So-net無料ブログ作成
現代の性(性犯罪・セクハラ) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

キンコメ高橋容疑者「20年前からやってた」窃盗認める [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

12月27日(日)

「キングオブコメディ」が結成されたのは2000年(15年前)。
「20年前からやってた」ということは、芸歴より犯歴が長い。
つまり、芸能人が破廉恥窃盗犯だったのではなく、窃盗犯が芸能人になったということだ。

コレクターと性的欲望が絡まるフェティシズムの境界を線引きすることは難しいが、どちらにしても窃盗はNG。

長年にわたり余罪多数の累犯(常習犯)で、計画性も高いので、実刑は間違いない。
1~2年では済まないだろう。
最低3年、長ければ5年。

しかも、懲役を務めても、たぶんこの手の性癖は直らないと思う。
本人の心の平安のためにも、社会の安寧のためにも、一番効果的なのは「宮刑」(去勢刑)だと思うのだが・・・。

---------------------------------
キンコメ高橋容疑者「20年前からやってた」窃盗認める

逮捕された高橋健一容疑者

東京都内の高校に入って女子生徒の制服などを盗んだとして、警視庁は26日、人気お笑いコンビ「キングオブコメディ」の高橋健一容疑者(44)=東京都大田区東馬込1丁目=を、窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認め「約20年前からやっていた。性的欲求を満たすためだった」と供述しているという。

26日の「エンタの神様」、キンコメ部分をカット

警視庁は26日、高橋容疑者の自宅を捜索し、大型のゴミ袋約70袋に入った女子生徒の制服や下着など約600点を押収。昨年1月ごろ以降、都内を中心に50~60校で盗まれたものとみている。

捜査3課によると、高橋容疑者は4月25日午後、東京都世田谷区内の高校に侵入し、体育館の女子更衣室から女子生徒3人のブレザーやスカートなど計24点(時価計3万7700円)を盗んだ疑いがある。この日は土曜日で、生徒はクラブ活動中だった。

昨年12月、江東区内の高校でも同様の被害が発生。近くの防犯カメラに映っていた不審人物のリュックサックや立ち去った軽トラックなどから、高橋容疑者が浮かんだ、と捜査3課は説明している。

キングオブコメディは、コント日本一決定戦「キングオブコント2010」(2010年)を制した。所属する芸能事務所「プロダクション人力舎」は「関係者のみなさまには多大なるご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。事実確認をしている最中で、コメントできない」としている。

『朝日新聞』2015年12月26日18時34分
http://www.asahi.com/articles/ASHDV648JHDVUTIL01B.html

「側溝男」事件の続報 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

11月17日(火)

11月9日に2度目の逮捕となった「側溝男」事件の続報。

「側溝に入ってしまうこと。興奮してやめられない」と言っているように、この男、「側溝フェティシズム」?のようだ。
側溝に入ることが主たる快楽で、女性のスカートの中を盗撮するのは副産物と言うか、二次的な快楽なのだろう。

1回目の逮捕のと時から、女性のスカートの中を覗く手段として、側溝に入るのは必ずしも合理的・効率的ではない(光が不足)のに、なぜなのだろう?と疑問だったが、これで解決した。

前掲の記事で、私は「路面に埋めて、コンクリートで固めちゃう『道路刑』」にしちゃえ」と書いたが、犯人が「生まれ変わったら道になりたい」と言っているんじゃあ、懲らしめにならないな。

(参照)
2014年6月6日「道路下の盗撮男」
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2014-06-06-3
2015年11月9火「側溝に潜りスカートのぞく=容疑で男逮捕-兵庫県警」
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2015-11-09-2

-----------------------------------------
側溝男が懺悔「自分の短所は側溝に入ってしまうこと」 一方で「どこでも寝られる」「年間80回入った」と供述 未成年の頃からとも 神戸

神戸市東灘区の道路の側溝内に盗撮目的で潜み、女性のスカートの中をのぞき見したとして兵庫県迷惑防止条例違反容疑で逮捕された男(28)が、兵庫県警の調べに対し、「多い時で年間80回ぐらい側溝内に入った」と供述していることが13日、捜査関係者への取材で分かった。

男は、同区岡本の道路にある深さ約60センチの側溝内に、午前3時ごろから約5時間にわたってあおむけに寝そべり、側溝の上を通りかかった女性の下着を見たとして、今月9日に逮捕された。

捜査関係者によると、男は側溝に長時間いたことに関連し、「自分の長所はどこでも寝られること」と話す一方、「短所は側溝に入ってしまうこと。興奮してやめられない」と供述しているという。

男は平成25年6月にも同区の別の側溝内からのぞき見をしたとして逮捕されており、当時は「生まれ変わったら道になりたい」と供述していた。

未成年のころからの常習犯であることも打ち明けているといい、県警は、男が10年近く前から側溝内から盗撮やのぞき見を繰り返していたとみて調べている。

一方、男のスマートフォンの中には側溝内から複数の女性のスカートの中を撮影したとみられる動画や画像が残っており、盗撮についても認める供述を始めているという

『産経WEST』2015.11.13 19:36更新
http://www.sankei.com/west/news/151113/wst1511130073-n1.html

側溝に潜りスカートのぞく=容疑で男逮捕-兵庫県警 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

11月9日(月)

「側溝に潜りスカートのぞく」「兵庫県」って、すごい既視感。
それも、そのはず、2年前に同じようなことして逮捕された男だった。

(参照)2014年6月6日「道路下の盗撮男」
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2014-06-06-3

懲りないと言うか、進歩がないというか・・・。
こういう性癖って、治らないのだなぁ。

こういう男は、路面に埋めて、コンクリートで固めちゃう「道路刑」でいいと思う。

------------------------------------------
側溝に潜りスカートのぞく=容疑で男逮捕-兵庫県警

神戸市で道路脇の側溝の中に潜りスカート内をのぞこうとしたとして、兵庫県警東灘署は9日、県迷惑防止条例違反の疑いで、同市東灘区深江北町の会社員平井泰臣容疑者(28)を逮捕した。「見てました」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、8月16日午前7時50分ごろ、同区岡本で側溝の中から通行中の美容師の女性(37)=同県芦屋市=のスカート内をのぞき見ようとした疑い。
同署によると、女性は側溝のふたの隙間から人の髪が見えたのを不審に思い、のぞき込んで平井容疑者を発見、通報した。同容疑者は撮影もしていたという。(2015/11/09-12:15)




同性(男性)間ストーカー行為の事例 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

10月8日(木)

同性(男性)間ストーカー行為の事例。
痴漢・盗撮などのわいせつ行為、セクシュアル・ハラスメント、DVなど異性間で起こる事件は、ほとんど同性間でも起こるのだということ、講義でも話すのだけど、人間の思い込みはなかなかほぐれない。

----------------------------------
ストーカー容疑:40代男性につきまとい 21歳男逮捕

福岡県警豊前署は7日、元会社同僚の40代男性にストーカー行為を繰り返したとして、同県豊前市今市、自称会社員、奥田裕太容疑者(21)をストーカー規制法違反容疑で逮捕した。同署によると、「恋愛感情が原因でやったわけではない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は8月23日〜9月5日、男性の携帯電話に48回にわたって電話をかけ、つきまといをしたとしている。

同署によると、奥田容疑者は男性と同じ会社に今年5月までアルバイトとして勤務。3月に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で男性に好意を伝えたり、行きつけの飲食店で待ち伏せしたりするなどした。

男性が警察に相談し、奥田容疑者は3月に口頭注意を受けた。しかし、その後も待ち伏せ行為などを続け、8月にも他県警と豊前署からそれぞれ口頭注意を受けていた。【田中韻】

『毎日新聞』2015年10月07日 11時34分(最終更新 10月07日 16時07分)
http://mainichi.jp/select/news/20151007k0000e040216000c.html

「少年売春」の摘発事例 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

7月28日(火)

なかなか表に出てこない「少年売春」の摘発事例。
「児童福祉法(児童淫行)」違反での摘発だが、これが少女だったら「売春防止法」第10条「人に売春させることを内容とする契約をする行為」(管理売春の禁止)違反になるケースだと思う。

また、買春した男性会社員(49)も、「児童買春禁止法」違反を適用すべきだと思うが、なぜ逮捕されないのだろう?

---------------------------------
「男子学園」の16歳少年に淫行させる 容疑で風俗店長の男逮捕

風俗店で少年に男性客相手のわいせつな行為をさせたとして、神奈川県警少年捜査課などは27日、児童福祉法違反(児童淫行)の容疑で、東京都荒川区の風俗店長、牧智之容疑者(28)を逮捕した。

逮捕容疑は、横浜市中区の風俗店「DG男子学園横浜店」の店長だった平成26年9月、従業員として雇った市内の会社員の少年=当時(16)=に、常連客の男性会社員(49)を相手にわいせつな行為をさせたとしている。「16歳とは知らなかった」と容疑を否認している。

同課によると、少年は昨年6月、スマートフォンのアプリを通じて同店からホストとしての勧誘を受け、面接で実際の仕事内容を知らされたという。少年は7月から9月にかけ約60人の男性客を相手にし、計約50万円を店から受け取っていた。

今年3月、少年が県警に相談して発覚。ホームページによると、DG男子学園は全国で十数店舗を展開している。

『産経新聞』2015年 7月27日(月)19時38分配信
http://www.sankei.com/affairs/news/150727/afr1507270046-n1.html

日本大薬学部、児童買春容疑で逮捕 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

5月14日(木)
なんでこんなことで、せっかく得た大学の常勤職を棒に振るのかなぁ、と思うと同時に、こんな買春男、早めに大学という教育の場から駆除できて良かったとも思う。

---------------------------------------
日大助教、買春容疑で逮捕=女子高校生にわいせつ行為―警視庁

インターネットで知り合った女子高校生=当時(17)=にわいせつな行為をしたとして、警視庁下谷署は14日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、日本大薬学部助教の諏訪雅士容疑者(33)=千葉県市川市市川南=を逮捕した。同署によると、「女子高生であることは分かっていた」と供述する一方で、年齢を確認したかについては黙秘しているという。

下谷署によると、逮捕容疑は昨年7月21日、同容疑者の自宅で、当時高校2年の女子生徒に対して現金約1万円を渡すことを約束し、わいせつな行為をした疑い。

同署によると、同容疑者は女子生徒のネット上のメッセージを通じて知り合い、無料通信アプリ「LINE」でやりとりをしていたという。

ネット上で援助交際を求めるなどの不適切な書き込みをした少女らに捜査員が接触する「サイバー補導」で、女子生徒と諏訪容疑者との関係が発覚した。

日本大の話 事実関係を確認するまでお答えできない。 

「時事通信」2015年5月14日(木)12:28
http://news.goo.ne.jp/arti…/jiji/nation/jiji-150514X722.html

児童買春禁止法は少年が対象の場合も適用 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

4月13日(月)

児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)は、買春の対象が少女だけでなく少年の場合も適用
されるという典型的な事例。
買春者が警察官(巡査)というのは典型的ではないが・・・。

東京オリンピックを控えて、警察が本気で「二丁目」浄化作戦に出てくる場合、突破口は、風俗営業法違反(接客)と児童買春法違反だと、ひそかに思っている(←「ひそかじゃないにゃん」)。

------------------------------------------------
男子高校生を巡査が買春、ネット監視で気付く

大分県警は13日、男子高校生(17)にわいせつな行為をして現金を渡したとして、別府署の男性巡査(35)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で大分地検に書類送検し、同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

巡査は容疑を認め、「警察官としてこのような犯行をし、大変申し訳ない」と供述しているという。

県警監察課の発表によると、巡査は今年1月、同県別府市内で、同性愛者のインターネット掲示板で知り合った生徒に2回にわたってわいせつな行為をし、計約2万円を支払った疑い。

生徒は掲示板に「援助交際」の相手を探す書き込みをしていた。ネット上の不審情報を監視する県警の捜査員が気付き、巡査の犯行が分かった。

『読売新聞』2015年04月13日 22時54分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150413-OYT1T50123.html?from=ytop_main9

韓国ソウル市・宗廟公園の高齢男性買春&中高年女性売春、摘発 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

4月4日(土)

韓国ソウル市の宗廟公園で、2月22日から3月22日の間に、高齢男性相手の「性売買」(売春)容疑で中高年女性33人が検挙された。

宗廟公園を舞台に行われている高齢男性買春&中高年女性売春については、2013年9月の「性欲研究会」のソウル合宿・巡見の際に知っていた。

報告文「性欲研、韓国に行く」には、こんな記述がある。
2013年9月3日(火)「性欲研、韓国に行く(3日目の3:タプコル公園からゲイ・エリアを探して)」
(前略)
この公園(パゴタ公園)、やたらお爺さんが多い。
北門から外に出ると、公園の塀に沿ってお爺さんが並んで座っている。
身なりからして裕福ではない、はっきり言って低所得層のお爺さんの群れ。
中には、将棋(象将)をしている人もいたが、ほとんどの人は何もすることなく座っている。
失礼なのでカメラは向けられなかったが、かなり異様な景色だった。
不思議なのは、お婆さんがほとんどいないこと。
同じ階層のお婆さんはどこにいってしまったのだろう?
後で、調べたら、お婆さんは「宗廟公園」というところにいるらしい。
ただし、「宗廟公園」のお婆さんはただ座っているだけでなく、いろいろ「営業」(熟年売春やその斡旋)をして働いているらしい。
(後略)
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-09-04-12

数日滞在しただけの研究者がちょっと調べただけでわかったのだから、現地の事情に通じている人なら、ほとんど知っていること。
なのに、なぜ今の時期になって摘発したのかは、やはり外国メディア(英国のBBC)が報道したからだろう。
外面を、日本以上に気にする韓国らしい対応だと思う。
ソウル宗廟公園の売春.jpg
↑ ソウル宗廟公園で「性売買」の交渉をする中高年男女
-------------------------------------------------------
韓国の世界遺産で性売買の中年男女33人を検挙

韓国メディア・YTNは3月26日、韓国警察が高齢者相手に性売買をしている中年女性など33人を検挙したと報じた。

記事は、韓国では、性売買をしている中年女性は「バッカスおばさん」と呼ばれており、韓国の代表的な栄養ドリンク「バッカス」売りを装い、中高年の男性に近づいているという。ソウル地方警察庁・生活秩序課は、2月22日から3月22日までの一か月間、主に宗廟公園および鐘路3番街一帯を対象に取締りを強化した結果、性売買の容疑でキム氏(女性、68)など33人を在宅起訴したという。

宗廟公園は朝鮮王朝の王と王妃の位牌を祀った王室の霊廟であり、1995年にユネスコ世界文化遺産に指定された。ソウルの中心部に位置し、以前から将棋や囲碁をしたり、話し相手を見つけるために、高齢の利用者が多かったという。だが、高齢者相手の性売買が増加し、お酒が絡む事件も相次いでおり、市民から公園の機能が失われているとの批判が続出し、警察が取締りを強化したという。警察は、今後、地域の高齢者センターと連携し、本のイベントや芝居などを提供し、健全な高齢者文化形成を計画していると明らかにしている。

一方で今回の取締りは昨年、英国のBBCが「性売買をしている中年女性」とのタイトルで、宗廟公園を利用する高齢者や売春女性を取材したことが発端ではないかとの見方も出ているという。
「Focus-Asia」2015年4月3日
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/413954/

NPO法人経営のデリバリー・ヘルス「売春防止法違反」で摘発 [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

3月2日(月)
これは同じ「売春防止法違反(契約、周旋)」の事例でも、違う意味で「トンデモナイ」事件。
「子どもの健全育成を図る活動」や「人権の擁護と平和の推進を図る」NPOの活動の実態が「デリバリー・ヘルス」だった・・・。
NPO法人の資格って、こんなにいい加減なものなのか?

じゃあ、私もNPO作ろうか。
「川崎市猫の人権支援協会」とか・・・。
---------------------------------------------
デリヘルで女子高生に売春強要 容疑で「茨城人権擁護支援会」理事長を逮捕
茨城県警生活環境課などは26日、売春防止法違反(契約、周旋)の容疑で、NPO法人「茨城人権擁護支援会」理事長で、風俗店経営の鈴木雅也容疑者(61)=茨城県下妻市下木戸=と同法違反(周旋)の容疑で従業員の初沢宗一郎容疑者(22)=同市下妻乙=逮捕し、27日に水戸地検下妻支部に送検した。

逮捕容疑は昨年12月、茨城県下妻市下木戸の無店舗型風俗店「セレブな愛人アマン」の事務所で、県立高3年の女子生徒(18)と売春契約を結び、今年2月5日、同市内のホテルで男性客(25)に売春行為をさせたとしている。

生活環境課によると、鈴木容疑者は昨年12月、風俗店と知らずにアルバイトの面接にきた女子生徒の免許証などをコピーして「家に行くぞ」などと脅し、売春を強要していたとみられる。女子生徒は昨年12月から、県警に保護される今年2月までの3カ月間に、男性客約60人を相手に売春をさせられていたとみられるという。

生活環境課によると、風俗店の事務所として使用しているアパートの部屋は、NPO法人の事務所として下妻市に登録されており、電話番号も同一だった。風俗店の送迎用の乗用車には「茨城人権擁護支援会」と書かれたステッカーが搭載されていたという。

下妻市のホームページなどによると、茨城人権擁護支援会の活動内容は「子どもの健全育成を図る活動」や「人権の擁護と平和の推進を図る活動」などとしているが、活動実態はないとみられており、鈴木容疑者は県警の調べに対し「NPOはイメージが良いから登録した」などと話しているという。

生活環境課によると、同店の料金は60分1万7千円で、昨年12月の契約時点では、店側7千円、女子生徒1万円が取り分とされていたが、店側から女子生徒には未払いの賃金もあったという。
「産経ニュース」2015.2.27 16:00更新
http://www.sankei.com/affairs/news/150227/afr1502270028-n2.html


「売春防止法違反(周旋・場所提供)」の摘発強化か? [現代の性(性犯罪・セクハラ)]

3月2日(月)
今年に入って、全国的に「売春防止法違反(周旋・場所提供)」の摘発は目立つような気がする。
丁寧に拾えば、もっと記事が出てくるだろう。
強制売春、組織売春、管理売春は、人身売買に等しく、女性への重大な人権侵害で厳しく摘発すべきだが、「周旋・場所提供」の摘発の中には微妙なものがある。
大阪の摘発例などは、従来は黙認していたのではないだろうか?
ここに来て、警察の「売春」摘発方針が強化されたとしたら、それはどういう背景があるのだろう。
性社会史研究者としては、1964東京オリンピック前の「浄化運動」を想起してしまう。

-----------------------------------------------
全国21都道府県で展開のデリヘル店を売春防止法違反容疑で摘発

警視庁保安課は1月20日までに、ホテルなどに女性を派遣し、売春を斡旋(あっせん)したとして、売春防止法違反(周旋)の疑いで、デリバリーヘルス(派遣型風俗店)「サンキューグループ」の実質経営者で会長の男(61=東京都新宿区原町)ら男女21人を逮捕した。

同課によると、全国展開のデリヘル店を一斉に摘発するのは初めてのこと。

調べに対し、容疑を認めている者もいるが、男は「私の店は売春店ではありません」と否認しているという。

男らの逮捕容疑は、昨年5月から10月までの間、池袋店や五反田店など計6店舗において、ホテルやレンタルルームに女性を派遣し、女性従業員7人に売春させたとしている。

数年前から同グループに関しては、「派遣されてきた女性が、インターネットに載っていた写真と全く似ていない」などといった苦情が相次いでおり、元従業員女性から「過激なサービスを強要された」との情報提供があり、1月17日に10店舗を家宅捜索していた。

同グループは池袋に総本店を置き、東京を始め、埼玉、千葉、神奈川、栃木、北海道、青森、宮城、山形、福島、愛知、静岡、長野、新潟、大阪、兵庫、岡山、広島、愛媛、福岡、大分の21都道府県で65店舗の直営店、フランチャイズ店を全国展開し、年間4億円を売り上げていたとみられる。

勝手に風俗適正マークを作って、ホームページに掲載し、「安心安全の風俗店であることをお約束します」とうたっていた。

料金は30分3900円からと“激安”が売りだったが、一定以上の料金コースでは女性従業員に売春をさせていたという。
(蔵元英二)
「リアルライブ」2015/1/22 14:45
http://news.merumo.ne.jp/article/genre/2440074
-----------------------------------------------
高級交際クラブうたい売春あっせん容疑 経営者を逮捕

「会員制高級交際クラブ」とうたいながら売春をあっせんしたとして、大阪府警は23日、デートクラブ経営の男(62)=大阪市淀川区=を売春防止法違反(周旋)の疑いで逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

「食事だけと思っている女性いませんよ」 交際クラブ

捜査関係者によると、男は事前に会員登録した50代の男性歯科医師から、20代の女性会員の紹介依頼を受け、紹介料として2万円を自分の口座に振り込ませ、1月上旬に大阪市中央区のホテルで売春相手として女性を紹介するなどした疑いがもたれている。

クラブには少なくとも19~48歳の女性約170人が登録しているとされ、主婦、大学生、スポーツインストラクター、看護師、OLなどがいるという。

男性会員から指名が入ると、クラブ側が日時と場所を設定。男性会員は紹介料をクラブに支払い、女性には買春の対価として3万~10万円を直接払う仕組みだという。男の口座には年間700万~800万円の入金があり、男性会員からの紹介料とみている。

クラブが仲介するのは初回のみで、2回目以降は双方の意思に任されているという。府警は男が1人で経営していたとみている。
『朝日新聞』2015年2月23日16時47分
http://digital.asahi.com/articles/ASH2P0JGCH2NPTIL03K.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH2P0JGCH2NPTIL03K
-----------------------------------------------
ネットで客募り乱交パーティー、容疑の経営者ら逮捕

『大人のパーティー』などとうたってインターネットで客を募集し、都内のホテルで乱交パーティーを開催したとして、売春クラブの経営者らが警視庁に逮捕されました。

売春防止法違反の疑いで逮捕されたのは千葉県・船橋市に住む売春クラブの経営者・木下幸司容疑者(47)ら2人で、先月28日、都内のホテルの部屋を借りたうえ、インターネットで募集した男性客2人と女性従業員2人が売春すると知りながら、その部屋を提供した疑いが持たれています。

木下容疑者らは『大人のパーティー』などとうたって客を集め、月に2回ほど乱交パーティーを開催していたということです。取り調べに対し、木下容疑者は「10年前からパーティーを開いていた」と容疑を認めているということです。(02日11:33).
TBS系(JNN) 3月2日(月)13時16分配信 最終更新:3月2日(月)13時55分
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2434091.html
前の10件 | 次の10件 現代の性(性犯罪・セクハラ) ブログトップ