So-net無料ブログ作成
お勉強(研究会) ブログトップ
前の10件 | -

「現代風俗研究会(東京の会)」第19期新風俗学教室「ファッション」(第1回) [お勉強(研究会)]

9月30日(土)
(続き)
吉祥寺の成蹊大学へ。
IMG_6871.JPG
15時、「現代風俗研究会(東京の会)」に参加。
今回から、第19期新風俗学教室「ファッション」がスタート。
第1回の報告は、成実弘至さん(今日と女子大学教授)「ストリートファッションを考える」。
ほとんど知らない分野なので、メモを取りながら聴講。

18時過ぎ、終了。
IMG_6874.JPG
もう真っ暗。
日暮れがすっかり早くなった。

18時半~20時半、懇親会。

22時、帰宅。

夜中、早稲田大学ジェンダー研究所『ジェンダー研究21』に寄稿するブックレビュー「LGBTをめぐる出版状況」、文章を少し手直しし(7300字)、書影をいくつか入れて完成。
編集担当の先生に送信。
9月末の約束なので、義理を果たして、やれやれ。

就寝、3時半。
nice!(0)  コメント(0) 

「化粧文化研究者ネットワーク」研究集会「伊勢半本店・紅ミュージアム」見学 [お勉強(研究会)]

7月1日(土)

「化粧文化研究者ネットワーク」の研究集会で、現在、日本でただ1つ(ということは世界で唯一)まったく伝統的な方法で紅花から紅を作っている「伊勢半本店・紅ミュージアム」(港区南青山6丁目)を見学。
IMG_4932.JPG


「伊勢半本店」は、11代将軍家斉の治世、文政8年(1825)に日本橋小舟町に創業して以来、180余年、伝統製法を守り通している。

有田焼の紅猪口(べにちょこ)の内側に刷(は)かれた金属光沢のある笹色の紅に、わずかに水を含ませた紅筆が触れた瞬間、鮮やかな紅色が甦る。
もう、これだけで興奮。
IMG_4945.JPG
原料は最上(もがみ)紅花。
IMG_4935.JPGIMG_4937.JPG
↑ 生け花用の紅花より、ずっと棘が鋭い。
これでは花摘みもたいへん。

その花弁から10数工程もの丁寧な手作業で、赤の色素だけを抽出していく。
花に含まれるほとんど色素の99%が黄色色素で、赤色色素はわずか1%。
紅猪口(約50回分)1つ分の紅は、紅花1500輪に相当するとのこと。
完全な天然素材で、一切、化学物質を含まないので、アレルギー反応がめったに起こらない。

「紅差し」を体験。
現代の口紅と違い、油分や樹脂がゼロで水分だけなので塗っている感覚がほとんどなく、とても軽い。
にもかかわらず、発色はとても良く、3度ほど重ねると特有の光沢が現れる。
IMG_4952.JPG
↑ 鱈子唇の向かって左側(下)に笹色の光沢が現れている。

おもしろいのは、同じ紅を同じように塗っているのに、人によって発色が違うこと。
鮮やかな紅色が目立つ人と、光沢が目立つ人がいる。
唇の色(血色)などによって異なるらしい。

一応、染料・染色の基礎や、化粧文化史の勉強はしているので、紅花や紅についてはそれなりの知識があったが、本物を自分の唇に塗ったのは初めて。
すっかり魅せられてしまった。
IMG_4939.JPG
↑ お小遣いが豊かな時に、手に入れるぞ!




5月27日(土)「プシコナウティカの会」 [お勉強(研究会)]

5月27日(土)  晴れのち曇り  東京  27.3度  湿度51%(15時)

9時半、起床。
朝食はアマンドショコラとコーヒー。
IMG_4473.JPG

化粧と身支度。
暑くなる予報なので夏姿。
11時40分、家を出る。
IMG_4475(2).jpg
東急東横線で学芸大学駅に移動。
昼食は東口商店街の「かしわや」で。

冷やし天婦羅そば(400円)を注文したのだが、調理のおばさん、冷やしたそばの上に揚げたて熱々の天婦羅を乗せる。
IMG_4476.JPG
温度が上下分離していて変な感じ。
普通の(温かい)天婦羅そばにすればよかった。

「仕事部屋」に寄って郵便物の整理。
12時30分、再外出。
中央町二丁目の住宅街を歩いて、超久しぶりに十日森稲荷にお詣り。
IMG_4477.JPG
12時50分、神社の裏にある目黒区五本木住区センターへ。

ここで開催される「プシコナウティカの会」という研究会に参加。
「プシコ ナウティカ」とは「魂の航海(術)」という意味で、イタリアの精神医療のスローガンらしい。
「らしい」というのは、よくわかっていないのだけど、18年前(1999年)の日本社会学会の大会シンポジウムで、お世話になった井上芳保先生に、コメンテーターとして、お声を掛けていただいた。

参加者7名(内、報告者2名、コメンテーター2名)という小さな研究会。

(報告1)兵頭晶子「松嶋健『プシコ ナウティカ』を精読するー生政治の範例としての精神病院―」
イタリアで精神病院が全廃されたことは知っていたが、細かい経緯は知らなかったので勉強になった。
目に止まったのが「精神医療から精神保健へ」という言葉。
「ああ、これなんだ!」と思った。
日本では、性別を移行したい人に「性同一性障害」という病名(精神疾患概念)をつけて、医学の力で治療しようとする。
一方、西欧では、性別を移行したい人が健康を保てる(保健)ように医学がサポートする。
日本は近代医学の伝統的な発想、西欧は近代医学の反省に立った考え方。
その違いは、根本のところで限りなく大きい。

(報告2)井上芳保「あざけられること、ほめられること―『女性蔑視ヤジ』シンポとミスターノーマル幻想を再考する―」

私は2本目の井上報告のコメントテーター。
「ミスター・ノーマル」は、1999年10月の日本社会学会の大会シンポジウム「ミスター・ノーマルのアイデンティティを問う」(企画:井上芳保・山田富秋、会場:上智大学)で「普通の男たち」「普通に安住している男たち」の差別意識を炙り出すための概念として提起された。

私もそのシンポジウムにパネラーとして参加し「女装系コミュニティにおける『ミスター・ノーマル幻想」という報告をさせていただいた。
資料17.jpg
そして、その報告内容を組み込んだ「現代日本のトランスジェンダー世界 ―東京新宿の女装コミュニティを中心にー」(『中央大学社会科学研究所年報』7号 中央大学 2003年6月)は、新宿女装世界の最初のフィールドワーク論文として、2度も英訳されることになる。

研究者としての私の出発点になったシンポジウムであり、社会学を勉強し始めてわずか1年ほどの「駆け出し」が、日本社会学会の大会シンポジウムで報告できたのは大きな僥倖だった。
そういう意味で、井上さん(山田さん)には恩義を感じている。

しかし、「ミスター・ノーマル」という概念は、その後、大きく展開されることはなく、はっきり言って失敗に終わった。

「俺は普通(ノーマル)だ」と言い張る男たちが、さまざまな差別の「岩盤」になっているという問題提起は妥当だと思うし、今に至るっても通用すると思う。
しかし、言葉として、なぜ起爆しなかったのか?と考えると「ノーマル」という概念に問題があったと思う。

言うまでもないが「ノーマル(正常)」の対語は「アブノーマール(異常)」である。
しかし、1999年の段階でも「正常か、異常か」という二元的な問題の立て方は、いささか陳腐というか、古かったように思う。
セクシュアリティでは「アブノーマル」に相当する概念として、当時すでに「クィア」という概念が提起されていたが、シンポジウムでは視野に入っていない。
やはり、そこらへん「ノーマル」を前面に出した設定は、時代遅れだったのではないか。
少なくとも、斬新な、目新しい感じはない。

そんなことを、思い付きでしゃべる。


4月15日(土)「現代風俗研究会・東京の会」例会 [お勉強(研究会)]

4月15日(土)  曇り  東京  24.2度  湿度49%(15時)

10時、起床。
朝食は、いちごデニッシュとコーヒー。
170415 (1).JPG
13時半、家を出ようとしたら、家猫さんが帰ってきて「とても暖かいにゃん」と言うので、ニットのポンチョを脱いで、カシミアのショールを紙袋に入れる。
歩き始めると、確かに暖かい。
今年一番の気温。
この暖かさで、藤の花が一気に咲いた。
IMG_3750.JPG

東急目黒線から、東京メトロ南北線に入る。
乗り換えの永田町駅の内の「C&Cカレー」で昼食。
IMG_3751.JPG
↑ 三元豚カロースカツカレー(650円)
給水器が壊れたらしく、店内の床の一部が水浸し。
水を避けていちばん奥の席へ避難。

15時、「現代風俗研究会・東京の会」の例会に出席するため明治大学(駿河台)へ。

研究報告は、大木理恵子さん(白百合女子大学キリスト教文化研究所所員)による「第二次世界大戦と食:アメリカの場合」。

第二次世界大戦中、アメリカで実施されていた食糧統制(配給制度)について。
その事実さえ知らない日本人が多いと思うが、アメリカでは1942年の砂糖を始めとして、1943年には肉、食用油、バター、チーズ、缶詰・瓶詰などの供給が統制され配給制になった。

前戦で戦う将兵のために、銃後の人々が節約しようという思想は日本と同じだが・・・。
同じ食料配給制ではあっても、質・量、そして気持ちの余裕(切迫感)がまったく違う。

端的に言えば、「これでは負けるはずだ」と改めて思った。

知らないことが多く、とても興味深い報告だった。

ちなみに、日本が最も食糧難だったのは、太平洋戦争中(1941年12月8日~1945年8月15日)ではなく、敗戦後の1946~1947年だった。
戦中はまだ配給制度がそれなりに機能していた(1945年になるとかなり悪化するが)。
配給制度が質・量ともに極端に悪化し、内地で餓死者が続出するのは、戦後であって戦中ではない。

また、戦中は統制が機能していて「闇」はまだ少なかった(なかったわけではない)。
「闇物資・闇市場」が一気に巨大化するのは、戦後になってからだ。

そこらへん、一般的なイメージに認識の混乱があるように思った。

「多摩ジェンダー教育ネットワーク集会」夕食会 [お勉強(研究会)]

3月1日(水)
(続き)
浅草駅から東京メトロ銀座線で神田駅へ。
JR中央線に乗り換えて、吉祥寺駅で下車。

40分ほど時間の余裕があるので、3年前まで月1仕事に来ていた南口へ。
久しぶりに怪しい古書店へ。
IMG_2390.JPG

仕事の前によく立ち寄った「ドトール」がラーメン屋になっていた。
その代わりに、すぐ近くに同系列の「エクセルシオール・カフェ」があったので入る。
IMG_2391.JPG

17時45分、あまり知らない吉祥寺駅北口へ。
IMG_2392.JPG
今日、3つ目のミッション。
アーケード街に入って1つ目の道を左折、少し行って右側の路地に入あるフレンチ・レストラン「ブラッスリー・エディブル(Edible)」へ。
IMG_2400.JPG

18時、「多摩ジェンダー教育ネットワーク集会」の発展的解消の夕食会に出席。
前菜。
IMG_2394.JPG
サラダ。
IMG_2395.JPG
お魚(白身魚のカルパッチョ)。
IMG_2396.JPG
パスタ。
IMG_2397.JPG
お肉(ローストビーフ)。
IMG_2398.JPG
デザート。
IMG_2399.JPG

たくさんお話できて楽しかったけど、集会がなくなるのは、とても残念。
いろいろ事情はあるのだが、巨視的に見ると、やはり背景として大学におけるジェンダー教育の困難があると思う。

JR中央線下りで立川駅へ。
JR南武線に乗り換えて武蔵小杉駅へ。
23時、帰宅。

就寝、2時。






2月25日(土)現代風俗研究会・東京の会 [お勉強(研究会)]

2月25日(土)  晴れ  横浜  12.1度  湿度49%(15時)

13時半、家を出る。
昼食は、武蔵小杉駅の「しぶそば」。
IMG_2335.JPG
↑ 壬生菜のかき揚げそば(480円)。
なんで渋谷と50円も違うのだろう?
テナント代かな?

東急東横線からみなとみらい線に乗り入れて、日本大通り駅で下車。
IMG_2338.JPG

今日は、なぜかジェンダー&セクシュアリティ系の講演会やシンポジウムがいくつも重なってい。
ジェンダー&セクシュアリティ系でなく、いちばん精神的にストレスがない「現代風俗研究会・東京の会」(横浜弁天町:関東学院大学サテライトオフィス)に出席。
IMG_2340.JPG
↑ いちばん上の会合も興味あり。

報告は、山田慎也さん(国立歴史民俗博物館准教授:民俗学)「おせち料理の変遷と新年の迎え方:婦人雑誌を素材として」。

日本のお正月の「伝統」料理とされる「おせち」の歴史は意外に浅く、現在イメージされている典型的な「おせち」が形成されたのは昭和初期(形成と流布には、婦人雑誌が大きな役割)。

それが、戦後の高度経済成長期に「伝統」化される。
メディアによって作られた「伝統」料理。

「お雑煮」は、それぞれの家の流儀にかなりこだわりがあるが、「おせち」はそれがない。

母が作ってたい「おせち」など、いろいろ思い出して、とても面白かった。


12月17日(土)第41回「化粧文化研究者ネットワーク」研究会 [お勉強(研究会)]

12月17日(土)  晴れ  東京  13.1度  湿度42%(15時)

13時過ぎ、東急目黒線(目黒駅乗換え)JR山手線を乗り継いで新橋へ。

新橋駅前広場の蒸気機関車(C11-292)がクリスマス・バージョンになっていた。
IMG_1497.JPGIMG_1498.JPG

昼食は「新橋駅前ビル1号館」地下の「カリカル」へ。
IMG_1499.JPG
照り焼きチキンカレー(1100円)。
IMG_1500.JPG
昭和33年(1958)創業の老舗。
色はインド風、でもあまり辛くなく、食感はかなりねっとりしている。
日本のカレーがどう進化(日本化)していったか、わかるような気がするカレー。

14時「汐留FSビル」の 資生堂「SABFA教室」で開催される「化粧文化研究者ネットワーク」の研究会に出席。

研究報告は、城戸崎 雅崇氏「浮遊する美人~美人とは何か」

17時、閉会。

新橋1丁目のイタリアレストラン「Vittorio Pomodoro Tsukiji」で懇親会。
IMG_1505.JPGIMG_1501.JPG
IMG_1502.JPG
IMG_1504.JPG
19時半、お開き。

新橋駅からJR横須賀線で武蔵小杉駅へ。
20時半、帰宅。

7割方作ってあった明日の講演のパワーポイント資料を完成させる。
就寝、2時。

第26回「多摩ジェンダー教育ネットワーク」例会 [お勉強(研究会)]

10月6日(木)
(続き)
19時、第26回「多摩ジェンダー教育ネットワーク」例会(国際基督教大学ジェンダー研究センター)に出席。

報告は、生駒夏美さん(国際基督教大学教授)「多様な性にとって本当に安心・安全なキャンパスとは」。
その後、自由討論。

23時半、帰宅。
今日は多忙で、夕ご飯を食べ損ねた。

0時半、超遅い夕ご飯(昨夜の残りの牛肉のソース焼き)。
IMG_0393.JPG
疲れているけど、まだこれから仕事をしないといけない。

明日の講義の準備(レジュメの印刷、パワーポイントの増強)。
明日の夕方締め切りのゲラ校正と送付。

疲労困憊。
お風呂に入って温まる。

就寝、3時半。


9月11日(日)化粧文化研究会で「シャレコーベ・ミュージアム」へ [お勉強(研究会)]

9月12日(日)  曇りのち晴れ  大阪  33.0度  湿度49%(15時)

13時20分、名前も知らなかった駅に降りる。
IMG_0011.JPG
日差しがきつくて暑いし、足の不安があるので駅前からタクシーに乗る。
おっ、ここだ。
IMG_0014.JPGIMG_0016.JPG

敷地に入る。
車もなんか変だ。
IMG_0017.JPG
ちゃんと道案内してくれる。
IMG_0018.JPG
この人は無言。
IMG_0019.JPG
「おーい、こっちだよ」
IMG_0039.JPG
玄関前に到達。
IMG_0046.JPG
建物はこちらから見るのが正解だった。
IMG_0043(2).jpg

なんで兵庫県尼崎市にある「シャレコーベ・ミュージアム」に来たかというと、「化粧文化研究会」の見学会だったから。
IMG_0020.JPG
「化粧文化研究会」は正確には「化粧文化研究者ネットワーク」といい「化粧文化研究者それぞれの研究活動の向上と、互いの存在を明確にして研究者同士が研究(成果の)発表と情報交換などの交流を行う」ことを目的に、2005年3月に活動を開始した。
現在の会長は、北山晴一先生(立教大学名誉教授)。

私は化粧文化は専門ではないが、初代代表の村澤博人先生(2009年6月逝去)に「日本顔学会」でいろいろお世話になった縁で混ぜていただいている。
研究会は、年4回(東京で2回、関西で2回)で開催され、今回が40回目。

貧乏な私が出席するのは東京開催の時ばかりだったが、今回はたまたま関西に来ていたのと、この博物館は「日曜日のみ」の開館でなかなか見られないので参加した。

ただ、正直言うと、骸骨は、それなりに知識はあるが、心理的に好きではない。

館長の河本圭司先生は、関西医科大学名誉教授で、脳神経外科がご専門。
同時に、世界的な頭蓋骨学の権威で、世界唯一の「SKULL]専門博物館である「シャレコーベ・ミュージアム」を建てた方。
http://skull-museum.jp/frame.html
館内は1,2,3階の展示室に、館長ご自慢の頭蓋骨関係の収集品がこれでもかと詰め込まれている。
その総数は7200点余。
この日もアメリカから新たな収集品が持ち込まれていた。

IMG_0038.JPG
↑ 1階玄関脇
IMG_0035.JPG
↑ 2階展示室
IMG_0037.JPG
↑ 2階展示室

基本「撮影禁止」なので、展示品を細かくは紹介できないが、「ハローウィン」関連の物も含めて、欧米系の骸骨グッズの多さに驚く。
日本のものは、江戸時代の「根付」に少しあるくらい。

一番、稀少性の高い展示品は、3階の人類学・考古学コーナーにあった、インカ帝国期(ペルー出土)の頭部変工(前頭部扁平化)を施された少年の頭蓋骨。
IMG_0023(2).jpg
頭部変工の習俗は講義で紹介しているが、実物は初めて見た。

見学を終えた後は、河本館長の頭蓋骨文化論の講義。
IMG_0029.JPG

続いて、張建華先生(宝塚医療大学教授)の頭蓋解剖学の講義。
IMG_0031.JPG

講義が終わって「試験」。
私は、初級・中級とも、一番に(カンニング無し)提出して全問正解。
IMG_0051.JPG
まあ、高校生の頃、鈴木尚先生の『日本人の骨』(岩波新書、1963年)を愛読してたし、大学の自然(形質)人類学の講義はA評価だし、その後も埴原和郎先生の本などで勉強したから、当然なんだけど。
でも、中硬膜動脈溝とか、細かい名称、忘れてるなぁ(見ると思い出すけど)。

「シャレコーベ ミュージアム」(兵庫県尼崎市)のトイレの表示。
IMG_0022.JPG
額の骨(前頭骨)の角度が男女で異なる点(女性は直立、男性は斜め)を図案化している。

骨格レベルで見た場合、前頭骨の性差は、骨盤の形態の次ぐらいに大きいし、ダイレクトにわかる。
だから、Trans-womanで、額の女性化形成をしていない限り、おでこを出して大丈夫(バレない)人は稀だと思う。
私がいい年して前髪を垂らす髪形をしているのは、額の形(と皺)を隠すため。
IMG_0042(2).jpg

2016.9.11化粧文化1s.jpg
↑ 記念撮影(前列右端、河本館長)
17時、辞去。

いろいろ考えることも多く、勉強になった。

自分の専門の社会文化史に引き付けてコメントすると、欧米の頭蓋骨&骸骨グッズの圧倒的な多さと日本のそれの少なさは、やはり葬制の違いによる頭蓋骨の「身近さ」の違いによるのだと思う。
欧米のキリスト教文化圏では基本的に土葬で、しかもアルカリ性土壌が多いので、遺骸は白骨化して長く残る。
しかも、都市部では墓地が限られるので、しばしば古い遺骸を掘り起こして、骨だけを保存する一種の再葬も行われる。
骸骨に接する機会も多いし、イメージも豊富なのだと思う。

それに対して、仏教文化圏で火葬が行われ、特に明治時代以降、火葬が広まった(強制された)日本では頭蓋骨に接する機会は多くない。
江戸時代まで庶民は土葬だったが、火山灰由来の酸性土壌が多い日本(とくに東日本)では、遺骨は土中で分解されて残りは良くない。
また、琉球列島などを除いては、再葬の習俗も少なかった。
もちろん、弔う人がなく、河原や野原に野ざらしになる遺体もあったが、それは不幸な例外だった(だいたいは浄土宗か時宗の僧侶が供養してしまう)。

だから、日本の絵画には、骸骨はあまり出てこない。
「百鬼夜行図」などでも骸骨はいても脇役だ。
妖怪も同様で、骸骨妖怪はいなくもないが、中心ではない。
美女の遺骸が次第に腐敗し白骨化していく様を描いた「九相図」のようなものはあるが、あれは骸骨を描くことが主題ではない。
骸骨が描かれるようになるのは、江戸時代後期、たとえば葛飾北斎、河鍋暁斎、歌川国芳、月岡芳年などだが、あれは西洋医学の人体図(骨格図)の影響があるのではないだろうか。
葛飾北斎 『百物語』より「こはだ小平次」.jpg
↑ 葛飾北斎『百物語』「こはだ小平次」
河鍋 暁斎「髑髏と蜥蜴」.jpg
↑ 河鍋暁斎「髑髏と蜥蜴」
歌川国芳 「相馬の古内裏」 1845年頃.jpg
↑ 歌川国芳「相馬の古内裏」(1854年頃)
月岡芳年『新形三十六怪撰』より「地獄太夫悟道の図」.jpg
↑ 月岡芳年『新形三十六怪撰』「地獄太夫悟道の図」

頭蓋骨イメージの多少と葬制との関係は、アジア圏内で考えてもよくわかる。
展示されていたように、アジア圏で頭蓋骨イメージが豊富なのは、ヒマラヤ山地周辺、具体的にはチベット、ネパール、ブータンなどだ。
これらの地域の葬制は、風葬・もしくは鳥葬だから、骸骨が目に着きやすいのだろう。

思いつきで、そんなことを考えた。
良い気分転換になった。

7月22日(金)『イレズミと日本人』刊行記念トークイベント [お勉強(研究会)]

7月22日(金) 曇り  東京  22.2度  湿度76%(15時)

今夜は、西荻窪の「信愛書店スペースen-gawa」で開催された山本芳美さん(イレズミ研究/都留文科大学比較文化学科教授)の新著『イレズミと日本人』(平凡社新書)の刊行記念トークイベントを聞きに行った。
IMG_9015.JPG

「『じぶん』をあそぶ ~イレズミと美容整形の過去・現在・未来の加工術」というテーマで、『美容整形と<普通のわたし>』(青弓社、2013年)の著者である川添裕子さん(美容整形研究/松蔭大学観光メディア文化学部教授)とのコラボレーション。
IMG_9016.JPG

実は、イレズミと女装とは共通点が多い。
文明開化期の「違式詿違条例」で違法化されたこと、その後、違法ではなくなったがずっと社会的に抑圧されてきたこと、現在も公衆浴場の利用で問題視されることなど。
そこに共通するものとして、近代化による身体への規制が読みとれる。

身体とはなにか、自分の身体をどう扱うか、身体を加工する自由と社会など、いろいろな角度からの考察で、私が日頃、考えていることとの共通性も多くとても面白かった。

内容は、8月に『週刊読書人』に掲載されるとのことで、楽しみだ。

前の10件 | - お勉強(研究会) ブログトップ