの上原善広『発掘掘狂騒史ー「岩宿」から「神の手」まで ー』を一気読み。
原題は「石の虚塔: 発見と捏造、考古学に憑かれた男たち」
「岩宿発見」の相沢忠洋氏から、相沢を支えた考古学者・芹沢長介博士、そして汚れた「神の手」藤村新一まで、日本の旧石器時代発掘に憑かれた人々を描く。
院生時代、お世話になった先生も出てきた。

夜中、2月4日に新宿二丁目「A Day In The Life」でやった伏見憲明さんとのトークライブの書き起こし原稿の手直し。
自分で読んでも、面白い。

でも20000字もあって、とても1晩では手直しできない。
やっと3分の1。

牛筋を下処理。

就寝、5時。




前の10件 | 次の10件 お仕事(執筆) ブログトップ