So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

梅毒が若年層に増加 昨年1000人超、患者の多くは男性間の性的接触 [現代の性(HIV・性病)]

4月6日(月)
若年層に梅毒が広がっているらしい。
いったいいつの時代の話だ!と言いたくなる。
感染症、とりわけ性病というものは、「薬で治るようになったからもう問題なし」ということにはならない。
感染研の部長の「増加の原因は不明だが、患者の多くは男性同士の性的接触の経験を持っている。こうしたコミュニティーに梅毒が入り込んでいる可能性がある」という指摘は重大だ。
いっこうに減らない同性間接触によるHIV感染と同じ土壌をもつ問題だと思う。

なぜ、ゲイ(男性同性愛者)のコミュニティには、明治~大正風に言えば「衛生」、平成風に言えば「セーファー・セックス」の概念がなぜ浸透しないのだろうか?
私にとって、長年の疑問だ。
そこになにか「男らしさ」の病みたいなもの(具体的に言えば、「衛生」や「安全」に気を遣うことを「男らしくない」と否定するような感性)が関係しているような気がする。
-------------------------------------------------
梅毒が若年層に増加 昨年1000人超、「過去の病気」ではない!

主に性行為で感染する感染症「梅毒」の昨年の患者数が、現行の統計法になった平成12年以降、初めて1千人を上回ったことが5日、分かった。過去には大流行も引き起こした病も、現在は抗生物質で治療可能。そのため「過去の病気」と思われがちだが、ここへ来て若年層を中心に感染者がじわじわ増加中だ。専門家は「早めに治療を受け、感染拡大を防いでほしい」と話している。
国立感染症研究所(東京)によると、25年に梅毒と診断された人は前年比351人増(1・4倍)の1226人(速報値)。22年の621人から3年連続で増加している。男性が989人と8割を占め、特に25~39歳と若年層での感染が目立つ。感染研細菌第1部の大西真部長は「増加の原因は不明だが、患者の多くは男性同士の性的接触の経験を持っている。こうしたコミュニティーに梅毒が入り込んでいる可能性がある」と指摘する。
梅毒は梅毒トレポネーマ菌が性行為などによって皮膚や粘膜の傷口などから侵入することで感染する。皮膚が赤くなったり、リンパ節が腫れたりすることから始まり、現代ではまれだが進行すると脳や神経が侵され死亡することもある。
感染初期の発疹などの皮膚病変から移りやすく、治ったように見えても再び皮膚に異常が出ることもある。大西部長は「早期に治療することが感染拡大の予防となる。ためらわずに病院で検査を受けてほしい」と呼びかけている。
「msn産経ニュース」2014.4.6 21:34 [病気・医療]
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140406/bdy14040621360000-n1.htm
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 6

丁子屋

こんにちは
 たぶん コンドームは避妊具という認識だけなんでしょう。
 だから 妊娠しない同性間性交渉はコンドームが欠けるのでしょう。
 異性間でも オーラルセックスによる感染がバカにならないと聞きますから。

by 丁子屋 (2014-04-07 16:33) 

ばたふらい

HIVと共に、梅毒も男性同士で感染が広まってるのですね。
ゲイコミュニティの一員として、わかるような気がします。

もちろん、僕も含めて、セーファーセックスに留意しているゲイが大半なんですけどね。(と、信じたい)

ただ、ゴムを使わない理由が男らしさの追求と関係あるとは思えません。
そもそも、ゲイが男らしさを追求するのは外見だけですから。
中身や行動は、男らしくありません。(僕自身も含めて)
だから、ゲイなのです。

では、なぜ、不特定多数と日替わりセックスする(一部の)ゲイがゴムを使わず、性病を感染させているのか?(感染が拡大してきているのか?)
主な原因が2つ、あると思ってます。

1つは、アナルセックスが広範囲で行われるようになった。
数十年前までのゲイコミュニティでは、フェラチオが主流で、アナルセックスをする人は少数派でした。
それがゲイビデオ、ゲイDVD、ネット動画などの普及で、アナルセックスに興味を持つゲイが増えて、今では、たぶん、多数派です。

2つめは、では、なぜ、危険なアナルセックスで、ゴムを使わない人がいるのか?
答えは簡単。タチ(男役)が、気持ちよくないから。
そして、(一部の)ゲイにとって、セックスはコミュニケーションではなく、快楽至上主義の行動だから。
少数の快楽至上主義のタチ役のゲイ達が、週末ごとに、新たに数人ずつ、ゴム無しでアナルセックスしまくったら…
というのが、今の日本の結果ではないかと思うのです。

もちろん、しっかりと自己防衛してる人が多いのですが、流されてしまう人が結構いるのだと考えます。

結局、1人1人が身を守るために、せーファーセックスを心がけるしかないと思うのですが…残念ですね。
by ばたふらい (2014-04-07 18:08) 

三橋順子

丁子屋さん、いらっしゃいま~せ。
コンドームは単なる避妊具ではなく、性病感染を防ぎ、自分を守りアイテムだということ、私のようなAIDSが文字通りの「死病」だった時代を生き抜いてきた者は、1990年代からずっと言ってきているのです。
なのに、なんでゲイの人たちにはこんなに浸透しないんだ、という苛立ちというか、憤りがあるのです。
セーファー・セックスの呼びかけというのは、砂に水を撒くような虚しさがありますね。
by 三橋順子 (2014-04-08 13:04) 

三橋順子

ばたふらいさん、いらっしゃいま~せ。
いつも情報とご意見、ありがとうございます。
「衛生」概念の欠落という点で、少し前に取り上げた「トイレに行っても手を洗わない男性たち」と共通する「男らしさ」を感じてしまうのですが、駄目ですかね。
最近感じていることに、日本の場合、諸外国と違って、どうも女装&ニューハーフの人たちと、ゲイの人たちとの間に、HIV感染率の差がかなりあるのではないか?(ゲイに比べて、女装&ニューハーフは低い) 
その理由として、ゲイに比べて女装&ニューハーフの人は、不特定多数との性行為率が低いことかつコンドームの着用率が高いのではないか?ということがあるのです。

ちゃんとしたデータではないのですが、断片的な情報をつなぎ合わせると、そういう可能性があるということです。
つまり、日本の場合、諸外国に比べて、ゲイ集団と女装&ニューハーフ集団の間の性行動の文化的相違(質的・量的な違い)が大きく、それがHIVをはじめとする性感染症の感染率に表れているのではないか?という仮説です。

そうした仮説を検証するためにも、ご教示いただいたゲイの人たちの性行動はとても参考になりました。
アナルセックスをする率は、もともと女装&ニューハーフ集団の方がゲイ集団より高かったと思います。
それゆえに、衛生概念が早くに浸透し、コンドーム着用が高くなったと考えられます。

また、快楽至上主義については、快楽を量的なもの(回数・人数う)なも置き換えるのは、とても男性的な思考・行動パターンのように思います。
女性の場合は質的な快楽を求めるような気がします。
そして、女装&ニューハーフ集団の性行動は、女性のそれに近いのではないかと思うのです。
ゲイ集団にしばしば見られるような(ハッテン・サウナなど)乱交的な性行動は、女装&ニューハーフ集団には無いとは言いませんが、少ないと思います。

そうした性行動の文化的な違いが重なって、性病感染率の差になっているように思うのです(仮説ですが)。

by 三橋順子 (2014-04-08 13:24) 

ばたふらい

そうですね。
性病予防に気を遣わない一部のゲイの行動は、当人は意図してないとしても、男性性の現れと言えるかもしれませんね。

ご存じと思いますが、日本のゲイ社会では、圧倒的にウケ(女性役)が多く、タチの数倍と言われてます。(統計はありませんし、統計を取ると、自己申告になって、“見栄”でタチとか、“リバ(両方)”と言う人がきっと増えます)
その(需要と供給の関係)せいもあって、タチ優位社会なのです。

そして、ゲイの中でも、タチには比較的男性的な人が多いので、
そういう比較的男性的なゲイであるタチの一部が、タチ優位に胡坐をかいて、己の快楽優先(相手のこととか、衛生などは、軽視して)で、行動しているのだと思います。
それが、HIVとか梅毒とかの性病蔓延に繋がっているのだと考えていま
す。

そういう意味で、順子さんの仰るように、ゲイ集団と、女装&ニューハーフ集団の男性度(?)の違いが、性行動の違いになり、性病感染率の差になって現れてると言う考えに賛同します。

ただ、細かく見ると、性病蔓延の張本人は、ゲイ集団の中でも一部の、男性的タチの、そのまた一部の快楽至上主義者だと思うのです。
そういう人達が、生で不特定多数とするとか、乱交とかをして、そこでばらまかれたウィルスが、自己防衛を完全にしなかった人達にも拡散してるような気がします。

あと、これも統計的根拠は全くないのですが、ごく一部にセックス依存症(か、それに近い精神性)のゲイがいるような気がして、しょうがないのです。

セックス依存症自体は、ストレートの男性にも、女性にも見られると思いますが、人口に比べて、ゲイの確率が高いような気もします。
もちろん、それらは、きっと、ゲイであるが故の、家族や同僚からの様々なプレッシャーを初めとする“生きづらさ”からの逃避…といった原因があるのでしょうが…。

ネットを見ていると、セックス依存症を疑うような書き込みを見かけることが多いので…。(でも、当人も、その周囲も、“ゲイって、男って、そんなもんだよ”って考えているのでしょうが)
ゲイの中にも、そんな書き込みに対して、疑問を持つ人が結構いるのは、もちろんですが。

by ばたふらい (2014-04-09 11:51) 

丁子屋

こんばんは 呟きみたいで申し訳ないです。

 ワイルドダゼェ が決め言葉の芸人さんがブレークしたのは去年?
 あの芸風は 「バンカラ」に通じるものがあるのかなぁ。その仲間内でしか評価されない妙な価値観があるのかな? そういう価値観の社会では、価値観を受け入れられない人は 軟弱とか ケツの穴が小さいと揶揄される。
それがいやなら過剰適応するか 出て行くかという選択になるんでしょうなぁ

 飛ぶんだけど ガキの頃 飯の前 便所のあとには手を洗えと、親に躾けられた。 にもかかわらず、怪我して赤チン 消毒薬なんていうと「唾つけとけ」と どやされ 「ちかごろの子供は 少しの怪我で大げさだ」という衛生観念というのは 学習しないと身につかないんだろうなぁ。
by 丁子屋 (2014-04-09 19:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0