So-net無料ブログ作成
検索選択

2月15日(水)なにもしない日 [日常]

2月15日(水)  晴れ  東京  12.8度  湿度25%(15時)

11時半、起床。
朝昼ご飯は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のペッパーシンケンサンドとコーヒー。
170215 (1).JPG

午後は、浅田次郎『天子蒙塵』第二部を読んだるい、ブログに記事をかいたりして、のんびり過ごす。

夕食は、怪しい牛肉を炒める。
170215 (2).JPG
トマトサラダ。
170215 (3).JPG
おぼろ豆腐。
170215 (5).JPG
茄子と油揚げのお味噌汁。
170215 (4).JPG

お風呂に入って温まる。
就寝、2時。

LGBTの人たちが入居可能 物件検索サービス開始へ [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

2月15日(水)

この手の「LGBT」関連ニュースって、何かピントがずれているんだなぁ。

Tの場合、見かけが女性で書類が男性というニューハーフさんでも「(部屋を)きれいに使ってくれれば、別に問題ないですよ」という大家さんは昔からいた(新宿界隈は特に)。
私の知人のニューハーフで、女性専用アパートに住んでいる人もいた。
その反対で「そういう人は一切お断り」という大家もいた。

個人所有の不動産を借りるのだから、大家(所有者)の側に店子(たなこ、「みせこ」と読んではいけない)を選ぶ裁量権があるのは仕方がない(違法ではない)。
つまり、今さら・・・という感じ。

LGBが単身で住居を借りる場合、よほどの「べったらおねえ」でもない限り、黙っていればセクシュアル・オリエンテーションはわからない。
あえて表明する必要もないだろう。
つまり、多くのLGBにはあまり関係ない話。

問題は、男性同士、女性同士で住みたい場合で、とくに男性同士の場合は断られることが多い(その昔、過激派のアジトになるのを警戒した名残)。

その点では、同性パートナーに理解がある大家さんが増えるのは良いことだ。
---------------------------------------------
LGBTの人たちが入居可能 物件検索サービス開始へ

LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちが、賃貸住宅への入居を断られるなど、物件探しに苦労している現状があるとして、大手の住宅情報サイトを運営する会社が、入居可能とうたう物件を検索できるサービスを始めることになりました。

サービスを始めるのは、大手の住宅情報サイト、SUUMOを運営する会社です。

会社側によりますと、サイトで扱う賃貸住宅のうち、LGBTの人たちの入居が可能だとうたう物件を登録する取り組みを、来月始めるということです。

さらに、部屋の方角や駐車場の有無といった情報と同じように、こうした物件を検索できるサービスを、夏ごろをめどに導入するということです。

サイトの運営会社のリクルート住まいカンパニーは、「LGBTの人たちが、賃貸住宅でパートナーとの同居に制約を感じたり、入居そのものを断られたりと、物件探しに苦労している現状がある。理解のあるオーナーの物件を紹介し、物件探しを支援したい」と話しています。

「NHKニュース」2017年2月15日 4時03分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170215/k10010876841000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

LGBTの市場規模 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

2月15日(水)

先日、某所で聞いた話。
現在、ゲイ系のインターネット・マガジンをやっている人の中には、ゲイ雑誌の編集に関わっていた人が多いとのこと。
雑誌からネットへと媒体が変化しても、作っている人はあまり変わっていないらしい。

なぜ、そうなるかというと、日本にはそれだけのゲイ人口がいるからで、人口の3%と考えれば、約180万人、「北の都」札幌市に近い人口になり、自己完結した「ゲイ市場」として十分に成り立つ。
だから、ゲイ業界で受けるセンスや表現様式、ゲイ業界だけで通用するレベルの仕事でも、それなりの人数がそこで食っていける。

レズビアンは、人口の2%と想定すると、人口規模は120万人ほど。
「鯉都」広島市と同規模の堂々たる政令都市並で、これも自己完結で十分にお商売になるはずだ。
まだ、あまり市場化が進んでいないようだが。

トランスジェンダーは、FtMの場合、人口の0.1~0.2%(1000人に1~2人)と考えると、人口は6万~12万人となり、それなりの地方都市と同じ規模になる。
この規模なら、まずまず商売になる。
だから、最近、FtM相手の商売が増えてきているのだと思う。
ただ、やはり市場としては小さいので、過当競争になりブラック化していく。

トランスジェンダーのMtFの場合、FtMの3分の1ほど、人口の0.03~0.06%(10000人に3~6人)、つまり2万~4万人で、「市」れべるではなく「町」レベルにしかならない。
この規模では、独自な市場としては成り立たない。
つまり、MtFはMtFだけを相手にしていてはお商売にならず、食っていけない。
食っていこうと思ったら、より大きな市場(ヘテロセクシュアルな市場)に出ていかざるを得ないのだ。
当然、そこは競争が厳しい。
だからそこで踏ん張って、なんとかやっていけるスキルを必死に身につける。

MtFは甘ったれたことなんて言ってられない。
腹をくくって、広い世の中で通用するスキルを磨くしかないのだ。
そうじゃなかったら、野垂れ死だから。

世界遺産・富岡製糸場の見学記 [日常]

2月14日(火)

今月7日に行った、世界遺産・富岡製糸場の見学記をまとめました。
かなり長いですが、画像たくさんです。

http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-07-2

2月14日(火)チョコレートもらった [日常]

2月14日(火) 晴れ  東京  11.8度  湿度23%(15時)

家猫さんから。
170214 (6).JPG170214 (7).JPG
イチジク入りのチョコ

『ル・モンド』の通訳さんから。
170212 (3).JPG170212 (4).JPG

朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のグレープフルーツデニッシュとコーヒー。
170214 (1).JPG
昼食は、残りご飯と牛肉のソース焼きの残り。
170214 (2).JPG

夕食は、しまあじのお刺身。
170214 (3).JPG
中津の鶏天&鶏唐揚げ。
170214 (5).JPG
縮みほうれん草のサラダ。
170214 (4).JPG

夜中、頑張って富岡製糸場の見学記を書き上げてアップ。

就寝、5時半。

金正男氏、暗殺される [事件・事故]

2月14日(火)

北朝鮮の先の最高指導者金正日の長男で、現在の最高指導者金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏(東京ディズニーランドが好きな人)が、マレーシアのクアラルンプール空港で刺客(女性工作員2人)に襲われ殺害された。
殺害には、なんらかの「毒」が使われたらしい。
刺客は逃走中。

NHK夜9時のニュースは、まったく触れず。テロップも出さない。
速報性という点で、もうテレビニュースは駄目だなぁ。

テレビ朝日「報道ステーション」(21時54分~)は、トップで速報。

【追記(15日)】
殺害された遺体は金正男氏であることが確認された。
本人には政治的野心はなく、ただ気楽に穏やかに暮らしたかっただけだろうと思うと、かわいそうだ(合掌)。

古今東西の王朝で、弟が兄を越えて即位した場合、兄は謀反の心を抱かなくても存在するだけで危険な存在であり、多くの場合、命を奪われる。
今回もまさにそれ(兄殺し)であって、北朝鮮の体制が「金王朝」であることが、ますますはっきりした。

同性カップルの「別れ率」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

2月14日(水)

「愛の日」のバレンタインデーにはふさわしくない話題だが、あえて。

先日「二丁目」の某店で、レズビアン婚で有名になったカップル(「代理母」騒動でない方)が「別れたらしいよ(噂)」という話を聞く。

その後、お呼ばれしたパーティーでレスリー・キー氏の「OUT IN JAPAN」で撮影したのカップル内、相当な数が「すでに別れている」と聞く。
(帰り際で酔っていたから数字忘れたけど、かなり驚く数)
せっかく一流カメラマンに撮ってもらったのに「黒歴史」になってしまう。

まあ、異性婚でも25%が離婚するご時世。
婚姻していないカップルの別れる率はもっと高いだろう。
それは、わかってはいるけれど、撮影から2年ほどしか経っていないことを考えると、同性カップルの「別れ率」、やっぱり高いのではないだろう?

20歳の時、一目惚れしてから40年以上、同じ人似猫(ひとにねこ)といっしょにいる私が変なのだろう。

久しぶりの「JAGA」 [日常]

2月13日(月)
(続き)

夕食は、久しぶりに新丸子駅西口のインド料理「JAGA」へ。
月1ペースで来ているのだが、1月は家族が代わりばんこに体調不調で来られなかった。
IMG_2239.JPG
↑ サービスのスープ
今日は辛い。
IMG_2241.JPG
↑ ビンディ ベイガン カレー
茄子とオクラの入ったベジタブルカレー(1辛)
IMG_2243.JPG
↑ 巨大なナン。
IMG_2247.JPG
↑ ハリアン・ティカ
ほうれん草、コリアンダー、マサラに漬けこんで焼いた鶏肉。
息子の到着が遅れたので、いつもと順番が違う(いつもはカレーの前にお肉)。
IMG_2248.JPG
↑ お肉を食べたら急にお腹がいっぱいになった。

ご馳走さまでした。
IMG_2251.JPG

20時、帰宅。

2月13日(月)鍼治療 気持ち良くて眠ってしまう [日常(通院)]

2月13日(月)  晴れ  東京  11.8度  湿度26%(15時)

9時、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のりんごとコーヒー。

髪の部分染め。
シャワーを浴びて、髪を洗い、よくブローして、あんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。

14時15分、家を出る。
右足の具合は、11日と同様に良好で、痛みもなくほとんど違和感も感じない。
東急東横線で渋谷へ、東京メトロ半蔵門線に乗り換えて表参道駅で下車。
IMG_2233.JPG
昼食は、駅の上のフードコート(地下1階)「MARCHE DE METRO」の「Bistro LYON」で。
「燻製ハンバーグ」に興味をひかれて注文しようとしたら、コックさんに「10分ちょっとかかりますが・・・」と言われる。
そうか、焼くより時間がかかるのか・・・。
で、断念して、先々週と同じく、2色ソースのオムレツ&ライス(1090円)。
IMG_2232.JPG

16時10分、北青山の「Pollux整骨院」へ。
いつものようにS先生に鍼・灸治療をしてもらい、その後、オイルマッサージとストレッチ。
今日は、とくに痛い所がないので、気持ち良くて眠ってしまった。
17時15分、辞去。

自宅最寄り駅前の「ドトール」で休憩。
家猫さんと合流。

駅前の河津桜の若木。
IMG_2237.JPG
だいぶ開花してきた。
IMG_2238.JPG
早く春にならないかな。
(続く)

【論文】「和装のモダンガールはいなかったのか? ―モダン・ファッションとしての銘仙―」 [お仕事(執筆・成果)]

2月13日(月)

デザイン史学』第14号(デザイン史学研究会、2016年7月)に掲載された論文「和装のモダンガールはいなかったのか? ―モダン・ファッションとしての銘仙―」をカラー画像入りでアップしました。
IMG_2252.JPG
IMG_2253.JPGIMG_2254.JPG

それほど長くありませんので、よろしかったら、ご覧になってください。
http://zoku-tasogare-2.blog.so-net.ne.jp/2017-02-13

ちなみに、報告レジュメはこちら(↓)。
画像がたくさん入っています。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2015-07-12