So-net無料ブログ作成

12月11日(月)東京に戻る [日常]

12月11日(月)  晴れ  東京  16.0度  湿度52%(15時)

7時半、起床(ヴィアイン梅田)。
朝食は、昨夜コンビニで買ってきたサンドイッチとミルクティ。
化粧と身支度。
9時半、チェックアウト。
相変わらず右足が痛むので、タクシーで新大阪駅に直行。

10時10分発「のぞみ220号」に乗車。
帰路の富士山。
IMG_7948 - コピー.JPG
IMG_7949 - コピー.JPG
12時25分、新横浜駅に到着。

JR南武線菊名駅~東急東横線の乗り換え通路、ノン・バリアフリーで悪名高かったが、今月で廃止とのこと。
IMG_7950.JPG
いったい何度、この階段を上り下りしたことか。

昼食は武蔵小杉駅構内の「しぶそば」で。
IMG_7951.JPG
甘海老揚げそば(480円)

13時半、帰宅。

昨日放送の「バリバラ・LGBT温泉旅」の反応をTwitterなどでチェック。
講演ご来聴と「バリバラ」ご視聴の御礼コメントをアップ。

髪の部分染め。
お風呂を沸かし直して、髪と身体を洗う。

夕食は、オムレツ。
IMG_7956.JPG
形が悪くなってしまったが、味はまずまず。

平目のお刺身。
IMG_7955.JPG

明日の講義の準備。
お風呂に入って温まる。
就寝、0時。

nice!(0)  コメント(0) 

「バリバラ・LGBT温泉旅」ご視聴御礼 [お仕事(出演・取材協力)]

12月11日(月)

昨日10日(日)、NHK教育テレビ「バリバラ・LGBT温泉旅」をご視聴くださった皆様、ありがとうございました。

実は、私、放送時間が「G-front関西」の講演会後の懇親会に当たってしまい、大きな画面ではまだ見ていません。
幸い同じテーブルの方が、テレビ受信可能な携帯電話を持っていたので、それで見せていただきました。

スタジオ・コメント、予想していたほど切られずに、けっこうしゃべっていたようで、よかったです。

まさか実現するとは思わなかった実験的な企画を実現してくださった上に、温泉ロケとスタジオ収録と楽に1時間枠の特別番組が作れるくらいの分量を30分に圧縮したディレクターさんの力量に感服です。
ありがとうございました。

【追記】
今チェックしたら、Twitterでの反応も予想以上に良く、中には「神回」と評してくださる方もいて、企画者として安心しました。

バリバラ温泉3.jpgバリバラ温泉1.jpgバリバラ温泉2.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

「G-front関西」クリスマス企画講演会 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

12月10日(日)
(続き)
12時30分、JR大阪環状線・京橋駅で下車。
南口に出る。
IMG_7919.JPG
賑わっている京阪口と違い、ずいぶん寂しい。

道に迷い、タクシーを拾ったが、そのタクシーに明らかな大回りをされ、予定より15分遅れで会場の「クレオ大阪東(大阪市立男女共同参画センター東部館)」に到着。
おっ、ここだ。
IMG_7922.JPG

「G-front関西」の代表さん、今回お世話になったMさんにご挨拶。
IMG_7932.JPG
「G-front関西」は1994年創立の老舗の自助支援グループ。
関西圏を中心にゲイ・バイセクシュアル・レズビアン・トランスジェンダーなど様々なセクシュアル・マイノリティが参加している。
機関誌『Poco a poco』は21号まで出ていて、蓄積も豊富。
IMG_7924.JPG

私も、2000年発行の15号の下に「MTFGID治療の現状」という文章を書かせていただいたことがある。
IMG_7925.JPG
それから17年が経ち、その時お世話になった森田MILKさんはもういない(2007年2月27日逝去)。
IMG_7928.JPG

人があつまらないのではないか?と不安だったが、パワポイント資料の確認をしているうちに、徐々にお客さんが入ってきて、会場が埋まっていき一安心(最終的には40名)。

今回は「日本トランスジェンダー史 -女装史とLGBTブームを追う-」というテーマで、クリスマス企画講演会に呼んでいただいた。
IMG_7931.JPG

14時30分、開会。
最初に自己紹介を兼ねて「私の軌跡」を30分。
IMG_7929.JPG
続いてメインの「大阪の女装文化」を60分。
IMG_7930.JPG
最後にLGBTの現状についての所感を30分ほどしゃべる。

休憩を挟んで、質疑応答。
たくさんの質問があり、できるだけ簡潔にお返事したつもりだったが、予定の15分を大きく超過して30分に。
17時40分、閉会。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

「G-front関西」講演会御礼 [お仕事(講義・講演)]

12月10日(日)

「G-front関西」のクリスマス企画講演会にお出かけくださった皆様、ありがとうございました。
24852341_301999456962118_4328423917970321606_n.jpg
会場に着いてパワーポイントのセッティングをしている時、「ほとんど誰も来ないのではないか?」という不安感に襲われましたが、最終的には「40名ほどの方が参加」「近年稀に見る盛況」とのことで、安堵しました。

こういう機会を設けていただいたお蔭で「大阪の女装文化史」を自分なりにまとめることができました。

また、懇親会では、手作りお料理を楽しくいただきました。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

12月10日(日)大阪へ [お仕事(出演・取材協力)]

12月10日(日)  曇り  大阪  13.8度  湿度52%(15時)

6時半、起床。
朝食は、クレーム・ド・カカオとコーヒー。
IMG_7906.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
多色使いの植物柄のチュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのトートバッグ。
黒のカシミアのポンチョ。

8時半、家を出る。
新横浜駅9時29分発の「のぞみ19号」で大阪へ。
大阪出張は今年4度目。

往きの富士山。
IMG_7908 - コピー.JPG
↑ JR東海道新幹線、新富士駅直前。
IMG_7909 - コピー.JPG
南(静岡)側は、雪が少ない。

名古屋駅を過ぎて、早めの昼食。
「東京の味 品川&深川」(1000円)
IMG_7916.JPG
「深川めし」と「貝づくし」の合体。
どちらも好物なのでうれしい。

11時40分、新大阪駅に到着。
タクシーで梅田へ。
「ヴィアイン梅田」に荷物を預ける。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

それって、おかしくない? [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

12月9日(土)

ちょっと思ったこと。

1990年代は、ゲイ文化にしても女装文化にしても、客観的に見て相当に変な人も含めて、けっこうなんでもありだった。
いろいろ苦しいこと、辛いこともあったけど、基本的には楽しかったと思う。

現代は、ゲイにしてもトランスにしても「らしさ」の縛りが強くなって幅がなくなってしまった。
「楽しい」なんて言ったら「偽物」扱いされてしまう。
いったいなんの「偽物」なのかわからないけど(笑)。

社会的な理解は広がったけど、コミュニティの中は以前より息苦しくなってしまったように思う。
それって、おかしくない?


nice!(0)  コメント(0) 

都心の師走 [日常(花・街・山・猫・蝶)]

12月9日(土)

都心(有楽町)は、12月も半ばに近いのに、まだ銀杏の黄葉がかなり残っている。
IMG_7897.JPG

暗くなると、イルミネーションが美しい。
IMG_7904.JPGIMG_7905.JPG

もうすぐ年末なのだ。





nice!(0)  コメント(0) 

12月9日(土)「万世麺店(有楽町店)」の排骨(パーコー)麺 [日常(料理・食べ物)]

12月9日(土)  晴れ  東京  10.4度  湿度43%(15時)

14時半、「現代風俗研究会・東京の会」の例会に出席するため、有楽町へ。

昼食は、「万世麺店(有楽町店)」の排骨(パーコー)麺(850円)。
IMG_7898.JPG
スープは、鶏ガラベースの醤油味であっさり、麺はかなり太い。
排骨は味がしっかりついていて、美味。
でも、老人には、お肉がちょっと多すぎ。
nice!(0)  コメント(0) 

「G-Front関西」の講演会 [お仕事(講義・講演)]

12月9日(土)
24852341_301999456962118_4328423917970321606_n.jpg
「G-Front関西」のクリスマス企画講演会、明日(10日・日曜)です。
メインの「大阪の女装文化」、かなり力を入れて、まとめました。

関西方面の方のご来場をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 

明日です! NHK教育テレビ「バリバラ・LGBT温泉旅」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

12月9日(土)

明日(12月10日・日曜)のNHK教育テレビ「バリバラ」(19時~ )のテーマは「LGBT温泉旅」。

私は企画者兼スタジオ・コメンテーターとして出演しています。
ご視聴・録画予約、よろしくお願いします。

【概要】
「体は女性だけど、男として男湯に入りたい!」そんな思いをもつ人たちによる、前代未聞の温泉ツアーが実現!参加者は、レズビアン・ゲイ・トランスジェンダーの当事者。性が多様な一行には、男湯か女湯かという、もはや私たちの社会では当たり前になっている選択が、バリアとなって立ちはだかる。どうしたら誰もが心から温泉を楽しめるのか、参加者の本音トークからその方法を模索。性の多様さを楽しみながら知る実験企画!

http://www6.nhk.or.jp/baribara/next/#top
nice!(0)  コメント(0)