So-net無料ブログ作成

山口県岩国市の「性同一性障害者」自死事件、控訴審も敗訴 [現代の性(性別越境・性別移行)]

10月12日(木)

この裁判については、以前、私見を述べた。
2017年2月9日「山口県岩国市の「性同一性障害者」自死事件」
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-09-3

広島高裁は「職場での嫌がらせやいじめはなかった」と認定していて、全面敗訴。
性同一性障害だった証明(正規の診断書)もないようなので、上告してもかなり厳しいだろう。

----------------------------------------
性同一性障害を告白後に自殺 二審も遺族の訴え退ける

性同一性障害の元会社員の女性(当時29)が自殺したのは会社から退職を強要されたためだとして、労災に基づく遺族補償年金を不支給とされた決定の取り消しを遺族が求めた裁判の控訴審判決が11日、広島高裁であった。生野考司裁判長は一審・広島地裁判決を支持し、請求を棄却した。

原告は元会社員の母親(66)=山口県岩国市。元会社員は2008年11月、勤め先で同僚に性同一性障害であると告白。その後うつ病になり、解雇通知を受けた後の09年1月に自殺した。遺族側は告白により退職強要を受けたことが自殺の原因だったと主張したが、高裁判決は遺族側が主張したような職場での嫌がらせやいじめはなかったと認定。「自殺の原因は業務とは認められない」として請求を退けた。

判決を受け、母親は「自殺した人に寄り添う言葉がなかった」と話した。代理人の生越(おごし)照幸弁護士は上告する方針を明らかにした。

『朝日新聞』2017年10月12日08時27分

nice!(0)  コメント(0) 

10月12日(木)早稲田大学「きもの学2017」「銘仙とその時代ー昭和戦前期の着物文化ー」 [お仕事(講義・講演)]

10月12日(木)  晴れのち曇り 東京 29.0度  湿度65%(15時)

早稲田大学「きもの学2017」の講義「銘仙とその時代ー昭和戦前期の着物文化ー」、昨日の大発作の後遺症(右足をかばった反動の左腰痛)と季節外れの暑さ(29.0度、平年+6.9度)に消耗しながら、看護師さん2人(念のため1人増員)に付き添われ、なんとか終了。

担当の教授に「次は4年後」と言われたが、この調子ではたぶんもう無理。

22472299_906957779455680_1713004565_o.jpg
↑ 教室(14号館201番)での展示。
22414738_906957762789015_332028913_n.jpg
↑ アール・ヌーボー風のチューリップ柄の銘仙の説明。
モデルはYUKOさん。


nice!(0)  コメント(0) 

霧島・新燃岳噴火 [地震・火山・地質]

10月11日(水)

鹿児島県霧島連山の新燃岳が噴火。
噴火は2011年9月以来、6年ぶり。

山体膨張が続いているので、さらに大きな噴火につながる可能性があり、要警戒。
本格的噴火になると、とても怖い火山(破局的巨大噴火の可能性)なので、このまま収まることを祈る。
霧島・新燃岳(20171012).jpg
↑ FaceBook友達で鹿児島県在住の内田洋介さん撮影。
(鹿児島県霧島市より、2017年10月12日)

-----------------------------------------------------
報道発表資料 平成29年10月11日 気象庁
霧島山(新燃岳)に火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)を発表

霧島山(新燃岳)では、本日(11日)05時34分頃に噴火が発生しました。その後も噴火が継続し噴煙量も増加しています。また、火山性微動も継続しており、振幅も次第に大きくなっています。地殻変動観測では、新燃岳山体が膨張する傾斜変動が継続しています。
今後、更に活動が活発になる可能性があることから、本日(11日)11時05分に火口周辺警報を発表し、 噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げました。
新燃岳火口から概ね2kmの範囲では、弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。噴火時には、風下側では火山灰だけでなく風の影響を受ける小さな噴石に注意してください。
爆発的噴火に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため注意してください。

nice!(0)  コメント(0) 

坐骨神経痛の大発作 [日常(通院)]

10月11日(水)

朝起きた時から、右足の調子が悪かった。
午前中は、まだなんとかなったが、午後、打ち合わせ場所の渋谷の「トランクホテル」へ歩いているときに状態が悪化。
何度も立ち止る。
久しぶりの坐骨神経痛の大発作。
昨年の秋以来。
発症の引き金になったストレスは思い当たる。

新聞社の記者さんとイラストレーター氏と1時間ほど打ち合わせ。
その帰路、痛くて歩けなくなる。
ベンチがあったので、そこに座って、2週間に一度行っている整体院に電話を入れる。
幸い、先生の手が空いていたので、応急の施術をお願いする。

でも、それからがたいへん。
今いる場所から整体院は渋谷駅を挟んで対角線。
普通の状態ならなんでもない距離(徒歩7分くらい)なのだが・・・。

痛みを堪えて、脂汗かきながら、15分ほどかかってなんとか到着。
今、冷静に考えるとタクシーを使えばよかった。

右腰からお尻、太腿の凝った筋肉をほぐしてもらい、なんとか歩けるようになった。

nice!(0)  コメント(0) 

10月11日(水)講座「絵巻を読む」の終了を決断 [お仕事(講義・講演)]

10月11日(水)  曇り  東京 23.4.度  湿度83%(15時)

8時、起床。
右腰から足にかけて違和感。
朝食は、ダークチェリーパイとコーヒー。
171011 (1).JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
濃紺の地に白の不思議な模様のチュニック(6分袖)、裾にラインストーンが入った黒のレギンズ(6分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。

9時50分、家を出る。
やはり右足の具合が悪い。
駅前のコンビニで配布資料をコピー。

午前中、自由が丘で「春日権現験記絵巻」の講読。
たった2人しかいない受講生さんの1人がいよいよいけない(認知症が進行)。
2カ月前に資料代のおつりが勘定できなくなっているのに気づいたが、今日は資料の管理もできなくなっていた。
ずっと、たぶん30年くらい私に講座を受講してくださった方なので、とても悲しいけど仕方がない。

20年近く続けた「絵巻を読む」の講座だけど、12月末に店仕舞いすることにし、所長さんに事情を話して了解を得る。

12時10分、辞去。

昼食は、久しぶりに「タージマハール(TajMahal)」のBランチ(980円)。
171011 (3).JPG
カレーは、(右)ほうれん草とチキン(左)マトン。
171011 (2).JPG

13時、東急東横線で渋谷に移動。
(続く)




nice!(0)  コメント(1) 

10月10日(火)都留文科大学「ジェンダー研究1」第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」 [お仕事(講義・講演)]

10月10日(火)  晴れ  大月  27.8度

5時、起床。
朝食は、レーズンロールとコーヒー。
IMG_6970 (2).JPG

シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
6時、化粧と身支度。
濃紺の地に白の不思議な模様のチュニック(6分袖)、裾にラインストーンが入った黒のレギンズ(6分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。
7時過ぎ、家を出る。
IMG_6972.JPG
今日は東急目黒線で目黒駅に出てJR山手線で新宿駅へ。
8時05分、新宿駅に到着。
南口の駅弁屋で昼食用のお弁当を買い、8時30分発の「あずさ7号」に乗車。
今日は、お天気が良いせいか混んでいる。
自由席は新宿で満席。
車中、コメント票を読む。
9時38分、大月駅着。
10時02分発の富士急行「ふじさん特急3号」に乗り換え。
IMG_6976.JPG
↑ 富士急行田野倉駅直前。
雲はなく青空なのだが、ちょっと霞んでいて、コントラストが悪い。
IMG_6977.JPG
↑ 富士急行田野倉駅~禾生駅から
まだ、雪が見えない夏富士。

10時20分、都留文科大前駅に到着。
かなり暖かい(平年+6.6度)
10時27分、都留文科大学に到着。
レジュメは、2枚×420部を印刷。
1回では運びきれず、最初にレジュメ、2度目にパソコン。
教室に冷房を入れる。

10時50分、講義開始。
まず、コメント票(受講動機)の感想を話す。
第1講は「ガイダンス-「性」を考えることの意味-」の残りを解説。

3 「性」を考えることの意味
(1)「生」と「性」の不可分性
(2)「性」を内省することの必要性
(3)性別二元社会の仕組みを知る
-----------------------(ここから)----------------------
(4)女性と性的マイノリティが果たしてきた役割
(5)「性」を考えることの普遍性と今日性

残り55分で第2講「『性』と社会を考える(1)― ジェンダー論の基礎 ―」に入る。

1 ジェンダーを考える
(1)ジェンダー(Gender)とは何か?
(2)ジェンダーの構築性
(3)“Doing Gender”という考え方
(4)ジェンダー概念の問題性
-------------(ここまで)-------------------------
2 ジェンダーと労働
(1)雇用・労働における性差別の撤廃
(2)女性労働の特質

もう少し進みたかったが、例によって、ちょっと話し過ぎ。
まあ仕方がない。

昼食は八戸駅「吉田屋」の「うにとウニと雲丹 味くらべ弁当」(1180円)
IMG_6980.JPG
う~ん、値段の割にはイマイチ。
はっきり言えば、いじりすぎ。
IMG_6982.JPG
↑ 中庭。夏空っぽい。
IMG_6983.JPG
↑ 定点観測の銀杏の木。
秋の気配なし。

13時、3限の講義。
今日は渋滞なく開始。
受講生、少し増殖している。

15時10分、辞去。
15時19分発「ふじさん特急10号」に乗車。
大月駅15時37分着。
16時01分発「かいじ116号」に乗り換え。
帰路の電車ずっとコメント票の整理

17時05分、新宿駅着。

JR山手線で目黒駅へ、東急目黒線に乗り換え。
17時50分、武蔵小杉駅に帰着。
駅構内の「タリーズコーヒー」で休憩。
IMG_6984.JPG

今日はとても疲れた。
Aさんがお休みなのでレジュメ運びからコメント票の整理まで全部自分1人でやらなくてはいけなくて、帰路の電車でまったく寝られなかった。
おまけに季節外れの暑さでバテバテ。

夕食は家族と久しぶりに東急スクエアの「おぼんdeごはん」。
IMG_6985.JPG
↑ 麦富士豚のすりおろし野菜ソース(1329円)。
IMG_6986.JPG

19時過ぎ、帰宅。
もう疲労困憊で2時間ほど死んだように眠る。

22時、起きだして、選挙予想の修正。

お風呂に入って髪と身体を洗って少しすっきり。
1時間ほどかけて明日の講義の準備もできた。

「日記」書いてないけど、明日も午前中講義なので寝る。
就寝、2時半。


nice!(0)  コメント(0) 

都留文科大学「ジェンダー研究1」の受講動機 [お仕事(講義・講演)]

10月9日(月・祝)

都留文科大学「ジェンダー研究1」の初回(先週)コメント票の受講動機を読む。

都留大のプログラムでは「LGBT」については3分の1コマしか充てていない(別にTについての社会文化論が2コマ)。
ところが、受講動機に「LGBTについて学びたい」という要望がかなり多い。

「LGBT」について1コマ充てる(明治大学と同じ)プログラムに変更するか悩み中。
でも、そうすると「差異と差別を考える」が落ちてしまう。
なんとか、うまく合体するしかないかな。

受講動機の中に「高校の恩師がこの大学出身で、その先生に『都留文に進学したら三橋先生の講義はぜひ受講しなさい』と強く勧められて」というのがあった。

都留大で講義をもって7年目だが、私の講義をとった学生さんが高校の先生になり、その教え子に受講を勧めてくれたのは、これが初めてだとおもう。

涙が出るほどうれしい。



nice!(0)  コメント(0) 

今日のご飯 [日常(料理・食べ物)]

10月9日(月・祝)

【朝食】レーズンロールとコーヒー。
171009 (1).JPG
【昼食】学芸大学駅西口の「松屋」で牛丼とおしんこ。
(写真、撮り忘れ)

【夕食】昨夜のすき焼きの残り汁に、お肉と野菜増量。溶き卵を入れて。
171009 (2).JPG
海鞘の酢醤油漬け。
171009 (3).JPG
171009 (4).JPG

就寝0時半。

nice!(0)  コメント(0) 

「希望の党」東京でも伸び悩む [政治・選挙]

10月9日(月・祝)

小池党首のお膝元である比例東京ブロックで、希望の党と立憲民主党の支持率が並んでいる(10%)という驚愕の調査データ(読売新聞)。

JX通信社のデータでも、比例東京ブロックで「希望」の支持がに急降下(29%→18%)
立憲民主党は18%で「希望」と並び、追い抜く勢い。
自民党は28%→29%で安定。
DLrj4FYVoAAIT90.jpg

で、ちょっと比例東京の予想を修正。

しかし、ここまで伸び悩むと、小選挙区で当選を予想している3区松原仁候補、10区若狭勝候補、21区長島昭久候補も自民党候補に逆転される可能性が出てくるな。

nice!(0)  コメント(0) 

10月8日(日)松茸入りすき焼き(牛松) [日常(料理・食べ物)]

10月8日(日)  曇り  東京  26.4度  湿度71%(15時)

11時、起床。
朝食は、洋梨のデニッシュとコーヒー。
171008 (1).JPG

昼食、松茸ご飯の残りを明太子で。
171008 (2).JPG

夕食は、松茸シリーズ第4弾。
松茸入りすき焼き(牛松)。
171008 (3).JPG
171008 (4).JPG
↑ ここらへんに松茸が入っている。

ああ、おいしかった。
これで、秋の贅沢はお仕舞。

nice!(0)  コメント(0)