So-net無料ブログ作成

映画「恋のボルバキア」を観る [現代の性(性別越境・性別移行)]

12月13日(水)
(続き)
16時過ぎ、JR中央線東中野駅へ。
「ポレポレ東中野」で映画「恋のボルバキア」(小野さやか監督)を観る。
恋のボルバキア (1) - コピー.jpg
「お忍び」のつもりだったのに、後ろの席に顔見馴染のFTMが2人(黒い人たち)。
「あれ?三橋さん」

観衆、数えたら10人。
まあ、平日の午後の回だから仕方がない。

映画、出演者が泣くシーンが多くて、何度見ても、切ない。
みんな、「らしさ」にとらわれ過ぎだと思う。
それに「まじめ」で「一所懸命」すぎるよ。
私みたいに、もっと「いい加減」に生きたら、少しは楽になるのに。

16日(土)21時10分からの回の後、小野さやか監督と私がお話します。
IMG_7980.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

腰と右足の状態が悪化→だいぶ改善 [日常(通院)]

12月13日(水)
(続き)
渋谷に出る。
14時、桜丘町の「東洋気功整体院」へ。
仕事ストレス、休みが取れず疲労蓄積に加えてこの数日の寒さで、腰と右足の状態が悪化し、歩くのが辛い状態。

いつものようにY先生に施術してもらう。
例によって首・肩・腕も凝っていたが、やはり状態が悪いのは右の腰から足。
神経痛で周囲の筋肉が変に凝っていて、その痛みで歩行のバランスが狂い、他の筋肉の凝りにつながる悪循環。
凝った筋肉をほぐしてもらい、神経痛のツボを押してもらい(激痛)、だいぶ改善。

この整体院は『東京新聞』をとっているので、施術後、Y先生に「ほら」と今日の紙面を見せると、「え~っ!」とたいそう驚いてくれた。

15時45分、辞去。
だいぶ歩様が改善。


nice!(0)  コメント(0) 

自由が丘「タージマハール(TajMahal)」 [日常(料理・食べ物)]

12月13日(水)
(続き)
昼食は「タージマハール(TajMahal)」へ。
IMG_7977.JPG

いつものようにBランチ(980円)。
IMG_7975.JPG
カレーは(右)日替わりのキーマと(左)マトン。
IMG_7976.JPG

ここに来ることも稀になるなぁ。
4年間、1~2カ月に1度くらいしか来ないのに、なぜか常連さん扱いで、店員さんがいつも愛想良くしてくれた。
ありがとう。

13時過ぎ、東急東横線で渋谷に移動。
(続く)

nice!(0)  コメント(0) 

12月13日(水)30年間続けた産経学園の講師を退職 [お仕事(春日権現験記絵)]

12月13日(水)  晴れ  東京  10.4度  湿度24%(15時)

7時45分、起床。
朝食はアマンドショコラとコーヒー。
171213-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒と白のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのトートバッグ。
黒のカシミアのポンチョ。

9時50分、家を出る。
駅前のコンビニで資料をコピー。

10時半、東急東横線自由が丘駅へ。
IMG_7970.JPG
北口改札を出てすぐ左側の「自由が丘東急ビル」の「産経学園」へ。
IMG_7972.JPGIMG_7973.JPG

今日で「産経学園・自由が丘」の講座「絵巻を読む」を終了。
同時に1988年以来30年間(32歳から62歳まで)続けた「産経学園」の講師を退職。
21年間は男性で、あとの9年間は女性で。

「絵巻を読む」も20年以上、続けたと思う。
『年中行事絵巻(田中本・他の写本)』
『信貴山縁起絵巻』
『扇面古写経(四天王寺)』
『粉河寺縁起絵巻』
『石山寺縁起絵巻』
『春日権現験記絵(巻13まで)』

もともと生徒さんは多くなく、採算はとれていなかったが、自分の勉強だと思って続けた。
自分で言うのはなんだが、「絵を読み込む力」はずいぶんついたと思う。
その成果は拙著『女装と日本人』にも生かすことができた。

最盛期は10人ぐらいいた生徒さんもご高齢の方が徐々にいなくなって最後はお2人に。
吉岡さん、小林さん、長い間、ありがとうございました。




nice!(1)  コメント(0) 

12月12日(火)都留文科大学「ジェンダー研究1」第11講「テレビ・メディアとジェンダー(1)―描かれるもの、消されるもの、操作されるイメージ―」 [お仕事(講義・講演)]

12月12日(火)  晴れのち曇り  大月  8.3度

5時10分、起床。
朝食は、クリームロールとコーヒー。
IMG_7957.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
6時、化粧と身支度。
多色使いの植物柄のチュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのバッグ。
黒のカシミアのポンチョ。

7時、家を出る。
今日は東急東横線から東京メトロ副都心線で新宿三丁目駅へ。
8時05分、新宿駅に到着。
南口の駅弁屋で昼食用のお弁当を買い、8時30分発の「あずさ7号」に乗車。
車中、コメント票を読む。
9時40分、大月駅着。
10時02分発の富士急行「ふじさん特急3号」に乗り換え。
IMG_7958.JPG
↑ 富士急行・田野倉駅直前。
IMG_7959.JPG
↑ 富士急行・田野倉~禾生駅間。

10時20分、都留文科大前駅に到着。
今日はかなり寒い(10時の大月の気温5.6度)
右足が痛く、上り坂が辛い。

10時27分、都留文科大学に到着。
レジュメは、2枚×420部を印刷。

10時50分、講義開始。
まず、第10講「衣服とジェンダー&セクシュアリティ(2)―身体と装いの間―」の残りを解説。
1 「衣服」の構成要素 ―どこまでが装い?どこからが身体?―
 (1)服
 (2)装身具
 (3)身体装飾
 (4)身体変工
----------------(ここから)-----------------
2 ファッションとジェンダーの構造
 (1)裸体と着衣のジェンダー&セクシュアリティの構造
 (2)「見えない強制」の構造―「させられている」のか「しているのか」?―
3 ファッションとジェンダーの基本
 (1)ファッションとジェンダーの非対称性
 (2)ファッションの基本的自由と社会性
 (3)ファッションの自己決定の重要性

課題レポートの解説。

続いて第11講「テレビ・メディアとジェンダー(1)―描かれるもの、消されるもの、操作されるイメージ―」に入る。

1 テレビの中のL/G/B/T -その問題点-
 (1)取り上げ方のアンバランス
 (2)トランスジェンダーの扱いにおけるダブル・スタンダード
2 「おネエ」カテゴリーの問題性
 (1)「おかま」という言葉
 (2)「おネエ」という言葉
3 テレビ・メディアとトランスジェンダーの歴史 
 (1) 1960年代後半~1980年代
----------------(ここまで)-----------------
 (2)1980年代末
 (3)1990年代前半
  【参考映像1】 「帰ってきたニューハーフ100人」(日本テレビ1996年3月?日放送)
 (4)1996年代後半~2000年代前半
  【参考映像2】「ニュース・ステーション 性を変えたい人」(テレビ朝日 1999年6月25日放送)
 (5)2000年代後半
 (6)2010年代

まだ少し遅れている。

昼食は「牡蠣と炙り煮あなご弁当」(仙台駅「こばやし」1100円)
IMG_7960.JPG
まずまず、おいしい。
IMG_7961.JPG
IMG_7962.JPG
↑ 冬景色の中庭。
IMG_7963.JPG
↑ 定点観測の銀杏の木。今日も冬晴れ

15時35分、辞去。
15時58分発の普通電車に乗る。
大月駅に16時26分着。
16時45発の特急「かいじ118号」に乗り換え。
立川駅に17時22分着。
16時32分発のJR南武線に乗り換え。
18時20分、武蔵小杉駅に帰着。

夕食は、家族と待ち合わせて「グランツリー」の「原宿餃子楼」。
ピリ辛茄子。
171212-3 (1).JPG
焼餃子(3人前)。
171212-3 (2).JPG
ご飯セット(中)。
171212-3 (3).JPG
水餃子(写真撮り忘れ)1人前を追加。
杏仁豆腐。
171212-3 (4).JPG
1人前(250円)を3人で分けて食べる(貧)。

20時、帰宅。
明日の講義の準備。

お風呂に入って温まる。
就寝、2時。
nice!(0)  コメント(0) 

なんだかなぁ [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

12月11日(月)

大阪出張では、現在のLGBT運動の問題点についてもお話したのだが、同時に何人かの方の意見も聞いてきた。

で、思ったこと。

20年近く、さらに20年以上、地道に活動されてきた方たちと、現代のLGBT運動の主流との間にかなり乖離があるのではないか?

運動の継承がうまくいっていないと言うより、そもそも継承する気がないと言うべきか?

それまでの活動とはぜんぜん違うところから「活動家」を称する人が出てきていて、それまでの活動とはっきり断絶しているケースがけっこうあるように思う。

今回お声をかけていただいた「G-front関西」は1994年からもう23年も活動している関西きっての(というか日本有数の)老舗団体だが、正直な話、現代のLGBT運動シーンではあまり目立っていない。

長年、地域に根付いた活動を続けてきた団体より、新興の(ぽっと出の)NPOの方が社会的信用がある団体のように思われて自治体に食い込んでいる話を聞くと、「なんだかなぁ」と思ってしまう。



nice!(0)  コメント(0) 

12月11日(月)東京に戻る [日常]

12月11日(月)  晴れ  東京  16.0度  湿度52%(15時)

7時半、起床(ヴィアイン梅田)。
朝食は、昨夜コンビニで買ってきたサンドイッチとミルクティ。
化粧と身支度。
9時半、チェックアウト。
相変わらず右足が痛むので、タクシーで新大阪駅に直行。

10時10分発「のぞみ220号」に乗車。
帰路の富士山。
IMG_7948 - コピー.JPG
IMG_7949 - コピー.JPG
12時25分、新横浜駅に到着。

JR南武線菊名駅~東急東横線の乗り換え通路、ノン・バリアフリーで悪名高かったが、今月で廃止とのこと。
IMG_7950.JPG
いったい何度、この階段を上り下りしたことか。

昼食は武蔵小杉駅構内の「しぶそば」で。
IMG_7951.JPG
甘海老揚げそば(480円)

13時半、帰宅。

昨日放送の「バリバラ・LGBT温泉旅」の反応をTwitterなどでチェック。
講演ご来聴と「バリバラ」ご視聴の御礼コメントをアップ。

髪の部分染め。
お風呂を沸かし直して、髪と身体を洗う。

夕食は、オムレツ。
IMG_7956.JPG
形が悪くなってしまったが、味はまずまず。

平目のお刺身。
IMG_7955.JPG

明日の講義の準備。
お風呂に入って温まる。
就寝、0時。

nice!(0)  コメント(0) 

「バリバラ・LGBT温泉旅」ご視聴御礼 [お仕事(出演・取材協力)]

12月11日(月)

昨日10日(日)、NHK教育テレビ「バリバラ・LGBT温泉旅」をご視聴くださった皆様、ありがとうございました。

実は、私、放送時間が「G-front関西」の講演会後の懇親会に当たってしまい、大きな画面ではまだ見ていません。
幸い同じテーブルの方が、テレビ受信可能な携帯電話を持っていたので、それで見せていただきました。

スタジオ・コメント、予想していたほど切られずに、けっこうしゃべっていたようで、よかったです。

まさか実現するとは思わなかった実験的な企画を実現してくださった上に、温泉ロケとスタジオ収録と楽に1時間枠の特別番組が作れるくらいの分量を30分に圧縮したディレクターさんの力量に感服です。
ありがとうございました。

【追記】
今チェックしたら、Twitterでの反応も予想以上に良く、中には「神回」と評してくださる方もいて、企画者として安心しました。

バリバラ温泉3.jpgバリバラ温泉1.jpgバリバラ温泉2.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

「G-front関西」クリスマス企画講演会 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

12月10日(日)
(続き)
12時30分、JR大阪環状線・京橋駅で下車。
南口に出る。
IMG_7919.JPG
賑わっている京阪口と違い、ずいぶん寂しい。

道に迷い、タクシーを拾ったが、そのタクシーに明らかな大回りをされ、予定より15分遅れで会場の「クレオ大阪東(大阪市立男女共同参画センター東部館)」に到着。
おっ、ここだ。
IMG_7922.JPG

「G-front関西」の代表さん、今回お世話になったMさんにご挨拶。
IMG_7932.JPG
「G-front関西」は1994年創立の老舗の自助支援グループ。
関西圏を中心にゲイ・バイセクシュアル・レズビアン・トランスジェンダーなど様々なセクシュアル・マイノリティが参加している。
機関誌『Poco a poco』は21号まで出ていて、蓄積も豊富。
IMG_7924.JPG

私も、2000年発行の15号の下に「MTFGID治療の現状」という文章を書かせていただいたことがある。
IMG_7925.JPG
それから17年が経ち、その時お世話になった森田MILKさんはもういない(2007年2月27日逝去)。
IMG_7928.JPG

人があつまらないのではないか?と不安だったが、パワポイント資料の確認をしているうちに、徐々にお客さんが入ってきて、会場が埋まっていき一安心(最終的には40名)。

今回は「日本トランスジェンダー史 -女装史とLGBTブームを追う-」というテーマで、クリスマス企画講演会に呼んでいただいた。
IMG_7931.JPG

14時30分、開会。
最初に自己紹介を兼ねて「私の軌跡」を30分。
IMG_7929.JPG
続いてメインの「大阪の女装文化」を60分。
IMG_7930.JPG
最後にLGBTの現状についての所感を30分ほどしゃべる。

休憩を挟んで、質疑応答。
たくさんの質問があり、できるだけ簡潔にお返事したつもりだったが、予定の15分を大きく超過して30分に。
17時40分、閉会。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

「G-front関西」講演会御礼 [お仕事(講義・講演)]

12月10日(日)

「G-front関西」のクリスマス企画講演会にお出かけくださった皆様、ありがとうございました。
24852341_301999456962118_4328423917970321606_n.jpg
会場に着いてパワーポイントのセッティングをしている時、「ほとんど誰も来ないのではないか?」という不安感に襲われましたが、最終的には「40名ほどの方が参加」「近年稀に見る盛況」とのことで、安堵しました。

こういう機会を設けていただいたお蔭で「大阪の女装文化史」を自分なりにまとめることができました。

また、懇親会では、手作りお料理を楽しくいただきました。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0)