So-net無料ブログ作成
検索選択

60代で貯金ゼロの世帯が15% [世相]

6月28日(水)

60代で貯金ゼロ(昔風に言えば「からっケツ」)の世帯が15%もあるというデータ。
DDUgdpbUQAAkrWN.jpg
劣悪な日本の年金制度(しかも今後さらに悪化すること確実)では、貯金なしの年金だけで老後の生活を支えるのは困難だ。

いったいどうするのだろう?
困窮死を覚悟しているのだろうか?

一方、貯金2000万円以上の世帯が24%くらいあるようだが、はっきり言って、2000万円では長い老後を支える資金としては不安だ。
年200万円使っていったら10年しか持たない。
夫婦で5000万円くらいの貯えがないと、最後は困窮化が待っているような気がする。

こんなことを考えるのは、先日(26日)、埼玉越谷市の住宅で発見された3つの遺体が、高齢の兄妹であることが判明したからだ。

75歳長男は胃潰瘍の出血で病死、73歳の長女と67歳の次女は脱水と栄養失調が死因とのこと。
あきらかに困窮死だと思う。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00010006-saitama-l11

ずいぶん悲惨な話だと思うが、なぜかあまり報道されていない。
困窮死は、現代の日本ではもう当たり前になってしまったので、報道価値がないのだろうか。



将棋の藤井聡太四段、29連勝の新記録 [世相]

6月26日(月)

将棋の史上最年少棋士藤井聡太四段(14)が、竜王戦トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)に勝利。
これで29連勝となり、30年ぶりに連勝記録を更新。
しかも、デビュー以来、一度も負けなしの29戦全勝。

すごいなぁ。
今日の対局、夕食休憩の前までは押されていた(やや劣勢)のに、じわじわ盛り返して逆転。
連勝新記録達成の瞬間をNHKがニュース速報で伝え、現在、感想戦を中継中で、名人戦以上の扱い。

従来の連勝記録は、神谷広志八段(56)が五段時代の1987年に達成した28連勝で、これを30年ぶりに塗り替えた。
ちなみに、神谷八段は、名人戦がB級1組止まり、竜王戦は1組1期のみ、タイトル獲得も挑戦すらも、棋戦優勝もなく、一流棋士とは言い難い。

藤井四段には、いちばん高いところまで行くだろう。

軍事情勢 [世相]

4月25日(火)

今日25日は、朝鮮人民軍の創設記念日
今のところ、北朝鮮に核実験やミサイル発射の動きはない。

一方、アメリカ海軍第7艦隊の原子力潜水艦「ミシガン」(SSGN727)が、韓国・釜山港に入った。
アメリカ軍の配置が徐々に進んでいるが、まだ空母カール・ヴィンソンが日本海に入っていないので、開戦はまだ先だろう。

朝のテレビニュースで、市ヶ谷(防衛省)に配備されたPAC3(迎撃ミサイル)が放送されていた。
ちゃんと北西の空(ミサイルが飛来すると予想される方向)を向いている。
でも、どれだけ当たるのかなぁ。
まったく当たらないということはないだろうが、全部、撃ち落とすのも無理だと思う。

15日に核実験があるかどうか? [世相]

4月15日(土)

今日、15日(土)は北朝鮮の建国者・金日成主席の生誕105年記念日。

最大の注目は、金正恩最高指導者がこの日に合わせて6回目の核実験を行うか?

もし、実行したら、今度こそアメリカは黙っていないだろう。

アメリカとしては、空母打撃群が朝鮮近海の到着し、攻撃態勢が整うまで待ちたいところだが、トランプ大統領の性格からすると、その夜(15~16日)に攻撃開始かもしれない。

空母打撃群が間に合わなくても、すでに100発以上のトマホークを搭載した原子力潜水艦(複数)が朝鮮近海に待機しているので、攻撃力に問題はない。

すべては、15日に核実験が行われるかどうかだ。

【追記】
今日(15日)は、核実験がなくてなによりだった。
でも、まだわからない。


いろいろ軍事情報 [世相]

4月14日(金)

ハワイにいた空母ニミッツがこっち(西太平洋~東シナ海)に向かっているというのは噂でなく本当のようだ(時事通信)。

南シナ海を北上中の空母カール・ヴィンソンに加えて、横須賀でメンテナンス中の空母ロナルド・レーガンが間にあえば、本当に空母打撃群が3つ揃うことになる。
そうなると、トマホーク600発かな。
-------------------------------
中国国際航空が、北京ー平壌の定期便の運航を休止(毎日新聞)。
同路線の運航は北朝鮮国営の高麗航空のみとなる。
-------------------------------
厚木基地で訓練中の艦載機ホーネットが、今までほとんど見たことがないミサイルフル装備で飛んでいたとのこと(基地近辺に住む友人から)。
-------------------------------
海上自衛隊の基地がある呉、舞鶴は、すでに空っぽとのこと(某筋)。

やっぱり、緊迫感が強まっている [世相]

4月13日(木)

アメリカ第7艦隊の空母ロナルド・レーガンは横須賀でメンテナンス中。
艦載機(ホーネット)は厚木基地で訓練中。
間に合うのだろうか?

ハワイにいる空母ニミッツが西太平洋に急行するという噂もある。

ミサイルを迎撃する自衛隊のイージス艦は4隻中3隻がすでに日本海に展開(1隻は修理中)とのこと。

呉にいたはずのヘリ空母「かが」が、今日、横須賀に入港。
横須賀には同型艦「いずも」がいるので、自衛隊の中核艦が揃い踏み。

やっぱり、かなり緊迫感が強まっている。

飲み屋に兵隊さんが来なくなったら・・・。 [世相]

4月12日(水)

いくら現代のハイテク戦争でも、戦争が軍事行動であるかぎり必ず予兆はある。

まず、戦力が揃わないと始まらない。
具体的に言えば、空母カール・ヴィンソンが朝鮮半島近海に到着しないと始まらない(15日頃、到着予定)。
あるいは、空母ロナルド・レーガンが横須賀から出港していかないと始まらない。

同様にヘリ空母「いずも」が出港するはず。
呉にいるヘリ空母「かが」は先月就役したばかりで、出撃体勢がとれるのだろうか?

始まる2日前くらいから、米軍も自衛隊も「総員待機」になるはず。
つまり、基地の街の飲み屋で、いつも飲みに来る兵隊さんが誰も来なくなったら、じきに始まる可能性大。

私がマスコミ関係者だったら、そういう店のママにコネクションを作っておく。
「毎晩みたいに飲みに来るジョージもロナルドもジョンも来てないのよ。今晩は暇だわ」
という情報がママから入ったら、その翌日あたりだろう。

25日かも? [世相]

4月11日(火)

韓国で「アメリカ軍の攻撃開始は27日。新月だから」という噂が流れているらしい。

たしかに夜間攻撃なら月が大きくない時の方がいいが、なにも新月の当日でなくてもいいわけで、25日か26日かそこらへん。
25日は朝鮮人民軍の創設記念日なので、そこかも。
アメリカ軍はそういうことする(1945年3月10日の東京大空襲は陸軍記念日だった)。

その時期なら、空母打撃群が朝鮮半島近海に3つ揃うだろう。
1つの空母打撃群でも、世界のどの国より高い攻撃能力があるというのに、それが3つ。
すさまじいことになる。

シリア攻撃で発射されたトマホークは60基だったが、そんなものでは済まない。
おそらく200~300発のトマホークが軍事関連施設(含・核開発施設)に撃ち込まれ、爆撃機から投下されたバンカーバスター(地中貫通爆弾)が金正恩とその側近が立てこもる地下司令部を破壊する。

北朝鮮としては、アメリカ軍の攻撃開始から軍事施設が破壊されるまでのわずかな間に、グアム島や日本の米軍基地を目標にどれだけミサイルを発射し、38度線の北に並べた長距離砲や短距離ミサイルをソウルに打ち込んで「火の海」でできるか。

日本は、日本海に展開した海上自衛隊の「こんごう」をはじめとするイージス艦(イージスBMDシステム)がどれだけ敵ミサイルを迎撃・破壊できるか?
撃ち漏らした場合は、航空自衛隊のパトリオットミサイル (PAC-3)の出番になるが、それでも全部撃ち落とすのは難しいだろう。
数発は着弾し、被害が出るのは避けられない。

アメリカ軍の攻撃は短期間で終了。
終了と同時に、中国人民解放軍が鴨緑江(中朝国境)を渡ってピョンヤンに進駐し、中国の影響下で新政権を樹立する。
先日の、トランプー習近平会談で、そう話が決まっているはず。

おおまか、そんな予想だが、これまでは「それでもまあ、やらないだろう」だった。
でも、今回は「トランプなら、やるかもしれない」という感じがけっこうする。

ヘリ搭載護衛艦「かが」の就役 [世相]

3月11日(土)

海上自衛隊の護衛艦「かが」が3月22日に就役する。
かが.jpg
「いずも」型護衛艦の2番艦で、基準排水量19,500トンは護衛艦としては同型艦「いずも」と並んで最大。
一見(というか、どう見ても)、空母にみえるけど、あくまでも「ヘリ搭載護衛艦」(DDH)。

「加賀」といえば、太平洋戦争開戦時に帝国海軍が世界に誇った6隻の正規空母の1隻で、ハワイ真珠湾攻撃に参加し、ミッドウェー海戦で戦没した。
加賀.jpg
その名をつけるのは、なかなか意味深。

残る5隻の艦名のうち「赤城(あかぎ)」は、海上保安庁が使っているので、護衛艦の艦名にはえないとのこと。

「蒼龍」は、2009年に就役した潜水艦「そうりゅう(SS-501)」の艦名になった。

残る「飛龍」「瑞鶴」「翔鶴」は、将来、建造される?本格的な空母の艦名にとっておくのではないかと思う。


年間被曝線量20mm/Svでの帰村なんて・・・ [世相]

3月9日(木)

テレ朝「報道ステーション」で福島県飯館村の「避難解除」のことをやっているけど、放射線学の常識として、年間被曝線量20mm/Svでの帰還なんてあり得ない。

百歩譲って、先が短い高齢者がどうしても帰りたいと希望するならともかく、まだ先が何10年ある人や、まして妊娠の可能性のある女性、そして子供は絶対に駄目だ。

その前のNHKニュースでは、飯館村の避難解除→帰還を前提に、村で酪農を再興する話をやっていた。
「牛が地元の草が食えない状態で飼うのは無理でしょ」と、独り突っ込みを入れる。
いくら「福島の食べ物はおいしいから皆さん食べてください」と言っても、その背後で、ガイガーカウンターの高線量の警告音がピーピー鳴っている状況では、消費者の不安はぬぐえない。
酪農家の方は、まったくの被害者。
でも、飯館村での酪農再開は、現時点では無理だと思う。

「放射脳」のひとがうるさいから、放射線のことは書かないことにしてるのに、あまりひどい話なので、つい書いちゃった。