So-net無料ブログ作成
現代の性(HIV・性病) ブログトップ
- | 次の10件

HIV感染者の「無防備な性交渉」、犯罪化したスウェーデンで議論再燃 [現代の性(HIV・性病)]

11月30日(土)
北欧スウェーデンで、HIV感染者が事前通知なしに性交渉を行うことを犯罪化していることを報じるAFPの記事。
スウェーデンが、ここまでやっているとは知らなかった。
HIVの感染拡大防止策としてはそれなりに有効だった(←過去形)と思うが、感染者の人権を考えた場合、犯罪化・刑罰化はかなり疑問で、HIVウィルスを抑え込む治療が可能になった現在、時代遅れの感は否めず、議論が再燃するのは当然だと思う。

しかし、一方で、自分がHIVに感染しているのを知りながら、他者に感染させることを承知で(さらにはそれを目的として)性交渉を繰り返す感染者もいるわけで、そうした不届き者には傷害罪・殺人未遂罪を適用して、厳しく罰すべきだと思う。
-----------------------------------------------------
HIV感染者の「無防備な性交渉」、犯罪化したスウェーデンで議論再燃
【11月29日 AFP】リナ・アバンデルさん(35)がHIV陽性と診断されたとき、それは処方薬と、そして通知義務を意味した──スウェーデンでは法律上、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)陽性の人は性交渉を行う前にそのことを通知しなければならない。
「私の作戦は、その状況に頻繁に身を置かないようにすること。カジュアルなセックスはあまりしてない」と、アバンデルさんは語った。「相手のことを信用できるようになるまで待つ。相手がこのことに対応できる人だということがわかるまで」
HIV感染はそれ自体ですでにつらい経験だが、スウェーデンでHIV陽性になるということは、法的義務に従わない場合に刑事訴追される危険性を伴うことを意味する。
通知の義務化はHIVの拡大を防止する目的で導入された。だが、12月1日の世界エイズデー(World AIDS Day)を前に、HIV感染の犯罪化をめぐる議論が大きな注目を集めている。

■HIV関連の有罪率、世界トップのスウェーデン
スウェーデンのHIV感染者は約6500人、そのうち90%が効果的な抗レトロウイルス治療を受けている。
スウェーデンでは、HIV感染者が通知義務に従わず、無防備な性交渉を行った場合、たとえ相手が結果的にHIVに感染しなかったとしても、加重暴行未遂罪に問われ、実刑判決を受ける可能性がある。
暴行を承諾することは通常ないため、つまりは、スウェーデンでは、HIV感染者はいかなる状況下であっても、法律上、無防備な性交渉を行うことできない──たとえHIV陽性であることをパートナーに明かし、パートナーが承諾したとしても。
HIV感染者支援団体GNP+(Global Network of People Living with HIV)が、HIVと刑事訴追との関連性を調べた報告書「2010 Global Criminalisation Scan Report)」によると、スウェーデンは、HIVに関連した有罪率が世界で最も高く、HIV感染者1000人に付き6.12件の有罪判決が言い渡されていた。これはフランスの60倍、米国の24倍に上る割合だ。

■性交渉による感染、効果的な治療受けていれば実質ゼロに
だが10月、状況が変わり始めた。
スウェーデン感染症対策研究所(Swedish Institute for Communicable Disease Control、SMI)が、効果的な治療を受けている場合、性交渉を通じたHIV感染の危険性は極めて低いことから、刑事訴追は間違いであると主張する報告書を発表。
この報告書を基に、スウェーデンの控訴裁判所が、4人の女性と無防備な性交渉を行ったHIV陽性の男性に禁錮1年の有罪判決を下した下級審の判決を覆し、無罪を言い渡したのだ。4人の女性は全員、HIVに感染していなかった。
同報告書の執筆者の1人、カロリンスカ研究所(Karolinska Institutet)の感染症対策部門のジャン・アルベルト(Jan Albert)教授は「効果的な抗レトロウイルス治療を受けている患者は、性交渉を通じての感染能力を実質的に持っていない」と述べている。

■「HIV感染者は性交渉するな」、国民の40%
男女の平等をめぐる政策では国際会議の場で称賛されることの多いスウェーデンだが、HIVをめぐっては「HIV陽性を公表しないこと及びHIV感染を犯罪化してはならない」との国連合同エイズ計画(UNAIDS)の推奨にスウェーデンは応じていない。
だが、HIV感染者の法的立場はスウェーデン国民の間に広がっている一般通念を反映したものかもしれない。
SMIの最新の報告書によると、「HIV陽性の人は性交渉を完全に止めるべき」と考えている人は、2011年にスウェーデン国民の40%に上っていた。また、スウェーデンの2大政党も、この問題についての明確な立場をまだとることができないでいる。
国内の人権団体などは、10月の無罪判決を画期的な出来事と評価している。だが11月末、検察当局は最高裁へ上告することを決めた──スウェーデン文化の中に、HIV陽性の通知に関する法律が深く根ざしていることの証拠なのかもしれない。(c)AFP
「AFP」2013年11月29日 23:21 発信地:ストックホルム/スウェーデン
http://www.afpbb.com/articles/-/3004200

HIV血液:数人に輸血 日赤検査すり抜け [現代の性(HIV・性病)]

11月26日(火)
最後のセンテンス、「問題となった献血をした男性は、性的行動の質問で事実と異なる内容を答えており、厚労省は検査目的で献血した可能性が高いとみている」は、婉曲に書いているが、要は、同性間の性行為を常習としているゲイ男性が、そのことを隠して申告し、自分のHIV感染の有無を検査する目的に献血を利用していたということなのか?

あるいは、ヘテロセクシュアルの男性で、不特定多数の女性と頻繁な性行為をしていたのに申告しなかったという可能性もあるが、書きぶりからしてどうも前者のように思う。
いずれにしても、HIV感染リスクが高いグループに属することを意図的に隠して、検査目的で献血していたということだろう。
こうした人がいることは、以前から知られていたが、それが実害となって現れてしまった。
こういうケースは「未必の故意」による傷害になると思うが、どうなのだろう。

【追記 26日22時40分】
『朝日新聞』によると、HIVに感染した血液を献血したのは、40代男性で、献血の2週間ほど前に男性と性的接触をしたことを、問診で隠していたとのこと。
【追記 29日22時】
HIVに汚染された血液を輸血された2人の内、60代男性は感染してしまったが、80代の女性は陰性(感染なし)と確認された。
------------------------------------------------------
HIV血液:数人に輸血 日赤検査すり抜け

エイズウイルス(HIV)に感染した献血者の血液が、日本赤十字社の検査をすり抜けて出荷され、患者数人に輸血されていたことが25日、分かった。厚生労働省と日赤は輸血された患者を特定しており、感染の有無を調査中。感染者の血液が輸血されたのは、2004年に日赤が対策を強化して以降は初めて。

関係者によると、今月行った検査で、男性献血者の血液からHIVの抗体が検出された。男性は数カ月前にも献血したことから、日赤が保管していた検体を調べたところ、HIVの遺伝子が検出された。その後、この血液が数人に輸血されたことが判明した。

HIVに感染後約8週間は、ウイルスや抗体が微量で検査をすり抜けてしまう「ウインドーピリオド(空白期間)」と呼ばれる。日赤は1999年、ウイルスの遺伝子を増幅させて感染を見つける核酸増幅検査(NAT)を導入したが、03年にすり抜けによる献血で患者がHIVに感染した。04年、検査の精度を上げるため、50人の血液を一括して検査していた手法を改め、20人分に変更していた。

今回はそれでも見抜けなかったため、1人分ずつ調べる方向で検討を開始。厚労省も26日、専門家の委員会を開き対応を協議する。問題となった献血をした男性は、性的行動の質問で事実と異なる内容を答えており、厚労省は検査目的で献血した可能性が高いとみている。【桐野耕一】

『毎日新聞』 2013年11月26日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20131126ddm041040129000c.html
------------------------------------------------------
HIV感染者の血液を輸血、患者1人の感染確認

エイズウイルス(HIV)に感染した40代男性が献血した血液が、患者2人に輸血され、うち60代の男性がHIVに感染していたことが分かった。26日に開かれた厚生労働省の専門委員会で日本赤十字社が報告した。献血者が感染初期だったため血液が検査をすり抜けたとみられる。2003年に輸血によるHIV感染が確認され、04年に検査を強化して以降、感染者が出たのは初めて。

日赤は来夏までに、20人分をまとめて検査する手法から、より精度の高い1人ずつの個別検査にし、施設数は8カ所に倍増する。

同省によると、40代男性が今月献血した血液からHIVを検出。このため同じ男性が今年2月に献血し、日赤が保管していた血液を詳しく調べたところ、HIVが検出された。この血液はすでに患者2人に輸血されていた。うち消化器の手術で10月に輸血を受けた60代男性が、HIV感染していたことが判明した。もう1人は医療機関を通じ連絡を取っており、今後、感染の有無を確認する。

HIV検査では、感染直後などウイルス量が少ない時期は検出できないことがある。このため、感染の危険性があるかどうかを問診で確認しているが、献血した男性は、2週間ほど前に男性間の性的接触があったが、事実と異なる申告をしていた。検査目的に献血をしたとみられる。

検査の結果は献血者には伝えられない。厚労省は検査目的の献血はせず、保健所などの無料検査を受けるよう呼びかけている。HIV薬害被害者の花井十伍さんは「献血者は、輸血による感染という重大な事態が起きることを自覚して、責任を持って献血にのぞんで欲しい」と話す
『朝日新聞』2013年11月26日21時44分
http://www.asahi.com/articles/TKY201311260303.html
------------------------------------------------------
HIV感染輸血:検査目的で献血、絶対やめて

日本赤十字社はHIV感染者の献血が輸血されることを防ぐため、安全検査の精度向上と、感染リスクの高い行動をとっていないかを調べる献血前の問診に力を注ぐ。だが、感染直後でウイルスや抗体が微量だったとみられる今回のすり抜け事例では、NATによる再調査を1人分だけで3回実施したが、陽性反応が出たのは1回分だけだった。日赤幹部は「安全検査には限界がある」と漏らす。

日赤は献血でHIV感染が判明しても献血者に告知していない。だが、年間延べ約530万人の献血者のうち2011年で89人、12年は68人のHIV感染が確認された。国内のHIV感染率に比べ約2倍の感染率。勘違いして検査目的で献血している可能性が高く、日赤幹部は「絶対やめてほしい」と訴える。

日赤によると、豪州では問診で虚偽申告してHIV感染者が献血すると、刑事罰も科せられる。一方、日本では「献血は善意で成り立つ」との考えから傷害容疑などで告発した例はない。厚労省の担当者は「一般の診療所でもHIV検査を受けやすくするなど態勢作りが先決」と話す。【桐野耕一】
.
『毎日新聞』2013年11月26日 20時30分(最終更新 11月26日 21時02分)
http://mainichi.jp/select/news/20131127k0000m040065000c.html

HIV感染者数、世界で減少…なのに日本は発症者増加 [現代の性(HIV・性病)]

9月24日(火)
世界では、感染防止策が効果を上げて、HIVウィルスに新たに感染する人は大きく減っているのに、日本は相変わらず発症者の増加傾向が止まらない。
日本の各年新規のAIDS発症者は、1994年に初めて100人を超え、その後、急増して1996年に200人台、1999年に300人台となった。
その後、300人台で増減していたが、2006年に400人台を超え、次第に増加して2011年に473人となった。
そして、2012年は447人とやや減少。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2250.html
今年(2013年)も減少傾向が続くか注目していたのだが・・・。
1~3月期が107人、4~6月期が146人で、上半期合計253人。
このままのペースだと過去最高、さらに500人超えということもあり得る。
http://www.nih.go.jp/niid/ja/aids-m/aids-iasrd/3612-kj4002.html
http://www.nih.go.jp/niid/ja/aids-m/aids-iasrd/3913-kj4034.html
発症者の内訳は、この5年ほどは86~90%が日本人男性である。
しかも、50歳以上の中高年の発症が4割近くになり、もはや「若者の病気」ではない。
同性間接触による感染は相変わらず多い(全AIDS患者報告数の約60%)し、異性間接触による感染も多くなっていて(同約22%)、もう「同性愛者だけの病気」ではない。
なのに、それを深刻に受け止めることもなく、近年はメディアの扱いも小さくなっている。
その結果、HIV感染が広がっていること、AIDS発症が増えていること、そして感染防止のための有効な方策についての情報が一般の人に届いていないように思う。
ポリガミーなセックスの回避、買春行動の抑制、コンドームの装着の習慣化など、性行動の形を変えなければいけないのに、自覚がない人があまりに多すぎる。
----------------------------------------
HIV感染者数、世界で減少…予防対策が効果
【ジュネーブ=石黒穣】国連合同エイズ計画(UNAIDS)は23日、エイズウイルス(HIV)の感染状況に関する報告を発表した。
世界全体の感染者数の減少傾向がはっきりと表れ、予防対策や治療薬の普及が効果を上げていることが示された。
2012年の1年間に世界全体で新たに感染した人は約230万人で、国連エイズ特別総会で対策強化が宣言された01年(約340万人)より3割減少した。14歳以下の子供では、12年に新規感染した人数は約26万人で、01年からほぼ半減した。
エイズが原因で12年に死亡した人は約160万人で、ピークの05年(約230万人)から3割減った。一方、12年時点の感染者総数は約3500万人で、このうち7割をサハラ砂漠以南のアフリカの感染者が占めた。

『読売新聞』2013年9月24日14時19分
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130924-OYT1T00411.htm
----------------------------------------
4~6月のエイズ発症146人、四半期では最多
今年4~6月の3か月間に新たに確認されたエイズ発症者は146人で、四半期としては過去最多になったことが分かった。厚生労働省のエイズ動向委員会が発表した。
未発症のエイズウイルス(HIV)感染者を合わせた患者数も計440人で、過去最多だった。
発症者を年齢別にみると、50歳以上が58人と4割近くを占め、中高年で発症が増える様子もみられた。
HIV感染からエイズ発症までの潜伏期間は5~10年とされる。2000~10年にHIVの感染者は増えたが、このうち検査を受けず治療しなかった人が、今年になりエイズを発症したとみられる。
厚労省は、早期の発見や治療のため、保健所などでの検査・相談の利用を呼びかけている。
『読売新聞』2013年9月2日
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=83938

- | 次の10件 現代の性(HIV・性病) ブログトップ