So-net無料ブログ作成
検索選択

米AP通信が新ルール「he」「she」が嫌な人にtheyの三人称単数OK 性的少数者に配慮 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

5月19日(金)

某W大学ジェンダー研究所の研究会で、特定の(自称)フェミニズム研究者に何度も「彼」と呼ばれて、「あなたが個人的に私の性別をどう認識するかは勝手だけど、公の席で『彼』呼ばわりするのはアウティングに等しいですよ」と訂正を願ったにも関わらず繰り返され、ブチ切れて、以後、参加を止めた。

トランスジェンダーの三人称は、その人のジェンダー・アイデンティティに則して呼んでほしい。

----------------------------
LGBT  theyの三人称単数OK 性的少数者に配慮

米AP通信が新ルール 「he」「she」が嫌な人に

「he」(彼)とも「she」(彼女)とも呼ばれたくない人を指す時に「they」を三人称単数で使うことを認める--。米国のAP通信が、配信記事の英文表記にこんな新ルールを加えた。性別で分けられたくない、自分は男でも女でもない、と感じる性的少数者(LGBTなど)に配慮した対応だが、この単数they、日本語でどう訳す?【中村かさね】

AP通信は自社の英文表記の基準をまとめたスタイルブックを毎年発行し、多くの作家やジャーナリストが利用する。新ルールは今月末に発行される2017年度版に追加される。

theyは、日本の英語教育で最初に習う三人称複数の人称代名詞だ。性の区別はなく、文脈で「彼ら」「彼女たち」と訳す。

AP通信によると17年度版の同書では性的少数者を表す際にはheやsheではなく名前や職業を用い、他に言い換えられない時のみtheyを使うとする。続くbe動詞は三人称複数と同じ「they are」とし、文脈で誤解のないようにする。

単数theyは15年に米有力紙ワシントン・ポストが採用し、米国流行語大賞に選ばれた。だが、全世界に記事を配信するAP通信が採用する影響は大きい。
     ◇
「やっとメディアが認めた。少しずつ定着するだろう」。性的少数者の問題に詳しい一橋大のソニア・デール専任講師は評価する。「単数theyは研究者や当事者の間で10年ほど前から使われていたが、be動詞を『they is』とする論文もあり、使い方はまちまちでした」

体は女性、心は男性という自身の性同一性障害(GID)を自伝「ダブルハッピネス」(講談社)で公表した杉山文野さん(35)も歓迎する。「言葉に決めつけられ、イメージに当てはめられる窮屈さを常に感じていた。選択肢が増えるのはよいこと」。自伝出版後に「GIDの杉山さん」と言われ続け、息苦しくなって海外を放浪。「息苦しいのは日本だけと思ったら世界中でミスかミスターか、マドモアゼルかムッシュかと問われた」と振り返る。

一方、女性装を始めて3年以上になる東京大東洋文化研究所の安冨歩教授は「新たな代名詞でLGBTを特別な存在と宣伝するのは苦肉の策だろうが、よいとは思えない」と懐疑的だ。
     ◇
単数theyを日本語にどう置き換えるか。

「heやsheの訳語『彼/彼女』は、明治以降に欧米文を翻訳する中で定着した」と、日本語学者の岡崎友子・東洋大教授は指摘する。もともと遠くの物や人を指す「かれ/かの」という古語(現代語の「あれ/あの」に相当)を再利用した訳語で、「彼女」は「かの・おんな」が変化したものだという。

古語「かれ/かの」には男女の区別がなく、森鴎外も小説「舞姫」でヒロインのエリスを「彼」と表記した。岡崎さんは「現代でも『あの人』『その人』『この人』とすれば、男女の区別なく特定の人物を指せます」と話す。

AP通信の新ルールについて、海外の通信社電を扱う毎日新聞外信部は「ルールの趣旨を踏まえ、性的少数者については男女の別を明示する代名詞を避け、名前や肩書を用いるなど柔軟な日本語訳を心がけていく」としている。

.『毎日新聞』2017年5月18日 18時09分(最終更新 5月18日 20時51分)
https://mainichi.jp/articles/20170519/k00/00m/040/025000c



定期刊行物の「LGBT」特集 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

5月19日(金)

以前、調べた定期刊行物の「LGBT」特集について、データを追加・補充。

------------------------
定期刊行物の「LGBT」特集(「多様な性」を含む)
()は件数、分野別は三橋による(適当)。
2017年は5月19日時点。

2012年(2)経済2
2013年(0)
2014年(2)人権1 報道1
2015年(10)労働3 経済2 人権2 労務管理1 教育1 思想1
2016年(16)法律・司法5 経営3 医療・心理3 金融2 労働1 教育1 文芸1
2017年(6)労働2 労務管理1 法律・司法1 思想1
------------------------

2016年が16件あったのに対し、2017年は4月までで6件で、数的には減ってはいない。
しかし、さすがにLGBTを特集するような雑誌は、ほぼ出尽したというか、一巡した感がある。
定期刊行物で見る限り「LGBTブーム」は峠を越したように思う。

岩波書店の『世界』が2017年5月号で「特集:〈LGBT〉ブームの光と影」を組んだように、今後は「LGBTブーム」の「影」の部分にも焦点が当たっていくようになると思う。
あるいは「光と影」ではなく「影と闇」かもしれないが。

LGBTをめぐる金銭被害を議論 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

5月18日(木)

少し前の記事だけど。
朝日新聞20170506(東京).jpg
↑ 『朝日新聞』2017年5月6日朝刊

FtMトランスジェンダーのブラック商法問題が、マスメディアに掲載されたのは初めてだと思う。

今度、同種の問題への関心が高まることを期待したい。

5月18日(木)東京経済大学コミュニケーション学部「ジェンダー関係論」第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」 [お仕事(講義・講演)]

5月18日(木)  曇りのち雷雨  東京  23.6度  湿度96%(15時)

6時、起床。
昨夜は22時頃に倒れるように眠ってしまったので早起き。
朝食は、オレンジ・デニッシュとコーヒー。

髪の部分染め。
風呂に入ってゆっくり温まり、髪と身体を洗う。

「日記」を書く。
原稿の手直し。
少し調べ物。
出かける前に夕食の支度をしてしまう(別掲)。

ちょっとエネルギー補給。
「ブーランジュリー・メチエ」のノワゼット。
IMG_4376.JPG
13時、化粧と身支度。
化粧をしている間に空が暗くなり、雷鳴が聞こえ始める。
13時半頃から、激しい雷雨。
何回か遠くない所に落雷。

14時、雷雨の中、家を出る。
幸い、最寄り駅まで歩く途中で小止みに。

東急東横線に1駅だけ乗り、武蔵小杉駅へ。

昼食は、駅構内の「しぶそば」。
IMG_4378.JPG
↑ 甘皮筍とたらの芽天の春のおすすめそば(480円)

14時36分発の快速に乗車。
多摩川を渡るあたりで雲が切れ日が差し始める
府中本町駅で15時11分発のJR武蔵野線に乗り換え。
西国分寺駅で15時19分発のJR中央線に乗り換える。
15時22分、国分寺駅に到着。
日が差しているので、今日も歩いて行こうと思って歩きだしたら、なんと雨が降っている。
南西の空にはお日様が輝いているのに、行く手(東)の空は真っ黒。
これは危ないと思い、タクシーに乗る。

15時30分、東京経済大学に到着。
日が差しているのに本降りの雨という変な天気。
IMG_4379.JPG
レジュメは15部(×2枚=34枚)印刷。
16時20分、講義開始。
今日は受講生7人。

大量に残っている第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」の解説。

1 身体の性(生物学的性) セックス(Sex)
 (1)身体の性の要素
   a 遺伝子の性
   b 染色体の性
   c 性腺の性 
   d ホルモンの性  
------------------(ここから)------------------------
   e 内性器の性
   f 外性器の性
   g 脳の性
   h 身体外形の性 
 (2)「イブ原理」-性分化の仕組み-
 (3)性分化疾患(DSD)/インターセックス(IS)
2 性自認(性同一性)ジェンダー・アイデンティティ(Gender Identity)
3 社会的性(性役割/性別表現) ジェンダー・ロール/ジェンダー・パターン(Gender Role/Gender Pattern)
4 性的指向(対象の性) セクシュアル・オリエンテーショ(Sexual Orientation)

残り30分で、第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」に入る。

1 「性」の4要素を組み合わせると・・・。
 (1) 16パターンの「性」
 (2) 「性」の多様性
2 「性」を多層構造で考える
 (1) 多数派の男性/女性
 (2) 同性愛の男性/女性
 (3) トランスジェンダー(TG)
----------------(ここまで)-----------------
3 「性同一性障害」がなくなる
 (1)性別違和感(Gender Dysphoria=GD)とは?
 (2)性同一性障害(Gender Identity Disorder=GID)とは?
 (3)性別移行の「脱精神疾患化」

17時50分、終了
大きく遅れてていたが、かなり挽回。
ほぼ予定通りのラインに戻した。

18時10分、辞去。
雨は止んだ。
18時23分発の高尾行に乗車。
立川駅で18時42分のJR南武線に乗り換え。
車中、居眠り
19時24分、武蔵小杉駅に帰着。

20時、帰宅。
夕食は、昼間、作っておいた青椒肉絲(チンジャオロース)。
IMG_4385.JPG

お風呂に入って温まる。

早起きだったので眠くなる。
就寝、1時。



出かける前に夕食の支度をしてしまう [日常(料理・食べ物)]

5月18日(木)

最近、講義を終えた後、帰宅して夕食を作るのがけっこう辛い。
とくに木曜日は、自宅最寄り駅への帰着が19時半なので、たいていは外食にしてしまう。

昨夜、22時くらいに倒れるように眠ってしまって、今朝は6時に目が覚めた。
いつもの木曜日より時間に余裕があるので、夕食の支度をしてしまう。
野菜たっぷりの青椒肉絲(チンジャオロース)もどきを作る。
IMG_4377.JPG
ただ後で再加熱することを考えて、炒めは少し浅め。
お米を処理して炊飯を予約。
これで、OK。

さ、化粧しよっと。

5月17日は「国際反ホモフォビア&反トランスフォビアの日」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

5月17日(水)

5月17日は、LGBTIQの人々に対する権利侵害への意識を高めるための日(International Day Against Homophobia and transphobia, IDAHOT)。
1990年のこの日、世界保健機関(WHO)が国際疾病分類の精神疾患リストから同性愛を除外したことを記念している。

こんなメッセージが来ていたので転載。
世界中でLGBTIQ の若者たちが、相変わらず権利を奪われている状況を指摘している。
-----------------------------
IDAHOT Statement: LGBTIQ Youth Continue to be Disenfranchised

Dear Junko,
May 17th has become a day to raise awareness of violations against the rights of LGBTIQ people. It was on this day in 1990 that the the World Health Organization removed homosexuality from the list of mental illnesses as part of the International Classification of Diseases. While much has progressed since that day, LGBTIQ people, and often LGBTIQ youth in particular, continue to face a disproportionate burden of discrimination and violence. Because of society’s heteronormative and cisgender expectations, LGBTIQ youth experience abuse at home, discrimination in educational settings, including verbal and physical bullying, and due to regressive laws, like the anti-propaganda law in Russia preventing anyone from speaking about LGBTIQ issues, often lack access to lifesaving information.

Family rejection and violence continues to be a fundamental issue for young LGBTIQ people across the world. OutRight reports have noted the high number of experiences of violence against LGBTIQ people at the hands of their own family members. All too often, an LGBTIQ person’s first experience of abuse happens at home. In community cultures the need to protect family reputation and “save face” causes many individuals never to report violence at the hands of family members. Sadly, even when they do they are met with a legal system that does not recognize family fueled domestic violence or with authorities who side with parents and claim it is an understandable parental response to their children being LGBTIQ. OutRight is currently working to change domestic violence laws across the world as well as to sensitize first responders on the issue of family and domestic violence against LGBTIQ youth and adults.

In the Philippines, our work on training local gender and development officers is making a difference. One officer told OutRight’s Asia Project Coordinator that she was helping a young trans girl who had been beaten by her father as he did not accept that she is transgender. The officer met the trans girl in the street with bruises and welts all over her body. The officer said that thanks to the training, she felt equipped to deal with the situation in a way that she wouldn’t have before. She said the stereotyping and bias that she had been socialized into had been replaced by understanding of sexual orientation and gender identity. The officer has since issued a district protection order against the father and the girl is now living with her grandparents who are accepting of her gender identity.

For so many LGBTIQ youth simply going to school is a challenge. Bullying, harassment, and verbal and physical assault, are all too common among LGBTIQ youth who because of such experiences face higher than average levels of anxiety, depression, and even suicide. This can lead to missing classes and school drop out, having long-term impact on the individual’s ability to access employment and even on national economic growth. Experiences in school are especially difficult for trans and gender non-conforming youth who face distinct hardships like the need to wear uniforms congruent to their birth sex and not being able to access bathrooms and facilities that match their gender identity. All of this has fundamental impacts on the health, safety, and wellbeing of LGBTIQ youth.

It is not just families and schools that harm LGBTIQ youth, but also punitive policies like anti-LGBT propaganda laws which target and restrict the sharing of vital information about LGBTIQ issues. These discriminatory laws not only create a climate of fear for LGBTIQ youth to express themselves and their identities, but prevent them from having access to health and sexuality information often necessary for their wellbeing.

Youth all around the world suffer violations of their human rights because of homophobia, transphobia, and biphobia. On this International Day Against Homophobia, Transphobia, and Biphobia (IDAHOT), it is important to recognize that it is impossible to move towards a world of equality and dignity if we do not place specific attention to the needs of LGBTIQ youth. We must combat the systemic and social discrimination that marginalizes and disenfranchises LGBTIQ youth and bars them from living the lives they not only deserve, but have a right to.

In honor of this year’s IDAHOT, OutRight, as part of the United Nations LGBT Core Group in New York will be hosting an event titled, “Standing up for LGBT Youth.” The aim of the event is to raise awareness of bullying and exclusion of LGBT youth, amplify the voices of those affected, and celebrate the resilience, promise and diversity of young LGBT people around the world. On IDAHOT, and every day, OutRight is committed to take positive initiatives in all regions of the world to create safer, more supportive, environments for LGBTIQ young people.

I would like to invite you, from wherever you are in the world, to join us at the event by livestreaming it. You can access the live stream here, and the event will begin at 6:15PM Eastern Time.
Sincerely,
Jessica

5月17日(水)言語学者阿部ひで子さんのインタビュー [お仕事(出演・取材協力)]

5月17日(水)  曇り  東京  19.7度  湿度61%(15時)

10時、起床。
朝食は、「ブーランジュリー・メチエ」のペッパーシンケンサンドとコーヒー。
IMG_4367.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
白と黒のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ワインレッドのバッグ。

12時半、家を出る。
東急東横線で渋谷に出てJR山手線に乗換、高田馬場駅へ。
昼食は駅構内の「いろり庵きらく」。
IMG_4370.JPG
↑ かき揚げ冷やしそば(460円)。ちょっと食べにくい。

14時前、東京メトロ東西線早稲田駅で下車、牛込寄り出口から地上へ。
言語学者の阿部ひで子さんのお宅にお邪魔して、質問に応える形で3時間ほどインタビューを受ける。

その後、(牛込)弁天町の酒屋に移動して、ビールを飲みながら2時間ほどおしゃべり。
IMG_4371.JPG
↑ 微発砲のフルーツワイン(ドイツさん)。アルコール5.5%

とても楽しかった。
1年間の日本滞在を終えて6月にアメリカに帰られるのがとても残念。
でも、きっとまたお会いする機会があるだろう。
再会を約して握手して辞去。

弁天町の交差点から神楽坂方面へ歩く。
思ったより距離があった(700mくらい)。
東西線神楽坂駅から乗車。
ほんとうは、南北線の飯田橋駅まで歩きたかったが、酔っぱらっていたので限界。
飯田橋駅で南北線に乗り換えて東急目黒線に乗り入れる。

20時40分、帰宅。

遅い夕食は、家猫さんが買ってきたもので済ます。
IMG_4373.JPGIMG_4374.JPG
食後、急に疲れが出てベッドに倒れる。

就寝、22時。

議論のバランスがおかしい [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

5月16日(火)

日曜日(14日)の「多様性を考える日仏討論会」(明治大学)の後、思ったこと。

たしかに、日本はフランスに比べて、性的マイノリティの人権保障の法制度では遅れている。
なにしろ、ほとんどないに等しいのだから。
その点でフランスなど西欧諸国に学ぶことは大いにある。

しかし、日本は1970年代に世界最大のゲイタウン「新宿二丁目」を築いた国だ。
20世紀末には世界で最も高度に発達・分化したトランスジェンダー・コミュニティが存在した国だ。
同性愛&トランスジェンダーの文化が社会の中に長い伝統をもって息づいているという点で、けっして後進的ではない。
むしろ、世界有数の国だ。

遅れた法制度、豊かな文化、どちらも日本の姿だ。
しかし、その前者しか語られず、後者は無視される。

駄目な面ばかり論じられたら、日本の同性愛者・トランスジェンダーはプライドを持てるはずはない。

やはり、議論のバランスがおかしいのではないだろうか?

【追記(18日)】
上に書いたことで、一部に誤解があるようなので・・・。

私は「日本の社会は同性愛に対して寛容だ」なんてことは一度も言っていない。
それどころか、1910年~20年代に日本社会に同性愛という概念が移入されて以来、同性愛に寛容だったことは一度もないと言っている。
男性同性愛、女性同性愛を問わず一貫して厳しい偏見と差別の対象だった。

日本社会が比較的寛容だったのは、同性愛ではなく男色に対してだ。
そこらへん、混同してもらっては困る。

なぜ男色に寛容だったかと言えば、それが大人が少年に対し、あるいは年長の少年が年少の少年に対し、性行為の際に常に能動であるという年齢階梯制を伴う形態であり、より権威がある者にとって都合が良いものだったからだ。

1970年代に成立した世界最大のゲイタウン「新宿二丁目」にしても、20世紀末には世界で最も高度に発達・分化したトランスジェンダー・コミュニティにしても、そうした偏見と差別に満ちた社会の中で、先人たちがより良く生きたいがために、困難な状況と戦いながら必死に築いてきたものなのだ。

だからこそ、そうした歴史事実を忘れてほしくないし、そうした文化を軽視しないで欲しい、できることならそうした歴史にプライドをもってほしいと言っている。

5月16日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」 [お仕事(講義・講演)]

5月16日(火)  曇り  東京  23.4度  湿度61%(15時)

8時半、起床。
朝食は「ブーランジュリー・メチエ」のアマンドショコラとコーヒー。
IMG_4359.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
濃紺の地に白の不思議な模様のチュニック、裾にラインストーンが入った黒のレギンズ(6分)、黒網のストッキング、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ
IMG_4360(2).jpg
11時過ぎ、家を出る。
東急目黒線から都営地下鉄三田線に入って、神保町駅へ。
歩いて駿河台下の明治大学へ。

12時20分、講師控室に到着。
レジュメは2枚×440部を印刷。
12時45分、教室へ。
レジュメをセットして、パワーポイントセッティング

コンビニで買ったお握りで腹ごしらえ。
IMG_4362.JPG
事務室に行って、履修者名簿をプリントしてもらう。
なんと485人。

13時30分、講義開始。
はじめに日曜日の「多様性を考える日仏討論会」の話をする。
「フランス大使館と明治大学の共催なんだけど、知っていました?」と尋ねて、手を挙げさせたが、5人ほどしか挙がらない。
やっぱり文学部生はほとんど知らなかった。
同じキャンパスなのに・・・、ほんとうに大学って学部縦割りなのだな。

本論に入る。
大量に残っている第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」の解説。

1 身体の性(生物学的性) セックス(Sex)
 (1)身体の性の要素
   a 遺伝子の性
   b 染色体の性
   c 性腺の性 
------------------(ここから)------------------------
   d ホルモンの性  
   e 内性器の性
   f 外性器の性
   g 脳の性
   h 身体外形の性 
 (2)「イブ原理」-性分化の仕組み-
 (3)性分化疾患(DSD)/インターセックス(IS)
2 性自認(性同一性)ジェンダー・アイデンティティ(Gender Identity)
3 社会的性(性役割/性別表現) ジェンダー・ロール/ジェンダー・パターン(Gender Role/Gender Pattern)
4 性的指向(対象の性) セクシュアル・オリエンテーショ(Sexual Orientation)

残り20分で、やっと第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」に入る。

1 「性」の4要素を組み合わせると・・・。
 (1) 16パターンの「性」
 (2) 「性」の多様性
2 「性」を多層構造で考える
 (1) 多数派の男性/女性
 (2) 同性愛の男性/女性
 (3) トランスジェンダー(TG)
----------------(ここまで)-----------------
3 「性同一性障害」がなくなる
 (1)性別違和感(Gender Dysphoria=GD)とは?
 (2)性同一性障害(Gender Identity Disorder=GID)とは?
 (3)性別移行の「脱精神疾患化」
15時10分、終了。
大きく遅れてていたが、かなり挽回。
ほぼ予定通りのラインに戻した。

講師控室に戻って、まず残りレジュメの整理。
レジュメ440部刷って残20部ほどなので、420人いた勘定。
履修登録が485人なので、もう少し刷らないと駄目かも。

続いて、コメント票の仕分け作業。
小谷真理さん(コミュニケーション学部講師)とちょっとおしゃべり。
16時15分、辞去。

すずらん通りの「サンマルクカフェ」でコーヒーを飲みながら、出欠記入。
IMG_4363.JPG
IMG_4364.JPG

すずらん通りの餃子の老舗「スヰートポーヅ」に寄って、餃子(20個、1250円)を持ち帰り。
帰りの電車、白銀高輪駅で乗り換えた後、座れず、身体がきつい。

自宅最寄り駅前の書店に家猫さんがいたので、買い物をして、いっしょに帰る。

19時過ぎ、帰宅。

夕食は、「スヰートポーヅ」の餃子。
IMG_4365.JPG
ほぼ1年ぶり、おいしい。

茄子と湯葉のお味噌汁。
IMG_4366.JPG

食後、急に疲れが出て、4時間半(21時半~2時)も熟睡。
夜中、起きだして「日記」を書く。
就寝、5時半。

485人だった! [お仕事(講義・講演)]

5月16日(火)

わずかな埋もれ火(気力)を掻き起こして大学へ。
400人の受講生が待っている。
それが心の支え。
どんなにきつくても、自分の仕事はちゃんとやろう。


と、出かける前に書いたけど、違った。

事務室に行って履修名簿を受け取ったら、485人だった!

もちろん自己最高(399人)を大幅に更新。

というか、明治大学文学部の(近年の)記録ではないか?という気がしてきた。
何しろ駿河台キャンパスでいちばん大きな教室である「大講堂(リバティ・ホール)」の定員が500名だから、1コマの講義の上限は物理的に500名なのだ。

名簿を印刷していくれた教務員に「たいへんですね」と同情されてしまった。