So-net無料ブログ作成

小笠原西方でM8.1の大深度地震、関東平野でも震度5強~4 [地震・火山・地質]

5月30日(土)
大きな地震。
普通の地震の後に、少し間をおいて長周期の横揺れ。
長周期タイプの揺れが東北地方太平洋沖大地震に似ていて、ちょっと怖かった

最初は2つの地震が続けて起こったのかと思ったが、どうもP波とS波の到達差がかなりある(震源がとても遠い)状況だったようだ。
「人間地震計」としては、直感的に鳥島あたりを震源とするM7クラスの大深度地震かと思ったが、もっと遠くてもっと大きかった。
------------------------------------
20150530203436395-302024.jpg
30日20時24分頃、震源地は小笠原諸島西方沖(北緯 27度51.6分、東経 140度40.9分)、 
震源の深さは約682km、地震の規模はM8.1。
東西方向に張力軸を持つ型 (速報)
(Mと震源の深さは31日気象庁が発表した訂正値による)
東京都小笠原村母島、神奈川県二宮町で、震度5強。 
埼玉県春日部市、鴻巣市、宮代町で、震度5弱。
横浜市や東京区部の一部は震度4。
北海道から九州、さらに沖縄まで、きわめて広い範囲で揺れを感じた。
------------------------------------

大深度のM8クラスの巨大地震。
震度にばらつきがあるのは(異常震域)、大深度地震ではよくあることだが、震度5になるのは珍しい。
大深度だから津波の心配はなし。

震源の場所は東から押し寄せる太平洋プレートが小笠原海溝でフイリピン海プレートの下に潜り込み、どんどん沈んで地殻の最深部近に到達する場所で、ときどき大深度地震が起こる。
しかし、M8クラスはかなり珍しい。
過去の大きな(M7.5以上)大深度地震(深発地震)を列挙すると以下のようになる。
1906年1月21日 : 日本 熊野灘 - M 7.6、深さ350km
1984年 3月6日 : 日本 鳥島近海 - Mj 7.6、深さ452km
1993年1月15日:日本 釧路沖 - Mj 7.5、深さ101km(釧路沖地震)
1994年6月8日 : ボリビア - Mw 8.2、深さ630km(ボリビア深発地震)
2012年8月14日 : オホーツク海南部 - Mw 7.7、Mj 7.3、深さ654km(オホーツク海南部深発地震)
2013年5月24日 :オホーツク海 - Mj 8.3[2]、Mw 8.3、深さ598km(オホーツク海深発地震)
2015年5月30日:日本 小笠原諸島西方沖 - Mj 8.1、深さ682km

1900年以降に発生したM8以上の地震としては、もっとも深い地震。

なお、今回の震源に近くでは、過去に似たような(でも規模は1~2まわり小さい)起こっている。
2000年8月6日 : 日本 小笠原諸島西方沖 - Mj 7.2、深さ445km
2013年4月21日 : 日本 鳥島近海 - Mj 6.7、深さ450km
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

h.k

 今回の地震は、
いままでの地震の性質と
何か違うような気がいたしますね。

 噴火寸前の箱根山(大涌谷)、
口永良部島新岳の噴火、
西ノ島新島の噴火で、

日本列島が火山の活動期に
入ったのかもしれません。

今後の状況は、とても心配ですね。
                  by h.k


by h.k (2015-05-30 22:32) 

三橋順子

h.kさん、いらっしゃいま~せ。
今回の小笠原深発地震は、深発地震としては観測史上最大のようです。
なにしろ深い所(日本海溝の最深部の60倍)ですから、地表に大きな影響はないでしょう。

日本は世界有数の地震列島・火山列島です。
しばらく静穏期だったのが、3・11の影響で活性化されたのだと思います
なにしろ「太平洋を取り巻くファイアー・リング」の一部ですから、このくらいが平常なのかも。
by 三橋順子 (2015-05-31 09:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0